IS6FXのレバレッジは高め?他社比較からレバレッジ制限まで徹底解説!(IS6com)

IS6FX レバレッジ
この記事では、海外FX業者「IS6FX」のレバレッジ倍率、レバレッジに関するルールや注意点を解説しています。

結論からいうと、IS6FXの最大レバレッジは1,000倍で、業界トップクラスの水準

レバレッジが高いので、少額資金からFXを始めてみたい方、リスクをとってハイリターンを目指したい方におすすめです。

IS6FXのレバレッジ一覧

IS6FXのレバレッジ一覧
まずは、IS6FXの具体的なレバレッジ倍率を見ていきます。

FXのレバレッジは口座ごと、CFDのレバレッジは銘柄ごとに異なるので注意してください。

口座タイプごとに異なる最大レバレッジ

IS6FXには、次の4つの口座タイプが用意されています。

  • スタンダード口座:ボーナス付与対象で一般向けの口座。
  • マイクロ口座:少額取引が可能な口座タイプ。
  • プロ口座※:スプレッドが狭い中・上級者向け口座
  • レバレッジ6,000倍口座※:業界トップクラスのレバレッジを誇る期間限定口座

※プロ口座とレバレッジ6,000倍口座は、現在新規口座開設の受付停止中です。
レバレッジは口座タイプごとに異なります。以下のレバレッジ一覧表をご覧ください。

各口座のレバレッジ一覧表
口座タイプ レバレッジ
スタンダード口座 最大1,000倍
マイクロ口座
プロ口座 固定400倍
レバレッジ6,000倍口座 固定6,000倍

スタンダード口座とマイクロ口座はレバレッジ1,000倍、プロ口座は400倍、レバレッジ6,000倍口座は文字通り6,000倍のトレードが可能です。

しかしスタンダード口座とマイクロ口座は、口座残高が200万円を超えるとレバレッジに制限がかかります。

たとえば口座残高が600万円の場合、スタンダード口座の最大レバレッジは200倍に制限される、といった具合です。

スタンダード・マイクロ口座でレバレッジ1,000倍を維持するには、出金をして口座残高の調整が必要な点に注意しましょう。

レバレッジ制限に関する詳しい解説はこちら

ちなみに多くの海外FX業者ではレバレッジを自分で自由に変更できますが、IS6FXではレバレッジは固定です。トレーダーが変更することはできません。

CFDは銘柄によってレバレッジが変わる

IS6FXはCFD取引にも対応しています。

CFDとは、貴金属や株価指数、ガソリンや原油が該当するエネルギー銘柄など様々なコモディティを取引し、それら取引商品の売り・買い時の差額で利益を狙う取引のことです。

CFDは銘柄ごとにレバレッジが異なります。以下の表でそれぞれのレバレッジを確認しましょう。

全CFD銘柄のレバレッジ一覧表
取引銘柄(種別) 取引銘柄(シンボル) レバレッジ
貴金属 金(XAU/USD) 1,000倍
銀(XAG/USD)
株価指数 DAX 100倍
JP225
HK50 50倍
NASDAQ
S&P500
UK100
US30
エネルギー Brent
WTI

CFD銘柄の中では、貴金属のレバレッジが1,000倍と最も高いです。それ以外の銘柄は100倍もしくは50倍で、FXと比べて低い水準に設定されています。

各銘柄でレバレッジにかなり開きがあるので、CFD取引をする際には必ずチェックするようにしましょう。

他社とのレバレッジ比較

レバレッジ比較
ここでは、他社とのレバレッジ比較をしていきます。

比較した結論としては、IS6FXのレバレッジは業界トップクラスで、CFD銘柄においては貴金属のレバレッジがほかの業者よりも圧倒的に高いことがわかりました。

以下の項目で、他社とのレバレッジの違いについて詳しく見ていきましょう。

IS6FXの最大レバレッジは他社より高め!

