FXで儲けすぎると口座凍結になる!?その真相とは?

凍結の真相!FXの取引で儲けすぎが原因?

FXで儲けすぎると口座凍結されるという噂の真相とは?
「FXで儲けすぎると口座が凍結されてしまう」

皆さんはこのような噂を聞いたことがあるでしょうか?

そもそも、FXをする目的が儲けるためであるのに儲けすぎてしまうと口座が凍結されてしまうなんて、、、

本来、そんなことあってはなりません!!

私自身もこの話が本当であるならば、早めにFXから手を引かなくてはならなくなります。

そこで今回は、この「FXで儲けすぎると口座が凍結されてしまう」という噂の真相について徹底的に調べて簡単にまとめておきました。

結論から言うと、私自身はいくら儲けすぎてもFX口座凍結の心配はないということで安心しました。

ただ、人によっては今も口座凍結の危険にさらされている人は多くいます!そのため、現在FXの口座を凍結されていない方も、凍結されてしまったという方も、今後FXで口座凍結されないためにぜひ読んでみてください。

FX口座が凍結になる理由について

儲けすぎるとFX口座が凍結されてしまうことの真相

では、さっそく「FXで儲けすぎると口座凍結される」という噂の真相について説明していきます。

結論から言うと、これは半分あっていて半分間違っています。

実際にFXで儲けすぎて口座凍結されたという人がいなければ、そもそもこのような噂は出てきません。

つまり、口座凍結されるということは本当です。

また、後で詳しくは説明するのですが、DD方式と言ってトレーダーが損するほど業者が儲かる仕組みを採用しているFX業者が存在しています。

そのため、FX業者としても儲けすぎているトレーダーはいくらトレードしても利益にならないということ。

しかし、儲けすぎたという理由だけでは口座凍結はされないのです。

考えてもらえると分かると思いますが、FX業者が儲けすぎだという理由で口座凍結していてはイメージが悪くなってしまいます。

つまり、実際にFXの口座を凍結されてしまった人には儲けすぎた以外にも理由があるのです。

それは、何かというと「FX業者が定める規定を守っていない」ということです。

以下はGMOクリック証券の規約の一部です。
FXで儲けすぎると口座凍結になる理由

この規約には「過度の回転売買等不適切な取引であると当社が判断した場合、その他やむをえない事由が生じたものと判断した場合は、当社は直ちにお客様に本取引の新規取引及び本サービスを禁止することができるものとします。」と書いてあります。

つまり、会社として自分の取引が不適切だと判断された場合は口座凍結される可能性があるということです。

では、どのような取引が不適切だと判断されるのでしょうか?

よく言われているのは、スキャルピングで儲けすぎると口座が凍結されるというものです。

次の章で詳しくは説明しますが、DD方式のFX業者はカバー取引というものをしているのですが、スキャルピングのような短期間の売買をされるとこのカバー取引が追い付かなくなってしまいます。

それでトレーダーが利益を上げていないのであればいいのですが、トレーダーが利益を上げえいればFX業者として損失となってします。そのため、スキャルピングをしていて儲けすぎているトレーダーの口座を凍結しているのです。

また、規約にある「不適切な取引」という言葉はとても曖昧であるため、スキャルピングをしなければ絶対に大丈夫というわけではありません。

つまり、DD方式のFX業者で儲けすぎて100%口座凍結をされないという方法はないと言った方がいいでしょう。

次に、先ほどから出てきているDD方式という言葉について気になっている方も多いと思うので、このDD方式について説明していきます。

日本の業者の仕組み「DD方式」とは?

DD方式採用のFX会社はトレーダーの利益が損になる

上で何度か出てきていたDD方式。ここでは、そのDD方式についての説明をしていきます。

DD(ディーリングディスク)方式とは、「FX業者がカバー先の間で仲介して注文の行方を決める取引方法」のことを言います。
 
FXで儲けすぎると口座凍結されてしまうDD方式の説明

これでは、難しいと思うのでここから詳しく説明していきます。

まず、カバー先とは簡単に言うと銀行やFXブローカーなど実際にトレーダーの通貨のやり取りを行う場所のことです。

そしてFX業者はこのカバー先とトレーダーの間に入り、トレーダーの注文をカバー先で実行していますね。

ただ、このDD方式を採用しているFX業者の場合、トレーダーの注文を全てカバー先に流しているというわけではありません

DD方式を採用しているFX業者では、トレーダーから届いてくる注文を自分たちで判断し実際に通貨のやり取りをするかを決めています。

そのため、もしトレーダーが注文をしてそれをカバー先に流すことなく、トレーダーが損をすると、その損失分が全てFX業者の利益になってしまいます。

具体例を出して説明します。

1ドル=100円で1万ドル(100万円分)を買ったとします。その後、1ドル=99円になった場合トレーダーの手元には99万円が残りますね。

この時、FX業者がカバー先に注文を流さなければ、FX業者にそのままこの1万円が入ることになります。

逆に1ドル=101円になり、トレーダーが1万円を儲けたにも関わらずFX業者が注文をカバー先に流していなかったとしたら、FX業者が1万円を負担しなければなりません。

