FXで勝ち続けるための期待値の使い方!手法と計算方法

計算で勝つ!FXの期待値を使った簡単な手法

FXで期待値と聞くとと計算が面倒だと思う方が多くいると思います。

確かに期待値では多くの計算を必要とされることもあります。
しかし、実は期待値を正しく使いこなすことができるだけでFXトレードの計画を簡単に立てることができ、目標達成への近道になります。

これまでFXを漠然と勝つことができるトレード手法を身に着けて行っていただけの方は特にもったいないことをしているかもしれません。

管理人である私は基本的に目標やFXに使うことができる時間を決める時には必ずと言っていいほど期待値から考えます。

そこで、今回は期待値の説明とFXトレードでの正しい期待値の使い方を紹介していきます。

期待値とは?簡単な計算式の紹介

期待値とは?簡単な計算式の紹介

まずは、期待値について説明していきます。
高校などで勉強するので知っているという方も多いとは思うのですが、忘れている方もいると思うのでここで改めて復習していきます。

期待値とは?

期待値とは、簡単に言うと「一回のトレードで稼ぐことができる金額の平均値」を表したものになります。

例えば、あなたが100回FXトレードを行い合計で100万円の利益を出したとします。
この場合、あなたがFXトレードを行う場合の期待値は100万円÷100回で1万円となります。

つまり、あなたは一回FXのトレードをするごとに1万円を手に入れることができる計算になります。
もちろん、勝つときもあれば負ける時もあると思います。そのため、毎回FXで1万円が手に入るというわけではありません。
ただ、平均すると1万円が手に入るというわけです。

逆に、100回FXトレードをしてマイナス50万円になってしまった場合は期待値-5000円になるので、FXトレードをするたびに5000円を失うことになります。

この場合、一回のFXトレードだけで見ると利益をあげることもあるのですが、長期的に見ると損失が膨らんでいきます。

この話を聞いた中には
こんなバカなことしないよ!
と思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、FXトレーダーに限らず多くの方が期待値を計算せずに損をしています。

その典型例が宝くじです。
宝くじは1枚200円や300円で数千万円、数億円と言った大金を手に入れる可能性を秘めた夢のある商品です。
では、その宝くじの期待値はいくらなのでしょうか?

実は宝くじの期待値は300円のものであれば135円程度(200円のものであれば90円程)しかありません。
多くの方は300円を出して135円の価値しかないものを買っているということです。
もちろん、300円が数億円になった方も中にはいるので否定はしませんが、多くの人は損しかしません。

このように期待値の計算はFXに限らずとても大切になってきます。
期待値を計算できていなければ、多くの損失が生む原因となってしまいます。

期待値の計算!具体例も交えて

上でも少し説明しましたが、ここからはより具体的にFXに利用できる期待値の計算方法について説明していきます。

期待値の計算は上では、

(期待値)=(合計の利益額)÷(トレード回数)

で計算していました。

しかし、FXで期待値をより使いこなすためには次の式で計算することをおすすめします。

期待値の計算式

(期待値)= (勝率) × (勝った場合の平均利益額) – (負率) × (負けた場合の平均損失額)

また、利益額と損失額の単位はpipsで計算するようにしましょう。

少し計算式が複雑になってしまうのですが、このように計算することでFXトレードの改善点をより明確にすることができます。

では、実際にFXの期待値を計算していきましょう。
もし、勝率50%(負率も50%)で勝った場合の利益額の平均が30pips、負けた場合の損失額が10pipsの手法でFXをしているとしましょう。

この時、

(期待値)=0.5×30pips-0.5×10pips=10pips

と計算することができ、期待値は10pipsになるということが言えます。

次にFX初心者に多い中々損切りをできない人を例に期待値を計算してみます。

損切りをしないので勝率90%(負率10%)平均利益額5pips、平均損失額100pipsで計算してみます。

(期待値)=0.9×5pips-0.1×100pips=-5.5pips

勝率は9割と高くFXトレードでは勝っているように見えても一回の負けで多くの金額を失ってしまうため合計で損していることもあります。

このように自分のFXトレード一回がどれだけの利益があるのかを期待値では簡単に計算することができます。

ここまでで期待値とは何か、FXにおける期待値の計算方法については理解していただけたと思います。
ここからはFXでの期待値の利用方法についての説明を行っていきます。

FXでの正しい計画の立て方!


まずは、期待値を利用して正しくFXトレードの計画を立てる方法について説明していきます。

まずは目標を決める

何と言ってもまず、大切なことは目標を決めるということです。
目標がなければFXトレードの計画を立てることはできません。

目標は

  • 現在、FXに使うことができる資金
  • 目標利益額
  • 目標利益額達成までの期間

の3つを具体的な数値を使って決めるようにしましょう。

例えば、「FXに使うことができるお金が100万円あり、ひと月で10万円稼ぐ」というような形です。
ここで決めるのはこれだけで十分です。

トレードの期待値を計算する

目標が決まれば、ここで自分自身のFXトレードの期待値を出していきましょう。

これまでFXトレードを行っている方は計算するだけで期待値を出すことができるのですが、当コンテンツを読んでいる方の中にはFX未経験者もいると思います。
そこで、ここからはFX経験者とFX未経験者で分けて説明していきます。

FX経験者

FX経験者であれば、計算するだけで期待値を出すことができるので簡単だと思います。

ただ、ここで一つ注意してほしいことがあります。
それは複数の手法、複数の通貨ペアでFX取引を行っている方はそれぞれ別で期待値を出す必要があるということです。
スキャルピングとスイングトレードの両方を行っている方がまとめて期待値を計算しても正しい値は出ません。

