FXで逆張りを使いこなして稼ぐテクニカル手法

初心者に向いてないと言われるFXの逆張りで稼ぐためには

今回はFXのテクニックの一つである、「逆張り」について説明していきます。

FXの「逆張り」という方法は、FX初心者を始め多くの方が一度は行ったことがある手法なのではないでしょうか?
しかし、その一方でFX初心者には逆張りは難しいの行うべきではないと言っている方も多くいます。

確かに多くのFX初心者が逆張りを行って失敗をしています。
実際、管理人である私もFX初心者の時に逆張りで失敗したトレーダーの一人でもあります。
しかし、それでもFX初心者が逆張りをすべきでないとまでは言い切れません。

FX初心者であっても基本をきちんと押さえるだけで逆張りを使い勝ち続けることができるようになれるのです。

そこで、今回は逆張りやエントリーのポイント、逆張りの注意点について説明していきます。
また、逆張りについて書いていますがFX全体でとても大切なことも含めて最後に注意点も説明していきます。

逆張りとは?負ける人の特徴と順張りとの違い

逆張りとは?負ける人の特徴と順張りとの違い

まず、逆張りについて説明していきます。

FX初心者であっても逆張りなんてわかっているという方が多いと思います。
しかし、ここでは逆張りをただ説明するだけでなく、FX初心者に向いていないと言われる理由、逆張りで負ける人の特徴についても紹介していきます。

逆張りとは?初心者には向いてない?

逆張りとは?初心者には向いてない?
まずは、単純に逆張りとは何か説明していきます。

逆張りとは、上の画像を見てもらえると分かる通り、これまで動いていたレートとは逆のレートに動くことを予測して取引を行う手法です。
「現在、価格が上昇中であればそろそろ下降する」
「現在、価格が下降中であればそろそろ上昇する」
などです。

確かに、「上がりすぎていれば下がりそう」「下がりすぎていたら上がりそう」という考えもわかります。
しかし、逆張りとは単純に流れが切り替わる一転を予測するということです。

逆に、順張りは流れと同じ向きにトレードを行うことで、上がり続けている(または、下がり続けている)間いつトレードをしても稼ぐことができます。

FX初心者に逆張りが向いていないと言われる理由の一つはトレンドが逆転する一点を初心者に見分けることが難しいということでもあります。

逆張りで負ける人

逆張りについて理解していただけたところで次にFXの逆張りで負け続けてしまうトレーダーの特徴について紹介していきます。

その特徴には

  • レートが反転する根拠がない
  • 逆張りで負けた後すぐに次の逆張りを仕掛ける

ということが挙げられます。

まず、なんとなくレートが上がったから下がりそうなどの理由で逆張りをしてしまうFX初心者は多くいます。
しかし、考えてもらえると分かると思いますが、突然レートの動きが反転するということは何の理由もなく起こったりはしません。

これを自分の感覚で行ってしまうと失敗につながてしまいます。

また、逆張りで大きく負けてしまうFXトレーダーの中に逆張りを続けてしまうという方がいます。
確かに、レートが下がっているときに上がると思い、買ってさらに下がってしまうと自分が上がると思ったレートより低いのだから上がると思うのは当たり前だと思います。

しかし、それを続けてしまうと
逆張りで負ける人

というように損失額がどんどん膨れ上がってしまいます。

さらに、この負の連鎖に一度はまってしまうと抜けられなくなってしまいます。
途中でやめてしまうとそれまで続けた分の損失だけが残ります。
それならFXを続けて少しでも取り返した方がいいと長く続けてしまうというようになってしまいます。

これにはまってしまうと大きな損失となってしまいます。
絶対にはまらないようにしましょう。

おすすめエントリーのタイミング

おすすめエントリーのタイミング
ここまでで逆張りの意味やFX初心者に多い失敗する人の特徴について説明してきました。
しかし、結局多くのFXトレーダーが知りたいのはいつエントリーするべきなのか?と言うことだと思います。

ここからは、FXの逆張りを行う際のおすすめエントリーポイントについて紹介していきます。

レジスタンスライン、サポートラインに触れた点

まずは、レジスタンスラインとサポートラインを利用してFXで逆張りをする方法です。

そもそも、レジスタンスラインとサポートラインが何かわからない人もいると思うのでその説明をしていきます。

レジスタンスライン、サポートラインとは?