まずは、FXのレバレッジを比較します。

比較対象はIS6FXのスタンダード口座と、海外FXを代表するような人気業者の一般向け口座です。

他社とのレバレッジ比較表
業者名(口座タイプ名) 最大レバレッジ
IS6FX
(スタンダード口座)
1,000倍
XM Trading
(スタンダード口座)
888倍
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1,000倍
AXIORY
(スタンダード口座)
400倍
Titan FX
(スタンダード口座)
500倍
LAND-FX
(Live口座)
500倍

比べてみると、IS6FXのレバレッジが非常に高いことがわかります。

レバレッジが高い分少ない資金でも他社より大きな金額を取引できるため、利益効率が非常に高いと言えます。効率よくトレードをしたい方にはうってつけの業者と言えるでしょう。

ただ、IS6FXでは1,000倍という高いレバレッジをトレーダー自身は変更できない点に注意が必要です。レバレッジ倍率を下げて、「損失が膨らみやすい」というハイレバレッジ特有のリスクを減らすことができません。

多額の損失を防ぐためにも、注文ロット数を調整して資金管理をしっかり行いましょう。

CFDのレバレッジは他社と比べて平均的

続いて、CFD銘柄のレバレッジを比較します。比較対象は、IS6FXのCFD銘柄と人気海外FX業者のCFD銘柄のレバレッジです。

主要CFD銘柄のレバレッジ比較表
業者名(口座タイプ名) 銘柄「貴金属」 銘柄「株価指数」 エネルギー
JP225 NASDAQ Brent WTI
IS6FX
(スタンダード口座)
1,000倍 100倍 50倍
XM Trading
(スタンダード口座)
400倍 200倍 100倍 66.6倍
GEMFOREX
(オールインワン口座)
1,000倍 200倍 100倍 66.6倍
AXIORY
(スタンダード口座)
100倍 20倍
TITAN FX
(スタンダード口座)
500倍

ほとんどの銘柄のレバレッジは平均的かやや低めですが、貴金属のレバレッジは1,000倍という非常に高い数値です。

貴金属のハイレバレッジトレードにはIS6FXかGEMOFREX、ほかの銘柄でのハイレバレッジトレードはTitanFXがぴったりです。GEMFOREX・Titan FXの細かい情報は、以下の記事を参考にしてください。

【GEMFOREXの評判・口コミ】ゲムフォレックスの安全性を辛口評価この記事では「GEMFOREXの評判が知りたい」という人のために、実際に使っているトレーダーの口コミをまとめて紹介。 その口コミを...
【TitanFXの評判と口コミ】悪評・デメリットも暴露します TitanFX(タイタンFX)は、制限なし500倍のレバレッジ&業界最狭水準のスプレッドを兼ね備えていながら、スキャルピングの制...

CFDは、同じ銘柄でもレバレッジは業者ごとに様々です。事前に取引したい銘柄が決まっているときは、各業者のレバレッジを確認してご自身に合ったレバレッジ倍率でトレードしましょう。

IS6FXのレバレッジ制限

IS6FXのレバレッジ制限ルール
たいていの海外FX業者は、一定の条件を満たしたときに最大レバレッジを下げる「レバレッジ制限」を行います。それはIS6FXも例外ではありません。

IS6FXの場合は口座残高が200万円を超えると、レバレッジが500倍や200倍に制限されます。レバレッジを一定に決めて資金や取引状況を管理しやすくするためにも、レバレッジ制限のルールはしっかり身につけておきましょう。

IS6FXにおいてレバレッジ制限が設けられているのは、スタンダード口座とマイクロ口座のみ。プロ口座とレバレッジ6,000倍口座にはレバレッジ制限はありません。

口座残高が一定量を超すとレバレッジ制限がかかる

IS6FXでは口座残高が規定の額を超えると、自動的にレバレッジが下がります。口座残高とレバレッジの関係は、次の表をご覧ください。

口座残高※ レバレッジ
~200万円未満 1,000倍
200万円~500万円未満 500倍
500万円~1,000万円未満 200倍
1,000万円~ 100倍

