【GEMFOREXの法人口座開設方法】手順を画像付きで解説&メリット・デメリットもまとめ

GEMFOREXの法人口座とは?開設方法と特徴を徹底検証

GEMFOREXの法人口座開設について
 
GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、法人口座を開設することが可能です。

この記事では、そんなGEMFOREX法人口座の開設方法・手順を画像付きで解説していきます。

「法人口座の特徴と個人口座との違い」「法人口座のメリット・デメリット」も解説していますので、この記事を読めばGEMFOREXの法人口座について一から十まですぐに知ることができますよ。

まずは「法人口座の特徴と個人口座との違い」から見ていきましょう。

GEMFOREX法人口座の特徴と個人口座との違い

GEMFOREXの法人口座の特徴について

はじめに、GEMFOREXの法人口座の特徴や個人口座との違いを解説していきます。口座を開設する前に、まずは法人口座の基本情報を頭に入れておきましょう。

GEMFOREX法人口座の主な特徴と、個人口座との違いは以下3つです。

法人口座の特徴と個人口座との違い
  1. 最大レバレッジは個人口座と同じ1000倍
  2. 法人口座もボーナスの受け取りが可能
  3. 個人口座との違いは本人確認時の提出書類

ちなみに、海外FX全体における法人口座のメリットデメリットについては「海外FXで会社設立・法人口座開設で税率を下げて簡単に節税!」にまとめていますのでこちらをご参考ください。

それでは話をGEMFOREXに戻して、3つの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

最大レバレッジは個人口座と同じ1000倍

GEMFOREX法人口座の最大レバレッジは1000倍です。個人口座も1000倍なので、同じ倍率のレバレッジを利用することができます。

ちなみに、国内FXの法人口座も昔は200倍などの高いレバレッジを使用することができたのですが、スイスフランショックの影響により平成29年からレバレッジ規制がかけられました。

現在ではドル円68倍・ユーロドル75倍程度でしかレバレッジをかけることができなくなっています。

その点、海外FX業者は日本ではなく海外の法律にのっとって運営しているため、レバレッジに規制をかけられる心配はありません。

ハイレバレッジを目的に法人口座を利用したいのであれば、やはり国内よりも海外FXの法人口座がおすすめです。

また、GEMFOREXは証拠金によって利用できる最大レバレッジが以下のように変化します。

口座資金額 最大レバレッジ
200万円まで
(20万ドル)
1000倍
200万円以上
(20万ドル)
500倍

このレバレッジ制限は法人口座・個人口座どちらも共通なので、GEMFOREXのハイレバを利用するのであればぜひ頭に入れておいてくださいね。

ここまで解説してきたレバレッジも含めて、GEMFOREX法人口座のスペックは基本的に全て個人口座と同じです。

GEMFOREXの個人口座のスペック詳細は以下の記事にまとめていますので、気になる方はこちらをチェックしてみてください。

【GEMFOREXの評判・口コミ】ゲムフォレックスの安全性を辛口評価この記事では「GEMFOREXの評判が知りたい」という人のために、実際に使っているトレーダーの口コミをまとめて紹介。 その口コミを...

法人口座もボーナスの受け取りが可能

GEMFOREXといえば豪華なボーナスキャンペーンが魅力的ですが、法人口座でもボーナスの受け取りは可能です。

GEMFOREXで開催されている主なボーナスキャンペーンは以下の2つ。

GEMFOREX
主なボーナス・キャンペーン

  • 口座開設ボーナス
    :新規口座開設をした人に最大2万円のトレード用ボーナスを付与
  • 100%入金ボーナス
    (期間限定&抽選)

    :開催期間中、当選者に入金額の100%をトレード用ボーナスとして付与

口座タイプがオールインワン口座であれば、法人口座でもこの2種類のボーナスは利用できます。

ボーナスの豪華さは海外FXの大きな魅力ですから、海外業者で法人口座を作るのであればボーナスが豪華なGEMFOREXがおすすめです。

無料で口座開設する
(GEMFOREX公式サイト)

GEMFOREXのボーナス内容の詳細や受け取り方は以下の記事にまとめていますので、気になる方はこちらをチェックしてみてください。

【GEMFOREXのボーナス総まとめ】口座開設ボーナス&入金ボーナスの受け取り方とお得な活用術 GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、豪華なボーナスキャンペーンが魅力的な海外FX業者です。 現在GEMFOREXで受け...

