FXGTの全6口座タイプを徹底比較!口座別の特徴・選び方は?

FXGTの6口座タイプを徹底比較!各口座の特徴やおすすめの口座タイプを紹介

FXGTは、為替FXや株価指数、個別株などのCFD商品だけでなく、30種類以上の仮想通貨ペアを取引できる海外FX業者です。

FXGTの口座タイプは以下の6種類となっており、様々なトレードスタイルに合った取引が可能となっています。

FXGTの口座タイプ
  • セント口座
  • ミニ口座
  • スタンダード+口座
  • スタンダードFX口座
  • PRO口座
  • ECN口座

6種類ある口座タイプは、それぞれ仕様・特徴が大きく異なります。

そのため、自分のトレードスタイルに合わせた口座を選択しないと、大きな損失に繋がってしまいます。

そこで、この記事ではFXGTの各口座タイプの比較・特徴に加え、ユーザーニーズ別におすすめの口座タイプをまとめました。

「FXGTの口座タイプの特徴を知りたい」「選び方に悩んでいる」という方はぜひ参考にしてください。

なお、まだアカウントを作成していない方は、以下の記事を参考にして会員登録を完了させておきましょう。

無料で口座開設する
FXGT公式サイト

関連:FXGTの口座開設方法の紹介!取引開始までにかかる時間は?

FXGTの全6口座タイプ比較表

FXGTの6種類ある口座タイプの比較表がこちらとなります。

FXGTの全6口座タイプ比較表
FXGTの全6口座タイプ比較表
⇦ ⇨ スマホでご覧の方は横にスクロールできます。
口座タイプ比較項目セント口座ミニ口座スタンダード+口座スタンダードFX口座PRO口座ECN口座
ボーナスありありありありなしなし
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍500倍1,000倍1,000倍
注文方式STPSTPSTPSTPSTPECN
ロットサイズ1,000通貨1万通貨10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨
最小取引単位0.010.010.010.010.010.01
最大取引量500200100100200200
最大保有量4,000500200200200200
初回最低入金額5ドル5ドル5ドル5ドル5ドル5ドル
口座通貨USD
EUR
JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
スプレッド(USD/JPY)2.0pips1.8pips1.5pips1.5pips0.8pips0.1pips
取引手数料なしなしなしなしなし為替:最大$6
暗号資産:0.1%
マージンコール50%50%50%70%70%70%
ロスカット20%20%20%40%40%40%
ゼロカットありありありありありあり
取引プラットフォームMT5MT5MT5MT5MT5MT5
スキャルピングOKOKOKOKOKOK
自動売買OKOKOKOKOKOK
スワップ発生する発生する発生する発生する発生する発生する
FX通貨ペア285454545454
仮想通貨ペア044204242
貴金属122222
エネルギー133333
株価指数0810101010
株式投資0031315454
DeFiトークン001001010
NFT005055

FXGTの上記6種類の口座タイプの中から1つを選ぶのであれば「ボーナスを受け取るかどうか」と「仮想通貨を取引するかどうか」の2点が大きなポイントになるでしょう。

特にこだわりがなければ、FXGTのほとんどの銘柄が取引可能で、すべてのボーナスが受け取れるスタンダード+口座がおすすめです。

無料で口座開設する
FXGT公式サイト

FXGTの各口座タイプの特徴

FXGTには、6種類の口座タイプが存在します。

FXGTの口座タイプ

ここからは、FXGTの各口座タイプの特徴について解説していきます。

 

なお、FXGTの評判・口コミについて知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

関連:【FXGTの評判・口コミ】安全性はどう?利用価値を辛口で評価

セント口座の特徴

FXGTのセント口座の仕様はこのようになっています。

FXGTの口座タイプ①セント口座の仕様
口座タイプ比較項目セント口座
ボーナスあり
最大レバレッジ1,000倍
注文方式STP
ロットサイズ1,000通貨
最小取引単位0.01
最大取引量500
最大保有量4000
最低入金額5ドル
口座通貨USD
EUR
スプレッド(USD/JPY)2.0pips
取引手数料なし
マージンコール50%
ロスカット20%
ゼロカットあり
取引プラットフォームMT5
スキャルピングOK
自動売買OK
スワップ発生する
FX通貨ペア28
仮想通貨ペア0
貴金属1
エネルギー1
株価指数0
株式投資0
DeFiトークン0
NFT0