※レバレッジ制限に関わるのは口座残高であって、ボーナスを含む有効証拠金ではありません。
上記の通り、スタンダード口座・マイクロ口座でレバレッジ1,000倍を利用できるのは口座残高200万円未満の時のみです。

口座残高が200万円~500万円未満は500倍500万円~1,000万円未満は200倍1,000万円以上は100倍とレバレッジが下がっていきます。

レバレッジ1,000倍を維持したい場合は、口座残高が200万円以下になるよう出金して調節する必要があります。

政治・経済に影響するイベント前後はレバレッジ制限の可能性あり

基本的には口座残高によってレバレッジ制限がかかりますが、政治や経済に影響を与えるイベントの前後もレバレッジが制限される可能性があります。

レバレッジ制限がかかりうるイベント例
  • 欧州中央銀行の会見
  • 主要国の総選挙
  • 政治が大きく動く国民投票

レバレッジ制限が行われたイベントの例として、2020年11月3日に行われたアメリカ大統領選が挙げられます。以下が、当時IS6FX公式が出したお知らせと制限内容です。

平素より弊社IS6FXをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

現地時間の2020/11/3(火)は、アメリカ大統領選挙に伴い、国際金融市場は流動性の低下、相場の急激な変動によりスプレッドの幅は拡大し、価格差が生じる恐れがあります。
IS6FXでは、これらのリスクに備えてお客様を保護するべく、お客様の口座の必要証拠金の引き上げ(レバレッジ比率の変更)を一時的に実施いたします。
ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

実施期間 日本時間2020年11月3日(火)7:00~2020年11月5日(木)7:00
対象通貨ペア 全ての通貨ペア
変更後のレバレッジ 200倍

レバレッジ制限がかけられる場合は、上記のようなお知らせが実行日の数日前に届きます。制限がかかる前に、トレード中のポジションは決済するなどの対応をとりましょう。

ロット数による制限はない

海外FXでは、保有ロット数によるレバレッジ制限ルールを設けている業者もあります。ただ、IS6FXでは保有ロット数でレバレッジ制限はかかりません

最大ロット数以内であれば、レバレッジ制限を気にせず好きなロット数で取引可能です。

ただ、10lot以上を取引する際にはIS6FXへの事前連絡が義務となっています。連絡を怠ると出金拒否などのペナルティにつながるので、大口取引をする際は気を付けましょう。

含み益を抱えてもレバレッジは制限されない

海外FX業者において、含み益もレバレッジ制限の対象にしているところは多いです。しかし、IS6FXでは含み益をどれだけ抱えてもレバレッジは制限されません

含み益とは、まだ決済していない利益のことを指します。
ちなみに似た言葉で「含み損」がありますが、こちらは決済していない損失を指す単語です。

含み益の額に応じてレバレッジが制限されるのは、海外FXではよくある話。XMなどの大手海外FX業者も導入しているレバレッジ制限ルールです。

含み益にレバレッジ制限のルールが課せられていると、利益を出している時にもストレスを感じます。IS6FXでは制限を気にせずに含み益を最大限大きくできるので、トレーダーとしてはありがたいですね。

口座残高を調節してレバレッジ制限を解除しよう

IS6FXで一度かかったレバレッジ制限は、「口座残高を出金する」ことでしか調節できません

具体的に言うと、口座残高が200万円以下になるよう出金すれば、元のレバレッジ1,000倍でトレード出来るようになります。

サポートセンターへ連絡しなければ制限の解除ができない業者と比べると、IS6FXのレバレッジ制限の解除方法は非常に簡単です。

ただ、出金時にはボーナスが消滅してしまうなどの注意すべきポイントも。IS6FXの出金ルールは以下の記事で詳しく解説しているので、参考にして出金してみてください。

IS6FXの出金方法と手順!手数料や日数&出金拒否の真相も解説(旧is6com) 2016年より運営されていたis6comが『TECWorld』グループに買収され、リニューアルという形で再スタートした海外FX業...