個人口座との違いは本人確認時の提出書類

GEMFOREXの法人口座と個人口座の違いは、本人確認の時に提出する書類です。

GEMFOREXでは口座の登録種別に個人・個人事業主・法人の3つがあります。それぞれの口座種別で必要な書類を比較してみましょう。

GEMFOREXの本人確認に必要な書類を口座の登録種別で比較

 
ご覧の通り、法人口座は住所証明書がいらない代わりに「会社登記簿謄本」の提出が必要となります。

また、発行から3ヵ月以内という期限があるので、新しく発行しなくてはならないという方は下記「登記簿謄本の取り方」を参考にしてください。

登記簿謄本の取り方は、大きく分けて以下の3つがあります。

登記簿謄本の取り方
  1. 法務局で直接申請・受け取り
  2.  
    法務局もしくは法務局証明サービスセンターにて、手数料600円で発行・受け取りが可能です。

  3. オンライン申請で郵送
  4.  
    法務局に行く時間がない方は、オンラインで申請ができます。
    申請フォームなどの詳細は法務局HPをご覧ください。

    【登記簿謄本】法務局HPでオンライン申請

    こちらは夜21時まで手続きを行うことができ、手数料も500円と安くなっています。オンライン上での申請を、法務局側も推奨していることが分かりますね。

  5. オンライン申請して法務局で受け取り
  6.  
    こちらは法務局での手続き時間や、郵送の時間を短縮した方法です。
    手数料は480円と一番安く済ませることができます。
    早くトレードをしたい方にとっては、この方法が良いでしょう。

以上、ここまで「GEMFOREX法人口座の特徴と個人口座との違い」を見てきました。

続いては、法人口座の開設手順を見ていきます。

GEMFOREX法人口座の開設方法・手順

GEMFOREXの法人口座開設の手順について

ここからは、GEMFOREX法人口座の開設方法を画像付きで解説していきます。基本的な流れは個人口座の開設手順とほとんど一緒です。

手順①口座開設フォームを開く

まずはGEMFOREX公式サイトのトップページで「リアル口座開設」をクリックし口座開設フォームを開きます。

GEMFOREX公式サイトのトップページ

手順②口座選択と個人情報の入力

口座開設フォームを開いたら、口座タイプ・登録種別を選択し、名前とメールアドレスを入力してください。

GEMFOREXの口座開設フォーム

 
GEMFOREXの口座タイプには「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」の2種類があります。

ボーナスを受け取りたいのであればオールインワン口座、スプレッドの狭さを重視するのであればノースプレッド口座がおすすめです。どちらの口座タイプでも最大レバレッジは1000倍を利用可能です。

登録種別は必ず「法人口座」を選択してください。
また、お名前(英文字)の欄には登録者の名前ではなく、企業名を英語表記で入力します。

企業名の記入例

企業名が「株式会社オンライン」の場合:kabushikigaisya online

Online Co., Ltd.等での表記も可です。

メールアドレスの欄には確認しやすいアドレスを入れればOKです。

全ての項目を選択・入力し終わったら、ページの下の方にある「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「口座開設」のボタンを押してください。

手順③ログイン情報の確認

口座開設フォームの情報を送信すると、数分後先ほど入力したアドレス宛てにメールが2通届きます。

1通目には以下画像のようにマイページ用ログインパスワードが記載されています。

マイページ用ログインパスワード

 
2通目には、以下画像のようにプラットフォームのログイン用IDとパスワードが記載されています。

プラットフォームのログイン用IDとパスワード

 
これらはどちらも非常に大事な情報なので、メモを取って保管しておくようにしましょう。

ログイン情報を確認したら、マイページと取引プラットフォームそれぞれにきちんとログインできるかを確認してみてください。

それぞれきちんとログインが確認できたら、ここまでで口座開設自体は完了となります。

GEMFOREXでは口座を有効化(本人確認)しないでも入金とトレードが可能なのですが、初めて出金をするときには必ず本人確認を済ませておかなくてはなりません。

いざ出金したい時になってから有効化の手続きをすると少し時間がかかってしまうので、口座開設後にこのまま続けて本人確認書類を登録しておくことをおすすめします。

ということで、次の見出しでは口座の有効化(本人確認)の手順を解説していきます。

手順④有効化に必要な書類の提出

法人口座の有効化に必要な書類は以下の3点です。

本人確認書類
  1. 身分証明書(代表者)
    :運転免許証、パスポートなど
  2. 会社登記簿謄本(発行3ヶ月以内)
  3. 身分証明書と本人が一緒に写っている大きく鮮明な写真

