海外FXスペック比較

海外FXならスキャルピング!おすすめ業者比較

スキャルピング向きの海外FX業者は?

国内ではほとんどのFX会社で禁止されているスキャルピング。

多くの海外FX会社はスキャルピングOKというルールになっています。

そのうえ、海外FXであれば400 ~ 1,000 ~ 3,000倍のハイレバレッジでトレードすることが出来るので、スキャルピングとの相性は抜群

例えば、GEMFOREXやHOTFOREXのようなレバレッジ1000倍のFX会社であるなら・・・

  • 元手10万円のトレードで
  • わずか1pipsの勝利が
  • 1万円の利益に!

このような感じで、ハイレバ × スキャルピングは、1万円程度の資金でも、数日のうちに100万円を狙うことも不可能ではない、高利率のトレードスタイル

そこで今回は、

  • 海外FXで短期売買をする理由
  • スキャルピングをするうえでの選び方
  • スキャルピング向けの海外FX業者比較

を中心に、海外FXでのスキャルピングの魅力をお伝えしていきます。

※先にスキャルピングにおすすめの海外FX会社が見たい!という方は>>こちらをクリックしていただければ該当箇所にジャンプします。

スキャルピングに最適?国内FXと海外FXの違い

スキャルピングに最適?国内FXと海外FXの違い

秒~分単位の超短期売買で利益を得るスキャルピング。

日本国内でも、「GMOクリック証券」「DMMFX」、ヒロセ通商の「LionFX」などが、低スプレッドで人気を集めています。しかし、国内FX業者は海外と比べるとお世辞にも「スキャルピング向き」とは言えません。

ではなぜ、海外FXはスキャルピングに向いているのでしょうか?

最大の理由はハイレバレッジ

海外FXと国内FXの最大の違いといえば、レバレッジの大きさではないでしょうか?

国内では最大25倍に規制されていますが、海外FX業者はレバレッジに規制がありません。

400倍や500倍、さらに1000倍といったハイレバレッジで取引を行えば、スキャルピングで抜くような小さな利幅でも大きな利益に早変わりしますね。

少額入金での取引だとしても、国内FXで取引を行うよりもずっと少ない回数で利益を得ることができるのです。

ハイレバレッジでのスキャルピング取引は、まさに海外FXの醍醐味と言えるでしょう。

また、そもそも海外FXでのハイレバレッジの取引は、長時間のポジション保有に向いていません。

ハイレバレッジで取引をすると、ロスカットされやすくなるからです。長時間ポジションを持つよりも、短時間でサクサク決済していったほうが利益を得やすいのです。

つまり、海外FX業者を使うならスキャルピングのような短期売買トレードが一番いいんです。

スキャルピングの業者選びで重視するべき4つのポイント

スキャルピングの業者選びで重視するべき4つのポイント

海外FX業者がスキャルピングに向いている理由は、レバレッジだけではありません。

他にもスキャルピングで大事な要素は、

  • スプレッド(手数料)が狭いか
  • 約定力が高いか
  • NDD方式かどうか
  • スキャルピングOKかどうか

の4つです。上から順に重要度が異なり、やはり一番重要なのはスプレッドでしょう。

ということでそれぞれなぜ重要なのか、そしてどう違うのかなど詳しく見ていきます。

スプレッド(手数料)が狭いか

前述しましたように、スキャルピングは1日数十回エントリーすることもしばしば。

すると何が気になってくるのかといいますと、取引ごとにかかってくる手数料、つまりスプレッドです。

特に海外FXは会社ごとのスプレッドの差が大きく、平均スプレッドが2pips以上違う会社もザラにあります。

しかもハイレバを使っている以上ポジションサイズも大きくなりがちなので、その分さらにコストがかかってきてしまうのです。

ここでちょっと具体例を用いて計算してみましょう。

例えば2万通貨でスキャルピング10回した場合で、もしスプレッドが1pips違うとどうなるのでしょうか?

例えば2万通貨でスキャルピング10回した場合で、もしスプレッドが1pips違うとどうなるのでしょうか?

このように、1pips広いスプレッドなだけで2,000円も損をしてしまうのです。

スキャルピングは細かい利益を重ねていくトレード手法。それなのに毎回2,000円も損をしたくないですよね?

こういったことを踏まえてもやはりスキャルピングをするには極力狭いスプレッドが良いのです。

ちなみにスプレッドが狭いもう1つのメリットは、その分早く利確ができることです。

せっかくスキャルピングをするので、手数料以上の利益は狙いたいはず。

例えばスプレッドが1.6pipsだった場合、最低でも利益が1.6pips以上にならないと利確できませんが、0.6pipsならハードルがもう少し下がる上に、回転率も上がります。

早く利確できる

スプレッドはもちろん狭いに越したことはないですが、スキャルピングにおいては非常に重要だと把握しておきましょう。

約定力が高いか

次に重要なのが、注文の約定力。

スキャルピングは一分一秒を争う取引ですので、スリッページやリクォートはまさに天敵です。

ちなみに海外FXの約定力を見極めるためには「サーバーをどこに置いているか」「肌で感じる」の2パターンがありますが、やはり気を付けたいのはどこのデータセンターにサーバーを置いているのかです。

海外FX会社はそれぞれデータサーバーの管理場所が異なります。例えば日本でトレードをするのに、ロンドンやパリにデータサーバーがあるようでは遠すぎて取引速度や約定にも支障が出るでしょう。

