【IronFXの評判】全スペックを徹底調査。口コミの真実を解説

IronFXは2010年設立の海外FX業者です。日本ではバミューダ金融庁に登録して運営を行なっていますが、グループ全体としては、取得が難しいとされるイギリスの金融行為監督機構など、全部で5つのライセンスを取得しています。

設立から10年以上のキャリアがあり、魅力的なキャンペーン展開なども行なっているIronFXですが、海外の大手レビューサイトではネガティブな評判が多いことを知っている人もいるのではないでしょうか。

そんなIronFXについて、まずはメリットとデメリットを見てみたいと思います。

IronFXの良い評判・メリット6つ
  • 最大1,000倍という高いレバレッジに加え、ゼロカットにも対応している
  • 入金ボーナスやトレードコンテストなどのキャンペーンを実施している
  • FX通貨ペアだけではなく、インデックスや株式など取扱い銘柄が豊富
  • 口座タイプの選択肢が多い
  • 国内銀行送金やbitwalletでの入出金に対応している
  • 公式サイトの日本語対応に加え、メール等でも日本語サポートを受けられる
IronFXの悪い評判・デメリット4つ
  • 取引ツールはMT4のみ
  • スプレッドが狭い口座タイプは限られている
  • 顧客は分別管理のみ
  • 国内外を問わず、ネガティブなユーザーレビューが見られる

口座スペックやボーナスキャンペーンなど、海外FXらしいサービスを提供しているIronFXですが、特徴的なデメリットもあるため、利用者を選ぶブローカーと言えるかも知れません。

ユーザーのタイプから見たIronFXの向き・不向きは、以下のように分けることができるでしょう。

IronFXに向いている人
  • 入金ボーナスやトレードコンテストなどのキャンペーンに興味がある人
  • NDD方式による透明性の高い環境で取引したい人
  • bitwallet対応など、入出金方法の使いやすさにもこだわりたい人
  • 日本語サポートが丁寧なブローカーで取引したい人
IronFXに向いていない人
  • 少ない資金からスキャルピングをしたい人
  • 悪い評判が気になる人

今回は、IronFXのメリットやデメリット、そして悪い噂の真相などについて分かりやすく解説したいと思います。口座開設方法や入出金方法などについても見ていきますので、IronFXに興味がある人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

IronFXユーザーの口コミ・評判

まず最初に、IronFXを実際に使っているユーザーのレビューを見てみたいと思います。IronFXの口コミ・評判の内容は、大きく以下の3つに分けられます。

IronFXユーザーの口コミ・評判

  • IronFXのキャンペーンに関する口コミ・評判
  • IronFXの出金拒否に関する口コミ・評判
  • IronFXの出金拒否の噂に疑問を呈する口コミ・評判

それぞれの内容について、順番に見ていきましょう。

IronFXのキャンペーンに関する口コミ・評判

IronFXに関するツイートでよく目にするのが、トレードコンテストに関するものです。2021年は「アイアンワールドチャンピオンシップ」という賞金総額100万ドル(約1億1,000万円)の大規模キャンペーンを行なっており、話題になることが多いですね。

日本人トレーダーの中にも、高額賞金を目指してコンテストに挑戦している人も多いようです。

IronFXの出金拒否に関する口コミ・評判

ご存知の方も多いかも知れませんが、IronFXは、「FPA」という海外のFXブローカーの大型レビューサイトで、SCAM(詐欺業者)として認定されている業者です。そのためか日本の有名掲示板サイトなどでも、IronFXの評判は必ずしも良い形で書かれているとは限らないようです。

しかし、実際に出金拒否などの悪質行為の被害に遭ったという内容のレビューは、最近のツイートでは確認できませんでした。

IronFXの出金拒否の噂に疑問を呈する口コミ・評判

一部では「詐欺業者」のレッテルを貼られているIronFXですが、擁護するような内容の口コミも時々見受けられます。

海外FXの出金拒否については、基本的にはユーザー自身が何らかの取引ルール違反を犯していることが原因である場合が多いです。IronFXの出金拒否の噂については、この後本記事の中でも色々な角度からもう少し詳しく触れていきたいと思います。

IronFXの良い評判・メリット6つ

ここからは、IronFXを利用する際のメリットなどを確認していきましょう。以下の6つの点について見ていきたいと思います。

IronFXの良い評判・メリット6つ

  • 最大1,000倍の高いレバレッジに加え、ゼロカットにも対応している
  • 口座タイプの選択肢が多い
  • 3種類の入金ボーナスやトレードコンテストなど、キャンペーンが充実している
  • 国内銀行送金やbitwalletでの入出金に対応している
  • FX通貨ペアだけではなく、インデックスや株式など取扱い銘柄が豊富
  • 公式サイトの日本語対応に加え、メール等でも日本語サポートを受けられる