レジスタンスラインとサポートラインとは簡単に言うと、レートが反転するポイントを繋いだ線のことです。

その中で
上がっていたレートが反転して下がり始めた点を繋いだのがレジスタンスライン
下がっていたレートが反転して上がり始めた点を繋いだのがサポートライン
と分けられます。

レジスタンスライン、サポートラインとは?

このレジスタンスライン、サポートラインを引いてその線に近づいた際に逆張りを行うのです。

多くのFXトレーダーがこのレジスタンスライン、サポートラインを意識してトレードをしています。
そのため、そのタイミングで多くの逆注文が入り、レートも反転することが多くなります。

しかし、レジスタンスライン、サポートラインでも反転しないでむしろ加速する場合もあります。(これをブレイク)
ブレイクしてしまうと、逆にそのまま価格が上がり(下がり)続けてしまいます。

この場合は逆に順張りのチャンスです。
このように、レジスタンスライン、サポートラインを使うことができるので、ぜひ試してみてください。

リバウンドを狙う

経済指標発表時など価格が急騰、急落した際に使うことができるFXの逆張りポイントです。

実は価格が急騰、急落した後にはある程度価格が戻ることがよくあります。リバウンドというのはこのポイントのことを言います。

チャートのリバウンド

そのため、経済指標発表後の時間など価格が急騰、急落してしまった際に逆張りを行ってスキャルピングのような形で稼ぐということもできます。

FX全体でも大切!トレード中の注意点

FXで逆張りをするポイントについては理解していただけたと思います。

しかし、紹介したポイントでエントリーをしたからと言って確実に成功するというわけではありません。
当たり前ですが、失敗してしまうことも多く出てくると思います。

その際に大切なことは損失額をなるべく少なく抑えること、無駄な出費をしないことです。
ここでは、FX逆張りで大きな失敗をしないための注意点について説明していきます。

利確、損切りのルールをきちんと決める

これはFXでどのようなトレードを行う時でも当たり前ですが、利確、損切りの基準を決めるということです。

これらの基準を持たずにFXトレードをしていると、無駄にトレードを長引かせて利益が減ってしまったり、損失が大きくなってしまったりします。

利確、損切りはスキャルピング、デイトレード、スイングトレードなど関係なくどのような取引でもきちんと基準を決めてその通りに行うようにしましょう。

これを機械のようにできなければFXで勝ち続けることはできません。
基準を作りしっかりとそれに従いFXトレードを行うようにしましょう。

根拠をもって逆張りをする

FXの逆張りで失敗してしまう人の特徴を紹介した際にも説明しましたが、なんとなくレートが逆に動きそうという理由でトレードを行っても失敗してしまいます。

基本的にFXの逆張りというのは順張り以上に反転するタイミングを気にする必要があります。
上でFXで逆張りを仕掛けるポイントについて説明しましたが、そのように逆張りをするときにはここで反転するという根拠を持つ必要があります。

適当に反転しそうだと逆張りをしてもFXでは勝ち続けることはできません。

そのため、FXで逆張りを行う場合はきちんと根拠を持って取引をするようにしましょう。

まとめ

FXにおける逆張りについては理解していただけたでしょうか?

逆張りとは、現在のレートの動きとは逆の向きにレートが動くことを予測してFXトレードを行う手法でした。

この逆張りはレートの流れが変わる点を予測してFXトレードする必要がある手法でした。
まだ、FXの逆張りで上手くできていないという人は

  • レジサポライン
  • リバウンド

を利用してFXで逆張りをしてみることをおすすめします。

また、FXで逆張りを行う際に注意してほしいこととして

  • 利確、損切りのルールをきちんと決める
  • 根拠をもって逆張りをする

と言うことがありました。

これらは逆張りだけでなく、FX全般において言えることなので逆張りをするつもりはないという方も気を付けるようにしましょう。

FXのテクニカル分析とは?初心者におすすめの指標や本、失敗の原因などを徹底解説テクニカル分析を行うにはFXチャートの理解が必要 今回はFXのテクニカル分析について説明していきます。 FXのテクニカル...