FXGTの入金方法と注意点を最もわかりやすく解説!

FXGT(FXジーティー)は、セーシェル金融庁の認可を得て運営している海外FX業者です。

設立が2019年とまだ若いのですが、豊富な入金ボーナスや、FXと仮想通貨のハイブリッドと言うスタイルなどにより、注目されているブローカーですね。

FXGTでは、円やドルなどの法定通貨はもちろん、ビットコインなどの仮想通貨も口座通貨として使用することが可能。

入金する場合も、定番の銀行振込やクレジットカード入金に加えて仮想通貨も使えるので、選択の幅が広がるでしょう。

ただし、FXGTを始め海外FXへの入金では、出金時のルールを前もって知っておくことも、スムーズな入出金のためには重要ですね。

今回は、FXGTが扱っている入金方法の種類と実際の入金手順について、画像も交えながら解説します。

海外FXへの入金が初めてと言う方にも分かりやすくお伝えしていますので、FXGTへの入金の前には、ぜひ確認してみてください。

FXGTの入金方法一覧

まず最初に、FXGTが扱っているすべての入金方法と条件を、一覧表で確認しましょう。

入金方法 対応通貨 手数料 最低入金額 口座への反映時間
銀行振込 JPY 無料※ 100USD(1万円) 3〜5営業日
クレジットカード
(Master Card)
JPY,USD,EUR 無料 50USD(5,000円) 即時
クレジットカード
(JCB Card)
JPY,USD,EUR 無料 10USD(1,000円) 即時
Bitcoin BTC 無料 0.005 1分〜30分
Ethereum ETH 無料 0.05 1分〜30分
Ripple XRP 無料 25 1分〜30分
Tether USDT(OMNI) 無料 25 1分〜30分
Tether USDT(ERC20) 無料 25 1分〜30分
Bitwallet JPY,USD,EUR 無料 10USD(1,000円) 即時
STICPAY JPY,USD,EUR 無料 なし 即時

※ただし、送金にかかる手数料はユーザー負担

続いて、FXGTの入金に関するルールを解説して行きます。

入金方法によって出金の仕方が変わる

一般に海外FXでは、入金方法と出金方法は連動しており、あらかじめそのブローカーごとのルールを押さえておくとで、出金までをスムーズに行うことができます。

FXGTでも同様で、入金方法によって選択可能な出金方法も違いがありますので、ここでは簡単にルールを確認しましょう。

入金方法と出金方法には関連性がある

海外FXでは一般的に「入金方法=出金方法」の原則があります。FXGTでもその原則は当てはまりますが、ルールの適用はそれほど厳格ではありません。

FXGTの入出金方法には、以下のような関連性があります。

  • クレジットカードで入金
    → 入金額までは同じカードで出金、それ以上の利益分はBitwallet/STICPAY/銀行送金で出金
  • 銀行送金で入金
    → Bitwallet/STICPAY/銀行送金で出金
  • Bitwalletで入金
    → Bitwallet/STICPAYで出金
  • STICPAYで入金
    → Bitwallet/STICPAYで出金
  • 仮想通貨で入金
    → 同じ仮想通貨で出金

したがってFXGTでは、「Bitwalletで入金し、利益を含む出金はSTICPAYで行う」のような入出金が可能となります。

入金方法と同様に、出金の際も最低出金額がある

FXGTでは、STICPAY以外の入金方法で最低入金額の設定があります。同様に出金の際も最低出金額の設定があり、少し注意が必要です。

最低出金額は、最低入金額と同額が設定されています。例えば、最低入金額が10ドルの入金方法では、最低出金額も10ドルになるということです。

やや極端な話ですが、最低入金額分しか入金していない場合、少しでも資金を減らした状態になると最低出金額未満になってしまうため、出金の自由度が下がることになります。

最初は少し多めに入金しておくなど、あらかじめ考慮しておいた方が良いでしょう。

クレジットカードでした入金は、入金額までしか出金できない

クレジットカードでの出金は返金の扱いになるため、出金額の上限は入金額となります。入金額以上の利益の出金は、銀行振込またはBitwallet/STICPAYで行うことができます。

