海外FXのゼロカットシステムとは?追証なしで取引できる仕組みや注意点

海外FXのゼロカット
 

この記事では、海外FXのゼロカットシステムについて解説していきます。

ゼロカットとは、ロスカットの際に生じた損失を相殺して口座残高を0に戻してくれるシステムの事です。

ゼロカットシステムを搭載している海外FX業者なら、追証、つまり追加の証拠金請求によって借金のリスクが発生することはありません。

この記事のポイント
  • ゼロカットの執行タイミングは海外FX業者ごとに異なる
  • ゼロカットを悪用すると口座凍結や利益没収も
  • 正しく使えば、借金のリスクなく海外FXを楽しめる

この記事を一読いただければ、海外FXで安全かつ有効にゼロカットを活かしたトレードを行っていくことができるでしょう。

ゼロカット搭載のおすすめ海外FX業者は?
  • XMtrading
    安心の老舗海外FX業者
  • GEMFOREX
    最大2万円の口座開設ボーナスあり
  • FXGT
    仮想通貨取引が可能でボーナスもあり

関連:海外FXのロスカット水準を比較!計算方法や損しないための工夫も解説

海外FXのゼロカットシステムの仕組み

まず、海外FXのゼロカットシステムの仕組みについて、簡単に見ておきましょう。

ロスカットとゼロカットシステムの違い

FXには、ゼロカットシステムと似たような用語として「ロスカット」があります。

ロスカット含み損が増えて証拠金維持率が一定値を保てなくなった場合、ポジションの強制決済が執行されること
ゼロカットロスカットの執行時、マイナス残高を相殺して口座残高を0に戻してもらえる海外FX特有のサービス

国内FXではゼロカットシステムがないため、ロスカット執行後、追証(おいしょう)という追加の証拠金を支払う必要があります。これがFXで借金が発生する仕組みです。

一方で海外FXではゼロカットがあるため、ロスカット執行時のマイナス残高は、海外FX業者が相殺してくれます。よって、口座に入金した以上の損失をFXトレーダーが追うことはないわけです。

なぜ海外FX業者はゼロカットシステムを採用できるのか

国内FXと違い、海外FX業者が追証なしのゼロカットシステムを採用できる理由は2つです。

  1. 日本の金融庁の管理化にないため
  2. 取引方式の違い

まず、日本の金融庁はそもそもゼロカットシステムを禁止しているので、その管理化にある国内FX業者はゼロカットシステムを採用することができません。

一方海外FX業者は、日本以外の国で金融ライセンスを取得しているので、ゼロカットシステムを自由に採用することができます。

また、ハイレバレッジで取引できる海外FXは、国内FXとは収益の規模が桁違いです。

スプレッドのみを主な収入源としている国内FX業者と違い、海外FX業者はトレーダーの負け分を呑んでも巨額の入金によって採算が回るため、むしろゼロカットの採用によって取引の活性化を促しているというわけです。

各海外FX業者のゼロカット執行タイミング一覧

ゼロカットシステムの執行タイミングは、海外FX業者により異なります。

海外FX業者ゼロカットの執行タイミング
GEMFOREX約1時間後に執行
XM不定期(即日~3日後)
AXIORY24時間以内に自動で執行
iForex即時執行
HotForex1時間~数時間の間、または次回入金時
FBS3秒以内に執行
IS6FXポジションを保有しない場合、2時間以内
TitanFX平日ロールオーバー後
(日本時間で午前7時頃)
LAND-FXサポートセンターに申請

ご覧のとおり、マイナス残高になってからゼロカット執行までのタイムラグは、海外FX業者ごとにかなり差があることが分かりますね。

例えば、iForexやFBSではマイナス残高になったとほぼ同時にゼロカットが執行されますが、XMやTitanFXでは翌日以降までゼロカット執行を待たなくてはなりません。

LAND-FXに至っては、申請しない限りはいつまで経ってもゼロカットは執行されませんので、注意が必要でしょう。

このように執行されるタイミングは様々ですが、ゼロカットシステムはほとんどの海外FX業者で採用されています。

海外FXのゼロカットシステムのメリット

海外FXのゼロカットシステムのメリットは以下のとおりです。

海外FXのゼロカットのメリット
  • 追証を負わず借金リスクがない
  • 遠慮なくハイレバトレードができる

追証を負わず借金リスクがない

海外FXのゼロカットシステムのメリットは、追証がなく借金リスクがないことです。

多くの方にとってFXと聞いてまず思い浮かぶのは、資金を失ってしまうというリスクではないでしょうか。

まして国内FXのようにゼロカットがないFX業者でトレードした場合、損失が膨らみ残高がマイナスになると追証や借金を背負ってしまいます。

ですが、海外FX業者のようにゼロカットがある環境でトレードすれば、自己資金を損失してしまうことはあっても借金まで負うことはありません。

追証リスクがないだけでも、だいぶ安心してトレードに臨むことができますね。

関連:海外FXでは借金リスクがない!ハイレバでも借金せず国内FXより安全な理由とは?

