FXのオシレーター系とは?トレンド系との組み合わせが吉

テクニカル指標を使ってFX!オシレーター系とは?

FXのオシレーター系とは?

今回は、FXの指標の中からオシレーター系指標についてお話します。

指標は、FXをする上で重要な判断基準となります。
相場の動きを、感覚的なものではなく数値化して客観的な基準を示してくれるからです。

FXトレードでも、様々な指標がありますが、今回はその中でもテクニカル指標、特にオシレーター系のものに焦点を当てていきます。

オシレーター指標は、ざっくりいうと相場の強弱を表す指標です。一定の範囲内で振り子(オシレーター)のように動いて相場を表すことから、この名がつけられました。
FXにおける代表的オシレーター指標には、RSI、ストキャスティクス、MACDなどが挙げられます。

FXトレードにおいて、オシレーター系指標がどのような役割を果たすのか?今回は、代表的なインジケーターとともに紹介していきたいと思います。

テクニカル指標には種類がある

オシレーター系指標は、テクニカル指標の一つです。

FXのチャート分析は、判断基準によって大きく2つに分かれます。
過去の相場の動きを分析して判断するテクニカル分析と、経済指標や景気動向など、その時の社会情勢などをもとにするファンダメンタルズ分析です。

個人のFXトレーダーでは、企業に雇われているプロと情報量が格段に違うので、多くの人がテクニカル分析でFXトレードをしています。
そのテクニカル分析で重要になるのが、インジケーターと呼ばれる指標です。

トレンド系とオシレーター系

FXで使われるテクニカル指標は、主に「トレンドフォロー系」と「オシレーター系」に分かれます。

トレンドフォロー系はその名の通りFXのチャートで見えるレートを絶対水準として相場を表します。
一方で、オシレーター系は価格の絶対水準とは関係なく、買われすぎ・売られすぎを判断材料にして、相場の強弱を表します。

トレンド系は中長期、オシレーター系は短期の相場を見るのに向いており、この2つを組み合わせてFXトレードをする人も多くいます。

では、オシレーター系指標は実際のFXトレードで使う際にどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

オシレーター系指標ってFXでどう役立つの?

前述通り、オシレーター系は短期の相場を見るのに向いています。
値動きではなく、どれくらい買われているか、どれくらい売られているかが判断基準なので、その時点で相場にどれだけ勢いがあるのかが一目でわかるのです。

しかし、その場その場の強弱しかわからないため、中長期でどのような値動きをしているかはわかりません。
そのため、FXではオシレーター系指標をあくまで「補助ツール」として使う人も多いようです。

オシレーター系指標を使うメリット

オシレーター系の指標は、「振り子」を意味する名前の通り、一定の範囲内を行ったり来たりします。
数字が大きければ「買われすぎ」、小さければ「売られすぎ」といった具合です。

相場の強弱についてかなり敏感なので、レンジ相場やもちあいのような、あまり値動きがない場合に大活躍します。

また、買われすぎ・売られすぎの基準が比較的はっきりしており、トレンド転換のサインがわかりやすいので、感情に流されず機械的にFXトレードができます

オシレーター系指標を使うデメリット

逆に言うと、オシレーター系指標では短期的なFXの相場しか見れません。

長期的な推移がわからないため、必然的にダマシに合うことが増えます
また、相場に合わせて一定の範囲内を動くので、相場が範囲を超えた動き、つまり強いトレンドができると機能しなくなります

そのため、オシレーター系指標単体でFXをするのは難しいのです。
FXトレーダーにオシレーター系指標を補助ツールとして使う人が多いのはこれが理由でしょう。

オシレーター系指標の代表格は?

FXにおけるオシレーター系指標の役割がご理解いただけたでしょうか?

続いて、FXトレーダーに人気があり、オシレーター指標の代表格といえるインジケーターをいくつか紹介していきます。

RSI

まず紹介するオシレーター系指標は、RSI
一定期間に上昇した値幅がどれくらいあるかをパーセンテージで表したもので、典型的なオシレーター系FX指標と言えます。
FX初心者でも使いやすいオシレーター系指標です。

RSIは、MT4で表示させると以下の図のようになります。

0から100までの間をグラフが行き来します。
30と70を基準にし、70を超えると買われすぎ、30を切ると売られすぎ、という意味になります。

70を上回った場合はその後値下がりし、30を下回るとその後値上がりする、と考えて、30または70で決済をするのが一般的です。
この30、70という数字はあくまで一般的な基準で、20・80とする説もあります。

ただし、RSIだけを見ているとダマシに合うこともありますし、強いトレンドが出来た場合には70を上回って80,90と上昇が止まらない場合もあります。
移動平均線などのトレンド系指標を見たうえで、売買を行うのがおすすめです。

ストキャスティクス

次に、ストキャスティクスについて説明します。
RSIと同様、FX初心者でも使いやすく、多くのFXトレーダーが使うオシレーター系指標です。

基本的にはRSIと変わらず、判断基準や見方もほぼRSIと同様です。
違うところと言えば、RSIは1本の線でしたがストキャスティクスは2本の線を参考にして判断を行うことでしょう。

%K、%D、SDの3つの曲線から、売買ポイントを探っていきます。

%K…ある期間内の最高値と最安値の間で、現在地がどこにあるかを表します。現在地が最高値と最安値のちょうど中間であれば50となります。
%D…%Kの平均線で、%Kより少し遅れて動きます。
%SD…%Dの平均線です。

この3本のうち、%K,%Dを用いるものをファスト・ストキャスティクス、%D,%SDを用いるものをスロー・ストキャスティクスと呼びます。

ファストの場合は価格変動を追っており、動きが速いのでオシレーター系指標らしくダマシが増えます。
一方で、スローは採用日数を増やすことになるので、動きこそ遅くなりますがダマシに合うことは減ります。

