FBS(海外FX)の評判と口コミ!知らないと損するヤバいデメリットとは?

海外FX業者「FBS」は、2011年設立の老舗海外FX業者です。

運営歴や海外FX業者としての安全性・信頼性は決して悪くはないのですが、スペックは今一つパッとせず改善頻度も高くありません。

そのため、最近はSNSや2ちゃんねるでの評判・口コミの数もかなり減ってきてしまいました。

2022年現在は、FBS以外の海外FX業者を使った方がいいというのが正直なレビューです、

FBSの良い評判・口コミはこちらです。

良い評判・口コミ
    • 最大レバレッジが3000倍と高い
    • 取引制限が少ない
    • ビットコインFX・仮想通貨FXも可能

反対に、FBSの悪い評判・口コミは以下のとおりです。

悪い評判・口コミ
    • レバレッジ制限が厳しい
    • ボーナスにクッション機能がない
    • スプレッドが広い
    • 約定が遅い・約定力が低い
    • 通貨ペア数が少ない
    • 公式サイトの日本語が分かりにくい

それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

FBS以外のおすすめ海外FX業者を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

→海外FXの総合ランキングが知りたい方はこちら
海外FXおすすめ口座ランキング2022年最新版

 
→日本語のカスタマーサポートが優れている海外FX業者はこちら
GEMFOREX

 
→スプレッドの狭い海外FX業者はこちら
海外FXスプレッド比較

 

FBSの良い評判・口コミ

海外FX業者FBSの良い評判・口コミは次のとおりです。

最大レバレッジが3000倍と高い

FBSは最大レバレッジ3000倍と、かなり高いレバレッジ倍率で取引が可能です。

海外FXの平均レバレッジは400倍~500倍なので、比較してみるとFBSが抜きんでてレバレッジが高いことが分かります。

海外FX業者レバレッジ
FBS3000倍
XM1000倍
gemforex1000倍
TitanFX500倍
AXIORY400倍

最大レバレッジが高いことで、FBSでポジションを持つための必要証拠金はかなり少額になります。

1ドル120円のときに1ロットを保有するときの必要証拠金額を比較してみましょう。

FX業者レバレッジ必要証拠金
国内FX25倍480,000円
FBS3000倍4,000円
XM1000倍12,000円
TitanFX500倍24,000円

レバレッジ3000倍のFBSでは、たった4,000円で1ロット(約1200万円)のポジションを保有することが可能です。

取引制限が少ない

FBSは、比較的取引制限の少ない海外FX業者です。

スキャルピング、EA、同一口座での両建てなども禁止されていません。

ビットコインFX・仮想通貨FXも可能

FBSでは、ビットコインFX(仮想通貨FX)が可能です。

2021年にリリースされた仮想通貨専用口座、レバレッジ5倍から全100柄以上を取引できます。

仮想通貨専用口座の特徴
最大レバレッジ5倍
スプレッド1pips~
取引ツールMT5
取引手数料往復1%
取引時間24時間

FBSの悪い評判・口コミ

FBSの悪い評判・口コミは、次のとおりです。

レバレッジ制限が厳しい

FBSは一見ハイレバレッジな海外FX業者ですが、実はレバレッジ制限の条件は非常に厳しくなっています。

まず、口座残高によるレバレッジ制限があり、レバレッジ3000倍で取引できるのは口座残高2万円までです。

口座残高最大レバレッジ
~2万円3000倍
~20万円2,000倍
50万円まで1,000倍
~300万円500倍
~1500万円200倍
1500万円~100倍

さらに、入金ボーナスを利用した場合も最大レバレッジが500倍に制限されます。

このように実質レバレッジが意外と低いため、ハイレバ狙いの方にはFBSはおすすめできません。

実質レバレッジが高い海外FX業者はこちら!