続いて、FXGTのセント口座の特徴はこちらです。

FXGTの口座タイプ①セント口座の特徴
  • 1ロット1,000通貨に設定
  • 証拠金は米ドル・ユーロのみ

セント口座は極力少ない資金で取引したい人におすすめの口座タイプです。

FXGTの各口座タイプの中でセント口座だけが1ロットあたり1,000通貨に設定されているので、最小単位で取引を始められます。

ただし、セント口座はドル建て・ユーロ建てしかできないため、円建てには対応していません。

また、メジャー通貨ペア・マイナー通貨ペアしか取引できないことがデメリットとなっています。

なお、セント口座は新規口座開設ボーナスの対象外となるので注意してください。

円建てしたい・ボーナスを受け取りたい方はミニ口座を選択しましょう。

ミニ口座の特徴

FXGTのミニ口座の仕様はこちらです。

FXGTの口座タイプ②ミニ口座の仕様
口座タイプ比較項目ミニ口座
ボーナスあり
最大レバレッジ1000倍
注文方式STP
ロットサイズ1万通貨
最小取引単位0.01
最大取引量200
最大保有量500
最低入金額5ドル
口座通貨JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
スプレッド(USD/JPY)1.8pips
取引手数料なし
マージンコール50%
ロスカット20%
ゼロカットあり
取引プラットフォームMT5
スキャルピングOK
自動売買OK
スワップ発生する
FX通貨ペア54
仮想通貨ペア4
貴金属2
エネルギー3
株価指数8
株式投資0
DeFiトークン0
NFT0

なお、FXGTのミニ口座の特徴は以下のとおりです。

FXGTの口座タイプ②ミニ口座の特徴
  • 1ロット10,000通貨に設定
  • 為替・CFD・仮想通貨なども取引可能
  • すべてのボーナスキャンペーンの対象

FXGTのミニ口座は、円建てかつ小さい口座タイプで取引したい方におすすめの口座タイプです。

ミニ口座のロットサイズは1万通貨で、最小ロット数量は0.01なので、円建て可能の口座タイプの中では最小の100円通貨から取引することができます。

また、セント口座とは異なり、ミニ口座ではFXだけでなくCFDや仮想通貨を取引することが可能です。

なお、ミニ口座はスタンダード+口座と同じ「新規口座開設ボーナス」「初回入金ボーナス」「常時入金ボーナス」の対象口座となっています。

スタンダード+口座の特徴

FXGTのスタンダード+口座の仕様は以下のとおりです。

FXGTの口座タイプ③スタンダード+口座の仕様
口座タイプ比較項目スタンダード+口座
ボーナスあり
最大レバレッジ1000倍
注文方式STP
ロットサイズ10万通貨
最小取引単位0.01
最大取引量100
最大保有量200
最低入金額5ドル
口座通貨JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
スプレッド(USD/JPY)1.5pips
取引手数料なし
マージンコール50%
ロスカット20%
ゼロカットあり
取引プラットフォームMT5
スキャルピングOK
自動売買OK
スワップ発生する
FX通貨ペア54
仮想通貨ペア42
貴金属2
エネルギー3
株価指数10
株式投資31
DeFiトークン10
NFT5

また、FXGTのスタンダード+口座の特徴はこのようになっています。

FXGTの口座タイプ③スタンダード+口座の特徴
  • 最もバランスがとれた口座タイプ
  • ほとんどの銘柄を取引可能
  • すべてのボーナスキャンペーンの対象

