海外FXと国内FXの違いとは?気になる詳細ポイントを徹底比較!

全く違う海外FXと国内FX

全く違う海外FXと国内FX

皆さんは、海外FXと国内FXの違いを聞かれて、ぱっと答える事はできますか?

「国内FXは経験済みだけど海外FXは無い」
「なんだか海外FXは危険そう」

実際、このようなイメージや偏見をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

かく言う私も、上記2つの違いをしっかり認識するまでは、同じような疑念を抱いていました。

しかし、これら2つのFX業者は全くの別物に近く、それぞれに特徴があります。長所を上手く活かせば、一攫千金も夢ではないでしょう。

そこで今回は、そんな気になる海外FXと国内FXの違いについて、それぞれの利用メリットと併せて解説していきます。

それでは、早速両者の違いから見ていきましょう。

海外FXと国内FXの具体的な違いとは?

海外FXと国内FXの具体的な違いとは?

まず、海外FXと国内FXの具体的な違いについてお伝えしていきます。ポイントは大きく分けて3つです。

海外FXと国内FXの具体的な違い
  • 一度に儲けられる額
  • 安全性
  • キャンペーンの有無

それぞれ見ていきましょう。

一度に儲けられる額の違い

これはそのままで、一度の取引で儲けられる額が圧倒的に異なってきます。

後ほど詳しくお伝えしますが、FXには国内海外ともに「レバレッジ」という概念があります。

これは簡単にいえば、一度にかける事が可能なレート(倍率)を指すのですが、例えば100万円を2倍のレバレッジでかけて運用すれば、実質200万円分のトレードをする事が可能になります。

でもこれが仮に200倍だったら…??単純計算で、その更に100倍の2億円分を一気に運用する事ができるわけです。スケールが違いますよね。

簡潔に言えば、そんなレバレッジをフルに活かせるのが海外FXで、上限規制があるのが国内FXです。

もちろんその分リスクも広がりますが、こと「儲ける」という事に関して言えば、海外FXの方が圧倒的に可能性の幅が広いという事になります。

安全性にも意外な開き

海外FXと国内FXでは、そもそもの取引形態も異なってきます。それゆえ、安全面における開きが出てくるというのは必然的な話。

具体的には、FX業者がトレーダーとインターバンク(市場)の間に入って仲介する役割を果たしているDD方式と、仲介を一切しないNDD方式の二つが挙げられます。

DD方式とNDD方式

仲介に入る以上、手数料等を抜いたり、その他操作が加わってしまう可能性をも秘めているのがDD方式で、その反対がNDD方式だと覚えていただければわかりやすいでしょう。

つまり、一般的にはDD方式よりもNDD方式の方が「安全」であるという事になります。

さて、そんな前者DD方式は、実は国内FX業者に圧倒的に多く、逆に海外FXはNDD方式を採用しているケースが大多数です。

顧客からすればもちろん、できる限り出費は押さえたいし、不正な操作がないようにしてほしいと願うのは当然ですよね。

その意味で、何かと不審に思われがちな海外FX業者ですが、実はNDD方式を採用する事で、より透明度が高く安心できるトレードの場を提供してくれているというわけです。

見落とせないキャンペーンの有無

業者ごとに不定期で開催されるキャンペーンの存在も、海外FXと国内FXの利用を試みる上で是非チェックしておきたいポイントの一つです。

特に初心者の人は、最初の軍資金として○○円ボーナスなどの特典があるので、時期を見て最適なタイミングで参入するのが良いでしょう。

また、このボーナス金額に関してもやはり海外FXのスケールは国内FXを凌駕しており、数万円単位から入金ボーナスが行われるケースもざらにあります。

こうしたボーナスの有無、その内容をしっかりチェックすれば、更に海外FXと国内FXの差が明確に見えてくる事でしょう。

【2020年4月更新】海外FX業者のボーナスキャンペーンで口座開設するならどこ? 一番ボーナスが豪華な海外FX業者は? 「結局どこの海外FX業者のボーナスが1番お得なの?」 この記事はそんな声に...

 
さて、大まかに海外FXと国内FXの違いをご説明したところで、そのまま次は海外FX業者を利用するメリットについてお伝えしていきます。

海外のFX業者を利用するメリットとは

海外のFX業者を利用するメリットとは

ここでは前項同様、ポイントを3つに分け、海外FX業者を利用するメリットをお伝えしていきます。

最大レバレッジが何よりの魅力

最初の項でもお伝えした通り、なんといっても海外FXの魅力といえば、そのレバレッジの高さにあります。

例えば、当サイトでもおすすめ中の海外FX業者「Gemforex」の場合で言えば、最大レバレッジは何と1000倍。

国内FXは「原則25倍まで」と決まっているので、それと比較すれば規模の大きさは桁違いですよね。

その他、同じく優良業者の「XM」は888倍、「TITAN FX」でも500倍と、圧倒的に稼げる環境を海外FX業者は提供してくれているのです。

少額で可能な限り資金を増やしたい方は、是非これらハイレバレッジを誇る海外FX業者の利用をおすすめします。

意外と透明で安全性が高い

意外と透明で安全性が高い

これも先ほどお伝えした通りで、海外FX業者は基本的にNDD方式を採用しているケースが多いので、トレーダーの資金を仲介して中抜きされるようなリスクが一切ありません。

また、レバレッジの高さゆえ、借金が膨れたらどうしよう…??と心配する方も多いですが、そこも含めて安心できるのが海外FXの魅力。

海外FXでは「ゼロカット」というシステムを導入しており、これは想定以上に相場が変動した際、証拠金以外のリスクをトレーダーが負わなくていいという機能を果たしています。

