海外FXの入金・出金に使えるビットコインとは?入出金方法を写真付きで分かりやすく解説

ビットコインの利便性!海外FX口座の入出金でも大活躍!

海外FX口座のビットコイン入出金
今回は海外FX業者の不便な入金・出金を改善するビットコインの入金・出金方法についての説明をしていきます。

現在、海外FX口座の入出金時に不便な点として

  • 入出金時の手数料が多くとられる
  • 入出金に時間がかかる

などがあげられます。

しかし2017年3月以降に増えてきたビットコインの入金・出金によってこれまでの煩わしさがなくなり、ネット上では新たな

そこで、今回はビットコインの説明とビットコインで海外FX業者の入出金を行う際のメリットについて説明していきます。

そもそもビットコインとは?

ビットコインについて

ビットコインで海外FX口座の入出金時の問題が解決できるということを上で説明しました。

しかし、そもそもビットコインが何かよくわかっていないという人もいると思います。
そこで、ここではビットコインとは何かについて説明していきます。

簡単に説明すると、ビットコインとは代表的な仮想通貨の一つで単位としてはBTCが使われています。
1円、2円と日本円を数えるのと同じでビットコインは1BTC、2BTCと数えます。

では、そもそも仮想通貨とは何なのでしょうか?
仮想通貨とは、簡単に言うと国家に属さずにインターネット上にしか存在していない通貨のことです。

円やドルなどであれば、日本やアメリカなどのようにどこかの国で使われる通貨として存在しており、国をまたぐと円→ドルのように両替する必要が出てきます。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨は、国を超えて世界中で日常的に使われることを目指して作られています。

また、円であれば100円硬貨や1万円紙幣のように硬貨や紙幣が存在します。
しかし、ビットコインなどの仮想通貨はインターネット上にしか存在しないため硬貨や紙幣は存在しません

このように世界中で使うことができるインターネット上の通貨を仮想通貨と呼びます。

この仮想通貨の代表的なものでいうと

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル

などが存在します。

これらは仮想通貨の中でもとくに有名ですが、これ以外にも知らないだけで無数に仮想通貨は存在しています。

その中で最も有名で仮想通貨の代表とも呼べるものがビットコインなのです。

海外FX口座の入出金でBitcoinを使う仕組みとメリット

ビットコインの仕組みについて

ここまででビットコインとは何かについて説明してきました。

では、そのビットコインが海外FX口座の入出金時にどのように使うことができるのかについて説明していきます。

ビットコイン入出金の仕組み

まずは、海外FX口座の入出金でどのようにしてビットコインを利用するのかについて説明していきます。

まず、ビットコインを保有するにはビットコイン専用の財布が必要になります。

その財布のことをビットコインウォレットと言います。
ビットコインはネット上にしか存在しないためこのビットコインウォレットも同様にネット上に存在し、誰でも開設することができます。

入出金の際はこのビットコインウォレットと海外FX口座でやり取りを行うことになります。

入金の際は、

銀行口座→ビットコインウォレット→海外FX口座

という流れで入金します。

逆に出金する場合は、

海外FX口座→ビットコインウォレット→銀行口座

という流れで出金します。

これだけ見ると手間が増えて逆に面倒になったように感じます。
しかし、現在はまだ少ないですが、ビットコインで直接買い物もできるためわざわざ銀行口座に移すことなく利用することもできます。

また、ビットコインを直接利用しないという人にも海外FX口座のビットコイン入出金には様々なメリットが存在しています。

入出金に利用するメリット

ビットコインでの入出金のメリットについて

ここからは、ビットコインを利用して海外FX口座の入出金をする際のメリットについて説明していきます。

入出金時の手数料が安い

まず、メリットの一つ目は「入出金時の手数料が安い」ということです。

最近では、海外FX口座からの入金の際はクレジットカードやデビットカードを利用することで手数料を無料に抑えることができます。

また、クレジットカードやデビットカードでの出金も同様に手数料がかかりません。
しかし、クレジットカードやデビットカードでの出金の際はそのカードを使って入金した金額までしか出金を行うことはできません

つまり、利益が出て出金を行いたい場合は出金方法になってしまいます。
その際によく使われるのが海外送金という方法です。

これを使う場合も海外FX業者としては手数料無料としています。
しかし実際には、中継銀行手数料、着金手数料などが別でかかってしまい、3000円前後必要になってしまいます。