海外FXレバレッジ比較!全80社からおすすめ口座を6つ厳選

ボーナスにクッション機能がない

海外FXのボーナスクッション機能とは、受け取ったボーナスを証拠金として利用することができる機能のことです。

クッション機能があるボーナスならより多くの含み損に耐えることができます。

ところがFBSのボーナスキャンペーンにはこのクッション機能がないため、「大きなポジションを持てるがロスカットされやすい」ということになります。

クッション機能付きの高額ボーナスをお探しの方には「GEMFOREX」や「XM」といった海外FX業者がおすすめです。

スプレッドが広い

FBSは海外FXの中ではスプレッドが広く、スキャルピングなどの短期トレードには不向きです。

FBSのスプレッドを比較
FX通貨ペアFBSXMGEMFOREXAXIORY
USDJPY2.0 pips2.1 pips1.5 pips1.8 pips
EURUSD2.0 pips2.0 pips1.5 pips1.5 pips
EURJPY3.0 pips3.1 pips2.8 pips1.5 pips
GBPUSD4.0 pips2.6 pips2.4 pips1.8 pips

スプレッドが広いと、思わぬタイミングでのロスカットにもつながりかねません。

ロスカットを防ぐには、余剰証拠金の額を十分に保っておく必要があります。

スプレッドの狭い海外FX業者はこちら!

海外FXスプレッド比較!最狭スプレッドのおすすめ口座

約定が遅い・約定力が低い

12名無しさん@お金いっぱい。2019/03/01(金) 20:31:41.73ID:2jrc/ngT0
ホント約定が遅くてクイック注文だとうっかり2回クリックしてしまいそうになる

447名無しさん@お金いっぱい。2022/02/28(月) 19:17:46.38ID:YqzOG4510
FBSは滑り酷いからもう使ってないわ

引用元:5ちゃんねる

FBSでは、約定が遅い、注文が滑るといった評判・口コミが多くみられます。

思った通りの価格で約定できないと、スキャルピングなどでは不利となります。

通貨ペア数が少ない

FBSのFX通貨ペア数は37種類と少なめです。

主要な海外FX業者の多くが年々FX通貨ペア・銘柄数を充足させていることを考えると、FBSはやや出遅れていると言わざるを得ません。

銘柄FBSiFOREXXMGEMFOREX
FX通貨ペア37895742
貴金属CFD2642
株価指数46972410
仮想通貨CFD100種類以上18242

ただ仮想通貨銘柄は充実しています。マイナー仮想通貨を取引したい方は、FBSを利用してみてもよいでしょう。

公式サイトの日本語が分かりにくい

FBSの公式サイトは一応日本語に対応していますが、翻訳が不自然なところも多く、今だに英語ページも残されたままです。

英語が分からない方や海外FX初心者の方にとっては、FBSは使いづらい海外FX業者でしょう。

信頼性・安全性

続いて、FBSの海外FX業者としての安全性・信頼性を解説します。

グループ全体で複数の金融ライセンスを取得

FBSは、グループ全体で3つの金融ライセンスを取得しています。

  • VFSC(バヌアツ金融サービス委員会)
  • ベリーズ IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
  • キプロス CySEC(キプロス証券取引委員会)

この内日本人向けアカウントを運営するのは、VFSC(バヌアツ金融サービス委員会)の金融ライセンスを取得しているMitsui Markets Ltd.です。

資金管理は分別管理のみ

FBSは信託保全は行っておらず、分別管理のみで資金管理を行っています。

信託保全がされていないということは、「FBSが倒産した場合、預けたお金が返ってくる保証はない」ということです。

FBSは世界で1400万人以上の利用者を持ち、悪質な出金拒否などの噂もなく安定してサービスを続けてきた業者なので、この先いきなり倒産してしまう可能性は限りなく低いといえます。

日本の金融庁からの警告あり

FBSの母体である「FBS Markets Inc.」は、2015年に日本の金融庁から警告を受けています。

引用元:無登録で金融商品取引業等を行う者について(FBS Markets Inc.)

