海外FXのスワップポイントを徹底比較!両建てOKの業者やトルコリラ取引におすすめの業者も紹介!

海外FX業者をスワップポイントで比較!おすすめの海外FX業者3社を紹介

スワップポイントとは通貨ペアの金利差を埋めるために発生する収益のことです。

ポジションを保有しているだけで利益が生まれるため、スワップポイントによる利益を目当てに取引するトレーダーも多数存在します。

そんなスワップポイントですが、業者によってスワップポイントの大小は異なるため、より利益を大きくするためには業者の選別は必須です。

高金利通貨のトルコリラでも業者によって大きく設定が異なるなど、スワップポイント狙いのトレーダーはもちろん、短期売買がメインのトレーダーもスワップポイントが良い業者/悪い業者を知っておいて損はないでしょう。

この記事では海外FX業者ごとのスワップポイントを比較し、スワップポイントで利益を狙うのにおすすめな海外FX業者を紹介していきます。

スワップポイントが優れている海外FX業者を探している方は、ぜひ業者選びの参考としてみてくださいね。

スワップポイントとは?

まず最初に「スワップポイント」のおさらいをしておきましょう。

冒頭でもお伝えしましたが、スワップポイントとは通貨ペアの金利差を埋めるために発生する収益のことです。

スワップ(swap)は英語で「交換」という意味を持ちますが、FX取引で使われるスワップポイントとは、2つの取引通貨ペア間で発生する金利の交換のことを指します。

具体的に、この「金利」とは通貨を管轄している国や地域ごとに決められている「政策金利」のことです。

FXの為替取引では、金利の異なる2国間の通貨をトレードすることになりますが、さまざまな経済的要因により各通貨の金利は異なります。

その金利差を埋めるための調整として設けられているのがスワップポイントということです。

スワップポイントを狙ったトレードといえば「メキシコペソ」や「トルコリラ」、「南アフリカランド」といった高金利通貨を保有し続ける方法が一般的ですよね。

海外FXでもメキシコペソやトルコリラなどの高金利通貨の取引をしたいという方も多いでしょう。

ですが、スワップポイントは単純に通貨間の金利差だけが反映されているわけではなく、FX業者によってそれぞれ設定が異なりますので注意が必要です。

スワップポイント狙いのトレードをする場合は、各業者のスワップポイントの設定なども事前に確認しておくことが重要といえます。

スワップポイント付与までの流れ

スワップポイントがどんなものか理解出来たら、次に付与される流れやタイミングもおさえておきましょう。

FX為替取引では保有しているポジションを決済せずに翌日まで持ち越すことを「ロールオーバー」と言います。

ロールオーバーはニューヨーク市場のクローズのタイミング(日本時間午前7:00、夏時間適用時午前6:00)で行われますが、この時に未決済のポジションを保有していた場合スワップポイントが加算されるという仕組みです。

また、ほとんどのFX業者ではニューヨーク時間毎週水曜日(日本時間木曜日の朝)に週末の土曜、日曜分のスワップポイントと合わせて3日分が付与されます。

週末分のスワップポイント判定は水曜日に行われるので、実際に週末を超えてポジションを保有していたとしても、水曜日のNYクローズ時に保有していないと週末分のスワップポイントは付与されませんので注意が必要です。

ちなみに、国内FXではゴールデンウィークや年末年始の直前に大型連休分のスワップポイントがまとめて付与されますが海外FXでも同様ですので、大型連休前は高金利通貨のポジションを持つのもアリといえますね。
 

ここまでがスワップポイントのおさらいです。

次に各通貨ペアのスワップポイントの元となる、各国の政策金利を確認していきましょう。

各国の政策金利を比較

ここでは主要国を含む世界各国の政策金利を確認していきます。

表にまとめましたので、一緒に確認していきましょう。

国(通貨) 政策金利(%)
日本(円) -0.10
米国(ドル) 0.25
EU(ユーロ) 0.00
英国(ポンド) 0.10
中国(人民元) 4.35
オーストラリア(豪ドル) 0.10
ニュージーランド(NZドル) 0.75
南アフリカ(ランド) 3.75
トルコ(リラ) 15.00
メキシコ(ペソ) 5.00
※2021年10月確認時点

 
上記表でも確認できるように、一般的には、トルコリラや南アフリカランドなどの高金利通貨を狙うのがスワップポイントを利用して利益を狙っていくコツになってきます。

しかし、高金利通貨の取引には様々な注意点があるので、ただ買えばいいというものではありません。

次からはその注意点も解説していきますので、事前に注意点を確認してリスクを最小限に抑えて取引するようにしましょう。

スワップポイントの注意点

ここではFXのスワップポイントについて事前に知っておくべき注意点を紹介していきます。

1つずつ注意点を詳しく解説していきますので、一緒に確認していきましょう。

ここで紹介する注意点は以下の通り。

スワップポイントの注意点
  • 高金利通貨の取引はリスクが高い
  • スワップポイントは変動制
  • マイナススワップポイントの通貨ペアが多い
  • 為替損益で一喜一憂しない