レバレッジの設定・確認方法

レバレッジの設定・確認方法
ここからは、レバレッジの設定方法と、実効レバレッジの確認方法について解説していきます。

実効レバレッジとは、資産と含み損益を合わせた金額の何倍の通貨量をトレードしているかを示す数値。
この数値が大きいほど、証拠金に対してトレード金額が大きく、ハイリスク・ハイリターンな取引であることを表します。

トレーダーはレバレッジを変更できない

レバレッジの設定方法ですが、結論から言うとトレーダー自身がレバレッジを設定・変更することはできません

ですので、IS6FXレバレッジが変動するのは次の場合のみ。

レバレッジが変動するとき
  • 口座残高が規定量に達してレバレッジ制限がかかったとき
  • 政治・経済状況に伴ってレバレッジ制限が行われるとき

いずれもレバレッジ制限が行われたときで、自分の好きなタイミング・希望するレバレッジに変更することはできません

しかし、それでもレバレッジを変更したいときは「追加口座をたてる」方法があります。

追加口座の口座タイプや残高を元の口座と変えることで、異なったレバレッジ倍率でのトレードが可能です。どうしても違うレバレッジ倍率を利用したいときは、追加口座をたててみましょう。

実効レバレッジは計算して確認しよう

「現在資金の何倍の金額をトレードしているのか」を示す実効レバレッジ。この数値が大きいほど、そのポジションのリスクが高いことを意味しています。

リスクを知るためにも大切な実効レバレッジですが、IS6FXではマイページや取引ページでの確認はできません。実効レバレッジを知りたいときは、以下の計算式で求めましょう。

実効レバレッジの求め方
  • 実効レバレッジ=ロット数×レート÷有効証拠金

資金に対して取引量(ロット数)が多いと実効レバレッジが高くなり、大きな損失が発生した時の強制決済機能「ロスカット」が執行されるリスクが高まります。

取引中は定期的に実効レバレッジをチェックし、リスク管理を行うことが大切です。

ハイレバレッジを活かす取引手法

ハイレバレッジと相性のいいトレード手法
IS6FXは、海外FXの中でもレバレッジが高い業者です。この章では、そんなIS6FXのハイレバレッジを最大限活かすトレード手法をご紹介します。

スキャルピングがおすすめ

ハイレバレッジと相性がいいのは「スキャルピング」です。

スキャルピングとは、数秒から数分の間に発生するわずかな利益を狙う超短期型トレード手法
短期間のうちにトレードを何度も繰り返して、小さな利益を積み重ねていきます。

スキャルピングは小さな利益を狙うので一回のトレードで得られる利益が少なく、何度もトレードしなくてはいけません。

しかしハイレバレッジを活用することで数pipsの利益が何倍にもなり、利益率が向上します。さらに一度に得られる金額が増加するので、トレード回数も抑えられます

スキャルピングとハイレバレッジトレードを掛け合わせることで、何回もトレードする時間や手間を軽減することが可能です。IS6FXでトレードする際は、ぜひスキャルピングを試してみてください。

以下の記事では、ハイレバレッジでスキャルピングを行う際の注意点やメリット・デメリットを詳しく解説しています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

海外FXスキャルピング手法!ハイレバスキャルで稼ぐコツ特徴を活かした海外FX口座を使いこなす手法 当コンテンツでは、海外FXユーザーにしかできない最大限海外FXの特徴を活かした...

