海外FXでマイナンバーが不要な業者は?口座開設時の必要書類も紹介

海外FXでマイナンバーが不要な業者は?口座開設時の必要書類も紹介

2022年現在、日本国内のFX会社で口座開設するためには、マイナンバーの提出が必須です。

しかし中には、

  • マイナンバーの流出が怖い・・・
  • マイナンバーの発行のための手続きが面倒
  • マイナンバーの提出なしでFXトレードがしたい

という方もいるでしょう。

そこでこの記事では、FX取引におけるマイナンバーの以下の内容について解説していきます。

この記事の内容
  • マイナンバー提出が不要なおすすめ海外FX業者3選
  • 海外FXの口座開設にマイナンバーの提出がいらない理由
  • 海外FXの口座開設に必要な書類

マイナンバーの提出なしでFXトレードに挑戦してみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトでは、FX初心者にもおすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介しています。

関連:海外FXおすすめ口座ランキング2022年最新版!人気の業者を徹底比較

海外FXでマイナンバーが不要なおすすめ業者3選

国内FXと違って、海外FXでは基本的にどの業者でも口座開設時のマイナンバー提出は必要ありません。

しかし、海外FX業者の中には安全性が低く、出金拒否などの噂がある業者も存在します。

そこで今回は、マイナンバーが不要な海外FX業者の中でも特に安全性に定評のある業者を3社ご紹介していきます。

マイナンバー不要のおすすめ海外FX業者

どの海外FX業者も海外FXが初めての方でも安心して利用できる業者です。

マイナンバーの提出なしでFXトレードにチャレンジしたい方はぜひ参考にしてみてください。

XMTrading

マイナンバー提出が不要な海外FX業者-XMTrading(エックスエムトレーディング) 
XMTrading(エックスエムトレーディング)は、日本人利用者数No.1の人気海外FX業者です。

その知名度や実績から信頼性・安全性も非常に高く、FX初心者でも安心して利用できる海外FX業者でしょう。

さらに、最大レバレッジ1000倍&豪華なボーナスキャンペーンも特徴で、海外FXトレーダーの約7割がXMの口座を保有するといわれるほど。

XMTradingの特徴
  • 日本人トレーダーの人気No.1の海外FX業者
  • 3種類の豪華なボーナスキャンペーン
  • 最大1000倍のハイレバレッジ
  • 完全日本語対応のサポート
  • 運営会社の安全性・信頼性が高い

もちろん口座開設時にマイナンバーの提出は不要で、口座開設後すぐにトレードを始めることができます。

これから海外FXを始める方や、とりあえず人気の海外FX業者を利用したい方は、まずはXMで口座開設しておけば間違いないでしょう。

無料で口座開設する
(XM公式サイト)

GEMFOREX

マイナンバー提出が不要な海外FX業者-GEMFOREX(ゲムフォレックス) 
続いて紹介するのが、豪華なボーナスキャンペーンが特徴のGEMFOREX(ゲムフォレックス)。

GEMFOREXのボーナスは海外FX業者の中でも抜群に豪華で、最大2万円の口座開設ボーナスはFXトレーダーであれば利用しない理由はありません。

GEMFOREXのボーナスキャンペーン
  • 口座開設ボーナス
    :新規口座開設で最大2万円ボーナスを付与
  • 100%入金ボーナス(期間限定&抽選)
    :当選者限定で入金額の100%ボーナスを付与
  • 1,000%入金ボーナスジャックポット
    :5lot/日以上の取引で最大1000%の入金ボーナスの抽選権利獲得

GEMFOREXの最新ボーナス情報はこちら

加えて、口座開設したあと本人確認書類の提出なしでFX取引を始められるのもGEMFOREXの大きなメリットです。

GEMFOREXでは、出金する時に本人確認書類を提出すればOK。

面倒な手続きなしでFXトレードに挑戦したい方には、GEMFOREXは非常におすすめです。

無料で口座開設する
(GEMFOREX公式サイト)

AXIORY

マイナンバー提出が不要な海外FX業者-AXIORY(アキシオリー) 
AXIORY(アキシオリー)は、海外FX業者の中でも取引の透明性に定評のある海外FX業者です。