FXGTのスタンダード+口座は、海外FXの標準的なスペックを満たしており、ほぼすべての銘柄を取引できるので、最もバランスのとれた口座タイプといえます。

取扱い商品ごとに口座を分ける必要がないため、資金管理がしやすく、かつ効率的に様々な商品を取引可能です。

また、スタンダード+口座はすべてのボーナスキャンペーンの対象となっており、ボーナス面においても一切の制限がありません。

どの口座タイプを選べばいいか迷っている人は、スタンダード+口座を選んでおくと間違いないでしょう。

スタンダードFX口座の特徴

FXGTのスタンダードFX口座の仕様はこちらです。

FXGTの口座タイプ④スタンダードFX口座の仕様
口座タイプ比較項目スタンダードFX口座
ボーナスあり
最大レバレッジ500倍
注文方式STP
ロットサイズ10万通貨
最小取引単位0.01
最大取引量100
最大保有量200
最低入金額5ドル
口座通貨JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
スプレッド(USD/JPY)1.5pips
取引手数料なし
マージンコール70%
ロスカット40%
ゼロカットあり
取引プラットフォームMT5
スキャルピングOK
自動売買OK
スワップ発生する
FX通貨ペア54
仮想通貨ペア0
貴金属2
エネルギー3
株価指数10
株式投資31
DeFiトークン0
NFT0

また、FXGTのスタンダードFX口座の特徴は以下のとおりです。

FXGTの口座タイプ④スタンダードFX口座の特徴
  • 為替の取引に特化
  • 最大レバレッジが500倍に制限
  • エクイティレバレッジの採用
  • 自動売買(EA)に適している口座タイプ

FXGTのスタンダードFX口座は、仮想通貨やGTi12指数といった銘柄が取引できない以外は、スタンダード+口座と同じ取引環境となっています。

他の口座タイプとの大きな違いは「エクイティレバレッジ」が設定されている点。

エクイティレバレッジとは、口座残高に応じて最大レバレッジが制限される仕組みのことです。

口座残高によって、レバレッジが制限されるので、ポジションを増やすときもロット数を気にせず、同じレバレッジで取引できます。

そのため、同じ条件下でポジションを多く建てる自動売買(EA)におすすめの口座タイプといえるでしょう。

PRO口座の特徴

FXGTのPRO口座の仕様はこちらとなります。

FXGTの口座タイプ⑤PRO口座の仕様
口座タイプ比較項目PRO口座
ボーナスなし
最大レバレッジ1,000倍
注文方式STP
ロットサイズ10万通貨
最小取引単位0.01
最大取引量200
最大保有量200
最低入金額5ドル
口座通貨JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
スプレッド(USD/JPY)0.8pips
取引手数料なし
マージンコール70%
ロスカット40%
ゼロカットあり
取引プラットフォームMT5
スキャルピングOK
自動売買OK
スワップ発生する
FX通貨ペア54
仮想通貨ペア42
貴金属2
エネルギー3
株価指数10
株式投資54
DeFiトークン10
NFT5

続いて、FXGTのPRO口座の特徴は以下のとおりです。

FXGTの口座タイプ⑤PRO口座の特徴
  • 最小スプレッドが0.6pips
  • すべての銘柄を取引可能
  • すべてのボーナスキャンペーンの対象外
  • マージンコール・ロスカット水準が高め

FXGTのPRO口座は、最低0.6pipsという狭いスプレッドで取引可能で、銘柄や基本通貨などの制限は一切ありません。

ただし、FXGTが開催するすべてのボーナスキャンペーンの対象外の口座タイプとなっているので注意しましょう

また、ロスカット水準が40%と高く含み損に耐えられる時間が短くなります。

したがって、PRO口座はハイレバレッジ取引には向いていない口座タイプといえるでしょう。

なお、PRO口座とECN口座は良く似ていますが、大きな違いは手数料の有無です。

FXGTのPRO口座とECN口座の手数料の違い
PRO口座ECN口座
注文方式STPECN
取引手数料無料為替:最大$6
暗号資産:0.1%
スプレッド
(USD/JPY)
0.8pips0.1pips