最大1,000倍の高いレバレッジに加え、ゼロカットにも対応している

IronFXの最大レバレッジは口座タイプごとに異なりますが、最大で1,000倍と非常に高いことが特徴です。高いレバレッジでは、少ない投資資金でも取引が可能になったり、証拠金に対して大きなポジションを持てるなどのメリットがありますね。

また、IronFXではゼロカットに対応しているため、急な値動きのためにロスカットが間に合わず口座内の証拠金がマイナスになったとしても、ユーザーが追証を支払う必要はありません。

いわゆる「ハイレバトレード」という、レバレッジを最大限までに効かせた取引は、小さな値動きでも大きな損益を生み出すことができるため、リスクの高い取引方法でもあります。しかしゼロカットのおかげで損失を限定して取引することができますね。

ただし、指標発表時や月曜日の窓開けを狙ったハイレバレッジトレードだけを繰り返していると、ゼロカットの悪用とみなされる恐れがあります。その点は注意した方が良いでしょう。

口座タイプの選択肢が多い

IronFXの口座タイプは非常に多いことが特徴です。口座タイプは大きく分けて「DD方式によるライブ口座」と「NDD方式によるSTP/ECN口座」の2つがあり、さらにそれぞれの口座タイプの中でスプレッド方式やスプレッド幅によって細かい区分があります。

ライブ口座の特徴 ライブ口座は、相対取引(DD方式)による口座タイプです。変動スプレッド制、固定スプレッド制、ゼロスプレッド固定制の3種類があります。さらに、変動スプレッド制と固定スプレッド制では入金額に応じた3段階の区分があり、高い区分の口座タイプになる程狭いスプレッドで取引が可能です。したがって、合計で7つの口座タイプがあるとも言えます。
STP/ECN口座の特徴 STP/ECN口座は、NDD方式による口座タイプです。入金額に応じた区分けはありませんが、スプレッド幅と手数料の有無によって、全部で3つの口座タイプがあります。

IronFXの入金ボーナスキャンペーンは、ライブ変動制口座のみが対象になっています。STP/ECN口座はボーナス対象外ですが、より透明性の高い環境で取引できるメリットがあります。

それぞれ口座タイプのスペックは、本記事内の「口座スペックと取引条件・ルール」の項目で詳しくまとめてありますので、ぜひご参照ください。

3種類の入金ボーナスやトレードコンテストなど、キャンペーンが充実している

IronFXでは3種類の入金ボーナスと、賞金総額100万ドル(約1億1,000万円)の大規模なトレードコンテストを開催しており、キャンペーン面も充実しています。

入金ボーナスには以下の3種類があり、新規口座開設時や追加口座開設時に選ぶことができます。

  • 100%無制限シェアリング・ボーナス
  • 40%パワーボーナス(上限4,000ドル)
  • 20%Ironボーナス(上限2,000ドル)

入金ボーナスはそれぞれで特徴が異なりますが、基本的には「クッション機能あり」に近い仕様のボーナスとなっており、損失によって口座内の証拠金がボーナスだけになっても取引を続けることができます。

IronFXのボーナスキャンペーンについては、本記事内の「ボーナス・キャンペーン」の項目で詳しくまとめてありますので、ぜひご参照ください。

国内銀行送金やbitwalletでの入出金に対応している

IronFXでは入出金方法も充実しています。

大きな特徴としては、国内銀行送金による入出金が可能であることが挙げられます。海外FXの入出金でクレジットカードを使いたくない人や、その他オンラインウォレットサービスに登録していない人などにとって、入出金しやすい環境が整えられていますね。

その他、クレジット/デビットカード、bitwallet、STICPAY、そして仮想通貨などによる入出金に対応しています。

FX通貨ペアだけではなく、インデックスや株式など取扱い銘柄が豊富

IronFXで取引できる銘柄数は、FX通貨ペアで84種類と海外FXの中でも取り扱い数が多い方で、さらにその他の銘柄も豊富に取り扱っています。

  • FXメジャー通貨ペア:12種類
  • FXマイナー通貨ペア:39種類
  • FXエキゾチック通貨ペア:33種類
  • 貴金属:6種類
  • インデックス:22種類
  • コモディティ/エネルギー:19種類
  • 株式:151種類
  • 外国為替先物:12種類
  • スポットインデックス:18種類
  • スポットコモディティ(エネルギー):3種類
  • 仮想通貨:20種類