遠慮なくハイレバトレードができる

遠慮なくハイレバトレードができることも、海外FXのゼロカットシステムのメリットです。

ハイレバトレードといえば、少しの値動きで大きなリターンが見込めると同時に、大きく損失してしまうスピードも速いですよね。

海外FXといえば最大レバレッジの高い業者が多いですが、実際に大きくレバレッジをかけるとなると、勇気がいるのではないでしょうか。

ですが、ゼロカットがある海外FX業者であれば、仮にハイレバトレードで大きな損失を被っても借金までしてしまうことはありません。

借金リスクのことは気にせず、海外FXの魅力であるハイレバレッジを存分に活用してみてください。

海外FXゼロカットシステムのデメリット

海外FXのゼロカットシステムのデメリットは以下のとおりです。

  • ゼロカット目的のトレードを禁止している海外FX業者もある
  • 両建てのやり方によっては口座凍結されるリスクがある

ゼロカット目的のトレードを禁止している海外FX業者もある

多くの海外FXでは、ゼロカット目的のトレードを禁止しています。

例えば10万円の証拠金がある口座にて、ドル円ペアのポジションを持った状態で土日に入り、週明けを待つとしましょう。

FXは土日にトレードができないため、チャートの値動きはありません。

しかし値動きに影響するような事象が土日に発生すると、週明けのポジション価格が週末とは大きく乖離した状態でスタートすることがありますよね。

この現象を「窓あけ」といい、この窓あけによる値動きで週明けに利益30万円・損失30万円が発生したとすると、それぞれの場合における口座残高は以下のとおりとなります。

  • 利益30万円の場合の残高:10万円 + 30万円 = 40万円
  • 損失30万円の場合の残高:10万円 – 30万円 = 0万円
    (ゼロカットにより残高はマイナスにならない)

ご覧のとおり、利益が出る場合は30万円のプラスとなりますが、損失が出る場合は10万円だけのマイナスとなりますよね。

このようなトレードを行うことはゼロカットの悪用とみなされるため、規約違反として口座凍結されてしまうケースもありますので注意しましょう。

両建てのやり方によっては口座凍結されるリスクがある

両建てのやり方によっては口座凍結されるリスクがあることも、ゼロカットシステムのデメリットといえます。

例えばA口座・B口座それぞれに10万円、合計20万円の証拠金を用意して、双方の口座間でドル円ペアでの両建てを行ったとしましょう。

値動きが発生してA口座で30万円の利益、B口座で30万円の損失が出たとすると、それぞれの口座残高は以下のようになります。

  • A口座:10万円 + 30万円 = 40万円
  • B口座:10万円 – 30万円 = 0万円
    (ゼロカットによりマイナス残高にはならない)

通常、両建てといえば為替損益は発生しないはずですが、ご覧のとおりA口座・B口座それぞれの証拠金の合計は40万円となっており、最初の20万円よりも大幅に増えていますね。

このように複数口座間で両建てを行うと、ゼロカットの仕組みにより顧客には大きな利益となりますが、業者にとっては借金を肩代わりしたぶん大きな損失となります。

したがって海外FX業者のほとんどでは複数口座間での両建てを禁止しており、何も知らずにこのような両建てを行ってしまうと規約違反として口座凍結されますので気をつけましょう。

関連:海外FXの両建ては必勝法?手法からメリット・デメリットまで

海外FXのゼロカットシステムに関する注意点

海外FXのゼロカットシステムに関する注意点は、以下のとおりです。

  • 海外FXではゼロカット以外に全体の安全性が高い業者を選ぶべき
  • ゼロカットはマイナス残高になった直後には発動しない
  • ゼロカット執行時はボーナスが消滅する

FX業者選びでは安全性もチェック

海外FX業者を選ぶときは、ゼロカットがあること以外にも企業全体の安全性の高さを確認することが大切でしょう。

中にはゼロカットシステム採用をうたいながら追証を請求するなど、悪質なケースがないわけではありません。

安全性の高い海外FX業者としては、以下の基準を参考にするとよいでしょう。

  • 信託保全(万が一の際の顧客資金保証義務)がある
  • 十分な顧客数・会社資金がある
  • 金融ライセンスを取得している
  • 過去の運営実績に信頼が置ける

当サイトでは、安全性の高いおすすめ海外FX業者も解説していますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

関連:安全性の高い海外FX会社ランキング!安全な業者の選び方も解説

ゼロカットはマイナス残高になった直後には発動しない

海外FXのゼロカットに関する注意点の二つ目は、ゼロカットはマイナス残高になった直後には発動しないことです。

特に海外FX初心者の方であれば、ゼロカットシステムがある業者のはずなのにマイナス残高がなかなか補填されず、焦ったこともあるのではないでしょうか。

これは、ゼロカットが発動するのは海外FX業者ごとに異なるからです。

各海外FX業者のゼロカット執行タイミングについて詳しくはこちら

ゼロカットが即時反映する海外FX業者なら良いですが、中には顧客から申請しない限りゼロカットが執行されない業者もありますので、自分が使用している海外FX業者の仕組みは必ず理解しておきましょう。