金融庁の警告は、海外FX業者が日本語サイトを持っていただけで発行されます。

日本の金融庁の規制下では「レバレッジ25倍」「ゼロカット禁止」など厳しい制限を受けるため、ほとんどの海外FX業者は日本以外の国で金融ライセンスを取得しています。

FBSでも例外ではなく警告を受けていまが、あくまで警告に過ぎず、実際に取引する皆さんには不利益はないのでご安心ください。

FBSの取引条件

続いて、FBSの取引条件・スペックを開設します。

口座タイプは5種類

FBSの口座タイプは、全部で5種類です。

  • セント口座
  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ゼロスプレッド口座
  • 仮想通貨専用口座

セント口座

初回入金額1ドル
スプレッド変動スプレッド1 pips~
手数料0ドル
レバレッジ1000倍
ポジション制限200
最小ロット0.01セントロット
最大ロット1000セントロット
取引方式STP

FBSセント口座は、少額投資向けの口座タイプです。

通貨単位はロットではなく「セントロット」が用いられ、1セントロットは1,000通貨に値します。

マイクロ口座

初回入金額5ドル
スプレッド固定スプレッド3 pips~
手数料0ドル
レバレッジ3000倍
ポジション制限200
最小ロット0.01ロット
最大ロット500ロット
取引方式STP

FBSマイクロ口座も5ドルから取引できる口座タイプですが、通貨単位はマイクロ口座よりも多い1ロット=100,000通貨です。

スプレッドは固定ですが、3pipsと広いのであまり活用価値はなさそうです。

スタンダード口座

初回入金額100ドルから
スプレッド変動スプレッド0.5 pips~
手数料0ドル
レバレッジ3000倍
ポジション制限200
最小ロット0.01ロット
最大ロット500ロット
取引方式STP

FBSスタンダード口座は、FBSの基本的なスペックがすべてそろっている口座タイプです。

最大レバレッジ3000倍で取引でき、初回入金額も100ドルからと気軽に海外FXを楽しむことができます。

ゼロスプレッド口座

初回入金額500ドルから
スプレッド固定スプレッド0 pips~
手数料20ドルから
レバレッジ3000倍
ポジション制限200
最小ロット0.01ロット
最大ロット500ロット
取引方式STP

ゼロスプレッド口座は、全通貨ペア固定0pipsの口座タイプです。

低スプレッドとレバレッジ3000倍が両方利用できるお得な口座タイプですが、取引手数料は20ドルと他の海外FX業者の低スプレッド口座に比べかなり高額です。

仮想通貨専用口座

初回入金額1ドルから
スプレッド変動スプレッド1 pips~
手数料始値0.05%、終値0.05%
レバレッジ5倍
ポジション制限200
最小ロット0.01ロット
最大ロット500ロット
取引方式STP

FBS仮想通貨専用口座では、ビットコインFX(仮想通貨FX)が可能です。

取引銘柄も豊富なので、マイナー通貨を取引したい方にとっては魅力的な口座タイプです。

ゼロカット搭載で追証なし

FBSではゼロカットシステムを採用しているため、自己資金以上の損失が生じた場合も追証を追う心配はありません。

FBSのロスカット水準は証拠金維持率20%、マージンコールは証拠金維持率40%で執行されます。

取引ツールは3種類

FBSでは、MT4・MT5に加え、FBSの独自ツールである「FBS Trader」を利用できます。

MT4とMT5の違いは、次のとおりです。

項目MT4MT5
動作スピードやや重い高速
時間足9種類21種類
カスタムインディケーターの数豊富少ない
EAの種類豊富少ない

FBS TraderではMT4、MT5の取引機能に比べ、FBSでの入金・出金を一括化できます。

FBSのボーナスキャンペーン

FBSには、主に4つのボーナスキャンペーンがあります。

レベルアップボーナス

FBS(エフビーエス)のレベルアップボーナス
 
FBSの新規口座開設ボーナスは「レベルアップボーナス」と呼ばれ、口座開設+アプリダウンロードするだけで最大140ドル(約14,000円)のボーナスを受け取れます。

