海外FX口座で高いレバレッジが使えるメリットとは?

本当に危険?海外FX口座の最大レバレッジについて

当コンテンツでは、海外FX業者の特徴の一つ「国内業者と比較して高いレバレッジで取引ができる」ことに関するメリットについて説明していきます。

海外FX業者で1000倍などの高いレバレッジの取引ができると聞くと、
「自分は高額の取引をするつもりはないから関係ない」
「海外FX業者を使いハイレバレッジで取引を行うと、リスクが大きくなってしまうのでは?」
と考えている人が多くいると思います。

実は、海外FX業者の最大レバレッジが高いということは高額の取引ができる以外にもメリットがあります。また、海外FX業者を使い高いレバレッジで取引することはリスクが高いと思われる方もいますが、きちんと資金管理を行えば全く問題はありません。

そこで、今回は海外FX業者でハイレバレッジ取引ができることのメリットと安全に取引をするための方法について紹介していきます。

海外FX口座のハイレバレッジで取引ができるメリットとは?

国内FX業者は規制により最大レバレッジが25倍と決まっています。
しかし、海外FX業者の場合は日本の規制は関係なく、制限がないので最高レバレッジをいくらでも設定することができます。

このように海外FX業者でハイレバレッジで取引を行うことができるということには、いくつかのメリットが存在します。
ここでは、そのメリットについて紹介していきます。

大きな金額を動かすことができる

海外FX業者で高いレバレッジの取引を行えるということに関するメリットとして、「大きな金額を誰でも動かすことができる」ということがあります。

FXに使うことができるお金が5万円しかない場合で考えると、
最大レバレッジ25倍の国内FX業者の場合は125万円の取引までしか行うことができません。
しかし、最大レバレッジ1000倍の海外FX業者の場合は5万円しかもっていなくても最大で5000万円の取引を行うことができます。

このように海外FX業者の場合は少ない資金でも大きな金額の取引を行うことができ、少ない金額でも多くの金額を稼ぐことが可能です。
しかし、ハイレバレッジで大きな金額を動かすことができるということは損失も大きくなってしまうということです。
そのため、海外FX業者を使いハイレバレッジでの取引を行う時は十分に注意しましょう。
(後で海外FX業者でのリスクを抑えるための「資金管理」の方法を紹介します)

少ない資金でトレードができる

海外FX業者を使ったハイレバレッジ取引のメリットと聞くと、大きな金額を動かすことができるということを思い浮かべる方が多いと思います。
しかし、管理人が海外FX業者を使いハイレバレッジ取引を行うことの最も大きなメリットだと感じるのは「少額投資ができる」ということです。

国内FX業者と最大レバレッジ1000倍の海外FX口座でそれぞれ800万円の取引を行う場合を比較します。

国内FX口座 海外FX口座
最大レバレッジ 25倍 1000倍
必要証拠金 32万円 8000円

このように国内FX業者の場合は4万円必要になってしまうのに対し、海外FX口座の場合は1000円で済ませることができます。
計算すると、国内FX業者で取引をす場合は海外FX業者の40倍もの資金が必要ということになります。

入金した金額が違っても取引金額が同じなので1000円しか入金していない海外FX業者でも国内FX業者と同じだけ利益を得ることができます。
さらに、予測が外れた際も国内FX業者では最大で4万円失ってしまうのに対し、海外FX業者ではどんなに値動きが激しくても損失は1000円に抑えることができます。

つまり、海外FX業者の残高が少額の場合はハイレバレッジでの取引を行うことによって低いリスクで多くの金額を稼げる可能性があるということです。

ゼロカット(追証なし)で安全に取引ができる!