それでは順番に見ていきましょう。

高金利通貨の取引はリスクが高い

トルコリラやメキシコペソなどは高金利通貨または新興国通貨とも呼ばれ、高いスワップポイントが魅力です。

これらの通貨は今後の成長余力がある国の通貨ではありますが、政治的・軍事的な緊張の高まりによって経済の先行きが不透明になりやすい通貨でもあります。

トルコであればシリアなどの中東に近く、難民や軍事的な問題が懸念点であり、メキシコはトランプ大統領時代に国境付近に壁を建設することを巡ってアメリカとの関係が悪化しました。

スワップポイント目当てで高金利通貨での取引を行なっている場合、金融政策の変更など政治・経済の動きによく注意を払っておく必要があります。

もしも外交的に緊張の高まるニュースが出た場合は、潔くポジションを決済するのが賢明です。

スワップポイントの高さだけにとらわれず、急な為替変動による取引リスクは理解しておく必要がありますね。

スワップポイントは変動制

海外FXではスワップポイントは常に固定されているわけではなく変動します。

為替変動によって通貨の金利が大きく変わることがありますが、その場合には金利差が逆転して今まではプラススワップだったものが、マイナスとなるケースもあるので注意しましょう。

また、海外FX業者がスワップポイントの設定を変更すれば金利自体に変動がなくても、スワップポイントは変動します。

「先月は業者Aのスワップポイントが最高値だったが、今月は業者Bの方がスワップポイントが高い」というケースもあり得ますので、こまめにスワップポイントを確認するのが利益を増やすコツといえるでしょう。

マイナススワップポイントの通貨ペアが多い

国内FX業者ではプラスのスワップポイントになる通貨ペアも、海外FX業者ではマイナスのスワップポイントになっている場合が多々あります。

海外FXのスワップポイントは原則変動制となっており国内FXのようにスワップ固定のオプションはないため、国内FXと同じ感覚でスワップ狙いの取引をするのは危険です。

そのため、国内FXで取引していた通貨ペアを海外FXで取引する際は、あらためてスワップポイントを確認するようにしましょう。

また、海外業者の中でも業者Aではプラススワップに設定されていたとしても、別の業者Bでは同じ銘柄にもかかわらずマイナススワップに設定されている場合もあります。

プラスになるスワップポイントは業者、通貨ペアでも数が限られてくるため、業者選びの判断に悩むことは少ないかもしれません。

為替損益で一喜一憂しない

スワップポイントを狙ったトレードを行う場合、長い目で運用するように意識しましょう。

多少の為替損益で一喜一憂しポジション決済を繰り返していてはスワップポイント狙いの取引としては意味がありません。

多少の含み損、含み益を気にせず長期的な運用を心がける必要があります。

ただし、突然大きな金利変動のリスクがあるのは事実ですので、経済情報を見極めて決済のタイミングを間違わないようにしましょう。

ポジジョンを保有し続けることでマイナスになっては元も子もありませんので、ポジションをほったらかしのままにしていいわけではありません。

 