FXでは、上がるか下がるかの2択にも関わらず最終的には9割以上の人が負けると言われています。

DD方式のFX業者はスプレッドでの手数料以外にもこれらの負けているトレーダーの損失分も利益となる仕組みになっているのです。

逆に考えると、1割の勝っているトレーダーはいくら取引してもFX業者の利益には繋がりにくいということです。

FX業者のこのような仕組みもあり、はじめに説明したようにFXは儲けすぎると口座凍結されてしまうという話が出てきたともいえます。

また、DD方式のFX業者がスキャルピングを嫌っているのもカバー先に注文を流すかを判断するのにスキャルピングのような短期の売買をされると追いつかなくなってしまうからです。

取引時間の長いトレードであれば、カバー先に流すなどすることで利益にはならないものの損失は防げます

しかし、数十秒で利益を出され続けてしまうとFX業者としては損失になってしまいます。

この理由から、DD方式のFX業者はスキャルピングを嫌っているのです。

また場合によっては先述しましたように、スキャルピングで儲けすぎると口座凍結という手段に出ることがないともいいきれません。

実際に日本のFX業者を利用して多くの金額を儲けていたトレーダーの中には、口座凍結をされたという方が多くいます。

それに対し、海外のFX業者の多くはNDD方式という取引方式を採用しています。

次は、そのNDD方式について説明していきます。

海外の業者の仕組み「NDD方式」とは?

スキャルピングOKの海外FX業者が採用するNDD方式とは?

先程は日本のFX業者に多い、DD方式について説明していきました。

これに対し、海外のFX業者の多くはNDD方式という取引方式を採用しています。

このNDD(ノーディーリングディスク)方式は、「FX業者がトレーダーの注文をそのままカバー先流している取引方法」のことをいいます。
 
FXで儲けすぎても口座凍結されないNDD方式の説明

簡単に言うと、DD方式とは違いNDD方式ではトレーダーの注文とFX業者がカバー先で行う注文が一緒です。

そのため、トレーダーが負けたとしてもその損失分がFX業者の利益になるということはありません。

つまり、NDD方式を採用しているFX業者の利益はトレードするときに発生するスプレッドだけ。

そのためFX業者としてはトレーダーに多くのトレードをしてもらい、多くのスプレッドを支払ってほしいと考えています。このことから、トレード回数がそのまま利益たるため、多くのトレードが必要なスキャルピングも全く禁止されていないのです。

また、FX業者としてはトレーダーに長くトレードしてもらいたいと考えています。

そのため、儲けすぎたからと口座凍結をすることは決してありません。

むしろ、儲けすぎているということはそれだけトレードをしているということなので歓迎しています。つまり、トレーダーが儲けすぎた場合でも、FX業者もトレーダーも儲けることができている状態ということになります。

ちなみに海外FX業者には国内FX業者にはないその他のメリットも数多く存在しています。

最後にそのメリットについて紹介していきます。

儲けすぎてもOK!海外業者のメリット!

儲けすぎても口座凍結されない!海外FX業者のメリット3つを紹介

ここでは、スキャルピングで儲けすぎても口座凍結される心配はない海外FX業者のメリットについて紹介していきます。

ハイレバレッジでの取引が可能

まず、海外FX業者のメリットとしてあげられるのはハイレバレッジでの取引が可能ということです。

国内FX業者は日本の法律で最大25倍までのレバレッジしかかけられないことが決められています。

しかし、海外に本社がある海外FX業者であれば、日本の法律は適用されません。

そのため、1000倍という日本では考えられないようなレバレッジもかけることができるのです。

ただ、高いレバレッジをかけてしまうと利益が多くなるのと同時に損失も多くなってしまいます。

しかし、海外FX業者には損失のリスクを抑えるゼロカットという仕組みも存在しています。

次はこのゼロカットについて説明していきます。

ゼロカットで借金リスク0

ゼロカットとは簡単に言うと、トレーダーを借金から守る仕組みのことです。

本来、FXである程度損失が出ると口座残高が0になる前にロスカットされます。

しかし、ロスカットは急激な値動きなどがあると正常に行われない場合もあります

場合によっては、口座残高がマイナスになってしまうこともあります。

国内FX業者を利用していると、口座残高がマイナスになった場合はトレーダーがそれを負担しなければなりません。

しかし、海外FX業者を利用していれば業者がそれを負担してくれるのです。

この仕組がゼロカットです。

このゼロカットについてもレバレッジと同じように日本では法律の関係でできないようになっています。

そのため、海外FX業者を使うだけで借金のリスクかは逃れることができるということです。

豪華なボーナスで簡単資金アップ

最後に紹介する海外FX業者のメリットは、豪華なボーナスがもらえるということです。

海外FX業者では、トレーダーにさまざまなボーナスを提供していて簡単に口座残高を増やすことができるようになっています。

そのボーナスは大きく分けると、「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」の二つに分けることができます。

ここからは、わかりやすいようにGEMFOREXという海外FX業者のボーナスを例に紹介していきます。

まず、GEMFOREXでは口座開設した際に口座開設ボーナス2万円(または1万円)を受け取ることができます。

この口座開設ボーナスを利用することで、入金0でいきなりトレードを始めることができます

さらに、入金をした際に入金額と同じ金額(最大500万円)を受け取ることができます

この入金ボーナスを利用するだけで、いきなり資金の2倍の口座残高から始めることができます

このようにGEMFOREXを利用するだけで簡単に証拠金を増やすことができるのです。

また、海外FX業者についてはこちらでいくつか紹介しているのでぜひ見てみてください。

>>海外FX業者を徹底比較したまとめはこちら

GEMFOREXのボーナスってどうなの?最新&お得な活用術 GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、豪華なボーナスキャンペーンを実施していることで有名な海外FX業者です。定期的に「新規口座開設...