HotForex(ホットフォレックス)の口座開設手順を徹底解説!口座タイプはどれがおすすめ?

HotForexは、2010年に設立された海外FX業者です。HotForexの母体となるHF Markets Groupは、世界各国で合計7つの金融ライセンスを取得しているほか、FX関連の受賞歴も多く、強い組織力を持っているブローカーですね。

ユーザーレビューや資金管理の質の高さ、そして低スプレッドなどの取引環境の良さから、HotForexで取引してみたいと思う方も多いでしょう。HotForexでの口座開設は、それほど難しくはありません。各手順の所要時間は、だいたい以下の通りです。

HotForexの口座開設所要時間
  • 口座開設フォームの入力:1分
  • プロフィールの入力:3分
  • 本人確認書類の送付:5分

今回は実際のスクリーンショットも交えながら、HotForexでの口座開設手順と注意点を解説します。さらに、口座開設だけではなく、MT4の導入などの実際に取引を始めるために必要な準備についても解説していますので、是非ご覧ください。

HotForexの口座開設手順


HotForexでの口座開設の流れを、あらかじめ確認しましょう。

  • 口座開設フォームの入力
  • メール認証
  • プロフィールの入力
  • 本人確認書類の提出と承認
  • 口座タイプの選択とMT4ログイン情報の取得

HotForexでは、本人確認までのすべての口座開設手続きを完了した後で口座タイプを選択し、MT4でのログイン情報を入手する流れになります。

それでは早速、各項目について順番に見ていきましょう。

口座開設フォームの入力

HotForexで口座開設をするには、HotForex公式サイトにある「ライブ口座開設」をクリック/タップします。

次のページは各項目の入力画面です。

口座は「個人/法人/共同名義」の3通りの開設方法があり、それぞれで手順が若干異なります。今回は個人名義の口座開設手順を確認したいと思います。

入力項目と入力内容は以下の通りです。

  • 居住国
    Japanが選択されているので、基本的には変更不要です。
  • 電話番号
    固定電話、携帯電話ともに登録可能。登録の際は最初の「0」を抜いて入力します。
  • 名前
    口座開設者の下のお名前を、ローマ字で入力します。お名前は、のちに提出する身分証明書類や、入金にクレジットカードを使用する場合はその名義と同じである必要があります。

  • 口座開設者の苗字を、ローマ字で入力します。
  • Eメールアドレス
    HotForexから口座情報やお知らせなどが届きますので、間違いのないよう入力します。
  • 生年月日
    日/月/年の順にプルダウンメニューから選択します。

「プライバシーポリシーを読み承認します。」にチェックを入れると、不正な口座開設を防止するために簡単な問題が出されますので回答します。

すべてを入力し、「登録」をクリック/タップします。

登録が終わると、「登録成功」の画面が表示されます。

以上が、口座開設フォームへの入力手順です。

続いて、メール認証の手順を確認しましょう。

メール認証

口座開設フォームへの入力が完了すると、登録メールアドレス宛にHotForexから「HotForex 登録有効化に関して」と言う件名のメールが届きます。

メール内にある「口座有効」をクリック/タップして、メール認証をします。認証が完了すると、以下のような完了画面が表示され、自動的にプロフィールの入力画面へ移ります。

同時に「HotForexへようこそ- myHF 口座ログイン情報」と言う件名のメールも届きます。

メール認証が完了することで、「myHF口座ID」と「myHFパスワード」が発行され、HotForexの会員ページ(myHFクライアントエリア)へログインができるようになります。