ハイレバレッジトレードをする時の注意点

ハイレバトレードの注意点
ハイレバレッジトレードは、利益率が高いのと同時にハイリスクな取引です。レバレッジ1,000倍のIS6FXでは、以下4つのポイントに注意してリスクを抑えましょう。

ハイレバレッジトレードでの注意点
  • 為替変動が激しい時は取引しない
  • 相場予測ができない時はトレードを控える
  • 週をまたぐトレードはしない
  • 損切りラインを決める

為替変動が激しい時は慎重に取引をする

為替変動が激しくなるとき
  • 年末年始やクリスマスなど、世界共通のイベントがあるとき
  • アメリカの雇用統計など、政治や経済に大きな影響があるイベント発生時

上記時間帯に行う取引は慎重に行いましょう。激しい為替変動は、一時的な大きい損失を発生させやすいためです。

為替が思わぬ方向に変動して損失が大きく膨らむと、最悪ロスカットに繋がります。ロスカットを起こさないためにも、為替変動が激しい時は慎重な取引を心掛けましょう。

ちなみに、世界中の国が祝日になる年末年始・クリスマスは市場が閉まるため、下記の時間帯は取引できません

取引ができない時間帯
  • クリスマス→12/25 2:00〜12/26 16:05
  • 年末年始→1/1 2:00〜1/2 16:05

以上の取引停止期間の前後は相場が荒れる可能性があるため、取引は慎重に行いましょう。

相場予測ができない時はトレードを控える

ハイレバレッジトレードにかかわらず、経済に大きな影響を与えるイベント発生時など相場予測が立たない時はトレードを控えましょう

相場予測がたたないとは、為替がどちらに変動するか全く想像もつかない状態。そんな状況でのトレードは、ギャンブルと変わりません

分析し、根拠をもって相場の予測がたてられる状態、または相場が落ち着いてからトレードを再開しましょう。

週をまたぐトレードに注意

土日をまたぐハイレバレッジトレードには注意が必要です

週末に経済や政治に大きな影響があると、それをみたトレーダーたちが一斉に注文をして、月曜日の開場と同時にレートが大きく開く「窓開け」現象が起こります。このレート変動が思わぬ方向にいくと、急激に大きな損失が発生してしまいます。

週末に情勢が動きそうであれば、週をまたぐトレードはせずリスク回避をしましょう。

政治や経済に影響を与えそうなイベントがなくても、TwitterなどSNSの発言でも相場が動くことがあるので注意が必要です。

損切りラインを決める

損切りすることで期待できる効果
  • 機械的に取引を決済するので、無駄な損失を最小限に抑えられる
  • 予期できない大きな変動がない限りロスカットされない

IS6FXでのハイレバレッジトレードでは、上記の効果が見込める損切りを必ず行いましょう

損切りとは、損失を抱えているポジションを決済すること。
損切をする「損切りライン」をロスカットラインよりも高く設定することで、ロスカットされるのを防ぎます。

損失が出た時、「もう少し待てば、損失が軽くなるかもしれない」という思考に陥りがちです。待った結果損失が拡大してしまった、こんなことは損切りで機械的に決済することで起きなくなります。

またIS6FXのロスカットラインは50%で、海外FXの中だと平均的です。

ロスカットを起こさないためにも、ロスカットを起こすほどの大きな損失を出さないためにも、損切の設定は必ず行っておきましょう。

数量限定のレバレッジ6,000倍口座とは?

数量限定の6,000倍口座
この章では、業界トップのレバレッジ倍率を誇る「レバレッジ6,000倍口座」の概要・特徴を解説しています。

現在レバレッジ6,000倍口座は新規口座開設の受付停止中です。今後口座開設ができるキャンペーンが開催されるかもしれないので、IS6FXの情報はチェックしておきましょう。

