海外FX口座おすすめ手法(ハイレバ×スキャルピング)と注意点

特徴を活かした海外FX口座を使いこなす手法

海外FX口座を使ったハイレバ×スキャルピング手法

当コンテンツでは、海外FXユーザーにしかできない最大限海外FXの特徴を活かした手法について紹介していきます。

海外FX業者の特徴として

  • 高いレバレッジでの取引
  • 追証なしのゼロカット
  • 約定力が高い

などがあります。

 

海外FX業者を利用するのであればこれらの特徴を生かした手法を身に着けてトレードを行いたいと考えている方が多いと思います。

そこで、今回は海外FX業者の特徴を生かしたトレード手法の紹介とその手法を実践する際のメリットやデメリット、注意点を紹介していきます。

 

海外FX口座でおすすめのハイレバレッジ×スキャルピングとは?

上で説明した海外FX業者の特徴を最大限活かしたトレード手法というのが「ハイレバレッジ×スキャルピング」です。

そもそもスキャルピングとは、数秒から数十秒以内の値動きを予測して~10pipsの利益を狙うトレード手法です。

スキャルピングという手法の特徴には

  • 初期費用が少なくて済む
  • 少ない資金から多額を稼ぐことができる
  • 一日に多くのトレードができる

があります。

 

スキャルピングという手法は一回の取引にかかる時間が短いので、一般的に短い時間に何十回も取引を行うトレード手法です。

そのため、トレードで儲けた利益を次のトレードに回すということを何度も繰り返すことができ、資金が少ない場合でも大金を稼ぐことが可能な手法です。

しかし、一回のトレード時間が短いためチャートから目を離すことができず、かなりの集中力を必要とする手法でもあります。

 

また、一日で多くの金額を稼ごうとするとそれだけ時間が長くなってしまいます。

今回紹介する「ハイレバレッジ×スキャルピング」という手法はスキャルピングを海外FX業者を使い、ハイレバレッジで行うというシンプルな手法です。

この手法によって、時間短縮やさらに多くの金額を稼ぐことが可能になりました。

 

ハイレバだけじゃない!海外FXを手法に使う理由

海外FX業者には、ハイレバレッジ以外にも様々なメリットが存在します。

それらのメリットも今回紹介する「ハイレバレッジ×スキャルピング」手法を行う上で必要となるものばかりです。

ここで、海外FX業者のメリットについて説明していきます。

 

ゼロカットでリスクが抑えられる

海外FX口座の特徴でもある「ゼロカット」ですが、これも「ハイレバレッジ×スキャルピング」という手法にとても重要な役割を果たしてくれます。

海外FX業者の特徴であるゼロカットの仕組みについて簡単に説明します。

 

ハイレバレッジで取引を行っていると突然の値動きにより口座残高がマイナスになる場合があります。

この時、海外FXの口座を利用していると業者がマイナスになった分を負担をしてくれて口座残高をゼロにしてくれます。

 

この仕組みをゼロカットと言います。

海外FX業者を利用してハイレバレッジでFX取引を行っていると失敗したときのリスクがどうしても高くなってしまいます。

場合によっては、口座内の金額がマイナスになってしまうこともあります。

そのような場合も海外FX業者のゼロカットというシステムがあるので損失は口座残高だけで抑えることができます。

 

つまり、このリスクの高い手法も海外FX業者のゼロカットによって最小限のリスクで行うことができるということです。

 

約定力が高い

スキャルピングを行う上で大切な条件の一つに約定力が高いことが挙げられます。

もし、約定力が低いと自分が売買しようと思った価格でできなく、結果として収益に大きく影響してきます。

 

一回のスリッページで0.1pipsだったとしても10回トレードしたら、1pips、100回トレードしたら10pipsになります。

100回のトレードと聞くと、果てしないように感じますが、スキャルピングであれば、数日あれば簡単に超えてしまいます。

 

また、今回手法ではハイレバレッジでのトレードになるので、スリッページの影響はさらに大きくなってしまいます。

 

海外FX業者であれば、国内FX業者に比べ高い約定力となっています。

基本的に海外FX業者であれば、早く正確な約定を誇っているのでスリッページなどは基本的に気にせずトレードできます。

 

豪華なボーナス

海外FX業者の特徴の一つとして豪華なボーナスを提供しているということが挙げられます。

今回紹介している「ハイレバレッジ×スキャルピング」はスカルピングをハイレバレッジで行うことによって、利益率をアップさせるというものです。

 