FXGTのPRO口座は、取引手数料が無料となっています。

したがって、スキャルピングなどの取引回数が多い手法を使う方は、ECN口座よりコストを抑えられるでしょう。

PRO口座は、スキャルピングトレーダー向けの上級者仕様の口座タイプとなっています。

ECN口座の特徴

FXGTのECN口座の仕様は以下のとおりです。

FXGTの口座タイプ⑥ECN口座の仕様
口座タイプ比較項目ECN口座
ボーナスなし
最大レバレッジ1,000倍
注文方式ECN
ロットサイズ10万通貨
最小取引単位0.01
最大取引量200
最大保有量200
最低入金額5ドル
口座通貨JPY
USD
EUR
BTC
ETH
USDT
ADA
XRP
スプレッド(USD/JPY)0.1pips
取引手数料為替:最大$6 暗号資産:0.1%
マージンコール70%
ロスカット40%
ゼロカットあり
取引プラットフォームMT5
スキャルピングOK
自動売買OK
スワップ発生する
FX通貨ペア54
仮想通貨ペア42
貴金属2
エネルギー3
株価指数10
株式投資54
DeFiトークン10
NFT5

なお、FXGTのECN口座の特徴はこのようになっています。

FXGTの口座タイプ⑥ECN口座の特徴
  • 最小スプレッドが0pips
  • すべての銘柄を取引可能
  • 取引手数料が必要
  • すべてのボーナスキャンペーンの対象外
  • マージンコール・ロスカット水準が高め

FXGTのECN口座の最大の特徴は業界最狭水準のスプレッドで取引ができる点といえます。

1ロット取引あたり為替は最大6$・暗号資産は0.1%の取引手数料がかかるものの、スプレッドを含めた取引コストは他の口座よりも低いことが特徴です。

なお、大口取引をする場合、取引手数料よりもスプレッドが大きな負担となります。
したがって、大口取引をする場合はECN口座がおすすめといえるでしょう。

さらに、ECN口座は直接電子取引所と取引できるため、約定力が高くなり、自分の希望どおりの金額で注文しやすいメリットも。

しかし、PRO口座と同様にマージンコールとロスカット水準が高めに設定されていること・ボーナス・キャンペーンを一切利用できない点に注意しましょう。

FXGTの各口座タイプの比較ポイント

ここからはFXGTの口座タイプを各項目ごとに比較・確認していきます。

FXGTの口座タイプの比較項目

FXGTの口座タイプを選択する上での比較ポイントについて確認していきましょう。

取扱商品・銘柄

まず、FXGTの各口座タイプで取引できる「取扱商品・銘柄」について、比較・確認していきます。

FXGTの各口座タイプの取扱商品・銘柄
比較項目セント口座ミニ口座スタンダード+口座スタンダードFX口座PRO口座ECN口座
FX通貨ペア285454545454
仮想通貨ペア044204242
貴金属122222
エネルギー133333
株価指数0810101010
株式投資0031315454
DeFiトークン001001010
NFT005055

FXGTでは、PRO口座とECN口座のみすべての銘柄を取引可能となっています。

スタンダード+口座についても、株式が少ないだけで他の銘柄はPRO口座とECN口座と同様となっています。

セント口座・ミニ口座は少ない資金から取引できる反面、銘柄が少ないので注意しましょう。

また、スタンダードFX口座も取引銘柄が少なく設定されています。

どの銘柄を取引したいかを検討して、口座タイプを選択すると良いでしょう。

スプレッド

FXGTの各口座タイプのスプレッド比較がこちらです。

FXGTの各口座タイプのスプレッド
⇦ ⇨ スマホでご覧の方は横にスクロールできます。
通貨ペアセント口座ミニ口座スタンダード+口座スタンダードFX口座PRO口座ECN口座
USD/JPY2.0pips1.8pips1.5pips1.5pips0.8pips0.2pips
EUR/USD1.9pips1.7pips1.4pips1.4pips0.5pips0.2pips
GBP/USD2.6pips2.2pips1.6pips1.6pips0.5pips0.4pips
AUD/USD2.4pips2.1pips1.5pips1.5pips0.7pips0.5pips
USD/CAD2.5pips2.3pips2.1pips2.1pips1.1pips0.6pips
USD/CHF2.2pips2.2pips2.0pips2.0pips1.2pips0.5pips
XAU/USD3.0pips2.5pips2.5pips1.5pips1.0pips
BTC/JPY2,00013501350
BTC/USD1500150013501350
ETH/JPY130117117
ETH/USD150120108108
JP2251212126