レバレッジ6,000倍口座の概要

まずは、レバレッジ6,000倍口座の概要から見ていきます。ほかの口座タイプと比較した次の表をご覧ください。

取引条件
スタンダード口座 マイクロ口座 プロ口座 6,000倍口座
レバレッジ 最大1000倍 400倍 6,000倍
ロスカット 証拠金維持率が50%を下回ったとき
取引方法 MT4
利用制限 なし ボーナス付与対象外 ボーナス付与対象外
EA利用不可
ボーナス付与対象外
EA利用不可
6,000倍口座への資金移動不可
全保有ポジションの含み益の合計が50万円を超えたら強制決済
通貨・ロット
スタンダード口座 マイクロ口座 プロ口座 6,000倍口座
通貨ペア 31通貨
基本通貨 JPY、USD
注文単位 1ロット
(100,000通貨)
1ロット
(1,000通貨)
1ロット
(100,000通貨)
最小/最大ロット数 最小:0.01ロット(50通貨)
最大:30ロット
最小:0.05ロット(1,000通貨)
ロット最大:100ロット
最小:0.01ロット(1,000通貨)
最大:30ロット
最小:1ロット(100,000通貨)
最大:30ロット
1口座の最大保有ポジション数 30
取引手数料 無料
入出金
スタンダード口座 マイクロ口座 プロ口座 6,000倍口座
最低入金額 50ドル 1,000ドル 50ドル
入金手数料 入金額20,000円以上:無料
入金額20,000円未満: 1,500円
出金手数料 月1回までは無料
2回目以降は出金額の2%

上記の表をまとめると、以下がレバレッジ6,000倍口座の特徴と言えます。

  • レバレッジは常に6,000倍で固定。レバレッジ制限はない。
  • 最小ロット数は1ロット(100,000通貨)
  • 利用制限が厳しい。

これらの特徴をまとめると、資金が少ない方やレバレッジを活かした大口取引をしたい方にはおすすめです。

反対に、取引制限が厳しくレバレッジも常に固定なので、自動売買をしたい方や少額取引をしたい方には向いていません

6,000倍口座の特徴のひとつ「取引制限が厳しい」ことに関しては、以下で詳しく解説していきます。

レバレッジ6,000倍口座は利用制限がきつい

6,000倍口座の取引制限
  1. 入金は3万円まで
  2. EAは利用不可
  3. ボーナス・キャンペーン付与対象外
  4. 含み益が50万に達したら強制決済
  5. 6,000倍口座への資金移動不可

6,000倍口座は、IS6FXの中でも特別取引制限が多い口座タイプです。

まず、6,000倍口座の入金上限額は3万円です。

3万円の証拠金で6,000倍の金額である1億8千万円をトレードすると、小さな値動きですぐにロスカットされます。入金可能な金額が少ない分、ロット数を抑えてコツコツトレードしなくてはいけません。

またEAは利用できず、ボーナスも付与対象外です。IS6FXの豪華なボーナスを利用しようと考えているのであれば、レバレッジは落ちますがスタンダード口座を利用しなくてはいけません。

さらに保有する全ポジションでの含み益が50万円に達すると、強制的にポジションが決済されます。6,000倍口座はレバレッジ倍率が高い分簡単に大金を稼げますが、一度に得られる利益は最大で50万円までです。

さらに、6,000倍口座への資金移動も制限されています。6,000倍口座で損失を出した場合、別口座で出した利益でカバーすることはできません。ちなみに、6,000倍口座から別口座への資金移動は可能です。

レバレッジが6,000倍のため利益が出しやすい分、利用制限が厳しく扱いが難しい口座と言えるでしょう。

まとめ IS6FXのレバレッジはトップクラス

まとめ
今回は、IS6FXのレバレッジについて解説してきました。

IS6FXは比較的レバレッジが高く、他の海外FX業者よりも少額からの取引が可能です。

ただハイレバレッジトレードは、損失も膨らみやすい危険性も持っています。ほかの業者よりもレバレッジが高い分、リスク管理はより注意して行わなければいけません

ハイレバレッジトレードの危険性を理解したうえで、IS6FXで資金効率のいいトレードをしましょう。

【2021年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

海外FX口座比較.comのヘッダー画像

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~7位