FXGTのゴールド(金)は稼げる?レバレッジや取引時間などの注意点も紹介

FXGTのゴールド(金)は稼げる?レバレッジや取引時間などの注意点も紹介

FXGTは為替FXだけでなく、仮想通貨FXやゴールド/シルバーなどのCFD商品も多数取引することができる海外FX業者です。

そんな数あるCFD商品の中でも最も人気が高いのがゴールド(金)でしょう。

ゴールドはボラティリティが大きいことが特徴で、FXGTではゴールドの取引環境が非常に整っているのが大きなポイント。

FXGTのゴールド取引環境
  • レバレッジ1000倍で取引できる
  • スプレッドも他社と比較して優秀
  • ボーナスも豊富で証拠金を確保しやすい

上記の通り、ゴールドを取引したいならばFXGTは充分にメイン口座としてオススメできます

以下、FXGTと他社のゴールド関連スペックをまとめたものです。

海外FX業者ゴールドの最大レバレッジ
FXGT1,000倍
GEMFOREX1,000倍
XM888倍
AXIORY100倍
TitanFX500倍
FBS400倍
海外FX業者ゴールドのスプレッド
FXGT
(スタンダード口座)
2.5pips
GEMFOREX
(オールインワン口座)
3.0pips
XM
(スタンダード口座)
3.5pips
AXIORY
(スタンダード口座)
4.3pips
TitanFX
(スタンダード口座)
2.23pips
海外FX業者ゴールドのスプレッド取引手数料(1ロットあたり)
FXGT
(ECN口座)
2.4pips往復10ドル
GEMFOREX
(ノースプレッド口座)
2.1pips
XM
(Zero口座)
2.1pips往復10ドル
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
2.3pips往復6ドル
TitanFX
(ブレード口座)
1.6pips往復7ドル

低スプレッド口座(ECN口座)のゴールドはFXGTは弱めです

海外FX業者ショートスワップロングスワップ
FXGT-1.82-5.58
GEMFOREX-2.11-3.95
XM-41-16
AXIORY-3.28-4.18
TitanFX-3.59-3.89
FBS-1.32-2.01

FXGTには7万円が上限の初回入金100%ボーナスもあり、ボーナス内容もかなり充実しているためゴールド取引でがっつり勝負したい人にはFXGTはやはりオススメ。

まだFXGTの口座を持っていない方は、まずは口座開設ボーナス3000 ~ 5000円を使ってゴールド取引を試してみるのもアリですよ。

無料で口座開設する
FXGT公式サイト)

関連記事:FXGTボーナス完全攻略!口座開設ボーナス&入金ボーナス最新情報【2022年5月最新版】

FXGTのゴールドの特徴

早速ですが、以下にFXGTのゴールドの特徴をまとめています。

取扱口座タイプミニ口座/スタンダード口座/FX専用口座/ECN口座
取引手数料ECN口座のみ往復10ドル
(それ以外の口座タイプは無料)
最大レバレッジ1,000倍
スプレッドスタンダード口座:2.5pips
ECN口座:2.4pips
スワップポイントショートスワップ:-1.82
ロングスワップ:-5.58
ゼロカットあり
取引時間(JST)夏時間:月曜日07:05~土曜日5:55
冬時間:月曜日08:05~土曜日6:55
※2022年3月時点