口座開設ボーナスは、「レベルアップボーナスアカウント」という専用口座を開設することで受け取りが可能です。

なお、レベルアップボーナスは出金可能ですが、5ロット以上のトレードをしないと出金できません。

100%入金ボーナス

FBS(エフビーエス)の入金100%ボーナス
 
FBSでは、入金するだけで資金が2倍になる入金100%ボーナスキャンペーンを実施しています。

ボーナス上限の100万円に達するまで何度でも入金ボーナスを受け取ることが可能です。

FBSの入金ボーナスが受け取れる口座タイプは、以下のとおりです。

  • スタンダード口座
  • セント口座
  • マイクロ口座
  • ゼロスプレッド口座

ECN口座・仮想通貨口座では入金ボーナスは受け取れないのでご注意ください。

また、FBSの入金ボーナスにはクッション機能がないため、ボーナスを使って含み損やロスカットに耐えることはできません。

キャッシュバックキャンペーン

FBS(エフビーエス)のキャッシュバックボーナス
 
FBSのキャッシュバックボーナスは、取引量に応じて出金可能なボーナスが上限なしでキャッシュバックされるキャンペーンです。

キャンペーンの参加条件は、FBSのログインページでキャッシュバックオプションを有効にするだけ。あとは規定ロット数を達成すれば自動的にキャッシュバックが付与されます。

受け取れる金額は通貨ペアや口座タイプごとに異なりますが、1lotあたり最大15ドル(約1,500円)のキャッシュバック上限なしで受け取れるキャンペーンは非常に魅力的といえるでしょう。
※1ヶ月あたりの上限額は500ドル

クイックスタートキャンペーン

FBS(エフビーエス)のクイックスタートボーナス
 
FBSのクイックスタートキャンペーンでは、口座開設だけで100ドルが受け取れます。

クイックスタートボーナスを使って得た利益も出金できるので、いきなり自分のお金を使ってトレードするのは怖い、という方にとっては絶好のチャンスといえるでしょう。

関連:FBSのボーナスは意味ない?口座開設&入金ボーナスの特徴と厳しい出金条件

口座開設方法・入出金方法

ここでは、FBSの口座開設方法、入出金方法を解説します。

FBSの口座開設方法

まずはFBSの口座開設フォームをひらいてください。

FBSの口座登録画面

 
メールアドレス・名前を登録します。

口座開設フォームを提出すると、FBSからメール認証用のメールが届きます。「Eメールを確認する」ボタンをクリックします。

FBSの口座登録メール

 
「取引ツール」「口座通貨(円・ドル・ユーロ)」「レバレッジ」を設定します。

FBSの登録画面2

 
設定を行うと、登録したメールアドレスにメールが届くので、あとは指示に従えば口座開設は完了します。

ただし、入出金を行う場合は電話番号・本人確認の登録が必要となるので口座開設後、続けて登録しておくと後が楽です。

電話番号の登録は、電話番号を記入しSMSで送られた暗証番号を入力するだけです。

本人確認はパスポート、もしくは公共料金の領収書を写真でアップロードするだけなので、どちらもすぐに手続きは完了します。

FBSの本人確認画面

関連:FBSの口座開設手順まとめ。ログイン・取引までの流れを写真で紹介

FBSの入金方法

FBSで利用できる入金方法は、次のとおりです。

入金方法対応通貨手数料反映時間
国内銀行送金JPY2%最大48時間
bitwalletJPY無料即時
STICPAYUSD2.5%+0.3ドル即時
PerfectMoneyUSD/EUR0.50%即時
クレジットカード(JCB)JPY無料即時

関連:FBSの入金方法解説!お得な手段はどれ?

FBSの出金方法

FBSで利用できる出金方法は、次のとおりです。

出金方法対応通貨手数料反映時間
bitwalletJPY無料即時
STICPAYUSD2.5%+0.3ドル最大48時間
PerfectMoneyUSD/EUR0.50%最大48時間
クレジットカード(JCB)JPY1EUR最大48時間

関連:FBS(海外FX)の出金方法・手数料の紹介!出金拒否される?

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位