FXGTの口座タイプの中では、PRO口座・ECN口座のスプレッドが狭く設定されています。

また、PRO口座は、ECN口座よりスプレッドが広いですが、取引手数料が無料となっています。

一方で、ECN口座は1ロットの取引あたり為替が最大6$・暗号資産が0.1%の取引手数料がかかる反面、スプレッドを含めた取引コストが最も低いことが特徴です。

スキャルピングメインの方は、PRO口座・ECN口座を選択すると良いでしょう。

関連:FXGTのスプレッド最新一覧!為替や仮想通貨、金属や株式を他社比較

取引手数料

FXGTでは、ECN口座のみ取引手数料が必要になります。

FXGTの各口座タイプのスプレッド
口座タイプ取引手数料
セント口座無料
ミニ口座無料
スタンダード+口座無料
スタンダードFX口座無料
PRO口座無料
ECN口座為替:最大6$
暗号資産:0.1%

ECN口座のみ1ロットの取引あたり為替が最大6ドル・暗号資産が0.1%の取引手数料が発生します。

取引手数料は、エントリー時と決済時にそれぞれ引かれるため、取引手数料を考慮した取引を行う必要があります。

取引手数料を払いたくない方は、ECN口座以外の口座タイプを選択しましょう。

各口座タイプごとの取引サイズ

FXGTでは、口座タイプごとに取引サイズの設定が異なります。

FXGTの各口座タイプの取引サイズ
比較項目セント口座ミニ口座スタンダード+口座スタンダードFX口座PRO口座ECN口座
ロットサイズ1,000通貨1万通貨10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨
最小取引単位0.010.010.010.010.010.01
最大取引量500200100100200200
最大保有量4,000500200200200200
最大ポジション数150150100100200200

FXGTの口座タイプの中で最も取引サイズが小さいのはセント口座です。

セント口座は、ロットサイズが1,000通貨・最小ロット数が0.01なので10通貨から取引可能となります。

ただし、セント口座はドル建て・ユーロ建てのみとなり、円建てには対応していません。

少額かつ円建てで取引したい方は、ミニ口座を選択しましょう。

ミニ口座は、1ロットが1万通貨となっているので、国内FXに慣れている方にとって、使いやすい口座タイプとなっています。

関連:FXGTの最大ロット数は?制限・計算方法まとめ

最低入金額

FXGTの各口座タイプごとの最低入金額を比較していきます。

FXGTの各口座タイプの最低入金額
口座タイプ最低入金額
セント口座5ドル
ミニ口座5ドル
スタンダード+口座5ドル
スタンダードFX口座5ドル
PRO口座5ドル
ECN口座5ドル

以前は、ECN口座のみ最低入金額が250ドルに設定されていましたが、現在はどの口座タイプでも最低入金額は5ドルになっています。

関連:FXGTの入金方法を解説!手数料や反映されない時の対処法は?

ロスカット水準・マージンコール

FXGTの各口座タイプのロスカット水準・マージンコールはこちらです。

FXGTのロスカット水準・マージンコール
口座タイプマージンコールロスカット水準
セント口座50%20%
ミニ口座50%20%
スタンダード+口座50%20%
スタンダードFX口座70%40%
PRO口座70%40%
ECN口座70%40%

スタンダードFX口座・PRO口座・ECN口座はマージンコールが70%・ロスカット水準が40%と高めに設定されています。

スタンダードFX口座・PRO口座・ECN口座を利用する場合は、他の口座タイプより資金管理を徹底し、証拠金維持率を保つことが重要となります。

一方で、それ以外の口座タイプはマージンコールが50%・ロスカット水準が20%となっています。

資金管理に手間をかけたくない方は、セント口座・ミニ口座・スタンダード+口座の中から、自分に合った口座タイプを選択すると良いでしょう。

関連:FXGTのロスカット水準は?ロスカットを防ぐ方法や証拠金維持率の確認方法も解説

ユーザー別おすすめの口座タイプ

ここでは「FXGTの各口座タイプの比較や特徴を見たけど、どの口座タイプが自分に合っているか分からない…」といった方のために、ユーザーのニーズ別におすすめの口座タイプを紹介していきます。

