GEMFOREXのロースプレッド口座(ノースプレッド口座)の特徴まとめ

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、2022年8月よりロースプレッド口座の受付が開始されました。

ガチゼロ口座のリリースに伴い受付停止されていたノースプレッド口座が、新たに名称を「ロースプレッド口座」としてリリースされた形です。

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)はスプレッドが狭いスキャルピング向け口座で、以下の人におすすめです。

ロースプレッド口座が向いている方
  • 30万円の初回入金ができる方
  • 少額でハイレバスキャルがやりたい方
  • 自動売買(EA)ではなく裁量トレードがしたい方

その他にもロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)にはいろいろな特徴があるので、本記事で詳しく見ていきましょう。

無料で口座開設する
GEMFOREX公式サイト

関連:【GEMFOREXの評判・口コミ】危ない?怪しい?安全性を辛口で評価

ロースプレッド口座とガチゼロ口座の違い

ガチゼロ口座のリリースに伴い新規受付が停止していたノースプレッド口座ですが、2022年8月より「ロースプレッド口座」と名前を変えて新規受付が再開されました。

全銘柄0スプレッドの「GEMFOREXガチゼロ口座」は今の所招待制なので、今すぐ低スプレッド口座を使いたい方はロースプレッド口座の方をご利用ください。

なお、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)とガチゼロ口座の違いは次のとおりです。

ガチゼロ口座ロースプレッド口座
基本通貨USD/JPYUSD/JPY
スプレッド0pips
固定スプレッド
0.3pips~
変動スプレッド
初回入金額5,000円30万円
レバレッジ1000倍1000倍
通貨ペア14種類47種類
取引ツールMT4のみMT4/MT5
ボーナス××
EA××

ガチゼロ口座はその名のとおり全銘柄でスプレッドが0pipsですが、取引できるのはFX通貨ペア14種類のみです。

一方、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は銘柄数が充実しています。スプレッドは0ではないものの主要通貨0.3pipsと低く、さらに他の海外FX低スプレッド口座では往復1000円ほどかかる取引手数料が、なんとGEMFOREXなら無料です。

関連:GEMFOREXガチゼロ口座とは?0スプレッドの実態や招待条件

現在保有中のノースプレッド口座は名称が変わる

なお、以前開設したGEMFOREXノースプレッド口座をお持ちの方は、引き続きノースプレッド口座での取引が可能です。

スペックは変更ありませんが、口座の名称は「ロースプレッド口座」に変更となります。

ノースプレッド口座が休眠口座となり凍結されている方についても、休眠状態を解除することで再びノースプレッド口座を利用することができます。

関連:GEMFOREXの口座凍結解除方法と凍結される理由まとめ

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)とオールインワン口座の違い

GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)はスプレッドが狭い口座タイプだとお伝えしましたが、その他にもいくつかの特徴があります。

GEMFOREXの標準的な口座であるオールインワン口座と一覧表で比較してみましょう。

ロースプレッド口座オールインワン口座
最大レバレッジ1000倍
ロスカット水準証拠金維持率20%
スプレッド0.3pips1.2pips
ボーナス×
最低入金額30万円1000円~
自動売買(EA)×
取引ツールMT5MT4/MT5

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)はスプレッドが狭いというメリットがある一方で、「自動売買(EA)ができない」「ボーナスがない」「最低入金額30万円必要」などのデメリットがあります。

ただしスプレッドの狭さは海外FX随一でほとんど国内FXと変わらない水準ですので、裁量トレードでスキャルピングをやりたい方には特に向いている口座と言えるでしょう。

ここからは、GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のメリット

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のメリットは以下の3点です。

圧倒的に狭いスプレッド

やはり特筆すべきは圧倒的に狭いスプレッドです。代表的な海外FX会社3社と比較してみましょう。

↓スマホでご覧の方は横にスクロールできます。
海外FX業者USD/JPYEUR/USDGBP/USDEUR/JPY
GEMFOREX0.3 pips0.3 pips0.8 pips0.5 pips
AXIORY1.0 pips0.9 pips1.2 pips1.2 pips
XM1.1 pips1.1 pips1.3 pips1.6 pips
TitanFX1.0 pips0.9 pips1.3 pips1.4 pips

上記表を見れば分かる通り、GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)が最も狭いスプレッドを提供しています。

ツイッターでもGEMFOREXにはスプレッドの狭さを褒める声が多く見られました。

ネット上の評判を見ても、低スプレッドに定評があるようですね。

最大レバレッジが1000倍で取引手数料も無料

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)の最大レバレッジは1000倍です。

他の海外FXと比較してもかなり大きなレバレッジですね。

さらに取引手数料が無料である点も評価できるでしょう。

先ほど同様に最大レバレッジと取引手数料で比較してみました。

海外FX業者取引手数料レバレッジ
GEMFOREX無料1000倍
AXIORY6ドル400倍
XM10ドル1000倍
TitanFX7ドル500倍

各手数料は1ロットの往復取引あたりに負担する手数料になります。

手数料においてもGEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)が無料ですし、レバレッジも1000倍とかなりのハイレバレッジですね。

ちなみに当サイトにはGEMFOREXの1000倍のレバレッジやゼロカット、そして知っておくべきレバレッジ規制についても解説している記事がありますので気になる方は是非チェックしてみてください。

関連:GEMFOREXのレバレッジ条件を他社と比較!設定や制限のルール・計算方法とは?