FXGTでは取引口座に直接入金するのではなく、一旦eWalletsに入金する

海外FXの入金では、資金は取引口座に直接反映するのが一般的ですが、FXGTでは取引口座に直接入金するのではなく、アカウント内にあるウォレットである「eWallets」へ入金し、通貨ごとに資金を管理する形になります。

入金額を取引に使う場合は、eWalletsから取引するMT5口座へ金額を指定して資金移動します。

条件別オススメの入金方法

FXGTには特徴の異なる入金方法がいくつかありますので、条件別にオススメの入金方法を考えてみたいと思います。

早く入金を反映させたい人

口座への入金反映の早さから選ぶなら、以下の入金方法がオススメです。

  • 各種クレジットカード
  • Bitwallet
  • STICPAY

BitwalletとSTICPAYは、海外FXなどの入出金に使えるオンラインウォレットです。

対応している海外FX業者であれば、BitwalletとSTICPAYを介して手軽に入出金を行えるメリットがありますが、あらかじめ口座を開設し入金しておく必要があります。

その手間さえクリアすれば、BitwalletやSTICPAYはFXGTの入出金方法として最も使いやすいでしょう。

銀行の営業時間外に入金したい人

平日夜間や土日など、銀行の営業時間外に入金したい場合は、以下の入金方法がオススメです。

  • 各種クレジットカード
  • Bitwallet
  • STICPAY
  • 各種仮想通貨

上記入金方法であれば、24時間入金が可能です。

平日の夜なども外国為替市場では取引がありますので、日中お仕事をされている方などは、銀行振込以外の入金方法が便利ですね。

手数料を払いたくない人

入金手数料のコストを抑えたい場合は、以下の入金方法がオススメです。

  • 各種クレジットカード
  • Bitwallet
  • STICPAY
  • 各種仮想通貨

銀行振込でも口座への入金手数料はかかりませんが、送金手数料はユーザー負担となっています。

仮想通貨を口座通貨として取引したい人

すでに仮想通貨を持っていて取引に使いたい場合は、各種仮想通貨での入金がオススメです。

しかし言い返せば、仮想通貨を持っていない人にとっては、取引のためだけに仮想通貨を購入して準備するするメリットは特にありません。日本円などの法定通貨を入金して取引されることをオススメします。

続いて、それぞれの入金方法について、特徴や入金手段を詳しく見ていきたいと思います。

銀行振込での入金の特徴と手順

銀行振込の基本的な仕様は、以下の通りです。

手数料 口座への入金手数料は不要だが、送金手数料は別途ユーザー負担
反映速度 3〜5営業日
最低入金額 1万円
入金限度額 500万円
対応通貨 JPY

銀行振込では、みずほ銀行にあるFXGTの窓口となる銀行口座に入金することで、FXGTの取引口座に入金を反映することができます。国内の銀行へ振込なので手軽にできますし、クレジットカードを使いたくない方や、オンラインウォレット口座を持っていない方には、オススメの入金方法ですね。

銀行振込の場合のみ、送金手数料という形で手数料が発生します。また、口座への反映は3〜5営業日の時間が必要のため、余裕を持って入金計画を立てた方が良いでしょう。

受け付けられる入金額は、最低1万円、最高で500万円となります。送金手数料が引かれても1万円以上の入金になるよう、入金額は設定した方が良いですね。また振込の際は、入金手順の最後の画面で表示される「振込コード」を、振込人名義に加える必要があることにもご注意ください。

銀行振込での入金手順

銀行振込で入金を行うには、FXGT公式サイトから会員ページへログインした上で、トップページ(eWallets画面)の上部にある、緑色の「入金」のボタンをクリック/タップします。

以下のような入金方法の選択画面が表示されますので、「銀行振込」をクリック/タップします。

お知らせが表示されますので、「進める」をクリック/タップします。

「注意: 銀行送金でJPYを入金した場合、出金の際にはBitwalletかSTICPAYをご選択いただく必要がごさいます」
と表示されますが、確認したところ、銀行送金で日本円を入金した場合でも、銀行送金による出金は可能とのことです。