特に株式は合計151銘柄の扱いがあります。欧米企業の株式が中心ですが、少し珍しいところだとチェコの会社の株式なども取引可能となっています。珍しい銘柄を取引したいトレーダーにとって良い条件ではないでしょうか。

公式サイトの日本語対応に加え、メール等でも日本語サポートを受けられる

IronFXの公式サイトは、分かりやすく日本語対応がされています。またカスタマーサポートも日本語で受けることができ、メールやチャットの利用が可能です。メールでの質問に対しても、的確な回答が早く返ってくるので、安心して利用することができるでしょう。

IronFXの悪い評判・デメリット4つ

ここからは、IronFXの悪い評判・デメリットについて、以下の4つのポイントを確認したいと思います。

IronFXの悪い評判・デメリット4つ

  • 取引ツールはMT4のみ
  • スプレッドが狭い口座タイプは限られている
  • 顧客資金は分別管理のみ
  • 特に海外ではネガティブなユーザーレビューが見られる

取引ツールはMT4のみ

IronFXが対応している取引ツール(プラットフォーム)は、MT4だけです。MT4は十分に優れた取引ツールですが、MT5やその他ツールを愛用している方の場合は、少し物足りなさを感じるかも知れません。

特にMT4とMT5はカスタムインジケーターやEAに互換性はないので、MT5ユーザーの方はあらかじめ気をつけた方が良いですね。

スプレッドが狭い口座タイプは限られている

口座タイプの種類が多いIronFXですが、基本的な仕様として入金額による区分の上位口座タイプで、より狭いスプレッドでの取引が可能になっています。

例えば入金ボーナスを獲得できるライブ変動口座の場合、最低入金額が100ドル以上のスタンダード口座では、主要通貨ペアの最低スプレッドが1.8pipsとなっており、狭いスプレッドとは言えません。

より狭いスプレッドは上位口座タイプであるプレミアム口座やVIP口座で利用できますが、そのためにはそれぞれ2,500ドル以上、2万ドル以上の最低必要証拠金をクリアしなければいけません。

少額からの取引を希望するユーザーにとっては、スプレッドの広さは覚悟しておいた方が良いでしょう。

顧客資金は分別管理のみ

IronFXでは顧客資金は分別管理によって保管しています。国内FXや一部の海外FXのように信託保全を行なったり、また補償サービスや保険などにも加入していません。

可能性は低いですが、万一IronFXが破綻した場合は、口座へ入金した資金はユーザーの元へ必ず返還される仕組みにはなっていないということになります。

IronFXで取引する時は、利益が出て口座内の資金が増えたらこまめに出金するなどして、自分の資金は自分で守る対策をしておいた方が良いかも知れません。

特に海外ではネガティブなユーザーレビューが見られる

IronFXは、海外のレビューサイトであるFPAにおいて、ネガティブなユーザーレビューが多いことで知られています。

FPA(Forex Peace Army=外国為替平和軍)とは、2005年に開設されたFXブローカーのレビューや紹介などを行うコミュニティサイトです。現在は2,000社近いFX業者が登録されており、ユーザーも多い大型サイトになっています。

近年の悪い評判の中で多いのが、IronFXが出金拒否を行なったというものです。出金拒否に関する投稿自体はどんなFXブローカーに対しても多かれ少なかれあるのですが、IronFXの場合は特に低評価が目立ちます。

その理由の1つとしてあるのが、FPA内でIronFXが十分な信頼を得ていないことにあるのではないでしょうか。2012年〜2015年にかけて偽レビューや出金拒否疑惑の問題が立て続けに起こっており、結果的にFPAはIronFXをSCAM(詐欺業社)と判断し、今でもその状態が続いています。

ユーザーレビュー自体はあくまで個人の感想ですが、IronFXを選択する際に不安要素として挙げられるのは事実でしょう。

安全性・信頼性

ここからは、IronFXの安全性や信頼性について見ていきたいと思います。以下のような内容を確認していきましょう。

IronFXの安全性・信頼性

  • 設立は2010年で、バミューダ金融庁ほか各国のライセンスを取得
  • 2020年3月に、金融庁から警告を受けている
  • FPAではSCAM認定されているが、公式では出金拒否などの事実を否定している

設立は2010年で、バミューダ金融庁ほか各国のライセンスを取得

IronFXは2010年に設立し、これまでに40以上の業界賞を受賞しており、世界180カ国で120万以上の口座開設のある規模の大きい海外FX業者です。

ライセンスとしては、日本での営業はバミューダ金融庁の規制のもとで運営していますが、その他にはイギリス、キプロス、南アフリカ、オーストラリアなどでライセンスを取得しています。特にイギリスの金融行為監督機構は取得が難しいライセンスとして有名で、高いコンプライアンスを遵守していると言えるでしょう。