以上がスワップポイントに関する取引の際の注意点でした。

ただポジションを持って放置しておくだけでは利益は生まれませんので、必ず注意点を踏まえたうえで取引するようにしましょう。

それでは次に、各海外FX業者のスワップポイントを比較していきます。

海外FX業者のスワップポイントを比較

ここでは主要な海外FX業者のスワップポイントを比較表としてまとめてみました。

海外FX業者の場合、スワップポイントは変動制となっているため、実際の取引前には最新の情報をMT4や公式サイトで確認することをおすすめします。

⇦ ⇨ スマホでご覧の方は横にスクロールできます。
GEMFOREX XM AXIORY TITAN FX IS6FX iFOREX FBS HotForex
USD/JPY 買い 0.21 -2.3 -3.773 -2.7 0.53 -18円 -1.11 -1
売り 0.28 -3.6 -2.353 -3.47 -3.46 -45円 -6.01 -8.6
EUR/USD 買い -4.19 -5.04 -4.367 -3.34 -4.2 -93円 -6.69 -9.5
売り -0.42 -1.14 -0.177 -1.23 1.28 -42円 0.24 -0.5
GBP/USD 買い -2.83 -3.82 -4.177 -3.31 -3.73 -50円 -8.44 -6.6
売り -2.28 -3.52 -4.097 -4.97 -2.65 -35円 0.96 -1.9
AUD/USD 買い -2.10 -2.18 -3.484 -2.14 0.22 -42円 0.26 -2
売り -1.50 -1.78 -2.34 -3.69 -5.73 -42円 -3.56 -1
USD/TRY 買い -618.57 -724.16 -575.47 -520.46 -110.16 -994円 -42.2 -400
売り 128.67 63.34 497.863 298.62 49.06 139円 1 0
USD/ZAR 買い -8.72 -335.60 -344.67 -320.16 -144.18 -342円 -19.15 -400
売り 1.14 92.40 71.73 132.17 33.11 -28円 9.87 80
USD/MXN 買い -466.45 -598.47 -417.47 -60.33 -229.58 -340円 -22.7 -500
売り 87.39 271.53 251.99 28.15 54.29 63円 10.5 130
EUR/TRY 買い -842.65 -802.523 -605.43 -1,121円 -45
売り 95.15 211.05 345.13 156円 1.5
EUR/ZAR 買い -465.48 -411.27 -374.417 -385.17 -411.08 -237円 -480
売り 107.51 136.73 219.583 156.11 186.47 120円 150
※iFOREXはオーバーナイト金利から円換算を記載

 
一覧で見てわかるように、同じ通貨ペアであってもFX業者によってはスワップポイントが大きく異なっています。

スワップポイント狙いの取引ですと、金利が高いメキシコペソやトルコリラで運用するのが一般的です。

しかし、GEMFOREXのドル円のように「買い」も「売り」もスワップポイントで利益が狙える通貨ペアもありますので各業者ごとにチェックが必要ですね。

  • 1年間360日計算
  • 円評価レートはロールオーバー時のレート(ドルの取引の場合はドル円レート、豪ドルの取引の場合は豪ドル円レートが円評価レートになる)
  • 小数点以下は切り捨て

両建てOKの海外FX業者は?

スワップポイント狙いの取引では、アービトラージを活用することで極力リスクを抑えたうえで収益を上げることができます。

アービトラージは「サヤ取り」「裁定取引」とも呼ばれ、買いと売りのポジジョンを同時に持つ両建て取引を行うことで含み益・含み損を固定させて、ロスカットを防ぎつつポジションを継続させる手法です。

安定して利益を得るためにアービトラージは非常に有効な手段となっていますが、アービトラージを認めていない業者もありますので注意しましょう。

以下の表で海外FX業者ごとの両建て可否についてまとめていますのでご覧ください。

口座内両建て 口座間両建て 業者間両建て
GEMFOREX × ×
XM × ×
AXIORY
TITAN FX
IS6FX × ×
iFOREX × ×
FBS
HotForex × ×
△=ゼロカットを目的とした利益狙いはNG

 
同一口座内でのアービトラージ以外はほとんどの海外FX業者で認められていないのがわかりますね。

また、ゼロカットを意図的に狙った両建ても認められていない海外FX業者がほとんどですので、あわせて覚えておきましょう。

スワップポイントで選ぶおすすめ海外FX業者

ここからはスワップポイントで選ぶ、おすすめの海外FX業者を3つ紹介していきます。

ここで紹介する業者は以下のとおりです。

スワップポイントで選ぶおすすめ海外FX業者
  • GEMFOREX
  • TITAN FX
  • iFOREX

それではひとつずつ確認していきましょう。

GEMFOREX

スワップポイント狙いの取引にはgemforexがおすすめ

 
スワップポイント狙いの取引でまず一番におすすめする海外FX業者が「GEMFOREX」です。

なんといってUSD/JPYでロング、ショートどちらを保有してもプラススワップというのが最大の魅力でしょう。

GEMFOREXは口座内での両建てを認めているため、両建てのポジションを保有し続ける限り、スワップポイントによる利益を出し続けることができます。

ただ両ポジション共にプラススワップは低く、あわせて受け取っても大きなスワップポイントが入るわけではありません。

ロット数を大きくすることでスワップポイントの額も大きくなりますが、GEMFOREXでスワップ狙いの取引をするのであれば、比較的小さい額でコツコツ利益を重ねたい人に向いているといえます。

そして、もう一つ大きなメリットをあげるとすれば、GEMFOREXは定期的に豪華なボーナスキャンペーンを開催していることです。

海外FX業界で最高値の口座開設ボーナスに加え、豪華な入金ボーナスも開催していますのでスワップポイント狙いのトレーダーも、そうでないトレーダーにもおすすめの海外FX業者となっています。