「どちらのeWalletに入金しますか」と言う画面が表示されますので、「Yen(JPY)」をクリック/タップします。

「どの銀行口座に入金しますか?」と聞かれますので、表示されているFXGTの銀行口座を選択します。

銀行口座の詳細が表示されますので、振込先口座情報を控えて振込手続きをとりましょう。

銀行振込では、FXGTの会員ページから直接入金方法にアクセスすることはできません。普段ご利用の銀行やネットバンキングなどを利用して送金してください。

支店名は「銀行コード」に表示されており、この場合は草加支店になります。

この画面で表示される「振込コード」を振込人名義欄に入力することも忘れてはいけません。振込コードの記載を忘れた場合は、口座への入金反映に時間がかかったり、最悪の場合は送金した資金が消滅する場合もあるため、ご注意ください。

クレジットカードでの入金の特徴と手順

クレジットカードの基本的な仕様は、以下の通りです。

手数料 無料
反映速度 即時
最低入金額 Master Card:50ドル(5,000円)
JCB Card:10ドル(1,000円)
入金限度額 なし
対応通貨 JPY,USD,EUR

手数料無料で即時入金可能なクレジットカードですが、以下のような特徴もあるのであらかじめご注意ください。

  • クレジットカード入金の際には、入金に使ったカードの表面と裏面の画像が必要。
    (表面では下4桁以外は塗りつぶし、裏面ではセキュリティーコードと凹凸により読み取れるカード番号も塗りつぶしておく)
  • カードブランドによって最低入金額が異なる。
  • Master Cardカードによる入金の合計回数には、「1日3回まで」「週5回まで」「月15回まで」という制限がある。
  • 利用するカード会社によっては手数料が発生する場合がある。

利用するカード会社によっては入金に使えない場合がある。
カード入金の場合、出金は返金扱いになるため、入金から6ヶ月以上経った場合、返金による出金ができない可能性がある。その場合は銀行送金などにより出金を行う。

クレジットカードでの入金手順

クレジットカードで入金を行うには、FXGT公式サイトから会員ページへログインし、入金画面から「MasterCardで入金」または「JCBで入金」をクリック/タップします。

今回はMasterCardで入金する場合を見てみましょう。

次は、入金する通貨の選択です。

通貨を選択すると、カード入金の際の注意点が表示されます。

カード入金を行う際は、使用するカードの表面と裏面の画像を、カード番号の下4桁以外の情報は塗りつぶした上で、お問い合わせチケット(問い合わせフォーム)から送らなければいけません。

了承の上「進める」をクリック/タップします。

次は、金額の入力画面です。

最低入金額以上を入力し、「進める」をクリック/タップします。

次は、カード情報の入力画面です。

以下のカード情報を入力します。

  • クレジットカードの番号
  • カードの使用期限(月/年)
  • CVV(カード裏面に記載の3桁のセキュリティコード)

入力情報を確認の上、「進める」をクリック/タップして入金手続きを完了してください。

仮想通貨での入金の特徴と手順

仮想通貨の基本的な仕様は、以下の通りです。

仮想通貨 Bitcoin Ethereum Ripple Tether Tether
手数料 無料 無料 無料 無料 無料
反映速度 1分〜30分 1分〜30分 1分〜30分 1分〜30分 1分〜30分
最低入金額 0.005 0.05 25 25 25
入金限度額 なし なし なし なし なし
対応通貨 BTC ETH XRP USDT(OMNI) USDT(ERC20)

仮想通貨を利用して、日本円などの法定通貨の口座に入金できる海外FX業者はありますが、仮想通貨そのものを口座通貨にできるブローカーは多くはありません。FXGTでは、5種類の仮想通貨を口座通貨として使用することができる希少なブローカーと言えます(メンテナンスなどにより、使用できない仮想通貨がある場合もあります)。