ここで発行されるmyHF口座IDとmyHFパスワードは、MT4へのログインIDやパスワードとは異なりますのでご注意ください。

続いて、プロフィールの入力について見ていきましょう。

プロフィールの入力

メール認証が完了すると、自動的にプロフィールの入力画面に切り替わります。入力画面は以下のようになっています。

入力項目と入力内容は以下の通りです。

  • 出生国
    プルダウンメニューから選択します。
  • 敬称
    プルダウンメニューから選択します。
  • 住所1
    住所の入力は英語表記で、部屋番号、番地、町名などの順に英字表記で入力します。
    例)芝公園4丁目2−8 → 4-2-8 Shibakoen
  • 住所2
    必要がある場合に任意で入力します。
  • 市町区村
    英字表記で入力します。
    例)港区 → Minato-Ku
  • 都道府県
    英字表記で入力します。
    例)東京都 → Tokyo
  • 郵便番号
    半角数字で入力します。
    例)〒105-0011 → 105-0011
  • Communication Preferences
    HotForexからのニュースやキャンペーン情報の受け取り方法を、メールとSMSから選択します。
  • myHF お財布基準通貨
    入出金に使う口座通貨を選択します。USDかEURの2択になり、日本円は使用できません。

すべてを入力したら「保存そして続行」をクリック/タップします。

次のページは、いつくかの質問に答えるページになります。質問内容は、投資家情報や取引経験などです。

ご自身に該当するものとして近いものを、正直に答えましょう。

すべての質問に答えたら、「保存して続行」をクリック/タップし、プロフィールの入力は基本的に完了です。

次は「myHF お財布口座へ入金」の画面へ切り替わり、口座への入金を促されます。

しかし、本人確認書類をアップロードしすべての手続きが承認されるまでは、入金額の上限が1,000ドルまでと制限されており、口座からの出金もできません。

したがって、この画面では入金をせずに、本人確認書類の提出を優先させたいと思います。

もし、ここまでのプロフィールの入力手続きを中断した場合は、会員ページからプロフィールの入力を再開できます。

myHFエリアのトップページに「MY通知」と言う項目があり、その中の口座タブを開くと「あともう少しで口座設定が完了し、Hotforexで取引を開始できます。」と言うメッセージが表示されます。

この中の「click here」をクリック/タップすることで、プロフィールの入力画面を開くことができます。

本人確認書類の提出

完全な口座開設の最後の手順は、本人確認書類の提出です。本人確認を完了することで、取引口座の開設や入出金やボーナスの受け取りなど、口座の機能をすべて使えるようになります。

本人確認書類を提出するには、会員ページへログインした上で、PCの場合は上部にあるメニュー、スマホなどの場合は右上にある「三」のようなマークをタップして開けるメニューの中にある「マイアカウント」から、「書類アップロード」を選択します。

HotForexの本人確認では、「身分証明(PLE)」と「住所証明(POA)」の2つがあり、それぞれで必要書類が異なります。順番に見ていきましょう。

身分証明(PLE)で有効な書類

身分証明書類のアップロード画面は、以下のようになっています。

身分証明書類としては、以下の書類が有効です。

  • パスポート本人写真付きページ
  • マイナンバーカード(表裏面ともに)
  • 運転免許証(表裏面ともに)

いずれも、有効期限内である必要があります。書類はスマホなどで明るく鮮明に撮影し、アップロードできる画像データにします。

「ファイルを選択」からデータを選び、「アップロード」からアップロードします。

住所証明(POA)で有効な書類

住所証明書類のアップロード画面は、以下のようになっています。

住所証明書類としては、以下の書類が有効です。

  • 公共料金、または電話会社の利用明細書
  • ご利用明細書、またはクレジットカードの利用明細書
  • 住民票や、公的機関から送付された書類

いずれも、6ヶ月以内に発行された書類である必要があります。登録者の住所氏名、そして発行者と発行日がわかるようにスマホなどで撮影します。

「ファイルを選択」から書類データを選び、「アップロード」からアップロードします。

証明書類による本人確認では、1営業日程度必要になります。

もし、HotForexの会員ページから書類データをアップロードできない場合は、メールに添付して送ることも可能です。その際は、MyHotForex口座IDを書き添えた上で、カスタマーサポートまで送信してください。