以下はIronFXの会社情報です。

運営会社 Notesco Limited
本社所在地 Clovelly, 36 Victoria Street, Hamilton HM 12, Bermuda.
ライセンス バミューダ金融庁
設立年 2010年
問い合わせ japan.support@ironfx.com

またIronFXでは高額賞金のFXトレードコンテストの開催でも知られており、2021年は総額100万ドルのコンテストを開催。資金力の大きさも特徴と言えます。

2020年3月に、金融庁から警告を受けている

IronFXは2020年3月に、「無登録で金融商品取引業を行う者」として金融庁から警告を受けています。

この警告は、日本の金融庁に登録していないのに、日本在住者に対して自社の金融サービスを勧めたと判断されたことが主な理由です。しかし警告を出されたからと言って、IronFXや海外FX業者を利用することが違法になる訳ではないのでご安心ください。

日本の金融庁からの警告は、IronFXだけではなく有名・無名を含めて多くの海外FX業者が受けています。こうした海外FX業者では、公式サイト内に日本在住社を対象にしたサービスではないなどの勧誘する意思がない旨を明記するなどして、警告が出されないように対応しています。

FPAではSCAM認定されているが、公式では出金拒否などの事実を否定している

IronFXのデメリットとして、FPAなどで出金拒否のレビューが多くあることなどを挙げてきました。FPAは海外FXユーザーの間では知名度の高いレビューサイトなので、ここで書かれることには一定の影響力があります。日本国内でもIronFXに対して不安の評判が見られるのも、こうしたことが1つの要因です。

しかしIronFXの公式見解としては、出金拒否などの悪質行為は「事実無根」であるとしています。

ネットで見られるIronFXの悪い噂・レビューには以下のようなものが挙げられます。

  • FPAでSCAM認定されている
  • 出金拒否を行なっている
  • 過去に日本撤退した時に、口座の停止やポジションの強制決済をした
  • 中国では30億ほどの顧客資金未払いを起こした

これらのうち最も関心が高いのは、出金拒否についてではないでしょうか。出金拒否についてIronFXの公式見解としては、ユーザーが規約違反を行なった場合を除いて、2010年の設立以来不正な出金拒否は行なっていないとしています。正しく取引をして発生した利益分については、元本を含めてどれだけ高額でも出金可能です。

また、日本撤退時の強制決済や中国での未払いも、結論から言うとそのようなことはないとしています。IronFXでは実際に日本撤退をした経歴がありますが、その際にもすべてのユーザーに事前通告をしており、中国での未払いでは、一部の中国人アフィリエイターが不正な報酬の取得を行なったことが原因で、一時的に出金を停止した事例があったとのことです。この件でも、不正がないことが証明された場合は出金がされました。

参考:IronFX公式ブログ
IronFXと出金拒否について
IronFXの評判について

ネット上の噂では、広まっていくうちに事実とは違う形で尾ひれがついてしまったものや、そもそも事実ではないことが悪意を持って発信されているものがあります。情報を見極めるのは簡単ではありませんが、偏った情報だけを元に判断しないことは大事なことかも知れません。

ボーナス・キャンペーン

ここからは、IronFXのボーナスキャンペーンについて確認していきたいと思います。以下のような内容について見ていきましょう。

IronFXのボーナス・キャンペーン

  • 最大100%入金ボーナス。選択できる3つの入金ボーナスを提供
  • 豪華賞金・商品が当たるトレードコンテストを開催

最大100%入金ボーナス。選択できる3つの入金ボーナスを提供

IronFXでは以下の3種類の入金ボーナスから選択可能です。

  • 100%無制限シェアリング・ボーナス
  • 40%パワーボーナス(上限4,000ドル相当額)
  • 20%Ironボーナス(上限2,000ドル相当額)

それでは、それぞれのボーナスについて見ていきましょう。

100%無制限シェアリング・ボーナス

IronFXの100%無制限シェアリング・ボーナスは、上限金額が無制限で獲得できる100%ボーナスです。

非常に高額のボーナスですが、一般的な入金ボーナスとは仕様が大きく異なります。その違いとは、残高とボーナスが「シェア」されている点にあります。

出金する場合を例に、ボーナスの仕様を見ていきましょう。

【取引開始時】
入金:10万円
ボーナス(100%):10万円
口座内の証拠金:20万円

【利益が出た場合】
取引開始時から10万円の利益を出して口座内の証拠金の合計が30万円の場合、出金可能額は【30万円÷2=15万円】になります。

【損失が出た場合】
取引開始時から10万円の損失を出して口座内の証拠金の合計が10万円の場合、出金可能額は【10万円÷2=5万円】になります。

この100%シェアリング・ボーナスでは、獲得すると証拠金が2倍になると同時に、利益も損失も半分になるボーナスになっています。リスクにかける自己資本の割合を半分にできるボーナスとして活用の仕方がありそうですね。