ゼロカット執行時はボーナスが消滅する

GEMFOREXやXMなどのボーナスがある海外FX業者の場合、ロスカットによる損失分は①ボーナスによる補填、②ゼロカットの執行という順で相殺されます。

ボーナス残高があるときにゼロカットが執行されると、保有中のボーナスが消滅してしまいますので、ご注意ください。

ゼロカットシステム採用のおすすめ海外FX業者

ゼロカットシステムを採用し、安全性も高いおすすめ海外FX業者は、以下のとおりです。

おすすめ海外FX業者
  • AXIORY(アキシオリー)
  • XM(エックスエム)
  • TradeView(トレードビュー)

AXIORY(アキシオリー)

ゼロカットに加え資金管理の安全性も高いおすすめ海外FX業者、AXIORY(アキシオリー)

AXIORY(アキシオリー)は、海外FX業者の中でも数少ない「信託保全」を導入している海外FX業者です。

前述のとおり、海外FX業者ではゼロカットにより借金リスクはありませんが、ゼロカットが頻発すると業者は運営資金が圧迫されて破綻してしまうかもしれません。

しかし、AXIORYでは万一破綻した際に顧客へ資金返還できるよう、これを運営資金とは別管理しています。

そして信託保全を行っているAXIORYでは、顧客資金は信託銀行などの第三者によって管理されていますので、業者に資金を持ち逃げされる心配もなくとても安心ですよ。

取引スペック面では99.99%という脅威の約定率を誇り、公式サイトにて公表もしていますので、極めて信憑性の高い実績といえるでしょう。

安心した資金管理体制のもとで、特にスキャルピングなどの短期売買を行いたい方には、AXIORYはイチオシの海外FX業者ですよ。

無料で口座開設する
AXIORY公式サイト)

関連:AXIORYの評判・口コミ!デメリットも隠さず評価

XM(エックスエム)

ゼロカットに加え資金管理の安全性も高いおすすめ海外FX業者、XM(エックスエム)

XM(エックスエム)は、海外FXを代表する運営歴・規模・実績を誇る業者で、財務基盤・経営の健全性に関してはとても信憑性の高い環境といえるでしょう。

というのも、XMは取得難易度の非常に高い金融ライセンス「英国FCA」「キプロスCySEC」を保有しているからです。

たとえゼロカットが多発しても、XMが破綻してしまう可能性は極めて低いといえますね。

またXMはトレード環境面においても優れており、海外FXでは高水準の最大レバレッジ1000倍を誇るため、少額からでも十分な取引量でトレードができるでしょう。

さらに、XMではボーナスキャンペーンも充実していますので、自己資金を失うリスクを抑えつつハイレバトレードを行うことができますよ。

トップレベルに信頼性の高い環境にて、安心してハイレバトレードにチャレンジしてみたい方には、XMがおすすめですよ。

\\口座開設だけで3000円もらえる//

無料で口座開設する
XM公式サイト)

関連:XM(XMTrading)の評判と口コミ!勝てない噂や安全性を徹底評価

TradeView(トレードビュー)

ゼロカットに加え資金管理の安全性も高いおすすめ海外FX業者、TradeView(トレードビュー)

TradeView(トレードビュー)は、AXIORYと同じく「信託保全」を採用する海外FX業者です。

ゼロカットの多発により万一破綻してしまったとしても、資金が返還されないかもしれないという不安は一切ありません。

また、TradeViewはXM同様に運営歴の長いことも特徴で、潤沢な財務基盤・安定した経営が認められた証として、取得難易度の高い金融ライセンス「ケイマン諸島CIMA」を保有しています。

したがってTradeViewは、ゼロカットが多発したとしても、そもそも破綻のリスク自体が著しく低い業者といえるでしょう。

さらにトレード環境においても、TradeViewは業界トップクラスのスプレッドの狭さ、取引手数料の安さを実現しています。

加えて、約定スピードも極めて速いため、小さな利幅を狙う短期トレードでは圧倒的に有利な環境といえますね。

安心できる資金管理体制のもと、取引コストの安さにこだわったトレードがしたい方には、TradeViewも選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

無料で口座開設する
Tradeview公式サイト)

関連:Tradeviewの評判・口コミ!安全性とスペックを辛口評価

まとめ

海外FXのゼロカットとは、顧客の追証(借金)を業者が肩代わりしてくれるシステムでしたね。

ゼロカットを行っている海外FX業者では、その悪用を禁ずるために特定のトレード方法を行った顧客に対してペナルティを課しています。

規約をよく理解しておかないと、行ったトレードが意図せずして規約違反とみなされてペナルティを受けてしまうこともありますので、ご注意ください。

とはいえゼロカットがあれば、追証が発生する事は一切ありません。

効率的に資金が増やせる反面、損失リスクが気になるハイレバトレードも、ゼロカットがあれば安心して取り組むことができるでしょう。

ゼロカットのある環境で、海外FXの魅力の一つであるハイレバトレードに、ぜひチャレンジしてみてください。

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

ユーザーA

結局どこの海外FX業者が良いの?

ユーザーB

安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位