投資で安全に資産を増やしておくことができる3商品

資産を安全に投資で増やすことができる!

安全に資産を増やすための3種類の投資方法について
今回のコンテンツでは、安全に資産を増やすための3種類の投資について紹介していきます。

「銀行に預けているけど、ほとんど金利がつかない」
「将来のために今あるお金をどうにか安全に増やしておきたい」
と考えている人は多いと思います。

お金を増やそうと思い投資をするとなるとリスクもついてきてしまいます。
下手したら投資によってこれまで苦労してためてきたお金をすべて失う可能性もあります。
しかし、実際には安全に資産を増やすことのできる投資も存在しています。

そこで、今回は安全に資産を増やしたいという人のために安全な投資方法についてリスクの低い順に紹介していきます。

100%元本保証の「定期預金」

定期預金の特徴について
安全に資産を増やす方法として多くの人が思いつくのが「定期預金」ではないでしょうか?
定期預金とは銀行に毎月定期的に一定金額を預け入れることを約束し、普通預金より高金利を受け取ることを言います。

この定期預金の最大の魅力は「元本保証」がされているということです。
もし仮に、定期預金を預けている間に銀行が倒産してしまったとしても預金保険で1000万円までは保証されています。

しかし、定期預金にもデメリットはあります。
そのデメリットとは、金利がかなり低いということです。
普通の銀行の定期預金だと0.01%程度
ネット銀行を使ったとしても0.03%程度

そのため、100万円を定期預金で預けたとしても
普通の銀行で100円
ネット銀行でも300円
といったようにほとんど儲けることはできません。

定期預金についてまとめると
「元本保証により安全ではあるが、お金を増やすことはほとんどできない」
ということになります。

ほとんどノーリスクの投資商品「国債」

国債の特徴について

次に紹介する安全性の高い投資商品は「国債」です。
国債とは、簡単に言うと日本という国の借金のことで、個人で日本にお金を貸しているということになります。

この国債には

  • 固定金利3年
  • 固定金利5年
  • 変動金利10年

の3種類があります。
また、国債への投資は1万円と安い値段から始められるため誰でも気軽に始めることができます。
金利についても0.05%未満の金利になることはないと決められているため、定期預金に比べると効率のいい投資と言えます。

安全性についても、日本には借金が多いとはいっても国はそんな簡単に破綻にはなりません。
そのため、安全性についてもほぼ100%元本保証と言ってもいいでしょう。

国債より金利が欲しい方へ「地方債」「社債」

地方債と社債のそれぞれの特徴について

国債より、安全性が低くてもいいから金利が高い投資商品がいいという方におすすめなのが「地方債」や「社債」です。

日本という国にお金を貸すことを国債と言ったように、県や市などの地方公共団体にお金を貸すことを「地方債」、会社にお金を貸すことを「社債」と言います。

「地方債」も「社債」も基本的には国債と仕組みは同じで金利と期間が決まっており、期間が来ると金利がついた状態でお金が返ってくるという仕組みです。
異なる点としては、金利や安全性が少し変わってくる程度です。

国より地方公共団体、地方公共団体より会社の方が破綻のリスクが高いということはなんとなく、わかっていただけると思います。
金利も安全性の低い順と同じで「社債」>「地方債」>「国債」と左に行くにつれて高金利の場合が多くなります。

そのため、国債、地方債、社債で悩んでいるという方はどれだけ安全性が欲しくて、どれだけの金利が欲しいかで投資先を決めてみてください。

安全に資産を増やす方法まとめ

安全性の高い投資商品についてのまとめ

安全性の高い投資商品については分かっていただけたでしょうか?
今回紹介した投資商品についてまとめると
「定期預金」>「国債」>「地方債」>「社債」
と左に行くにつれ安全性が高く、低金利になり
逆に右に行くにつれて安全性が低く、高金利な投資商品ということになります。

もちろん、もっとリスクを取る代わりに高金利な投資商品に投資をしたいという場合には株や不動産など様々な投資があります。
投資をする際はどこまで安全性にこだわるか、どれだけの金利が欲しいかを考えた上で投資をするようにしましょう。

また、海外のFX業者を利用してほとんどノーリスクの手法についてこちらで紹介していますので、興味があれば併せて見てみてくださいね!
海外FXのおすすめノーリスク手法