スキャルピングが許可されている

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)では、スキャルピングが許可されています。

Q. スキャルピングは認めていますか?
ーはい、特に制限は設けてはおりません。

但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、メッセージ数を減らしていただくようお願い申し上げることがございます。

スキャルピングに制限がないので、安心して取引することができますね。

続いて、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のデメリットも確認していきましょう。

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のデメリット

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を利用する上で注意すべきデメリットは以下の5点です。

※各項目をクリックしますと該当見出しへジャンプできます

GEMFOREXの豪華なボーナスは対象外

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)はボーナスキャンペーンの対象外です。

公式サイトを見てもボーナスについての下に「ノースプレッド口座は対象外です」と書かれています。

gemforexボーナス

GEMFOREXでは口座開設でボーナス2万円キャンペーンや、入金額の100%ボーナスなど豪華なボーナスが用意されていますが利用できるのはオールインワン口座のみ。

GEMFOREXの大きな特徴であるボーナスが利用できないということは、ある程度の自己資金が必要になってしまうことを覚えておきましょう。

ちなみに当サイトにはそんなGEMFOREXの豪華なボーナス情報をまとめている記事もありますので宜しければどうぞ。

>>GEMFOREX(ゲムフォレックス)の最新ボーナス情報とお得な活用術はこちら

初回最低入金額は30万円から

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)では、最低入金額として30万円必要です。他の海外FX会社と比較すると、やや高めな入金額に設定されていますね。

海外FX業者最低入金額
GEMFOREX30万円
AXIORY2万円
XM1万円
TitanFX2万円

いきなり30万円は不安だという方はGEMFOREXオールインワン口座がおすすめです。オールインワン口座であれば最低入金額1000円から取引可能なので試すのにはちょうど良いでしょう。

対応ツールはMT4のみで自動売買(EA)は不可

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)の取引ツールはMT4のみです。MT5は利用できません。

また、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)では自動売買(EA)も対応していません。

以下で、海外FX業者の取引ツールと自動売買(EA)の可否を一覧表にしました。

海外FX業者取引ツール自動売買
GEMFOREXMT4×
AXIORYMT4/cTrader
XMMT4/MT5
TitanFXMT4/MT5

自動売買(EA)をするのであればGEMFOREXのオールインワン口座にするか、他社を利用するのがおすすめです。

往復10Lot以上の取引は事前連絡が必要

GEMFOREXでは、5分以内で往復10lot以上の取引をする場合に運営への事前連絡が必要です。

ノースプレッド口座について

……また、ノースプレッド口座でのスキャルピングのルールとして、短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続したお取引を頂く可能性がある方は事前にご連絡を頂き、弊社よりカバー先に許可を取らせて頂く必要がございます。〔中略〕

大きなポジションで取引を行う際にはGEMFOREXサポートへの連絡をしておきましょう。

CFD銘柄は取引できない

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)では、原油や天然ガスなどのエネルギー取引や、日経平均やダウ平均などの株価指数取引などのCFD取引は利用できません。

FX通貨ペアは58種類です。2022年8月29日に14通貨ペアが追加され、FXはかなり銘柄が充実してきました。

GEMFOREXロースプレッド口座のスプレッド一覧

口座開設方法

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)の開設方法は、以下のとおりです。

  1. GEMFOREX口座開設フォームを開く
  2. 口座タイプは日本円(ロースプレッド)を選択
  3. マイページにログインする

新規口座開設の方には、1万円~2万円の口座開設ボーナスがもらえるオールインワン口座を先に開設するのがおすすめです。

関連:GEMFOREX(ゲムフォレックス)のオールインワン口座徹底解説。レバレッジと全銘柄のスプレッドは?

①GEMFOREX口座開設フォームを開く

まずは、GEMFOREXの口座開設フォームを開きます。

②口座タイプは日本円(ロースプレッド)を選択

口座タイプは「日本円口座(ロースプレッド)」を選択します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)

 
あとは項目を順に入力し、口座開設します。

③マイページにログインする

GEMFOREXから口座開設完了のお知らせが届けば、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)開設は完了です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)開設完了

 

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)開設後は、本人確認を行いましょう。こちらの記事で詳細を解説しています。

関連:GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口座開設方法

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)まとめ

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)について見てきました。最後に総括しておきましょう。

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)向きの人
  • 30万円の初回入金ができる方
  • 少額でハイレバスキャルがやりたい方
  • 自動売買(EA)ではなく裁量トレードがしたい方
ロースプレッド口座には向かない人
  • 30万円以下の少額でトレードしたい人
  • ボーナスを受け取ってトレードしたい人
  • 自動売買(EA)を行いたい方

30万円以上の資金がありボーナスに頼らずに済む方は、ぜひGEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を利用してみてください。

スプレッドの狭さを求める方も一度試してみると良いでしょう。

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位