口座タイプの選択とMT4ログイン情報の取得

証明書類による本人確認が完了すると、以下のような「myHF 口座承認完了」と言う件名のメールが届き、主要な口座開設手続きはすべて完了となります。

myHF口座の開設が完了すると、次は取引する口座タイプを選択する段階に移ります。

口座タイプを選択するには、会員ページ内のメニューから「マイアカウント」→「取引口座開設」と進みましょう。

HotForexでは選択できる口座タイプがたくさんありますが、取引口座開設の画面で選択できる口座タイプは以下の4つです。

  • マイクロ口座
  • プレミアム口座
  • ゼロスプレッド口座
  • 自動(AUTO)口座

上記に加えて、メニューの中の「HFコピー」から「HFCOPY口座」も開設可能です。

今回は、最もボーナスの選択範囲が広く、スタンダードな口座タイプである、「プレミアム口座」の開設方法を例に見ていきましょう。

取引口座開設の画面は以下のようになっています。

選択項目と内容についてご説明します。

  • 取引ツールの選択
    MT4とMT5から選べます。ただし、MT5はボーナス利用ができないので、ボーナスをもらいたい場合はMT4を選択しましょう。
  • 取引口座タイプ
    「マイクロ/プレミアム/自動/ゼロスプレッド」の4つタブから口座タイプを選択します。選択によって設定する項目が変わります。
  • レバレッジ
    レバレッジは口座タイプにより異なり、プレミアム口座では最大500倍(1:500)です。資金効率をよくするために、最大倍率のレバレッジを選びましょう。
  • 口座通貨
    マイクロ口座とプレミアム口座を選択すると、ボーナスの選択項目が追加されます。受け取るボーナスを選択した場合は、内容を確認の上チェックボックスにチェックを入れます。
  • IB ID
    空欄で構いません。

必要項目を入力したら、「口座を開設する」をクリック/タップします。

口座開設が完了すると、以下のような開設完了画面に切り替わり、MT4からHotForexの取引口座へログインするために必要なIDやパスワードが表示されます。

同じ内容は、登録メールアドレス宛にも送られてきます。

ここに記載されている口座番号が、MT4でのログインIDです。また、パスワードはいくつかの種類が記載されていますが、通常の取引で必要なものは「トレーダーのパスワード」になります。

取引サーバー名などと合わせてMT4でのログインに必要な情報になりますので、無くさないように保管してください。

HotForexでは、特徴の違う複数の口座タイプを提供してます。今回はプレミアム口座の開設手順を見てみましたが、主要な5つの口座タイプについて、改めてご紹介したいと思います。口座開設の際には参考にしてみてください。

口座タイプ マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座 自動(AUTO)口座 HFCOPY口座
最大レバレッジ 1000倍 500倍 500倍 500倍 400倍
最小取引ロット 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
ポジションごとの最大ロット 7ロット(最大合計取引量) 60ロット 60ロット 60ロット 60ロット
ドル円の参考スプレッド 1.7pips 1.7pips 0.3pips 1.7pips 1.7pips
取引手数料 なし なし 往復6~8ドル なし なし
ボーナス 有り 有り なし なし なし
最低入金額 5ドル 100ドル 200ドル 200ドル 100ドル
口座の簡単な説明
  • マイクロ口座
    最低5ドルの入金から取引可能なビギナー向け口座タイプ。裁量トレード、システムトレードともに可能。
  • プレミアム口座
    すべてのボーナスが利用可能で、取引ロット数の範囲も広いスタンダードな口座タイプ。裁量トレード、システムトレードともに可能。
  • ゼロスプレッド口座
    低スプレッドに特化したハイスペックな口座タイプ。裁量トレード、システムトレードともに可能で、特にスキャルピングと相性が良い。
  • 自動口座
    MQL5コミュニティからシグナルを受け取り、トレードをコピーできる口座タイプ。
  • HF COPY口座
    HotForexにて公開されているストラテジーをコピーし、トレードできる口座タイプ。

口座開設後から取引までの流れ


取引口座タイプの開設が完了したら、次は実際に取引を行うための準備です。HotForexの取引ツールであるMT4をインストールし、そして取引口座へログインする手順をご説明したいと思います。