40%パワーボーナス(上限4,000ドル相当額)

40%パワーボーナスは、500ドル以上の入金に対して、入金額の40%がボーナスとして付与されるキャンペーンです。ボーナス額の上限は4,000ドルとなっています。この40%パワーボーナスも、一般的なボーナスとは少し仕様が異なります。

40%パワーボーナスは利益が出た場合と損失が出た場合で、出金可能額が異なりますので例を挙げて確認しましょう。

【取引開始時】
入金:10万円
ボーナス(40%):4万円
口座内の証拠金:14万円

【利益が出た場合】
取引開始時から6万円の利益が出た場合、【残高(20万円)ーボーナス(4万円)=16万円】が出金可能な金額になります。

【損失が出た場合】
取引開始時から7万円の損失が出た場合、【入金額(10万円)×残高(7万円)÷開始時の残高(14万円)=5万円】が出金可能な金額になります。

20%Ironボーナス(上限2,000ドル相当額)

20%Ironボーナスは、100ドル以上の入金に対して、入金額の20%がボーナスとして付与されるキャンペーンです。ボーナス額の上限は2,000ドルとなっています。

この20%Ironボーナスは、一般的な入金ボーナスに近いと言えます。例を挙げて条件を確認しましょう。

【取引開始時】
入金:10万円
ボーナス(20%):2万円
口座内の証拠金:12万円

【利益が出た場合】
取引開始時から8万円の利益を出して口座内の証拠金の合計が20万円の場合、出金可能額は【残高(20万円)-ボーナス(2万円)=18万円】になります。

【損失が出た場合】
取引開始時から10万円の損失を出して口座内の証拠金の合計が2万円の場合、出金可能額は【残高(2万円)-ボーナス(2万円)=0万円】になります。ただしこの場合は、口座内のボーナスだけで取引を継続することができます。

ボーナスのルール

IronFXの入金ボーナスについて、利用時のルール・注意点を確認したいと思います。

  • ライブ口座(ゼロスプレッド口座やSTP/ECN口座は不可)のみがボーナスの対象口座となる。
  • 40%パワーボーナスと20%Ironボーナスは、入金後に請求することで付与される。口座へ入金してから5営業日以内に請求しないとボーナス獲得の権利を失う。
  • すべてのボーナスは、取引口座へボーナスが反映される前に取引を行った場合、ボーナス獲得の権利を失う。
  • ボーナスには有効期限がある。(100%シェアリング・ボーナス/40%パワーボーナスは獲得から30ヶ月、20%Ironボーナスはボーナス獲得した月末までだがその後30日間は自動更新される)
  • ボーナス自体は出金できない。出金手続きを行うと、口座内のボーナスは削除される。
  • ロスカットになった場合、次回の入金時に追加ボーナスが獲得可能になる。
  • 他のタイプのボーナスも追加口座を開設することで獲得可能になるが、別のボーナスを獲得した場合は既に獲得しているボーナスは自動的に削除される。

豪華賞金・商品が当たるトレードコンテストを開催

IronFXで注目度の高いイベントが、トレードコンテストです。2021年には「アイアンワールドチャンピオンシップ」というトレードコンテストが開催されており、総額100万ドル(約1億1,000万円)と高額賞金が魅力です。

IronFXのトレードコンテストには参加資格があり、以下の3つの条件を満たしている必要があります。

  • IronFX口座を開設し、本人確認を完了していること
  • 前回のコンテストで入賞していないこと
  • エントリーのために500ドルの入金をすること

入賞は、期間内の利益の金額ではなく、利益率で決められます。計算式は以下の通りです。

利益÷入金額×100=利益率(%)
例)
700ドル(利益)÷500ドル(入金額)×100=140(利益率)

あくまで利益率によってランクは決まるので、必ずしも高額入金をした方が有利というわけではありません。

トレードコンテストへの参加は、会員ページから行うことができます。腕に覚えのある方は是非挑戦してみてくださいね。

口座開設方法と入出金方法一覧

ここからは、IronFXでの口座開設や入出金に関する手順などを確認していきたいと思います。

IronFXの口座開設方法と入出金方法一覧

  • 口座開設手順
  • 本人確認書類の登録方法
  • 入金方法と手順
  • 出金方法と手順

口座開設手順

IronFXで口座開設をするには、公式サイトの上部などにある「登録」ボタンをクリックし、口座開設画面を表示します。

入力項目は以下の通りです。

  • 名(ローマ字表記)
  • 姓(ローマ字表記)
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 口座タイプ
  • ボーナスカテゴリー
  • 口座通貨
  • レバレッジ
  • パスワード