 
ゴールドはボラティリティが大きく、ハイレバレッジを利用した短期売買によって大きな利益を狙うことができる商品です。

FXGTはレバレッジ1,000倍でゴールドの取引ができるため、特にスキャルピングトレーダーにおすすめの投資商品といえるでしょう。

そんなFXGTのゴールドには以下の4つの特徴があります。

FXGTのゴールドの特徴
  • 3種類のゴールドがある
  • 1000倍のレバレッジで取引可能
  • ボラティリティが高い
  • 有事の金

では、順番にFXGTのゴールドの特徴を確認していきましょう。

3種類のゴールドがある

FXGTが取り扱うゴールドには「XAU/USD」「XAU/USDm」「XAU/USD…」の3種類があります。

それぞれの違いを以下の表にまとめていますので早速ご覧ください。

ゴールド取引口座最小/最大ロット取引手数料
XAU/USDスタンダード口座
FX専用口座
0.01/50
(1ロット= 100単位)
なし
XAU/USDmミニ口座0.01/200
(1ロット= 1単位)
なし
XAU/USD..ECN口座0.01/50
(1ロット = 100単位)
1ロットあたり往復10ドル

ご覧いただいて分かるとおり、それぞれのゴールドの違いは「取引できる口座タイプ」「ロットサイズ」「取引手数料」の3点です。

簡単に言うと「XAU/USD」はFXGTの一般的なゴールドの銘柄で、「XAU/USDm」はロットサイズが小さくなったもの、「XAU/USD」はECN口座用に取引手数料がかかるという特徴があります。

このようにそれぞれ名称や特徴が異なるため、取引時に混同しないように気を付けましょう。

ゴールドはボラティリティが大きいため、FXGTで初めてゴールドを取引する人は1通貨から取引可能なミニ口座専用の「XAU/USDm」がおすすめです。

小さなロットサイズでゴールド取引に慣れてきたら、スタンダード口座で取引できる「XAU/USD」でロットを増やしてみるというのもゴールドで収益を増やすコツといえるでしょう。

関連:FXGTの5口座タイプを徹底比較!各口座の特徴やおすすめの口座タイプを紹介

1,000倍のレバレッジで取引可能

FXGTでは最大レバレッジ1000倍でゴールドを取引することができます。

ゴールドは価格変動が激しく、損失も大きくなりやすいということから多くの海外FX業者ではFX通貨ペアと比べて最大レバレッジが低めに設定されているケースが多数です。

ですが、FXGTではFX通貨ペアと同様の最大1000倍のレバレッジでゴールドを取引することができます。

ハイレバレッジでトレードするとなると損失が増えるリスクもありますが、資金管理をしっかりとできれば利益を大きく伸ばすことも可能です。

特にスキャルピングといった小さな利幅を積み重ねていって利益を増やすようなトレード手法であれば、レバレッジを効かせることで少ないpips数でも利益をより伸ばすことができるでしょう。