海外FX業者と国内FX業者を比較した際のレバレッジ以外の大きな違いと言えば、ゼロカットの有無があります。

急激な値動きなどにより、ロスカットが施行されずにFX口座残高がマイナスになってしまう場合があります。
このような時、日本の規制により国内FX業者の場合は追証と言ってトレーダーが負担して口座にお金を追加で入金する必要があります。
しかし、海外FX業者の場合はゼロカットと言って業者がマイナス分を負担してくれる仕組みが存在するため、トレーダーは追証を払う必要がありません。

1000倍などの高いレバレッジで取引を行っていると、口座残高がマイナスになってしまう可能性も高くなってしまいます。
しかし、日本の規制を守る必要のない海外FX業者の多くはゼロカットを取り入れているので安心して高いレバレッジで取引を行うことができます。

レバレッジの高い海外FX業者は国内FX業者と比較するとリスクが高いと思っている人が多いと思います。
しかし、レバレッジはそもそも自分で決めるものなので高いレバレッジで取引をする必要はありません。さらに、高いレバレッジで取引を行っても海外FX業者のゼロカットによりFX口座以上のお金まで失うということはありません。

危険を回避するための資金管理

ここまでで海外FX業者でハイレバレッジの取引を行うことに関してメリットを中心に説明してきました。
しかし、海外FX業者にはゼロカットがあり入金した金額以上に損することはないとはいえ、リスクが高いことは事実です。
ハイレバレッジで取引を行っていると少しの値動きで海外FX業者の残高が0になってしまうことも十分に考えられます。
そこで、ここからはリスクをなるべく低くするための「資金管理」について紹介していきます。

使える資金の管理

まず、紹介するのは海外FX業者でハイレバレッジの取引を行わない場合も大切な資金管理方法です。
それはFXに使うことのできる資金を管理するということです。
ゼロカットによって入金していないお金を守ることはできますが、使ってはいけない資金まで入金してしまうと意味がありません。

ここで大切なのは、なくなったとしても生活には困らないお金でFXを行うということです。
FXを始める前にきちんとFXに使うことができるお金を計算してから取引を行うようにしましょう。

損切り、決済は機械的に

FXを行う場合、損切りや決済をどのタイミングで行うのかということはとても大切です。
FXトレードを行っていると
「もう少し儲けることができそうだから、もう少し待ってみよう」
「損失が出ているが、待っていれば回復するかもしれないから待ってみよう」
というように損切り、決済に踏み切れないということもあると思います。

しかし、そこで機械のように自分の決めた基準が来たら損切り、決済をするということがとても大切です。

このことは海外FX業者でハイレバレッジの取引をする場合でも同じです。
ハイレバレッジによって金額が大きくなってしまうと、精神的にも負担が大きくなり損切りに踏み切れないということもあると思います。
しかし、海外FX業者でハイレバレッジ取引を行う場合も損切りや決済はきちんと自分の決めた基準に従って行うようにしましょう。

細目に出金する

ここまではFX全般について言えることを説明してきました。
しかし、最後に紹介することは特に海外FX業者でハイレバレッジの取引をする人に行ってほしい資金管理方法です。

それが細目に出金するということです。
「海外FX業者で出金を行うと時間も手数料も多くかかってしまうのでなるべくまとめて出金して手数料や手間を抑えたい」
と思う方も多いと思います。

しかし、海外FX業者でハイレバレッジの取引と行っていると多くの金額が一瞬で失われてしまう可能性があります。
そのため、取引に使わないお金は無くならないように自分の銀行口座などに入れてしっかりと守るようにしましょう。

まとめ

今回は海外FX業者の特徴でもあるハイレバレッジの取引についての説明をしてきました。
まず、海外FX業者でハイレバレッジの取引ができるメリットとしては

  • 大きな金額を動かすことができる
  • 少ない資金でトレードができる

がありました。

さらに、海外FX業者には追証が必要ないゼロカットという仕組みも存在するため国内FX業者とは異なり、口座に入金した金額以上の損失は出ることはありません。
しかし、海外FX業者でハイレバレッジの取引を行っているとリスクはついてきてしまうため、そのリスクを抑えるために

  • 使える資金の管理
  • 損切り、決済は機械的に
  • 細目に出金する

と言ったような「資金管理」をきちんと行うことが大切でした。

海外FX業者を使いハイレバレッジの取引を行う場合はきちんと資金管理を行い、安全に取引を行うようにしましょう。