\\口座開設だけで3万円もらえる//

無料で口座開設する
GEMFOREX公式サイト

TitanFX

スワップポイント狙いの取引にはTitanFXがおすすめ

 
スキャルピングをするトレーダーに人気なTitanFXですが、スワップポイントが高めに設定されている通貨ペアが多いのも魅力のひとつといえるでしょう。

トルコリラや南アフリカランド等のエキゾチック通貨が絡む通貨ペアのスワップポイントは、他社と比べると大きめに設定されています。

特にトルコリラのスワップポイントが高めに設定されているため、積極的にスワップポイントの利益を狙いたいという人には特におすすめな業者です。

また、TitanFXではゼロカット目的を除けば他業者との口座間両建て(アービトラージ)を認めていますので、逆ポジジョンの取り方によっては為替変動をほとんど気にすることなくスワップポイントの利益を取ることも可能です。

中級者以上のトレード手法となるかもしれませんが、スワップポイント狙いのトレーダーにはおすすめの口座のひとつといえます。

無料で口座開設する
(TitanFX公式サイト)

iFOREX

スワップポイント狙いの取引にはiFOREXがおすすめ

 
iForexではトルコリラや南アフリカランド絡みのエキゾチック通貨のスワップポイントが高めに設定されています。

iFOREXの大きな特徴として、証拠金維持率が0%になるまで取引が可能となっており、資金が尽きるギリギリまでポジションを保有し続けることが可能です。

ギリギリまでポジジョンを保有出来れば、それだけでスワップポイント狙いのトレードは有利といえるでしょう。

さらにiForexでは、ポジションを1つでも保有していることで口座残高に対して年利3%の利息が毎月付与されるという珍しいボーナス制度もあります。

スワップポイント狙いでポジションを保有することで、さらにプラスの利益獲得も狙える点はとても魅力的です。

メリットが多いためスワップポイント狙いでトレードする場合、「iForex」はかなりオススメの業者と言えるでしょう。

無料で口座開設する
(iFOREX公式サイト)

よくある質問

ここではスワップポイントを狙ったトレードについての、よくある質問を簡単にまとめてみました。

スワップポイントについてのよくある質問
  • スワップポイントだけ出金可能な業者はありますか?
  • 業者ごとのスワップカレンダーを確認したい
  • どうやって海外FX業者のスワップポイントを確認すればいい?

それではひとつずつ詳しく確認していきましょう。

スワップポイントだけ出金可能な業者はありますか?

スワップポイントだけ出金可能な海外FX業者はありません。

ポジションを保有しているだけでプラススワップは利益として計上されていきますが、このポイントを口座残高として反映させるために、そのポジションの決済が必要です。

決済したタイミングで為替取引の損益とスワップポイントの損益が確定します。

確定後にプラスとなった資金を出金することは可能ですが、ポジジョン保有中にスワップポイントだけを出金することは不可能です。

国内のFX業者では一部、スワップポイントのみ出金できる業者がありますが、基本的に海外FX業者は先にクローズする必要がある事を覚えておきましょう。

業者ごとのスワップカレンダーを確認したい

海外FX業者のスワップカレンダーは確認することができません。

国内FX業者であれば、スワップ固定のオプションもありますが、海外業者では通貨の金利が変動制のため定まっていません。

そのため、海外業者では固定するオプションもないためカレンダーの存在もありません。

どうやって海外FX業者のスワップポイントを確認すればいい?

基本的にMT4やMT5で確認する必要があります。

海外FX業者によってスワップポイントは変動しているため、取引する前には実際に確認しておきたいところです。

PCの場合は気配値を表示した状態で確認したい通貨上で「右クリック」→「仕様」を選択すると紹介を見ることが出来ます。

PCでのスワップポイント確認手順①

 
「仕様」をクリックすると以下のようにスワップポイントを確認することが可能です。

PCでのスワップポイント確認手順②

 

スマホの場合も気配値から「詳細」を確認することでスワップポイントを見ることが出来ます。

スマホでのスワップポイント確認手順①

 
こちらもPCの場合と同様にスワップポイントを確認することが可能です。

スマホでのスワップポイント確認手順②

業者に関わらず、MT4やMT5であれば共通して同じ手順で確認することができます。

また海外FX業者によってはHPでも確認出来るので一度各業者の公式HPを確認してみると良いでしょう。

まとめ

今回はスワップポイントの概要、注意点やおすすめの海外FX業者について紹介しました。

スワップポイントを狙った取引はギャンブルとは程遠く、堅実に利益をためていく手法といってもよいでしょう。

今回の記事でも解説してきましたが、海外FX業者によっては禁止されたルールもありますので、リスクや注意点はしっかり理解しておく必要はあります。

ボーナスをうまく活用したり、両建てによるアービトラージなどでリスクを回避しつつスワップ金利での収益を増加させるチャンスは大いにありますので、試してみて損はないでしょう。

海外FX業者は多数ありますので、今回の記事であなたにあった業者・通貨ペア選びに参考になれば幸いです。

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位