海外FXのECN口座とは?STP口座と徹底比較!

口座タイプの違い!海外FXのECN口座とは?

海外FXの口座タイプの違いとは?
当コンテンツでは、海外FX業者の「ECN口座」と「STP口座(スタンダード口座)」についての説明をしていきます。

海外FX業者に登録をしようとすると聞きなれない「STP口座」や「ECN口座」という口座のタイプを選択する必要が出てきたのではないでしょうか?

しかも「よくわからないからとりあえずスタンダード口座を選んでおこう」と簡単に決めてしまう方も多いかと思います。

ただこの両口座タイプについてきちんと違いを理解している人は少ないのが事実。

しかし本来であれば海外FX口座を開設する際にきちんと考えて、自分に会った口座タイプを選ぶ必要があります。

そこで、今回は海外FXで度々見かけるECN口座について説明していきます。

海外FXの口座タイプの違いとは?

海外FXの口座タイプECNとSTP

ここでは、海外FXを始める際に選択する必要のあるSTP口座とECN口座について紹介していきます。

まずECN取引というのは、トレーダーからの注文が直接インターバンク市場に流れ、インターバンク市場に参加しているトレーダーの注文がマッチングされると売買注文が成立し執行される取引方法のことをいいます。

一方海外FX業者を経由してリクイディティプロバイダー(金融機関)から提示されてくる最も最適なレートとマッチングされるのがSTP取引となっています。

両取引タイプとも途中に海外FX業者のディーラーが取引の仲介をしていない分、透明性の高い取引だと言われています。

特にインターバンクと直結しているECN取引は現段階では最も信頼性の高い取引だとされています。

では、STP口座とECN口座がトレーダーの体感的にどんな特徴があるのか、また実際どんな仕組みになっているのか詳しく見ていきましょう。

ECN口座とは?

ECN口座とは?

ECN口座とは「Electronic Communications Network」の略で、電子取引所の中で取引を行う口座タイプをいいます。

トレーダーの注文は中立的な立場にある電子取引所に直接流され、そこで適切な価格でマッチングされるのです。

海外FX業者はというと、流れてきた多くのトレーダーの注文をLPと呼ばれる「リクイディティプロバイダー」が開示する価格とマッチングさせるだけ。

仲介も経由もせず、ただ適切な価格同士でマッチングさせるだけですので、スプレッドも低く済みます。

ちなみにECN口座によくある手数料というのは、海外FX業者が電子取引所にアクセスするための費用(外付け費用)のことをいい、これを注文価格に上乗せしているのです。

そんなECN口座の特徴は以下になっています。

ECN口座の特徴
  • スプレッド:狭い
  • 手数料:あり
  • 約定:急激な変動にも強い
  • 最低取引量:高め
  • 透明性:非常に高く、板情報が見れる

海外FX業者を仲介しない分、ECN口座の方がSTP口座に比べて中立な取引が行われている可能性が高いとも言われています。

STP口座とは?

STP口座とは?

STP口座は「Straight Through Processing」の略で、上記画像のように海外FX業者を経由してマッチングする口座です。

具体的にはトレーダーの注文を一旦海外FX業者の中にとどめ、その後システムで自動的にマッチングさせるというもの。

海外FX業者はLPから提供される価格の中から一番安い価格を選定し、その価格に業者で設定されていうスプレッドが上乗せされることになります。

そんなSTP口座の特徴は以下になるでしょう。

STP口座の特徴
  • スプレッド:やや広め
  • 手数料:なし
  • 約定:全体の取引量が少ない場合は強い
  • 最低取引量:低め
  • 透明性:並み~低い

ちなみに、確かに海外FX業者がディーラーになっている訳ではないですが経由しているので本当に透明性が高いのかどうかは、正直わかりかねます。カバー先が同グループの場合もあるかもしれませんので。

ただ、だからと言って必ずしもトレーダーの注文がおかしな動きをしているわけではないと思いますので、そこは用途次第でしょう。

 
ではここからはECN口座とSTP口座のそれぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

ECN口座のメリット

ECN口座のメリット

ここからはECN口座のメリットについて紹介していきます。

透明性がめっぽう高いECN口座には、以下の5つのメリットがあります。

  1. 板情報が見れる
  2. 約定拒否が発生しない
  3. 約定スピードが圧倒的
  4. 取引コストが低い
  5. 手数料を経費として計上できる

それぞれ見ていきましょう。

板情報が見れる

ECN口座の最も大きなメリットといっても過言ではないのが、この板情報です。

axioryの板情報
※AxioryのcTraderで見れる板情報

板情報というのは各レートにある注文量が見れる掲示板のようなものをいい、この価格にどれだけ売り・買いで注文が入っているかを把握することができます。

板情報を見ることができれば、「売りが多いから下がりそうだな」や「反転しそうだな」といったトレンドの予想もしやすくなるのです。

この板情報は、中立の立場である電子取引所にあるサーバーが価格を全て瞬時に管理しているおかげで提供されており、海外FX業者がマッチングしているSTP口座ではできません。

