投資の本質とは?投機やギャンブルとの違い

ギャンブルと混同している人が多い!?投資の本質とは何か?

「投資」の本質とは何なのでしょうか?

投資という言葉を聞いたことがないという人はほとんどいないと思いますし、ほとんどの人がある程度意味の説明をすることはできると思います。
しかし、ギャンブルや投機といった言葉と明確に何が違うのかを言えるという人は少ないのではないでしょうか?
実際にFXや株などの投資のことをギャンブルだという人がいたりと、その意味は分かりにくいところがあります。
しかし、投資、投機、ギャンブルの3つの言葉には気持ちの面で明確な違いがあります。

今回は投資という言葉の意味と投機、ギャンブルとの明確な違いについて説明していきます。

世間一般と異なるイメージとは?

「投資」と聞くと「お金を払ってさらに多くの金額のお金を稼ぐこと」だと考えている人が多いのではないでしょうか?
確かに、株などの投資を行っている人は少ないお金で株式を買って高い値段で株式を売ることによって利益を得ています。

では、本当の投資の定義は何かというと、
「お金や時間を将来のために使うこと」
です。
もっと簡単に言うと「将来の生活をよくしようとする動き」です。
誰でも将来いい生活をしたいと思っていると思います。その理想の将来に向けて何か行動をしていれば投資をしているということになります。

そのため、実際には誰でも一度は投資を行ったことがあるということになります。
例えば、
高校や大学に入学するための受験勉強も時間を投資して、行きたい学校に入学するために勉強をしていることになります。
ダイエットをするのも将来痩せている方がいい生活を送ることができると思って、時間や体力を使うという意味では投資になります。
スポーツを行っていた人でいうと、うまくなるために練習をするということも投資になります。

このように投資自体は誰しも行っていることなのです。
その中でもお金を使って将来的に多くのお金を稼げるようになろうとすることが一般的に言われている「投資」になります。

投資の本質!投機やギャンブルとの違いは?

投資という言葉の意味については理解していただけたと思います。
しかし、投資には似た意味の言葉で「投機」や「ギャンブル」という言葉があります。
投資、投機、ギャンブルはどれも自分のお金を増やそうとする行動のことを言いますが、本質は全く異なります。

まず、投資、投機、ギャンブルについての本質は
投資:将来の生活をよくするためにお金や時間を使うこと
投機:短期的な取引でお金を稼ごうとすること
ギャンブル:お金を使った遊び
となります。

投資のことをギャンブルだという人がいますが、それは投資を行っている人の気持ちの持ち方によって変わってきます。
FXを例として説明すると、

  • 「稼げたらいいな」と思って、たいして考えもせずにFXを行う→ギャンブル
  • 欲しいものがあり、それを買うお金を稼ぐためにFXを行う→投機
  • 将来、FXで安定的に稼げるようになるためにFXを続けている→投資

と言うようにFXはギャンブルにも投機にも投資にもすることができます。

上にあげた例はどれもFXを行っているという意味では同じですが、目指しているものが全く違います。
このように投資をしている本人の気持ちによって株やFXは投資にもギャンブルにもすることができます。

もちろん、FXを遊び感覚で行って自らギャンブルのように行うということも悪いことではありません。
大切なことは自分がギャンブルを行っているか、投資を行っているかを自分の中でハッキリさせておくことです。

投資を行いたいと考えてFXを行う場合は、目先の利益ばかりを気にするのではなく、
「将来安定して稼げるようになるために現在は自分にお金と時間を投資している」
と考えることによって、初心者のうちに大きな金額で取引を行い大きな失敗を行うことは防げるはずです。

これまでのまとめ

投資とは何か理解していただけたでしょうか?

投資とは「将来の生活をよくしようとする動き」のことでした。
株式投資やFXは一般的には投資と言われていますが、行っている本人の気持ちによっては投機にもギャンブルにもすることができるということでした。

ほとんどの人が将来いい生活をしたいと思っているとはずです。
その理想の生活をするために現在何か行動をしている人は皆投資をしているということです。
そのうち、将来的に投資家として成功したいと考えている人が現在、FXや株式投資に時間やお金を投資しているということになります。

投資をしようという場合は、しっかりと意識を投資しているということに切り替えて行うようにしましょう!