仮想通貨の入出金では、ブロックチェーンネットワークの状況によっては、口座への入金反映に時間がかかる場合がある点にご注意ください。

仮想通貨での入金手順

仮想通貨で入金を行うには、FXGT公式サイトから会員ページへログインし、入金画面から「仮想通貨」をクリック/タップします。

次の画面は入金する仮想通貨の選択です。

入金する仮想通貨を選択したら、各仮想通貨の入金先アドレスが表示されます。

入金先アドレスが間違っている場合、送金した資金は失われますのでご注意ください。

資金移動が完了したら、「完了」をクリック/タップします。

Bitwalletでの入金の特徴と手順

Bitwalletの基本的な仕様は、以下の通りです。

手数料 無料
反映速度 即時
最低入金額 10ドル
(1000円)
入金限度額 なし
対応通貨 JPY,USD,EUR

Bitwalletはオンラインウォレットの1種です。Bitwalletで口座開設し、口座へ入金しておくことで、海外FX業者での入出金を気軽にそして時間をかけず行うことができます。

Bitwallet口座への入金には手数料がかかりますが、BitwalletからFXGTへの入金では手数料無料で即時行えますので、法定通貨の入金方法としてはもっとも使いやすいものの1つではないでしょうか。

Bitwallet入金では、Bitwalletに登録しているメールアドレスが口座番号のような役割を果たします。もし、BitwalletとFXGTで登録メールアドレスが異なる場合は、Bitwalletに登録しているメールアドレスもFXGT会員ページの「設定→マイアカウント」から認証する必要があります。

Bitwalletでの入金手順

Bitwalletで入金を行うには、FXGT公式サイトから会員ページへログインし、入金画面から「Bitwallet」をクリック/タップします。

FXGTとBitwalletで登録メールアドレスが異なる場合の注意がされますので、確認の上「進める」をクリック/タップします。

次は、入金する通貨の選択です。

通貨を選択すると、Bitwalletのアカウント(メールアドレス)と、入金額の入力画面に移ります。

入力の上、「進める」をクリック/タップします。

次は、Bitwalletのログイン画面に移ります。

パスワードを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れて「ログイン」をクリック/タップします。

以下のような画面が表示されると、ログインは成功です。

登録メールアドレス宛に、以下の様なアクセス用メールが送信されます。

入金のためのリンクは1時間のみ有効です。早めにメール内のリンクをクリック/タップし、画面の指示に従って入金手続きを完了させましょう。

STICPAYでの入金の特徴と手順

STICPAYの基本的な仕様は、以下の通りです。

手数料 無料
反映速度 即時
最低入金額 なし
入金限度額 なし
対応通貨 JPYUSDEUR

STICPAYも、Bitwalletと同じメリットを持つオンラインウォレットになります。STICPAYの場合は最低入金額の設定もないので、特に少額を入金したい人に向いているでしょう。事前にSTICPAY口座を開設し入金しておく必要はありますが、一度口座を作ってしまえば、対応している他の海外FX業者の入出金にも使えて便利ですね。

STICPAY口座の識別は、登録メールアドレスで行われます。もし、FXGTに登録しているメールアドレスと異なる場合は、STICPAYで使っているメールアドレスを、FXGT側でも認証しておく必要がある点にご注意ください。

STICPAYでの入金手順

STICPAYで入金を行うには、FXGT公式サイトから会員ページへログインし、入金画面から「STICPAY」をクリック/タップします。

続いて、登録メールアドレスが異なる場合の対応のお知らせが表示されますので、確認の上「進める」をクリック/タップします。

次は、入金する口座通貨の選択画面です。

通貨を選択すると、STICPAYのアカウント名(メールアドレス)と、入金金額の入力画面です。入力内容を確認し、「進める」をクリック/タップします。

次は、STICPAYへのログイン画面です。メールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」ををクリック/タップします。