上記のうち、ボーナスカテゴリーやレバレッジは口座タイプによって選択できる項目が変わります。

※ボーナスカテゴリーの選択肢にある「ヴァンテージ口座」は、ボーナスを受け取らない口座タイプになりますのでご注意ください。

すべての項目を入力したら、「口座を開設」をクリックします。

以下のような画面が表示されたら、口座開設は完了です。

同時に、口座開設の完了を知らせるメールと、取引口座へのログイン情報を記載したメールの2通が、登録メールアドレスまで送信されますのでご確認ください。

本人確認書類の登録方法

IronFXでは、本人確認をしない段階でも取引自体はできますが、ボーナス獲得、無制限の入金、利益の出金などは、本人確認を完了することで可能になります。

口座開設を完了したら、できるだけ早く本人確認を行う方が良いでしょう。

本人確認書類には、「身分証明書類」と「住所証明書類」の2種類が必要で、それぞれには以下の書類が該当します。

身分証明書類 住所証明書類
対応書類 ・マイナンバーカード両面
・パスポート
・運転免許証
・住民基本台帳カード
・公共料金明細(ガス、電気、水道など)
・携帯電話明細
・銀行残高証明などの銀行明細
・クレジットカード明細
・住民票
注意事項 ・カラーで顔写真が確認できる有効な書類であること
・鮮明で記載内容が読み取り可能な書類であること
・登録者本人の名前、住所、書類の発行日が確認できる書類であること
・発行されてから6ヶ月以内の書類で、四隅が画像内に写っていること

これらの必要書類のうち都合の良い各1種を用意し、スマホなどで書類全体を鮮明に撮影してアップロードできるように準備しておきます。

ファイル形式はGIF/JPG/PNG/PDFとなっており、また最大アップロードサイズは10MBである点にも注意しましょう。

書類のアップロードは、会員ページ内のメニューから「登録情報」→「書類をアップロードする」と進んで以下のページを表示します。

ファイルやファイルタイプを選択し、最後に「提出」をクリックして、それぞれの必要書類のアップロードを完了しましょう。

入金方法と手順

IronFXで日本円入金に対応している方法は、以下の通りです。

入金方法 口座への入金手数料 口座までの反映時間
デビット/クレジットカード(VISA) 無料 最大1営業日
国内銀行振込 無料 最大2営業日
bitwallet 無料 最大1営業日
STICPAY 無料 最大1営業日

上記のほか、Digital Assets(仮想通貨)やPerfect Moneyも対応しています。

入金方法でのその他の注意点としては、以下のようなものがあります。

  • デビット/クレジットカードでの土日の入金分は翌月曜日に反映される
  • 国内銀行振込では、最小入金額は1万円、最大入金額は1,000万円となる
  • 国内銀行振込では、振込人名義に「登録者のローマ字名+口座番号」を入力して手続きを行う必要がある
  • bitwalletの登録メールアドレスがIronFXの登録メールアドレスと異なる場合、bitwalletの登録情報のスクリーンショットをサポートへ送ることで対応が可能

入金手続きを行う場合は、会員ページのメニューにある「出入金と資金移動」内の「入金する」から行います。入金方法の選択画面は、以下のようになっています。

例えばクレジットカードで入金する場合は、「デビット/クレジットカード」下の「入金する」をクリックします。

入金画面は以下のようになっています。

表示されている項目を選択し、「送信」をクリックして手続き完了まで進めてください。

出金方法と手順

IronFXで日本円出金に対応している方法は、以下の通りです。

出金方法 出金手数料 着金までの時間
クレジット/デビットカード 無料 およそ2〜3週間
国内銀行送金 キャンペーン期間中につき無料 2営業日
bitwallet 無料 1営業日以内
STICPAY 無料 1営業日以内

上記のほか、仮想通貨やPerfect Moneyも対応しています。また、IronFXでは「IronFXカード」という出金方法もあるのですが、現在は日本在住者は利用できません。

出金方法でのその他の注意点としては、以下のようなものがあります。

  • クレジット/デビットカードは返金対応になるため、入金額が出金額の上限となる
  • 本人確認が完了しないと、出金をすることはできない
  • 証拠金が十分ではない場合、ポジションを保有中の出金は却下される場合がある