そのため、国内FX口座に比べるとどうしてもお金がかかってしまいます。

しかし、ビットコインで入出金することによって手数料は入出金額の0.5%ととても安く済ませることができます。

反映されるスピードが早い

反映スピードが早いということも海外FX口座へのビットコイン入出金のメリットになります。

クレジットカードでの入金であれば、入金後すぐに海外FX口座で反映されるため不便を感じることはないと思います。

しかし、クレジットカードでの出金は反映は早いのですが、海外FX口座への入金をキャンセルする形で出金されるので入金した金額以上は他の出金方法になってしまいます。

しかし、ビットコインを利用して海外FX口座の入出金を行う場合には
入金の場合:クレジットカードと同様に海外FX口座に即反映
出金の場合:24時間以内にはビットコインウォレットに反映
(※海外FX業者によって速さは異なります)
と海外FX口座の入出金にビットコインを利用することでとても早く入出金を行うことができます。

ビットコインを海外FXの入出金で利用する際の注意点

ビットコインで入出金を行う際の注意点

ここまでで、海外FX口座の入出金でビットコインを利用するメリットについて説明していきました。

しかし、ビットコインで入出金を行う際にいくつかの注意点があります。
ここでは、その注意点について説明してきます。

ビットコインの価格は大きく動き続けている

まず、一つ目の注意点としてはビットコインの価格は日々大きく変動し続けているということです。

ビットコインは価格の変動が激しく1日10%以上動くということも珍しくはありません。

それがひと月たつと数十万円の差になったりもします。
もし、1BTC=50万円の時点で1BTC(50万円)を海外FX口座に入金し、2倍に増やしたとしてもその間にビットコインの価格が1BTC=110万円になっていることもあります。

この時に出金してしまうと、出金額は0.91BTCしか出金できません。
FXでは儲けたはずなのにこれでは損になってしまいます。

逆に1BTC=100万円の時に1BTCを海外FX口座に入金し、2倍に増やしている間に1BTC=50万円になると、出金額は4BTCになります。

このように海外FX口座でビットコイン入出金を行う際はそのタイミングを気にする必要があります

 

入金額までしか出金できない業者もある

クレジットカードでも同様の仕組みがありましたが、ビットコインでも海外FX業者によって入金額までしか出金できない場合があります

当サイトで紹介している海外FX業者に関してまとめると

海外FX業者 入出金可否 出金の条件
GEMFOREX 可能 $3万まで
XM 可能 $5~入金額まで
AXIORY 可能 $100~$3000
審査を通過すれば$3000以上も可
TitanFX 不可
LAND-FX 不可

となっています。

このように入出金の条件は海外FX業者によって異なるので、HP等で確認してみてください。

ビットコインを使える店が少ない

ビットコインは仮想通貨で最も普及して入るもののまだ本来の通貨としての役割の一つでもある、買い物等に使うことはほとんどできません

ビットコインを通貨として利用する場合、基本的に一度日本円に変えて利用しなければなりません。

現在、利用できる場所としては
ビットコインモールやDMM.comなどの通信販売やビックカメラやメガネスーパーなどの一部の店だけです。

今後、使える場所は増加していくことが予測されますが、現状ではまだまだ日本円に変えなければほとんど使えません。

Bitcoinまとめ

海外FXの口座でビットコイン入出金を利用する方法についてのまとめ

海外FXの口座でビットコイン入出金を利用する方法については理解していただけたでしょうか?

ビットコインを利用して海外FX口座の入出金を行うことによって、

  • 入出金時の手数料が安い
  • 反映されるスピードが早い

というメリットが存在しました。

しかし、一方でビットコインを海外FXの入出金に際に

  • 価格の変動が激しい
  • 業者によっては入金額までしか出金できない
  • ビットコインを使える店が少ない

という注意点もあります。

現在、ビットコインなどの仮想通貨はまだ浸透していないですが、今後世界中で利用できる場所が増えていくと思われます。

日本でも2020年の東京オリンピックにで海外からの入国者も増えるため、日本の多くの場所でも利用できるようになっていくことも考えられます。

そのため、仮想通貨を持っていて早くから利用しておくということに損はないと思います。