認証メールの送信画面に移りますので、内容を確認の上「認証メール送信」をクリック/タップします。

すぐに以下の様な認証コードを記載したメールが送られますので、5分以内にコードを確認し画面に入力します。

認証を終えると入金画面に変わりますので、「今すぐ支払う」をクリック/タップし、入金手続きを完了させてください。

以上がSTICPAYの入金手順です。

入金できないときの対処法・注意点

続いて、FXGTでの入金時の注意点や、入金を行なった後で口座に反映されない場合の対処法についてご説明します。

入金前の注意点

スムーズな入金のために、それぞれの入金方法での注意点をまとめてみました。

入金方法と注意点
  • 銀行振込
  • → 振込コードを振込人名義に記載する。最低入金額(1万円)以上となるように入金する。

  • クレジットカード
  • → 入金後に利用したカードを撮影したものをカスタマサポートまで送信する。

  • Bitwallet/STICPAY
  • → FXGTの登録メールアドレスと違う場合は、Bitwallet/STICPAYで使用しているメールアドレスも認証しておく。

  • 仮想通貨
  • → 正しいアドレスから入金する。

銀行振込や仮想通貨による入金では、振込コードの入力忘れや、入金先のアドレス間違いをした場合は入金できなくなる可能性がありますので、特にお気をつけください。

クレジットカードの場合は、カード会社によっては入金に使えない場合があります。もし入金に失敗した場合は、他のカードか他の入金方法をお選びください。

また、よくあるうっかりミスとして、Bitwallet/STICPAYなどで口座残高以上の額を入金しようとしてしまうことも挙げられます。口座残高の範囲内となるよう、確認の上入金手続きを行いましょう。

入金後の注意点

FXGTでは、入金処理を行なったらすぐに取引口座に資金が入る訳ではありません。入金した資金は一旦FXGTの「eWallets」に入り、そこから各取引口座へ資金移動することで初めて、入金額を取引に使うことができます。

入金した後で、取引するMT5口座に資金が入っていない場合は、eWalletsから資金移動をし忘れていないかご確認ください。

もし入金手続きが完了したのに時間が経ってもeWalletsに入金額が反映されていない場合は、カスタマーサポートに問い合わせましょう。会員ページ上部メニューの「サポート」からサポートセンターを開き、「チケットを開く」で新規問い合わせができます。

FXGTは入金ボーナスも豊富

FXGTと言えば、入金ボーナスの豊富さも魅力です。例えば100%入金ボーナスの場合は、そのボーナスの上限金額までの入金に対して同額のボーナスが付与されるので、入金額の2倍の証拠金で取引を始められることになりますね。

キャンペーンの特徴としては、決まった企画がいつも行われているわけではなく、時期によってボーナス割合が変わるなど、バリエーションが多いことが挙げられます。

現在開催中の入金ボーナスは、FXGT公式サイトのメニューの中にある「キャンペーン」から確認できます。

FXGTの入金ボーナスは色々な形式で行われていますが、ボーナスの仕様自体は基本的には同じです。以下は主な仕様と注意点になります。

  • 入金ボーナスの「入金」とは、eWalletsへの入金ではなく、MT5の取引口座への入金(資金移動)を指す
  • ボーナス期間内に取引口座へ資金移動した時点で、自動的にボーナスは付与される
  • ボーナス自体は出金できないが、取引により得た利益は出金可能
  • ボーナスを受け取った状態で1ヶ月以上取引がない場合、ボーナスは消滅する
  • FXGTの入金ボーナスは、種類が異なってもユーザーが得たボーナス額の合計は通算されており、1ユーザーが獲得できる常時入金ボーナスの上限は700万円(相当額)となる

FXGT入金まとめ

今回はFXGTの入金方法と、入金手順についてご説明してきました。FXGTでは、eWalletsと言うアカウント内のウォレットで通貨ごとに入金を管理し、そこからMT5口座へ資金移動をして取引すると言う方式をとっています。

入金方法では、銀行振込、クレジットカード、仮想通貨、Bitwallet、STICPAYが使えましたね。各入金方法に注意点はありますが、特に気をつけたいのが銀行振込です。

銀行振込だけはFXGTの入金システムを使わず、ユーザーが最寄りの銀行やネットバンキングで振り込む形になるため、万一手違いがあっても気づきにくくなります。

振込コードの記載や、入金額が1万円以上になるようになど、基本的なポイントに気をつけながら入金手続きをしてくださいね。

【2021年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2021年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~7位