  4. GEMFOREXの本人確認書類として提出する「身分証明証と本人が一緒に写っている大きく鮮明な写真」

提出の際はこれらの書類をスマホで撮影し、その画像をアップロードすればOKです。

上記の書類(画像)の用意ができたら、GEMFOREXのマイページにログインしてください。

すると、画面上段の中央に以下画像のような表示があるので、「こちら」の部分をクリックします。

GEMFOREXの評判_本人確認書類登録手順①

すると身分証(本人確認書類)提出の画面が開きますので、各項目で「ファイル選択」をクリックして身分証の画像をアップロードしていきましょう。

GEMFOREXの評判_本人確認書類登録手順②

全ての本人確認書類をアップロードし終わったら、「上記内容にて送信する」をクリックすれば本人確認書類の登録は完了となります。

登録後は早ければ数時間、遅くても翌営業日には本人確認が完了します。

本人確認が無事に完了すると、GEMFOREXから書類を受理したとの旨が記載されたメールが届きます。

ここまでで、口座有効化(本人確認)の手順は完了となります。

GEMFOREX法人口座のメリット

GEMFOREX法人口座のメリット

ここからは、GEMFOREXで法人口座を作ろうか迷っている方向けに「法人口座のメリット」をお伝えしていきます。

GEMFOREXの法人口座を利用すると、以下のようなメリットがあります。

では、それぞれのメリットの詳細を見ていきましょう。

個人トレーダーよりも税率を抑えられる

個人と法人では適用される税率が異なるため、法人口座であれば個人よりも税率を抑えられるというメリットがあります。

【個人口座と法人口座の税制の違い】
口座種別 税制 税率
個人口座 総合課税 5~45%

住民税10%
法人口座 法人税 15~23.2%

法人住民税、法人事業税

個人口座にかかる税率は累進課税なので、最大で45%もかかってしまいます。
対しては法人口座にかかる税率は法人税なので、最大でも23.2%までしかかかりません。

そのため、FXトレードでかなり大きな利益を上げているのであれば法人化して法人口座を利用したほうがだいぶ節税になります。

他事業との損益通算が可能

法人口座だと「他事業との損益通算」ができるのもメリットです。

個人口座での海外FXの損益は「雑所得」として計算されるため、他の事業との損益通算はできません。

しかし法人口座の場合、FXも「事業所得」に換算されるので他事業との損益通算が可能です。

つまり、FXの利益で別事業の赤字をカバーすることもできますし、反対に別事業の利益でFXの損失をカバーすることもできるのです。

最長9年の損失繰越が可能

法人口座だと「損益繰越」ができるのもメリットです。

国内FXだとトレードで赤字が出ても損失繰越が可能ですが、海外FXは税金を総合課税で計算するため損失繰越ができません。

しかし、法人口座であればFXの損失は事業の損失として扱われるため損失繰越の対象となります。

また、個人口座での損失繰越は3年ですが法人の場合は最大9年間の繰越が可能です。

経費の範囲が広がる

法人化することで、個人口座よりも認められる経費の範囲が広がります。

具体的には以下のようなものを経費として計上することができます。

法人化で計上できる経費
  • 家賃(社宅として契約)
  • 役員報酬
  • 交通費
  • 生命保険
  • 退職金

個人トレーダーでもFX関連にかかったお金は経費として計上できますが、法人化すれば会社を運営するための経費を計上することができるようになります。

FXには基本的にあまり経費がかからないので、このように少しでも経費の幅が広がるだけでもだいぶ節税になります。

GEMFOREX法人口座のデメリット

GEMFOREX法人口座のデメリット

続いてはGEMFOREX法人口座のデメリットを見ていきます。

法人口座の利用には以下のようなデメリットがあります。

では、それぞれのメリットの詳細を見ていきましょう。

設立や維持にコストがかかる

法人は設立や維持にコストがかかってしまうのが大きなデメリットです。

会社の設立費用は会社の形態によって異なりますが、株式会社であれば約25万円、合同会社であれば約10万円がかかります。