HotForexではMT5にも対応していますが、ボーナスを取得できるのはMT4を利用した場合に限りますので、基本的にはMT4を利用した方が良いでしょう。

MT4をインストール

MT4には大きく分けて、PC(Windows)版とiOSやAndroidなどのモバイル端末向けの2種類があります。その他、インストール不要のブラウザ版もありますね。

MT4をインストールする場合、PC版ではHotForex公式サイトの上部メニューから「プラットフォーム」→「MT4 デスクトップ」と進み、以下のようなダウンロードページを開きます。ページ中央部にある「Windowsにダウンロード」などのボタンをクリックして、ダウンロードとインストールを進めます。(MT4をインストールするとMQL5のユーザー登録ページが開かれますが、無視して構いません)

iOSやAndroidなどのモバイル端末にインストールする場合は、App StoreやGoogle Playなどで「mt4」と検索し、検索結果からインストールします。

MT4またはMT5はFXなどの取引専用ツールですが、アプリのダウンロードやインストールは難しくなく、一般的なアプリと同じように、画面の指示に従ってインストールを完了できます。

補足として、PC版MT4はWindows向けのアプリですが、HotForexでは、MacやLinuxにインストールできるようにされたMT4のダウンロードリンクも掲載しています。ただし、OSのバージョンが新しい場合などは利用できないこともありますので、ご注意ください。MacやLinuxでMT4が使えない場合は、ブラウザ版MT4の利用を検討しても良いかもしれません。

MT4にログイン

MT4から取引口座へのログイン方法は、PC版とモバイル版で手順が異なります。それぞれの方法を、順に見ていきましょう。

PC版MT4へのログイン手順

まずは、PC版MT4からHotForexの取引口座へログインする手順です。

HotForexの公式サイトからMT4をダウンロードしインストールすると、自動的にMT4が立ち上がり以下のようなサーバー選択の画面が開かれます。

この画面からでもログインは可能ですが、閉じてしまった場合を想定して、メニューからログインする手順を解説したいと思います。

MT4から取引口座へログインするには、上部メニューの「ファイル」→「取引口座にログイン」と進みます。

ログイン情報を入力するウィンドウが開きますので、口座タイプの選択が完了した後に表示されたログインIDとパスワードを入力し、取引サーバー名をプルダウンメニューから選択します。

HotForex公式サイトからダウンロードしたMT4の場合、HotForexの取引サーバーがあらかじめ登録されているので、初心者の方には分かりやすいでしょう。

ログイン情報を入力したら、最後に「ログイン」をクリックします。

ログインが成功すると、右下に通信量が表示されます。

ログインできなかった場合は、「回線不通」や「無効な口座」などのメッセージが表示されます。

ログインに失敗した場合は、ログイン情報をもう一度お確かめの上、ログインを試してみてください。特に取引サーバーは、HotForexの取引サーバーならどこでも良いと言うわけではなく、メール等に記載のサーバー名を正確に選択する必要がありますのでご注意ください。

モバイル版MT4へのログイン手順

続いて、iOSやAndroidなどのモバイル端末のMT4から、HotForexの取引口座へログインする手順です。

モバイル版MT4からHotForexの取引口座へログインするには、アプリを開いた時に左上にある「三」のようなマークをタップし、メニューを表示します。

メニュー上部に「既存のアカウントにログイン またはデモアカウントを開設」と言う項目があるので、「開始する」をタップしましょう。

アカウントの追加画面が表示されますので、右上の「+」をタップします。

「新しい口座」の画面が表示されたら、「既存のアカウントにログイン」をタップします。

「口座にログイン」の画面が表示されたら、「証券会社を検索」と表示された検索ボックスに「hfmarkets」などを入力します。

HotForexの取引サーバーは世界中にたくさんあり、検索結果にもかなりの数が表示されますが、メールなどに記載の取引サーバー名と同じものを選択してください。

サーバー名を選択すると、ログインIDとパスワードの入力画面に移ります。

メール等に記載のログイン情報を正確に入力し、最後に「ログイン」をタップします。

ログインが成功すると、登録した口座一覧にHotForexの取引口座が追加されます。

ログインに失敗すると、自動的にログインIDとパスワードの入力画面に戻されますので、情報に誤りがないかをお確かめの上、再度ログインしてください。

HotForex口座開設まとめ


HotForexでの口座開設が完了し、MT4のインストールができたら、取引を開始できる準備が整ったことになります。本格的な取引開始のためには、口座への入金が必要ですね。ここでは入金だけではなく、口座からの出金方法と合わせて確認したいと思います。

まずは入金!