例えば、仮に100万円をハイレバレッジでトレードしたとして、暴落したとします。この時100万円の元手に対して120万円の損失が出てしまったとしたら…

トレーダーは証拠金(元手)の100万円分は支払いの義務が発生しますが、それ以上(20万円)は業者が負担してくれるという運びになります。

実質100万円を全額失う事になるのですっからかんに変わりはありませんが、それ以上の借金を背負う必要はないというわけです。

こうしたある種の「ストッパー」的なシステムを海外FXでは導入しているので、勘所がまだイマイチわからない初心者の方にとっても安心安全であると言えるでしょう。

嬉しいキャンペーンボーナス

キャンペーンボーナス金額まで太っ腹なのも、海外FXを利用する上で欠かせない特徴の一つです。

同じようなキャンペーン内容でも、国内FXだとどうしても金額感が小さく、せいぜい数百~数千円というのが関の山。

それに比べて海外FXは、前述の通り数万円単位のボーナスもありえるなど、投資家にとっては非常にありがたいサービスを提供してくれています。

例えば、先ほどもご紹介した海外FX業者の「Gemforex」では、今新規で口座開設をされたかた全員にもれなく2万円をプレゼントするキャンペーンを打ち出し中です。

今新規で口座開設をされたかた全員にもれなく2万円をプレゼントするキャンペーン

口座を開くだけで2万円も貰えるなんて、正直嘘のような厚待遇ですよね…!

現状、国内FXじゃ物足りない方や、こうした手厚いサポートを受けたい方は、是非Gemforexを始めとする海外FX業者の利用を検討してみてください。

さて、これまでは「海外FX」に絞って話を進めてきましたが、ここからは逆に「国内FX」について利用上のメリット等をお伝えしていきたいと思います。
 

国内のFX業者を利用するメリットとは

国内のFX業者を利用するメリットとは

海外FXに負けず劣らず人気な国内FXには、一体どのような魅力があるのか。こちらも順に3つほど見ていきましょう。

国内取引量の多さは圧倒的

これは題の通りですが、やはり日本国内における全体の取引量は、圧倒的に国内FXの方が多いという結果に落ち着いています。

国内取引量の多さは圧倒的
Finance Magnates「2018年年間FX取引高調査報告書」において、GMOクリック証券が2018年1~12月のFX取引高(売買代金/ドル換算)1位を獲得

それもそのはず、たしかに海外FXはスケールや規模感が大きく、世界的な取引量は圧巻ですが、ここ日本に限った話ならばむしろ逆。

ただでさえ小難しいイメージを持たれがちなFXを、わざわざ最初から日本語以外の言語を使用し、海外の業者の利用から始めようとする人は、まあそうはいません。

結果として、取引量およびトレーダーの母数も大きく、何より提供される情報の桁数が違います。

有事の際も含め、我々投資家はより安心して取引を行う事ができるというわけです。

アプリやツールも使いやすい

これは詰まるところ言語の壁問題とも言い換えられそうですが、やはり日本語にメインで対応する投資用のアプリやツールが大多数なので、無理に英語等を使わずに済みます。

どんなに使えるサービス(アプリ)でも、全部他言語で書かれていて読めなかったら意味がないですよね?

その意味で、国内で広くあまねく利用されるものは必然的に

日本語対応が多い→国内FX業者を基準として作成される

という流れなので、どのツールも利用しやすいというわけです。

日本語対応はやはり嬉しい

直近の項と内容が若干被りますが、やはり業者の人間が日本語をしっかり話せる(対応できる)ことは何よりの安心感にも繋がります。

万が一何かあった時、相手が外国人で日本語が通じないのは、想像以上にストレスになるというもの。

特に自分のお金をかけている以上、FX業者は利用者のニーズに合わせた言語対応ができるようになる事がマストとなってきています。

その点、海外FXではそもそも日本語に非対応だったり、あまり流暢には喋れなかったりと、不安を覚える要素がちらほら散見される状態。

一方国内FX業者を使えば、当然連絡等は全て「日本語」で対応可能ですし、いつ何時困っても大丈夫ですね。

まずは投資の練習も兼ねて気軽に…という方は、まず国内FXから始めてみる事をおすすめします。

では、最後に今回の記事のまとめを見ていきましょう。

まとめ

今回は、意外と知らない海外FXと国内FXの違いについて、具体的なポイントに絞ってくまなくお伝えしてきました。

海外FXのメリットは以下の3つでした。

海外FXのメリット3つ
  1. 高い最大レバレッジ
  2. 透明性の高い取引
  3. 豪華なキャンペーン

 

一方、国内FXのメリットはこちらでしたね。

国内FXのメリット3つ
  1. 圧倒的な取引量
  2. 優秀なアプリやツール
  3. 日本語が基本

ハイリスクハイリターンの固定観念を持たれがちな海外FXですが、利用方法次第ではいくらでも可能性があり、魅力もたっぷり詰まっています。セキュリティ面も堅牢なのがまたポイント高いですね。

逆に国内FXにしても、ユーザー層や総人数の割合から見て圧倒的にポテンシャルが高く、本当の意味で安心できる初心者向けの投資先であるという事が分かったかと思います。

どちらも一長一短ですが、まずは自分の肌感にあったものを選び、実際に試して投資してみてください

この記事を参考に、是非とも皆さん、海外・国内FXそれぞれの魅力を堪能してみてはいかがでしょうか?

口座開設するならどこ?海外FXおすすめ業者ランキング おすすめの海外FX業者をランキング形式で一挙大紹介【2020年最新版】 「最大レバレッジ」、「スプレッドの狭さ」、「キャン...