関連:FXGTのレバレッジルールまとめ!最大1000倍の利用条件や注意点・制限事項を解説

ボラティリティが高い

ゴールドはボラティリティが大きい商品のため、ハイレバレッジを利用したスキャルピングによって短時間で大きな利益を狙うことができます。

一方、ボラティリティの大きな相場における取引には大きなリスクが伴うことを忘れてはいけません。

ハイレバレッジでのトレードは利益を大きく伸ばしやすい反面、短時間で一気に損失を増やす可能性もあります。

そのため、レバレッジを効かせる場面はトレンド中の順張りに限定させる、というような取引のルールを明確にさせることが重要です。

なお、FXGTはゼロカットに対応しているため、入金額以上の損失が発生するリスクはありません。

そのため、ハイレバレッジの取引で損失が出たとしても損失額は限定できます。

ハイレバレッジでゴールドの取引をする際は余分な口座残高を別口座へ移しておく等、資金管理をしっかり行うことが損失を減らすコツでしょう。

有事の金

ゴールドは「有事の金」と言われる特徴があります。

戦争や紛争などのリスクが高まり、世界情勢に不穏な動きが見られると米ドルが売られ始め、ゴールドが買われるというのが一般的なゴールドの特徴です。

アメリカ経済もしくは世界経済が好調な時は株価が上がり続けるため、米ドルが買われる傾向にありますが、その一方でゴールドは価値が下がります。

実際に2022年のウクライナ情勢の悪化によってゴールド価格が急騰したのは、ゴールドが安全資産として買われている証拠でしょう。

FXGTのゴールド取引条件を他海外FX業者と比較

ここからはFXGTと競合海外FX業者のゴールドの取引条件を比較していきます。

比較・確認していく項目は以下のとおりです。

FXGTのゴールド取引条件を比較
  • ゴールドの最大レバレッジ
  • ゴールドのスプレッド
  • ゴールドのスワップポイント
  • ゴールドの取引時間

それでは、1つずつ順番に確認していきましょう。

ゴールドの最大レバレッジ

FXGTのゴールドはFX通貨ペアや仮想通貨FXと同じレバレッジ1,000倍で取引することができます。

以下はFXGTとその他の海外FX業者のゴールド取引の最大レバレッジを比較した表です。

海外FX業者ゴールドの最大レバレッジ
FXGT1,000倍
GEMFOREX1,000倍
XM888倍
AXIORY100倍
TitanFX500倍
FBS400倍

ご覧のとおり、FXGTは主要海外FX業者のなかでもトップクラスのハイレバレッジで取引ができます。

ゴールドの最大レバレッジは競合の海外FX業者も為替FX通貨ペアと同じ、というケースが多いようです。

ただし、比較対象にあるAXIORYやFBSのように最大レバレッジが異なる場合もありますので、業者選びの際はしっかりと確認するようにしましょう。

ゴールドのスプレッド

次にゴールドのスプレッドを比較していきます。

今回は海外FX業者が提供する「スタンダード口座」と「低スプレッド口座」に分けてゴールドのスプレッドを比較してみました。

まずはスタンダード口座のスプレッドの比較結果から確認していきましょう。

スタンダード口座

海外FX業者が提供する「スタンダード口座」におけるゴールド(XAU/USD)のスプレッドは以下の通りです。

海外FX業者ゴールドのスプレッド
FXGT
(スタンダード口座)
2.5pips
GEMFOREX
(オールインワン口座)
3.0pips
XM
(スタンダード口座)
3.5pips
AXIORY
(スタンダード口座)
4.3pips
TitanFX
(スタンダード口座)
2.23pips

上記の5社の中ではTitanFXが最狭スプレッドを提供していることが確認できます。

とはいえ他社とは大きく開きがあるため、FXGTの2.5pipsも業界トップクラスと言って問題ない数値でしょう。

低スプレッド口座

低スプレッド口座は狭いスプレッドが提供される代わりに取引手数料が発生するのが一般的です。

つまり、正味の取引コストは「スプレッド+取引手数料」で考えなければいけません。

以下は海外FX業者が提供する「低スプレッド口座」におけるゴールド(XAU/USD)のスプレッドと1ロットあたりの取引手数料の比較結果です。

海外FX業者ゴールドのスプレッド取引手数料(1ロットあたり)
FXGT
(ECN口座)
2.4pips往復10ドル
GEMFOREX
(ノースプレッド口座)
2.1pips
XM
(Zero口座)
2.1pips往復10ドル
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
2.3pips往復6ドル
TitanFX
(ブレード口座)
1.6pips往復7ドル

上の表の通り、FXGTのECN口座の取引手数料は1ロットあたり往復10ドルと高めとなっています。

スタンダード口座の比較結果ではFXGTはトップクラスのスプレッドの狭さでしたが、一転して低スプレッド口座ではトップクラスに取引コストが高くなってしまいました。

比較結果から分かるとおり、FXGTで取引手数料を支払ってまで低スプレッド口座でゴールドを取引するメリットはほとんどないと言っていいでしょう。

関連:FXGTのスプレッド最新一覧まとめ!他社比較やよくある質問も紹介

次に、スワップポイントを比較してみましょう。

ゴールドのスワップポイント

FXGTとその他海外FX業者のゴールドのスワップポイントの比較結果は以下のとおりです。

海外FX業者ショートスワップロングスワップ
FXGT-1.82-5.58
GEMFOREX-2.11-3.95
XM-41-16
AXIORY-3.28-4.18
TitanFX-3.59-3.89
FBS-1.32-2.01