取引スタイルによっておすすめの口座タイプは変わるので、自分の取引スタイルを思い浮かべながら確認してください。

最小単位で取引したい+米ドル建て/ユーロ建てがOKなら「セント口座」

最小単位で取引したい方や、これからFXを始めたい方におすすめの口座タイプは、「セント口座」です。

セント口座は、1ロットあたり1,000通貨と非常に小さいサイズ感で取引することができます。

そのため、仮にセント口座でポジションを持っている状態で、損失が大きくなったとしても100円前後に抑えることができます。

ただし、証拠金に対応しているのが米ドルとユーロのみとなり日本円に対応していないといったデメリットがあります。

また、取引できる銘柄は為替メジャーペア・為替マイナーペアのみとなるので注意しましょう。

少額で取引したい+円建てしたいなら「ミニ口座」

少額で取引したいかつ、円建てしたいなら「ミニ口座」を開設すると良いでしょう。

ミニ口座は、1ロットが1万通貨に設定されており、スタンダード+口座の1/10となっています。

つまり、ミニ口座ではリスクを抑えつつ、コツコツ利益を増やすことができます。

また、セント口座とは異なり、為替ペアだけでなく仮想通貨・貴金属・CFDまで取引可能となっています。

さらに、1ロットあたりの総量が国内FXと同じになっているので、国内FX業者から乗り換えるトレーダーにもおすすめの口座タイプといえるでしょう。

ミニ口座は、少額からコツコツと利益が増やせて、円建て可能な利用しやすい口座タイプとなっています。

迷ったら「スタンダード+口座」

「とりあえずFXGTで取引したい」「どの口座タイプを選んだら良いのか分からない」という方は「スタンダード+口座」を開設しましょう。

スタンダード+口座は、FXGTで取り扱うほとんどの銘柄を取引可能で、機能面についても一切の制限がありません。

また、FXGTのすべてのボーナスキャンペーンに対応している口座タイプなので、自己資金が少なくても大きなリターンが狙えます。

口座タイプの選択に迷ったら、スタンダード+口座を選択すると良いでしょう。

関連:FXGTボーナス完全攻略!口座開設ボーナス&入金ボーナスキャンペーン

無料で口座開設する
FXGT公式サイト

自動売買(EA)するなら「スタンダードFX口座」

FXGTで、自動売買(EA)するなら「スタンダードFX口座」を開設しておきましょう。

スタンダードFX口座には、エクイティレバレッジが採用されています。

エクイティレバレッジは、ポジションの総量ではなく口座残高によってレバレッジが制限される仕組みとなっています。

したがって、同じ条件下でポジションを多く建てる自動売買(EA)をする方にとって使いやすい口座タイプといえるでしょう。

関連:FXGTの自動売買(EA)導入手順と注意点!無料で利用するには?

スキャルピングするなら「PRO口座」「ECN口座」

スキャルピングメインの方は「PRO口座」「ECN口座」を開設しておくと間違いありません。

PRO口座はスプレッドが狭いだけでなく、手数料が無料なので、取引コストを抑えることが可能です。

ECN口座は最もスプレッドが狭い口座タイプとなっており、直接電子取引所と取引できるため、約定力が高くなります。

取引回数が多い場合はPRO口座、一回のエントリーで10ロットを超える取引をするならECN口座を選択すると良いでしょう。

ただし、PRO口座とECN口座はすべてのボーナスキャンペーンの対象外の口座タイプなので注意してください。

関連:FXGTはスキャルピング可能!注意点やデメリットも隠さず解説

FXGTは複数の口座タイプを使い分けられる

FXGTは1アカウントにつき、最大8口座まで開設可能となっています。

そのため、取引している口座タイプが気に入らなくても、追加口座を開設することで、別の口座タイプを利用することができます。

追加口座は、FXGTのアカウント認証を済ませておけば、たったの1分程度で開設可能です。

別の口座タイプを使ってみたい方は、FXGT会員ページから「口座開設」を選択して、追加口座を開設してみましょう。

なお、追加した口座で取引する場合、MT5でログインし直す必要があるので注意してください。

関連:FXGTの追加口座開設方法を解説!複数口座のメリットやボーナスの扱いも

FXGTの口座タイプに関するQ&A

FXGTの口座タイプに関するQ&Aについてまとめました。

FXGTの口座タイプに関するQ&A

FXGTの各口座タイプのQ&Aについて順をおって紹介していきます。

FXGTでは複数の口座タイプを利用できる?