トレンドが見分けられるというのは非常に便利ですね。

約定拒否が発生しない

2つ目のメリットは、約定拒否が発生しないことです。

ECN口座では、トレーダーの注文とLPからのマッチングが自動で行われているので、基本的に約定拒否はあり得ません。

さらに実際はトレーダー対LPでマッチングされるだけでなく、トレーダー対トレーダーでマッチングされることもあります。

これも全て適切な価格になった場合ですが、サーバーで自動化されている分、意図的な約定拒否は起こらないのです。

約定スピードが圧倒的

続いて、約定スピードについてです。

何度も言うようにECN口座では電子取引所で注文・成立までしますが、直接注文が電子取引所に流れているだけ約定スピードも速くなっています。

一方STP口座では、海外FX業者がマッチングさせているので、経由される海外FX業者によっては約定が遅れる場合もあるのです。

約定スピードはスキャルピングなどでは特に重要なポイントにもなるのでチェックしておきましょう。

取引コストが安い

ECN口座の4つ目のメリットは取引コストが安いということです。

取引コストに関して両タイプで比較してみますと、

STP口座:スプレッド
ECN口座:スプレッド+手数料

と言うようにSTP口座と違い、ECN口座の場合はスプレッドに加え手数料も払う必要があります。

これだけ聞くと、ECN口座の方が取引コストが高いように感じます。

しかしECN口座のスプレッドはそもそもかなり低く設定されているため、手数料を合わせてもSTP口座より安く取引を行うことができます。

例えばXMのSTP口座とECN口座におけるUSD/JPYで比較してみますと、

XMのSTP口座
  • USD/JPYの平均スプレッド:1.8pips
  • 取引手数料:無料

合計コスト:1.8pips

XMのECN口座
  • USD/JPYの平均スプレッド:0.1pips
  • 取引手数料:往復1ドル

合計コスト:1.1pips

このように、実質のコストはSTP口座のほうが高くなってしまうのです。

手数料を経費として計上できる

これはECN口座において盲点ともいえるメリットですが、ECN取引に発生する手数料は外付け手数料なので、この分を経費として計上することができます。

一方STP口座では、実質コストがスプレッドに含まれてしまうため経費にはできません。

そうなりますと前項で説明したXMのECN口座は、経費を計上すれば実質0.1pipsのコストしかかからないと言えますね。

大きな取引をECN口座で行っている方は税金対策にもなって一石二鳥と言えるでしょう。

 
さてここまで、ECN口座のメリットについてみてきました。約定の強さ・速さや板情報など、トレーダーにとって申し分のない環境が整っていると言えます。

では次に、STP口座のメリットを見ていきましょう。

STP口座のメリット

STP口座のメリット

ここまでの内容ですと、100%ECN口座のほうが有利だと思われるかもしれませんが、実はSTP口座が優れている点もあります。

それは、こちらの2つです。

  1. 最大レバレッジが高い
  2. ボーナスが豊富

それぞれ見ていきます。

最大レバレッジが高い

STP口座の大きなメリットとして、最大レバレッジが高いというのがあります。

そもそも海外FX業者の特徴として、ハイレバレッジでの取引ができるということは知っている人も多いと思います。

実は、海外FX業者の最大レバレッジとして掲載されているものはSTP口座の最大レバレッジであることがほとんどです。

XMも最大888倍のレバレッジが使えるのはSTP口座(スタンダード口座とマイクロ口座)のみ。

ECN口座であるZero口座は500倍です。

XMのレバレッジの違い

500倍でも十分大きいですが、最大レバレッジで大きなトレードを求める方はSTP口座のほうがおすすめでしょう。

ボーナスが豊富

海外FX業者にもよるのですが、多くの海外FX業者ではECN口座にはボーナスを与えていない場合があります。

口座開設で3000円、入金時にも入金額と同様の額をボーナスとしてもらうことができるXMでもECN口座に対してのボーナスはありません

このように海外FX業者をボーナス目当てで開設するという場合はSTP口座を開設することをおすすめします。

手法別適している口座タイプまとめ

手法別適している口座タイプまとめ

ここまで、海外FX業者のECN口座とSTP口座について説明してきました。

それぞれの特徴やメリットについて紹介してきましたが、両者ともに一長一短があるのでどちらの口座タイプが自分に向いているのかというのがわからないという方もいると思います。

そこで、ここからは先ほど紹介したメリットを基に手法別で適している口座タイプの紹介をしていきます。

スキャルピング

スキャルピング

まず、海外FX業者を使ってスキャルピングを行いたいという方に向いているのはECN口座です。

海外FX業者でスキャルピングを行いたい場合に見るポイントとしては

  • レバレッジの高さ
  • 約定力の高さ
  • スプレッドの狭さ

というものがあります。

さらにECN口座の特徴として、約定力が高いスプレッドが狭いということがありました。

またレバレッジはSTP口座の方が高いですが、500倍前後もあれば十分だという人がほとんどだと思います。

そのため、海外FX業者を使いスキャルピングを行おうと考えている人にはECN口座がおすすめでしょう。

デイトレード、スイングトレード

デイトレード、スイングトレード

次にデイトレード、スイングトレードにおすすめなのがSTP口座です。

スキャルピングは短い時間で多くの取引を行うため、スプレッドの低さというのがとても大切になってきます。

しかし、一回の取引に時間をかけるデイトレードやスイングトレードではスプレッドの低さはそこまで関係ありません。

むしろ最大レバレッジやボーナスキャンペーンを重要視するので、多くのボーナスをもらい利益を拡大させることができる海外FX業者のSTP口座がおすすめです。

まとめ

海外FX業者のECN口座についてのまとめ

海外FX業者のECN口座については理解していただけたでしょうか?

海外FX業者のECN口座とは簡単に言うと、

「取引の際にブローカーを経由することなく直接取引ができる口座タイプ」

でした。

特にECN口座は約定力もさることながら、手数料が安いのでスキャルピングにはぴったりです。スキャルピングでどんどん稼いでいきたい方は是非ECN口座で口座開設をしてみてはいかがでしょうか?

海外FXならスキャルピング!おすすめ業者比較スキャルピング向きの海外FX業者は? 国内ではほとんどのFX会社で禁止されているスキャルピング。 多くの海外FX会社...

>>TOPへ戻る