RSIと同様、20を下回ったら売られすぎ、80を上回ったら買われすぎ、となります。
加えて、ストキャスティクスでは%Kが%Dを上抜けたら買い時、下抜けたら売り時となります。

MACD

最後に、MACDをご紹介します。

MACDは、FXのトレンドフォロー系指標の代表格・移動平均線による分析を進化させたものです。
簡単に言うと、2種類の移動平均線を使ってトレンドを分析するオシレーター系指標です。

短期・中期の2種類の移動平均線を利用し、短期線から中期線を引いた値を線にしています。
MACDは、FXのチャート上で以下のように表示されます。

MACDとシグナルがクロスしたときが、売買のタイミングです。

ただし、MACDはプラットフォームによって表示の仕方が変わってきます
たとえば、シグナルは一般的にラインで表示されますが、MT4では棒で表示されたり、ヒストグラムが表示されなかったりします。
いくつかのFX会社で異なるプラットフォームを使ってFXトレードをしている人は注意が必要です。

MACDはトレンド系かつオシレーター系の指標となり、最強ともいわれています。
ただし、移動平均線の事前知識が必要なので、一番最初に手を出すのはやめましょう。

FXで使うなら?

さて、オシレーター系指標について、かなり理解が深まったのではないでしょうか?

最後に、FXで実際にオシレーター系指標を使う際におすすめの方法を紹介していきたいと思います。

トレンド系と組み合わせる!

最初にお話ししたとおり、個人のFXトレーダーにはインジケーターが欠かせません。

しかし、オシレーター系の指標はそれ単体ではダマシに合う確率が高く、使いにくい
一方で、トレンド系の指標はレートは見えるものの、売買のサインが遅くなります

そこで、トレンド系とオシレーター系を組み合わせることでこれらの欠点を補いあい、よりよいFXトレードが出来るのです。

組み合わせの基本として、「トレンド系で中期の流れ、オシレーター系で短期の強弱」を見ます。
これさえ抑えておけば、好きな指標の組み合わせでいいのです。

おすすめの組み合わせは?

お気に入りや使い慣れたFXのインジケーターがあればもちろんそれで構いませんが、FX初心者やインジケーターを使い慣れていない人のために、管理人のおすすめのトレンド系指標・オシレーター系指標の組み合わせを2つ紹介します。

MACDとRSI

この2つだけでは、「あれ?どっちもオシレーター系指標じゃない?」と思うかもしれません。
ただ、MACDは移動平均線をもとにしているので、トレンド系の指標でもあるのです。

この2つを組み合わせると、たとえばRSIで売りのサインが出ていたとしても、MACDではまだ買い(上昇トレンド)のまま…ということが分かります。

この時、MACDでデッドクロスのような売りサインが出るのを待って、トレンドを確認してから売る、とわかりやすい指標になります。

FX初心者でもかなり使いやすい組み合わせでしょう。

移動平均線・ADX・ストキャスティクス

もう一つは、オシレーター系指標のストキャスティクスを使う方法です。

ストキャスティクスで売り・買いのサインが出たときに、トレンド継続なのかトレンドが変わるのかを確認するために、移動平均線とADXを使います。
ストキャスティクスのサイン後に移動平均線のデッドクロスがあったり、DMIが大きく動いたりすると、そのままポジションが継続します。
一方で、ストキャスティクスが反転する、ローソク足が反対方向に動く、また、ADXが下降したりDIがクロスすると、トレンドが転換するので、決済を行ったほうが良いでしょう。

ダイバージェンスを利用する!

FXトレードにおいて、MACDやRSIなどの指標を使う際には、ダイバージェンスを利用するのがおすすめです。

ダイバージェンスって何?

ダイバージェンスとは、FXのチャート上で見られる現象で、オシレーター系指標の動きと実際の値動きが同調しなくなる現象をさします。

通常、FXでは、価格の動きと指標の動きは同調します。
しかし、ダイバージェンスの時はそれが成り立っていません。簡単に言えば、異常事態。

ダイバージェンスが起きているときは、その後の値動きが怪しい時なのです。

ダイバージェンスの種類

ダイバージェンスには、2つ種類があります。普通のダイバージェンスと、ヒドゥンダイバージェンスです。

ダイバージェンスはトレンド反転のシグナルです。
価格が安値を切り下げているのに、オシレーターが安値を切り上げているときなどは、これに当たります。

買いのダイバージェンスのときは、指標が「この下降トレンドが継続するか怪しい」と示しており、その後FXの相場は値上がりすることが予想されます。

ヒドゥンダイバージェンスは、トレンド継続のサインです。
価格が安値を切り上げたのに、オシレーターが安値を切り下げるときなどは、これの可能性が高いです。

まとめ

オシレーター系指標の特徴や、FXトレードでの活かし方について、理解していただけたでしょうか?

インジケーターはFXの取引をする上で欠かせないものです。
単に種類が多いだけでなく、今回紹介したように組み合わせることで、使い方は無限大

オシレーター系指標は単体では使いにくいですが、スキャルピングでもデイトレードでもかなり役立ちます。
自分のお気に入りのオシレーター系指標を1つでも見つけておくと今後のFXで役に立つことが間違いないでしょう。

FXのテクニカル分析とは?初心者におすすめの指標や本、失敗の原因などを徹底解説テクニカル分析を行うにはFXチャートの理解が必要 今回はFXのテクニカル分析について説明していきます。 FXのテクニカル...

>>TOPへ戻る