FXGTでは1アカウントにつき8口座まで口座を所持できるので、複数の口座タイプが利用可能です。

なお、口座通貨の種類や口座タイプによる上限は存在せず、追加口座を開設するたびに本人認証・確認などをする必要はありません。

ただし、同一名義で複数アカウントを持つことは規約違反になるため注意しましょう。

また、MT5で取引する際は、追加口座のIDとパスワードでログインし直す必要があります。

FXGTでは口座維持手数料は必要?

FXGTでは、基本的に口座維持費は不要です。

しかし、残高がある口座を90日間放置すると、毎月10ドルの口座維持手数料が必要になります。

その後、口座残高が0円になると、口座凍結され休眠口座になってしまうので注意しましょう。

口座維持手数料を発生させたくなければ、定期的に取引するか、口座残高を0円にしておきましょう。

関連:FXGTで口座凍結(休眠口座)された?原因と解除方法

FXGTでは口座タイプを変更できる?

一度設定した口座タイプは変更できません。

別の口座タイプを利用したいのなら、追加口座を開設しましょう。

なお、口座開設数が上限に達している場合は、FXGTサポートに不要な口座IDを連絡することで、口座を削除してもらえます。

6種類の口座タイプの中でどれが一番おすすめ?

6種類ある口座タイプどれが一番おすすめなのでしょうか?

まず、FXGTの各6種類の口座タイプの特徴を確認していきましょう。

FXGTの各口座タイプの特徴
口座タイプ特徴
セント口座
最も少額で取引できる
円建てできない
ミニ口座
少額で取引可能
円建て可能
国内FXから移行しやすい
スタンダード+口座
ほぼすべての銘柄を取引可能
迷ったらこの口座
スタンダードFX口座
外貨・仮想通貨の銘柄が多い
エクイティレバレッジの採用
PRO口座
ボーナスなし
スプレッドが2番目に狭い
ECN口座
ボーナスなし
スプレッドが最も狭い
取引手数料が必要

これらの特徴を踏まえた上で、各口座タイプ別にどんな人がおすすめか紹介します。

FXGTの各口座タイプ別のおすすめの人
口座タイプおすすめの人
セント口座
最小単位で取引したい人
ドル建て・ユーロ建てでも問題ない人
ミニ口座
少ない資金で取引したい人
円建てで取引したい人
スタンダード+口座
どの口座を開設したら良いのか迷う人
スタンダードFX口座
自動売買(EA)を利用する人
PRO口座
スキャルピングメインで取引回数が多い人
ECN口座
スキャルピングメインで大口取引を行う人

迷ったら「スタンダード+口座」を選択しましょう。

少額で取引したい方は、「セント口座」or「ミニ口座」がおすすめの口座タイプです。

自動売買(EA)を利用したい方は、エクイティレバレッジが採用されている「スタンダードFX口座」を開設しましょう。

上級者でスキャルピングメインの方は「PRO口座」or「ECN口座」を選択するのがおすすめです。

FXGTで仮想通貨FXにおすすめの口座タイプは?

特にこだわりがなければ、スタンダード+口座を選択しましょう。

また、取引ロットを抑えたいのであれば、ミニ口座がおすすめです。

なお、スタンダード+口座とミニ口座は、FXGTのすべてのボーナスキャンペーン対象の口座タイプとなっています。

つまり、自己資金ゼロで取引を始めることも可能です。

一方で、「ボーナスは必要ないからスキャルピングメインで取引したい!」といった方には、PRO口座・ECN口座がおすすめだといえるでしょう。

関連:FXGTは仮想通貨FXでなぜ人気?スプレッドの狭さやレバレッジ倍率などを比較

FXGTでは基軸通貨を変更できる?