また、住民税の一部は利益がいくらであろうと一定額の納税をしなければならないため、法人化してしまったらもし事業が赤字でも税金を支払うことになります。

自由に利益を引き出すことができない

法人化してしまうと、海外FXで利益が出ても好きなタイミングで引き出すことはできません。

これは、法人口座がその法人に帰属するためです。社長だからといって、法人所有のお金は自由に動かせないんですね。

利益は、事前に設定した毎月一定額の役員報酬として受け取ることができます。ただし報酬額の設定は後で変更できないので注意しましょう。

確定申告に手間やコストがかかる

法人の確定申告は個人に比べてかなり手間がかかります。

必要な書類や手続きもかなり多いので税理士に頼むのが一番確実ですが、決算申告書の作成のみでも15万~25万ほどかかってしまいます。

もしこのコスト削減に向けて自分で確定申告を行う場合、以下の書類を準備する必要があります。

法人の確定申告に必要な書類
  • 決算報告書
  • 法人税・地方法人税申告書
  • 都道府県民税申告書
  • 市町村民税申告書
  • 法人事業概況説明書
  • 勘定科目内訳明細書

自分で準備するにもそれなりの手間と知識が必要になるので、確定申告が複雑になってしまうのはなかなかのデメリットですね。

GEMFOREXの法人口座に関するよくある質問

GEMFOREXの法人口座に関するFAQ

最後に、GEMFOREXの法人口座に関するよくある質問にお答えしていきます。質問文をクリックすると各内容に飛べますので、気になるものをチェックしてみてください。

個人口座と法人口座の違いは何ですか?

個人口座と法人口座の違いは何ですか?

口座有効化のための本人確認書類が違います。住所証明書がいらない代わりに会社の登記簿謄本の提出が必要になります。レバレッジなどスペック面に違いはありません。

法人口座でもボーナスを受け取れますか?

法人口座でもボーナスを受け取れますか?

口座タイプがオールインワン口座であれば、法人口座でもボーナスは受け取れます。口座開設ボーナス・入金ボーナス共に利用可能です。

法人口座でも自動売買はできますか?

法人口座でも自動売買はできますか?

法人口座でも自動売買は可能です。ミラートレード、EAの両方を利用できます。

GEMFOREX法人口座まとめ

GEMFOFREXの法人口座開設についてのまとめ

ここまで、「GEMFOREX法人口座の開設方法・手順」と「法人口座の特徴・個人口座との違い」「法人口座のメリット・デメリット」を解説してきました。

最後に、あらためて法人口座の特徴と個人口座との違いをおさらいしておきます。

GEMFOREX法人口座の特徴と、個人口座との違いは以下3つです。

法人口座の特徴と個人口座との違い
  1. 最大レバレッジは個人口座と同じ1000倍
  2. 法人口座もボーナスの受け取りが可能
  3. 個人口座との違いは本人確認時の提出書類

GEMFOREX法人口座のメリットは以下の4つです。

GEMFOREX法人口座のメリット
  • 個人トレーダーよりも税率を抑えられる
  • 他事業との損益通算が可能
  • 最長9年の損失繰越が可能
  • 経費の範囲が広がる

GEMFOREX法人口座のデメリットは以下の4つです。

GEMFOREX法人口座のデメリット
  • 設立や維持にコストがかかる
  • 自由に利益を引き出すことができない
  • 確定申告に手間がかかる
  • 税理士などを雇うコストがかかる

GEMFOREXは最大レバレッジが1000倍とかなりのハイレバ&豪華なボーナスキャンペーンも提供されているため、法人口座として利用するのにも適しています!

また、他の業者に比べて口座開設の手続きが非常に短くスムーズ。

名前とアドレスを入力するだけで1分もかからずに口座開設できるので、法人口座を検討しているならぜひGEMFOREXの法人口座をおすすめします。

無料で口座開設する
(GEMFOREX公式サイト)

【2021年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

海外FX口座比較.comのヘッダー画像

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~7位