AXIORYの特徴
  • 取引・運営の透明性が高い
  • 顧客資金は全額信託保全
  • 業界最狭水準の低スプレッド
  • 約定力99.9%の高い約定力
  • cTraderが利用可能

AXIORYは、XMやGEMFOREXと比較するとボーナスキャンペーンは豪華ではありませんが、口座スペックや取引環境には非常に力を入れています。

そのため、取引スペックにこだわるFX中級者~上級者に人気の海外FX業者となっています。

もちろんマイナンバーの提出は不要ですので、以下のボタンから口座開設すればすぐにFX取引を始められます。

無料で口座開設する
(AXIORY公式サイト)

海外FXの口座開設にはマイナンバー提出は不要

冒頭でも説明したように、海外FXでは口座開設時にマイナンバーの提出は必要ありません。

しかし、国内FXでは必要なマイナンバーが海外FX業者ではどうして不要なのでしょうか?

その疑問に答えるためにこの章では、以下の内容について詳しく解説していきます。

  • そもそもマイナンバーの役割とは
  • 国内FXでマイナンバーが必要な理由
  • 海外FXでマイナンバーが不要な理由

それぞれ確認していきましょう。

そもそもマイナンバーの役割とは

総務省-マイナンバー制度の目的

そもそもマイナンバー制度は、以下の3つを目的として2016年に開始されました。

マイナンバー制度の目的
  1. 公平・公正な社会の実現
  2. 国民の利便性の向上
  3. 行政の効率化

マイナンバー制度は、日本に住民票がある人すべてに固有番号が配布され、「社会保障」「税金」「災害対策」に利用することを想定しています。

マイナンバーを国民に付与し、金融商品の取引を行った人のマイナンバーを控えることで、確定申告などの調査を簡易化できるようになりました。

保住
マイナンバーの導入により、お金の流れが見やすくなり課税の適正化に繋がりました。。

 

以上のことから、マイナンバーの目的の一つには「税金を手間なく確実に回収する」があると言えるでしょう。

国内FXでマイナンバーが必要な理由

GFMクリック証券やSBIFXトレードなどの国内FX業者では、口座開設時にマイナンバーカードを提出しなければなりません。

これは、マイナンバーの提出が日本の金融庁によって義務化されているためです。

SBIFXトレードのマイナンバー提出について

この規則は、FX取引で「誰」が「どのくらいの所得」を得て、「どのくらいの税金」を支払っているかを正確に把握するために定めれています。

マイナンバーカードの目的が課税の適正化であることを考えると、マイナンバー提出の義務化は適切な対応といえるでしょう。

海外FXでマイナンバーが不要な理由

一方、金融庁の管理を受けていない海外FX業者では、マイナンバー提出の義務はありません

マイナンバーの代わりに本人確認書類などの提出は必要ですが、マイナンバーの申請なしで簡単に海外口座の開設が可能です。

保住
ただ、金融庁の許可を受けていない海外FXに不安を感じる人もいるかもしれません

しかし、海外FX業者が金融庁の許可を受けていないのは日本の金融庁の審査が厳しすぎるため。FX業者の安全性に低いからではありません。

FX業者が金融庁の審査に通るためには、以下のような制限が課せられます。

  • 口座開設時のマイナンバー提出義務
  • 最大レバレッジ25倍の制限
  • スキャルピング制限

ハイレバレッジやスキャルピングを強みとしている海外FX業者にとっては、これらの制限は非常に大きなデメリットとなります。

そのため、日本の金融庁の審査を受けて信頼性を担保するよりも、海外FX業者として高いスペックを維持することを優先しているのです。

また、海外FX業者の多くは日本以外の金融庁などで「金融ライセンス」を取得してその安全性・信頼性を担保しています。

次の記事で、海外FXの金融ライセンスや安全性についても詳しく解説しているので参考にしてみてください。

関連:安全性の高い海外FX会社ランキング!安全な業者の選び方も解説

 