FXGTでは、一度設定した基軸通貨の変更はできません。

どうしても基軸通貨を変更したい場合は、FXGT会員ページから追加口座を開設しましょう。

ライブ口座とデモ口座のどちらを先に開設すべき?

デモ口座から慣れることが奨励されています。

しかし、「デモ口座とライブ口座では吸収力が全然違う」といった意見もあります。

これらの意見を踏まえて、操作に不安がある人はデモ口座から開設してみるよ良いでしょう。

反対に、一連の操作に不安のない方は、ボーナスを利用できるライブ口座の開設がおすすめです。

それでもライブ口座の開設に不安がある方は、まずミニ口座でロット数をおさえながら取引してみましょう。

関連:FXGTのデモ口座開設手順まとめ!注意点やよくある質問も紹介【2022年最新】

アカウント認証なしでできることは?できないことは?

FXGTでは、アカウント認証なしでも出金以外ならすべて実行可能です。

FXGTのアカウント認証なしでできること
  • 5,000ドル以下の入金
  • MT5口座の開設
  • MT5口座に資金移動
  • MT5口座からewalletに資金移動

裏を返すと、アカウント認証しないと出金できません。

FXGTのアカウント認証しないとできないこと
  • 法定通貨の出金
  • 暗号通貨の出金

出金前にアカウント認証を済ませておきましょう。

FXGTの各口座タイプの最低入金額は?

FXGTの各口座タイプの最低入金額
口座タイプ最低入金額
セント口座5ドル
ミニ口座5ドル
スタンダード+口座5ドル
スタンダードFX口座5ドル
PRO口座5ドル
ECN口座5ドル

FXGTの最低入金額は5ドル相当に設定されており、すべての口座タイプで共通となっています。

FXGTのPRO口座とECN口座の違いは?

FXGTのPRO口座とECN口座の違いは以下のとおりです。

FXGTのPRO口座とECN口座の違い
PRO口座ECN口座
注文方式STPECN
取引手数料無料為替:最大$6
暗号資産:0.1%
スプレッド(USD/JPY)0.8pips0.1pips

FXGTのPRO口座とECN口座で異なっているのは、注文方式・取引手数料・スプレッドの3点です。

ECN口座は、直接電子取引所と取引できるため、約定力が高くなり、希望通りの金額で注文しやすくなります。

また、ECN口座はスプレッドが最も狭いので大口取引に適している口座タイプとなっています。

一方でPRO口座は、ECN口座よりスプレッドが広い反面、取引手数料が無料となので、取引回数が多い場合はPRO口座を開設すると良いでしょう。

なお、どちらもスキャルピングに適している口座タイプとなっており、相場状況によってPRO口座が有利に働く場合があれば、ECN口座の方が有利に取引できる場合もあります。

FXGTの口座タイプによってレバレッジは変わる?

FXGTでは、口座タイプによってレバレッジ制限が異なります。

スタンダードFX口座以外の口座タイプは、ダイナミックレバレッジが採用されていますが、スタンダードFX口座のみエクイティレバレッジとなっています。

ダイナミックレバレッジは、ポジションの総量によってレバレッジが制限される仕組みとなります。

エクイティレバレッジは、口座残高によってレバレッジが制限されます。

関連:FXGTレバレッジは最大1000倍!変更、計算方法や制限まとめ

まとめ/FXGTでは用途・取引によって口座タイプを使いわけよう

2022年時点でFXGTの口座タイプは全部で6種類の利用が可能となっています。

自身のトレードスタイルや取引する商品・銘柄によっておすすめの口座タイプは異なるので、自分自身のスタイルを考慮しつつ口座タイプを選ぶようにしましょう。

それでも口座選びに迷っているという方にはスタンダード+口座がおすすめです。

スタンダード+口座はFXGTのほとんどの銘柄を取引可能で、すべてのボーナスキャンペーンの対象の口座タイプになっています。

FXGTでは、口座開設後に追加で口座を開設することも可能なので、まずはスタンダード+口座を開設してFXGTの使用感を試してみるのが良いでしょう。

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位