HotForexでは、VISAやJCBのクレジット/デビットカード、Bitwallet、そして各種仮想通貨を利用した入金に対応しています。

HotForexの入金は、取引口座へ直接入金するのではなく、アカウント内の「myHFお財布口座(myWallet口座)」へ一旦入金してから、実際に取引する口座へ資金を移動すると言う流れになります。

具体的な入金手順については、こちらで詳しく解説しています。

HOTForexの入金方法や反映時間を写真付きでわかりやすく徹底解説欧州で評判の良いHotForexの入金手段とは? 欧州で高い評価を得ているHotForex。日本国内でもその評判を上げつつあります...

利益が出たら出金!

取引によって利益が出たら、出金をして利益を確定させたいですね。HotForexでは、入金に使用したクレジット/デビットカード、海外銀行送金、Bitwallet、VLoad、そして各種仮想通貨を利用した出金に対応しています。

クレジット/デビットカードによる出金の場合は、入金額以上の出金は行えません。入金額以上の出金では、海外銀行送金になる点にご注意ください。

具体的な出金手順やルールについては、こちらで詳しく解説しています。

HotForexの出金方法や手順を写真付きで分かりやすく解説【最新版】 ヨーロッパや東南アジアで高い人気を誇るHotForex(ホットフォレックス)。取引の評判はもちろん、HotForex側の入出金手数料...

HotForex口座開設のQ&A


最後に、HotForexの口座開設についてよくあるご質問を、Q&A形式で解説したいと思います。

英語が分からなくても口座開設できますか?

HotForexの公式サイトには英語表記のままの部分が所々見られるので、不安に思われるかも知れません。

しかし、口座開設に関わる部分や会員ページ内は、ほとんどが日本語表記に対応しており、日本語によるサポートも受けられます。

英語が分からない場合でも、安心して口座開設していただけます。

複数口座を開設できますか?

HotForexでは一度口座開設を行うと、1つのアカウント内で最大7つの口座(MT4口座を5つ、MT5口座を2つ)を開設することができます。また、デモ口座の場合は最大6つ(MT4口座を3つ、MT5口座を3つ)となります。

ただし、他人になりすますような形で複数のアカウントを開設することは利用規約違反となりますので、行わないように気をつけてください。

開設した口座を削除できますか?

開設した口座の削除は可能で、内容により2通りあります。

取引口座を個別に、またはすべて削除する
HotForexのアカウント自体を削除する

取引口座の削除をする場合は、削除したい口座のMT4 ID(またはMT5 ID)をカスタマーサポートへ伝えます。HotForexでは口座の削除を「アーカイブ」と呼び、アーカイブされた口座(削除された口座)は取引はできませんが、復活させることも可能です。

もしHotForexのアカウント自体を削除する場合は、あなたのmyHF IDをカスタマーサポートへ伝えます。アカウント全体を示すmyHF IDと、取引口座の番号であるMT4/MT5のIDは別のものなので、取り扱いにご注意ください。

削除専用のフォームはないため、削除の際はカスタマーサポート宛に登録メールアドレスから連絡しましょう。削除する場合は、削除する口座やアカウントに資金やボーナスが残っていないか、必要な取引履歴をダウンロードしたのかなどをよくお確かめの上行ってください。

【2021年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

海外FX口座比較.comのヘッダー画像

結局、どこの海外FX業者が良いの?

安心して使える海外FX業者はどこ?

 
このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~7位