ご覧いただいてお分かりのとおり、ゴールドの取引ではショート・ロングともにマイナススワップが発生します。

つまり、売り買いどちらでもオーバーナイトのポジションを持つとマイナススワップ(損益)が発生するため長期トレードを行う際には注意が必要です。

最後に、FXGTのゴールドの取引時間を確認しましょう。

ゴールドの取引時間

FXGTのゴールドの取引時間は以下の通りです。

取引時間ゴールドの取引時間 (JST)
夏時間月曜日07:05~土曜日5:55
冬時間月曜日08:05~土曜日6:55

ゴールドの取引開始時刻は為替取引よりも1時間遅く始まります。

ゴールドを取引する際は取引時間を間違えないように注意しましょう。

FXGTのゴールドの必要証拠金を計算

FXGTのゴールド(XAU/USD)の必要証拠金は以下の計算式で算出可能です。

必要証拠金の計算式
取引数量 × 為替レート ÷ レバレッジ = 必要証拠金

FXGTではミニ口座を除いた全ての口座タイプで「1ロット = 10万通貨」で取引されていますが、ゴールドの場合は「1ロット=100」として取引されます。

そのため、上記計算式の取引数量には「100」を入れて計算するようにしましょう。

ゴールドの必要証拠金の計算例
  • ゴールド価格:2,000ドル
  • 為替レート:1ドル = 120円
  • レバレッジ:1000倍
  • 取引数量:100

100 × (2,000 × 120) ÷ 1,000 = 24,000円

上記条件の場合、の必要証拠金は24,000円となります。

以下は各実効レバレッジごとの必要証拠金の一覧です。

1GOLD=2,000ドル、1ドル=120円の場合
実効レバレッジ0.01ロット(=1)0.1ロット(=10)1ロット(=100)
レバレッジ1倍240,000円2,400,000円24,000,000円
レバレッジ25倍9,600円96,000円960,000円
レバレッジ100倍2,400円24,000円240,000円
レバレッジ500倍480円4,800円48,000円
レバレッジ1,000倍240円2,400円24,000円

よくある質問

ここではFXGTのゴールドに関するよくある質問について確認していきます。

それでは、1つずつ確認していきましょう。

FXGTのゴールドは取引手数料はかかりますか?

ECN口座でゴールドを取引する場合のみ、1ロットあたり往復10ドルの手数料がかかります。

FXGTでゴールドの取引ができる口座タイプは「ミニ口座」「スタンダード口座」「FX専用口座」「ECN口座」の4口座タイプです。

「セント口座」ではゴールドの取引ができませんので、口座選びの際はご注意ください。

MT5でゴールドのシンボルが見つかりません

FXGTでのゴールドの通貨コードは「XAU」です。

また、ゴールドは米ドルで取引されているため、MT5上では「XAU/USD」というシンボルで表記されています。

「XAU/USD」は銘柄一覧の「STD ECN」→ 「Precious Metals」の中で確認可能です。

まとめ

ここまでFXGTのゴールドについて解説してきました。

FXGTはレバレッジ1,000倍でゴールドを取引できる海外FX業者です。

ゴールドはボラティリティが大きいため、ハイレバレッジを利用することで短時間で大きな利益を狙うことができます。

ただし、同時に大きな損失を負う可能性があることは覚えておきましょう。

とはいえ、FXGTはゼロカットシステムを採用しているため、口座に入金した金額以上の損失を負うリスクはありません。

また、FXGTは口座開設ボーナスや入金ボーナスなどの各種ボーナスに対応しています。

クッション機能にも対応しておりボーナスだけでの取引も可能ですので、まずはボーナスを利用してトレードしてみるのも良いでしょう。

無料で口座開設する
FXGT公式サイト)

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位