そのため、「米ドル/円でのスイングトレード」「ユーロ/円でのスキャルピング」というように細かく分けてFXの期待値を計算するようにしましょう。

FX未経験者

次にFX未経験者の期待値の出し方について説明していきます。
そもそもFX未経験者であればトレードを行ったことがないので期待値を出すことはできません。

そのため、まずはどのようなトレードを行うかを決めて予測で期待値を計算していきましょう。
例えば、利確ラインを20pips、損切りラインを10pipsのトレードを行うなどと決めましょう。

その後に、勝率を考えていきます。基本的にFX未経験者であれば勝率の予測は難しいと思うので適当で大丈夫です。(100%などの現実離れした確率はやめましょう)
ここでは、仮に50%とします。

後は、先ほどの期待値の式に当てはめるだけです。
(期待値)=0.5×20pips-0.5×10pips=5pips
このようにFX未経験者でも期待値を出すことができました。

もう一度期待値を出す順序をまとめておきます。

  1. どのようなトレードをするか決める(スキャルピング、デイトレードなど)
  2. 利確ライン、損切りラインを決める
  3. 勝率を予測する

また、FX未経験者が予測しただけなので基本的にこの通りの結果にはなりません。
FX初心者で大切なことは実際にFXトレードを行って思うような結果が出なかったときに改善していくことです。

期待値を使ったFXトレード改善の方法は後で説明してますのでそちらを参考にしてみてください。

期待値から逆算してトレード回数、レバレッジを確定

ここまでで目標が決まり、期待値を出すことができた思います。
では具体的にFXトレード計画を作成していきましょう。

ここでは、

目標:100万円の資金で1か月で10万円稼ぐ
期待値:デイトレードで10pips

の場合で考えていきましょう。

まず、1か月でFXトレードが行えるのは大体20日程度です。
デイトレードなのでトレードを行うのは1日1回程度になります。
するとトレード回数は20回と決まります。目標金額は10万円なので1回のトレードで5000円の利益を出す必要があります。

FXトレードの期待値が10pipsなので5000円の利益を出すためには約500万円分の取引をする必要があります。
(1ドル=100円の場合、500万円分買い1ドル=100.10円になると5000円の利益)
FXに使うことができるお金が100万円なのでレバレッジは5倍となるわけです。

このように目標と期待値が決まっていれば後はどのようなFXトレードを行うかの計画を簡単に立てることができます。
計画なしに闇雲にFXトレードすることは失敗の元ですのでこのようにきちんと計画を立ててFXトレードするようにしましょう。

計算するだけの簡単トレード改善方法!高い値を探す


期待値を利用したFXトレードの計画の立て方は理解していただけたと思います。
次に期待値を利用したFXトレード改善方法について説明していきます。

期待値の計算を参考にFXトレード改善!確率改善

FXでは期待値を計算することによって自分自身のFXトレードの改善も行うことができます。

例えば、これまで利確ラインを30pips、損切りラインを10pipsで行っており、この時の勝率が50%だったとします。

この場合の期待値は
(期待値)=0.5×30pips-0.5×10pips=10pips
と計算することができます。

FXトレード回数を増やすことなく、利益をあげようと思うと期待値を上げるしかありません。期待値をあげたい場合には利確ラインや損切りラインを変更する必要があります。

例えば、損切りラインを10pipsから15pipsに変更すると勝率が60%になりました。

この時のFXの期待値は
(期待値)=0.6×30pips-0.4×15pips=12pips
となり、期待値を簡単に増やすことができるかどうかを期待値の計算だけで検証することができます。

逆に損切りラインを15pipsにした場合も勝率55%にしかならなかった場合で考えると、
(期待値)=0.55×30pips-0.45×15pips=9.75pips
となり、損切りラインを変更すべきでないということがわかります。

このような形で期待値を使うことで同じトレードでも利確ライン、損切りライン等を改善しやすくなりFXトレードの改善もすることができます。

期待値に関する注意点

ここまででFXにおいて期待値をどのように使えばいいのか理解することができたと思います。
しかし、期待値にも注意点があります。
それが「期待値は変化する」ということです。

ある手法で期待値を出すことができ、それがそこそこ稼ぐことができる方法だったとします。
しかし、それがいつまでも現在通りに使い続けられるとは限りません。

期待値が高くて稼ぐことができる手法をたまたまあなたが見つけたとしてもいずれ誰かがその手法に気づき同じことをします。
そうなってしまうと、その手法の期待値は下がってしまうこともあり、最悪の場合期待値がプラスでなくなる可能性もあります。

このようにFXの期待値は日に日に変化するので稼ぐことができる手法を身につけたから安心ではなく、定期的に確認するようにしましょう。

まとめ~株など他の投資でも応用可能~

期待値をFXで利用する方法については理解していただけたでしょうか?

そもそもFXにおける期待値とは
一回のトレードで稼ぐことができる金額の平均値
と言うことでした。

また、具体的にFXの期待値を計算すると
(期待値)=(勝率)×(勝った場合の平均利益額)-(負率)×(負けた場合の平均損失額)
という式で表すことができました。

FXでこのように自分のトレードに関して期待値を出すことによって、自分のFXトレード計画を立てたり、FXトレードの改善を行うことができるのでぜひ活用してみてください!

当サイトはFXをメインに扱っているので今回はFXにおける期待値で計算などを行いました。
しかし、期待値はとても便利で株など他の投資を行う際にも使えるので様々なものに応用してみてください。

FXのテクニカル分析とは?初心者におすすめの指標や本、失敗の原因などを徹底解説テクニカル分析を行うにはFXチャートの理解が必要 今回はFXのテクニカル分析について説明していきます。 FXのテクニカル...