海外FXの口座開設に必要な書類

口座開設時に必要な書類は、海外FX業者によって異なりますが基本的には以下の2点です。

口座開設時の必要書類
  • 本人確認書類
  • 住所証明書類

各海外FX業者によってさらに細かいルールが設定されている場合があります。

口座開設時には公式サイトで確認しておきましょう。

本人確認書類

まず、海外FXの口座開設には本人確認書類の提出が必須です。

口座開設時に利用可能な本人確認書類
  • 自動車運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 外国人登録証・在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 障害者手帳
  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードも本人確認書類として認められていますが、必須ではありません。

    マイナンバーカードの発行がまだの方は、他の本人確認書類を準備しましょう。

    住所証明書

    また、海外FXの口座開設には住所証明書類の提出も必要です。

    口座開設時に利用可能な住所証明書類
  • 健康保険証
  • 住民票(写しも可)
  • 印鑑登録証明書
  • 公共料金請求書
  • 固定電話・携帯電話料金請求書
  • クレジットカード・銀行利用明細書
  • 納税通知書
  • 運転免許証でも現住所は確認できますが、住所証明書類は本人確認書類とは別の書類を提出する必要があります。

     

    海外FX業者によっては、必要書類と自分の顔が写ったセルフィー画像を求められることもあります。

    各海外FX業者の口座開設方法をよく読んで、提出書類に漏れがないように注意してください。

    海外FXでも確定申告時にはマイナンバーカードが必要

    海外FXでは口座開設時にはマイナンバー提出は不要ですが、確定申告時にはマイナンバーの提出が必要です。

    国税庁ホームページ内の所得税納税についての記載

    海外FXでは、一定以上の利益に対して確定申告の義務が生じる確認しておきましょう。

    海外FXで確定申告が必要になる人
    • 給与所得者:海外FXの利益が年間20万円以上
    • 非給与所得者:海外FXの利益が年間38万円以上

    また、一定金額以上の海外送金をした場合にも税務署から銀行へ支払調書等の書類提出が求められることがあります。

    さらに、海外FX口座に一定以上の資産を持った場合には、税務署に対して財産債務調書の提出義務も課せられます。

    財産債務調書

    海外FXでは口座開設時にマイナンバーが提出不要なことから、確定申告を忘れたり納税を疎かにするトレーダーも少なくありません。

    しかし、海外FXでの利益を申告しないと脱税の疑いをかけられることがあります。

    保住
    海外FXを利用する際には、確定申告と税金の納付は必ず行いましょう。

    関連:海外FX確定申告の書き方・やり方と必要書類を解説【2022年最新版】

    マイナンバー提出がなくても海外FXでは借金リスクゼロ

    海外FXでは、マイナンバー提出がなくても口座開設することが可能です。

    しかし中には、マイナンバーを提出しないことでむしろ海外FXの安全性に不安を持つ方もいるかも知れません。

    そこでここでは、初心者でも安心して利用できる海外FXの5つの特徴をご紹介していきます。

    海外FXの特徴
    • 口座開設からトレードまでが早い
    • 日本語サポートも充実
    • 最大レバレッジが高い
    • 追証なしのゼロカット
    • 豪華なボーナスがもらえる