出金手続きを行う場合は、会員ページのメニューにある「出入金と資金移動」内の「出金する」から行います。出金方法の選択画面は、以下のようになっています。

例えばクレジットカードで出金する場合は、「デビット/クレジットカード」下の「出金する」をクリックします。

出金画面は以下のようになっています。

表示されている項目を選択し、「送信」をクリックして手続き完了まで進めてください。

口座スペックと取引条件・ルール

続いて、IronFXが扱っている口座タイプの種類とスペック、そして取引条件やルールなどについて確認したいと思います。

IronFXの口座スペックと取引条件・ルール

  • IronFXの全口座タイプ一覧
  • ボーナスを利用したいならライブ口座がおすすめ
  • 透明性を重視するなら、STP/ECN口座がおすすめ
  • スプレッドは平均的
  • スキャルピング可・両建て可・ロスカット水準20%など、取引条件に大きな制約はない

IronFXの全口座タイプ一覧

IronFX口座タイプは、ライブ口座(DD方式)とSTP/ECN口座(NDD方式)の大きく分けて2通りとなっており、さらにライブ口座ではスプレッドが変動制と固定制の2通りがあります。また、それぞれの口座タイプでも入金額などに応じてスプレッド幅が違います。

まず最初に、IronFXの全口座タイプを一覧表で確認したいと思います。

ライブ口座(変動制)
口座種別 スタンダード プレミアム VIP
最低必要証拠金 100ドル 2,500ドル 2万ドル
口座通貨 USD/EUR/GBP/AUD/JPY/BTC/PLN/CZK USD/EUR/GBP/AUD/JPY/BTC/PLN/CZK USD
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍
最小取引量 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨)
ボーナスキャンペーン 適用可 適用可 適用可
最低スプレッド 1.8pips 1.6pips 1.4pips
手数料 なし なし なし
ライブ口座(固定制制)
口座種別 マイクロ プレミアム VIP ゼロスプレッド
最低必要証拠金 100ドル 2,500ドル 2万ドル 100ドル
口座通貨 USD/EUR/GBP/JPY/μBTC/IRX/ADA USD/EUR/GBP/JPY/μBTC/IRX/ADA USD USD/EUR
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍 500倍
最小取引量 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨)
ボーナスキャンペーン 適用可 適用可 適用可 適用不可
最低スプレッド 2.2pips 1.8pips 1.6pips 0pips
手数料 なし なし なし あり※
STP/ECN口座
口座種別 手数料なし ゼロスプレッド アブソルトゼロ
最低必要証拠金 100ドル 100ドル 100ドル
口座通貨 USD/EUR/JPY/μBTC USD/EUR/JPY/IRX USD/EUR/JPY
最大レバレッジ 500倍 500倍 500倍
最小取引量 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨) 0.01ロット(1000通貨)
ボーナスキャンペーン 適用不可 適用不可 適用不可
最低スプレッド 1.8pips 0.1pips 0.4pips
手数料 なし あり※ あり※

※取引手数料が必要な口座では、1ロットの往復取引あたり以下の手数料が必要です。

取引手数料 対象通貨ペア
18ドル EURUSD / USDJPY
23ドル GBPUSD / USDCHF / EURGBP / AUDUSD
28ドル EURCHF / EURJPY
43ドル GBPCHF / GBPJPY

ボーナスを利用したいならライブ口座がおすすめ

IronFXのライブ口座は、DD方式(相対取引決済)による口座タイプです。

同じ口座ライプの中でも、スプレッドによって変動制、固定制、ゼロスプレッドの3種類に分けられています。

さらに変動制と固定制では、口座内の証拠金が規定の金額以上になると、より狭いスプレッドを利用できます。

ゼロスプレッドでは全銘柄のスプレッドが0pipsではなく、一部のメジャー通貨ペアでのみゼロスプレッドとなっており、取引ごとに別途手数料が必要となります。

ライブ口座の最大の特徴は、IronFXの入金ボーナスが対象になているということでしょう。入金ボーナスを利用したい方は、変動制または固定制を選択する必要があります。

透明性を重視するなら、STP/ECN口座がおすすめ

IronFXのSTP/ECN口座は、NDD方式(マーケット決済)による口座タイプです。

STP/ECNの場合もさらに口座タイプの分類があります。取引手数料のかからないタイプに加えて、ゼロスプレッドやアブソルトゼロのような低スプレッド口座タイプも用意されています。ただし、低スプレッド口座タイプでは別途取引手数料が必要になります。

STP/ECN口座では、NDD方式による透明性の高い取引環境が大きなメリットです。入金ボーナスは利用できませんが、取引環境を重視する方にはおすすめの口座タイプですね。