そんな中、群を抜いて優秀なのが「EQUINIX(エクイニックス)社」のデータサーバー。

EQUINIX(エクイニックス)社

EQUINIX社は世界の主要銀行や金融機関が利用している世界最高峰のデータセンターで、速度や安全性においては世界で最も信頼できると言われています。

約定力に力を入れている海外FXブローカーであれば、公式サイトなどにサーバーの所在地としてEQUINIX社を出しているはずですのでそこをチェックするのがわかりやすいでしょう。

NDD方式かどうか

3つ目に重視したいのが、注文処理方式がNDD方式かどうかです。

FXブローカーの注文処理方式にはDD(ディーリングディスク)方式NDD(ノーディーリングディスク)方式の2種類あり、大きな違いは間にディーラーを挟んでいるかどうか。

NDD方式とDD方式とは…

ではなぜスキャルピングにはNDD方式が良いのかと言いますと、そもそもDD方式ではスキャルピングは歓迎されていません。

海外FXのハイレバを利用した超高速取引では間にいるディーラーのカバーが間に合わず、ブローカー側が損失を被ってしまう場合があるのです。

それでもスキャルピングを押し通すと、システムダウンや約定拒否など様々な手段で負けるように仕向けてきますので注意が必要。

スキャルピングOKかどうか

最後に重視したいのが、NDD方式の話と繋がるのですが、そもそもスキャルピングOKかどうかです。

海外FX会社によっては公式サイトなどで「スキャルピングOK」と公言している会社もあります。

例えば、海外FX会社のGEMFOREXは、公式サイトでスキャルピングOKだと公言しています。

GEMFOREXは、公式サイトでスキャルピングOK

ちなみにですが、前述しましたようにDD方式の場合ブローカー側の被害を恐れてスキャルピングの歓迎はしていません。

つまりスキャルピングを歓迎していないブローカーは必然的にDD方式であると言えますので、公式サイトでスキャルピングOKだと公言している時点でNDD方式だと思われますので安心してください。

ハイレバ短期売買おすすめ海外FX

ハイレバ短期売買おすすめ海外FX

それでは上記の条件をもとに、海外FXの中でも特にスキャルピングに向いている業者を4つ紹介していきます。

AXIORY

AXIORY

まずはじめにおすすめなのは、「AXIORY(アキシオリー)」です。

スプレッドの狭さ業界No.1を目指しており、ナノスプレッド口座は最小スプレッドが平均0.1pipsと国内FXに劣らない狭さ。

ただし手数料が往復0.6pipsになるので、それを加味すると0.7pips前後が平均スプレッドになるでしょう。

ちなみにAXIORYはEQUINIX社データセンターによるインターネットバックボーンを利用し、前月のMT4によるトレードの約定率、約定スピードを公式HPで開示するなど、約定力にも力を入れています

レバレッジは最大400倍と小さいですが、スプレッドの狭さと合わせれば全く問題のない大きさ。

EAの使用制限やスキャルピングの制限もないので、自由に取引ができますね。

項目 ナノスプレッド口座
最大レバレッジ 400倍
平均スプレッド ドル円 0.1pips~
取引手数料 往復0.6pips
約定力 99.95%
取引制限 なし

公式サイトはこちら詳細ページはこちら

 

GEMFOREX

GEMFOREX

「GEMFOREX(ゲムフォレックス)」はスキャルピングOKと公言しており、ノースプレッド口座のスプレッドは平均0.3pips。

しかも取引手数料が無料なので、どこよりも圧倒的に狭いスプレッドでスキャルピングができるのです。

さらに最大1000倍のハイレバレッジを利用することができるので、スキャルピングにぴったりだと言えますね。

ちなみにGEMFOREXはボーナスも超豪華で、新規口座開設で1万円~2万円のプレゼント。さらに入金額の100%プレゼントボーナスも随時開催しているので、まさに少ない資金でどんどんスキャルピングができるのです。

約定力に一抹の不安がありますが、キャンペーンやスプレッドを加味しても十分やってみる価値はあるでしょう。

項目 ノースプレッド口座
最大レバレッジ 1000倍
平均スプレッド ドル円 0.3pips~
取引手数料 なし
約定力 99.79%
取引制限 なし

公式サイトはこちら詳細ページはこちら

 

TitanFX

TitanFX

海外FXの中でも特に安定した取引環境を提供している「TitanFX(タイタンFX)」

ECN口座であるZeroブレード口座は平均0.33pipsと業界トップクラスに狭いスプレッドを提供しています。

往復手数料で0.7pipsかかってきてしまいますが、EQUINIX社のデータセンターを利用しているので約定力も申し分ありません。

最大レバレッジは500倍でロスカットレベルは20%と低いので、手数が多いスキャルピングでもロスカットを気にせずトレードできますね。

項目 ZEROブレード口座
最大レバレッジ 500倍
平均スプレッド ドル円 0.33pips~
取引手数料 往復0.7pips
約定力
取引制限 なし

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
 

TradeView

TradeView

最後はスプレッドが圧倒的に狭いと定評のある「TradeView(トレードビュー)」です。

TradeViewはECN口座、cTrader口座であれば平均0.1pipsと非常に狭く、また取引手数料も往復で0.5pipsなので、総合して非常に狭いスプレッドでスキャルピングができるのです。

ただ最大レバレッジ200倍やロスカットレベルが100%、そして入金最低額が10万円~20万円ほどしてしまうので、初期ハードルがやや高いのが難点です。

項目 ECN、cTrade口座
最大レバレッジ 200倍
平均スプレッド ドル円 0.3pips~
取引手数料 往復0.5pips
約定力
取引制限 なし

公式サイトはこちら詳細ページはこちら