    海外FXでのトレードを考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

    口座開設からトレードまでが早い

    海外FXの特徴は、口座開設からトレードまでが非常に早いということ。

    ご説明してきたように、海外FXではマイナンバーの提出が不要で、国内FX業者よりも簡単に口座開設が可能です。

    ほとんどの海外FX業者で口座開設自体にかかる時間は、約5分

    業者によっては、口座開設後取引ツールをダウンロードすればすぐにトレードを開始できます。

    人気の海外FX業者「GEMFOREX」では、本人確認書類の提出は出金時に行えばOK。
    本人確認書類の提出なしでトレードが始められます。

    国内FXでは、口座開設時の審査に時間がかかる業者もあるので、すぐにトレードが始められるのは海外FXの大きなメリットです。

    日本語サポートも充実

    日本語サポートが充実しているのも、最近の海外FX業者の大きなメリットです。

    「稼ぎやすい海外FXでトレードしたいけど、英語ができないから無理」と諦めている方もいるかもしれません。

    しかし、メジャーな海外FX業者の多くは日本人向けのサポートが非常に充実しています。

    公式ホームページはもちろん、チャットやメール、電話でのお問い合わせには日本人のサポーターが待機しています。

    保住
    英語ができないからといって海外FX業者を使わないのは非常にもったいないでしょう。

    最大レバレッジが高い

    FXについての知識が少ない方であれば、「海外FXのハイレバレッジは危険」というイメージがあるかもしれません。

    しかし実際には、最大レバレッジの高い海外FXの方が少ない証拠金で取引することができるのです。

    具体的に、100万円の取引を国内FX会社とレバレッジ1000倍の海外FX会社で行う場合で考えてみましょう。※1ドル=100円換算

    FX取引で必要な証拠金は、以下の式で計算できます。

    必要証拠金=取引金額÷最大レバレッジ

    国内FXと海外FXの必要証拠金はこちらです。

    国内FXと海外FXの必要証拠金
    国内FX業者海外FX業者
    レバレッジ25倍1000倍
    必要証拠金4万円1000円

    最大レバレッジが高い海外FXの方が100万円の取引のために必要な証拠金は少ないことが分かりますね。

    つまり、海外FXでは100万円の取引で全額負けても損失は1,000円のみ、ということです。

    保住
    少ない証拠金で取引したい場合は、最大レバレッジが高い海外FX業者を利用しましょう。

    ただし、取引金額を増やして実効レバレッジを上げてしまうと、それだけ損失も膨らんでしまうので注意が必要です。

    追証なしのゼロカット

    海外FXでは、「ゼロカット」という仕組みによって借金を負うことは絶対にありません。

    ゼロカットとは、証拠金以上の損失が出た場合にマイナス分を海外FX業者が全額補填してくれる制度です。

    ゼロカットがない国内FXでは、証拠金以上の損失は「追証」という形で請求されますが、海外FXでは追加の証拠金を請求されることはありません。

    保住
    借金リスクのない海外FXは、国内FXよりもむしろ安全性が高いともいえるでしょう。

    豪華なボーナスがもらえる

    豪華なボーナスキャンペーンを開催している業者が多いのも、海外FXのメリットの一つです。

    海外FXのボーナス例
    • 最大2万円の口座開設ボーナス
    • 資金が2倍になる入金100%ボーナス
    • 取引するほどポイントがたまるキャッシュバックボーナス

    海外FX業者によっては、ボーナスだけでもFXトレードを始めることも可能です。

    自己資金を投資したり、マイナンバーを登録するのが怖いという方は、まずはボーナスだけでトレードできる業者を選ぶのもいいかもしれません。

    海外FXの最新ボーナス情報や、ボーナスが豪華な海外FX業者は次の記事を参考にしてください。

    関連:海外FXボーナスの最新情報・口座開設ボーナスを比較まとめ

    海外FXのマイナンバーまとめ

    ここまで、マイナンバーが不要な海外FX業者や国内FXと海外FXのマイナンバーの扱いについて解説してきました。

    海外FXのマイナンバーについて、もう一度おさらいしておきましょう。

    海外FXのマイナンバーまとめ
    • 海外FXではマイナンバーの提出は不要
    • 国内FXは金融庁の管理下にあるためマイナンバーが必要
    • マイナンバー提出がなくても安全な海外FX業者はある
    • 海外FXでも確定申告時にはマイナンバーが必要

    マイナンバーの取得や提出が面倒な方にとっては、海外FXはとても簡単に口座開設が可能です。

    海外FXでのトレードには非常にメリットも多いので、これからFXに挑戦する方初心者にもおすすめ。

    当サイトでは、初心者にもおすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介しているので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

    関連:海外FXおすすめ口座ランキング2022年最新版!人気の業者を徹底比較

    【2022年最新版】
    海外FX業者おすすめランキング

    【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

    ユーザーA

    結局どこの海外FX業者が良いの?

    ユーザーB

    安心して使える海外FX業者はどこ?

    このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

    海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

    ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

    総合ランキングを見る
    海外FX業者1~15位