スプレッドは平均的

多くの種類があるIronFXの口座タイプですが、スプレッドや取引コストの点から見てみると、際立って低スプレッド・低コストの口座タイプはありません。

ゼロスプレッド系の口座タイプはありますが、最低でも1ロットの往復取引あたり18ドルの取引手数料が必要です。これをスプレッドに換算するとおよそ1.8pipsとなるので、最終的には他の口座タイプの取引コストとそれほど違いがありません。

ライブ口座では、2万ドル以上の口座内の証拠金がある場合によりスプレッドの狭いVIP口座を利用できますが、一般的なユーザーにとっては少々ハードルが高いかも知れませんね。

スキャルピング可・両建て可・ロスカット水準20%など、取引条件に大きな制約はない

IronFXでは、基本的にスキャルピングは可能で、EAを使用した自動売買や、同一口座内に限って両建ても行うことができます。また、ロスカット水準は20%となっており、証拠金に対して損失の割合が大きいポジションから自動的に決済されます。

取引条件での大きな制約はなく、取引しやすいと言えるでしょう。

取引ツール・アプリ

続いて、IronFXの取引環境を取引ツールやアプリなどの面から確認していきましょう。

IronFXの取引ツール・アプリ
  • 取引ツールはMT4のみ
  • コピートレードサービスも利用できる

取引ツールはMT4のみ

IronFXで利用できる取引ツール(プラットフォーム)は、MT4だけです。この他、追加口座の開設時には「IRONX」というプラットフォームも選択できるようですが、レバレッジがない(レバレッジ1倍)の現物取引用の口座タイプと思われ、実際の取引に使うことはないと考えてよいでしょう。

MT4は十分に優れた取引ツールですが、メタトレーダーの最新版であるMT5との互換性ははなく、カスタムインジケーターやEAを共用することはできません。MT4以外のツールで普段取引している方の場合は、少し注意が必要ですね。

コピートレードサービスも利用できる

コピートレードとは、他者の取引をコピーして資金運用するトレード方法です。

IronFXのコピートレードでは、取引を行う「ストラテジープロバイダー」と、ストラテジープロバイダーの取引をコピーする「ストラテジーフォロワー」の2者に分かれます。ストラテジーフォロワーは自分では取引をせず、成績の良いストラテジープロバイダーを選び、その取引結果だけど自分の口座に反映させて利益の獲得を目指します。自分では取引が不安な方や、チャートをこまめにチェックするのが難しい方に向いていますね。

IronFXでは、コピートレードは専用のブラウザツールから行います。コピートレードの利用申請は、会員ページからすることができます。

カスタマーサポート

最後に、カスタマーサポートについて確認しましょう。IronFXでは日本人スタッフによるサポートを受けることができるので、困った時にも安心ですね。

IronFXのカスタマーサポート
  • 日本語メールサポートに対応。平日なら24時間以内に返信あり
  • ライブチャットは平日14時から24時まで。リアルタイムで日本語サポートが受けられる

日本語メールサポートに対応。平日なら24時間以内に返信あり

IronFXでは、日本人スタッフによるメールサポートを受けることができます。月曜日〜金曜日の営業時間内であれば24時間以内に対応があり、土日については翌営業時間での対応になります。

営業時間内であれば、実際のところ数時間で返信がある場合もあり、丁寧なサポート体制になっている印象です。

ライブチャットは平日14時から24時まで。リアルタイムで日本語サポートが受けられる

月曜日〜金曜日の営業時間内であれば、14時から24時までの時間帯ではライブチャットでの日本語サポートも受けられます。

ただしライブチャットでは内容によっては回答が難しい場合もありますので、質問する内容や量によってはメールでのサポートを利用した方が良いでしょう。

IronFXの評判まとめ:ボーナスやトレードコンテストを上手に利用できれば面白いブローカー

今回はIronFXの評判について、メリットやデメリットを始め、取引条件やキャンペーン内容などから総合的に見てきました。

IronFXの最大のデメリットは、FPAでの評判の悪さの影響力が大きく、出金拒否のイメージが未だ拭えきれていない点にあるのではないでしょうか。

しかし実際は、利用規約を違反したユーザーが、それと知らずに出金できないことを訴えている可能性もあります。IronFX自体は、高難度のライセンスも取得しており、一定の信頼性のあるブローカーなので、冷静に情報に向き合うことが必要です。

IronFXの口座スペックなどの取引条件は、他社と比べて目立って優れているわけではありません。利用する場合は、入金ボーナスやトレードコンテストをいかに上手に利用できるかが鍵になってくるでしょう。その点では、経験者向けの海外FX業者と言えそうです。

口座開設自体は公式サイトからの申請だけで簡単にできますので、興味がある方は是非試してみてくださいね。

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位