海外FX業者では、ボーナスを利用することによってさらに利益を2倍以上にすることができます

例えば、5万円を使ってこの手法を行おうと思っている場合、レバレッジ1000倍を使ってトレードした場合5000万円の取引をできます。

この時、10pips取れれば5万円を稼ぐことができます。

 

例として、豪華なボーナスを提供しているGEMFOREXで説明します。

GEMFOREXでは、
口座開設:1万円
入金:入金額と同額
のボーナスをもらうことができます。

そのため、5万円を使ってハイレバレッジ×スキャルピングを行う場合、口座開設時に1万円、5万円入金時に5万円のボーナスをもらうことができます。

これでトレードに使うことができる金額は11万円になります。

11万円あれば、レバレッジ1000倍を使うと1億1000万円のトレードができます。

この時、10pips獲得することができれば11万円を儲けることができます。

 

このように海外FX業者をこの手法に使うことによって、さらに利益を拡大させることができます。

 

ハイレバレッジ×スキャルピングのメリット

ここからは海外FX業者を利用した「ハイレバレッジ×スキャルピング」という手法のメリットについて紹介していきます。

 

一回の取引で得られる利益が大きくなる

当たり前ですが、海外FX業者の特徴であるハイレバレッジを利用することによって、本来のスキャルピングという手法より一回の取引で得られる利益は多くなります

現在、スキャルピングで利益を出している人は同じように海外FX業者を利用してこの手法を実践するだけで、利益を増やすことができます。

 

元々、早く儲けられる手法と言われているスキャルピングを海外FX業者を使うことによって利益率をさらに高めることができるのがこの手法です。

 

取引の回数を抑えられる

この海外FX業者を使った「ハイレバレッジ×スキャルピング」という手法はFX取引を行う時間を取れないという人にもおすすめの手法となっています。

一回の取引で多くの金額を稼ぐことができるので、スキャルピングという手法にも関わらず、少ない取引回数で充分な金額を稼げてしまいます

そのため、稼ぎたいけどあまり時間を使えないという場合もこの手法はおすすめすることができます。

 

ゼロカットでリスクが抑えられる

海外FX口座の特徴でもある「ゼロカット」ですが、これも「ハイレバレッジ×スキャルピング」という手法にとても重要な役割を果たしてくれます。

海外FX業者の特徴であるゼロカットの仕組みについて簡単に説明します。

 

ハイレバレッジで取引を行っていると突然の値動きにより口座残高がマイナスになる場合があります。

この時、海外FXの口座を利用していると業者がマイナスになった分を負担をしてくれて口座残高をゼロにしてくれます。

この仕組みをゼロカットと言います。

 

海外FX業者を利用してハイレバレッジでFX取引を行っていると失敗したときのリスクがどうしても高くなってしまいます。

場合によっては、口座内の金額がマイナスになってしまうこともあります。

そのような場合も海外FX業者のゼロカットというシステムがあるので損失は口座残高だけで抑えることができます。

 

つまり、このリスクの高い手法も海外FX業者のゼロカットによって最小限のリスクで行うことができるということです。

 

ハイレバレッジ×スキャルピングのデメリット

ここまで海外FX業者を使った「ハイレバレッジ×スキャルピング」という手法のメリットを紹介してきました。

しかし、この海外FX業者を利用した手法にもデメリットも存在します。

ここからは、「ハイレバレッジ×スキャルピング」という手法のデメリットについて紹介していきます。

 

一回の取引での損失が大きくなる

レバレッジを高くするのだから当たり前なのですが、利益が高くなるのと同様に負けた時の損失も大きくなってしまいます

メリットの最後で説明したように海外FX業者のゼロカットによって、借金を負うということはありません。

しかし、レバレッジの低いスキャルピングに比べて失敗したときの損失は大きくなってしまいます。

 

精神的ストレスが大きくなる

レバレッジの低いスキャルピングに比べて、この手法では一回に得られる利益が大きくなったため長時間トレードを行う必要がなくなりました。

しかし、海外FX業者によりレバレッジを上げてしまった分一回のトレードでのストレスは大きくなってしまいます

精神的に強く、レバレッジが高くても通常通りのトレードができる方には問題ありません。

しかし、リスクが大きくなるとこれまでのトレードができないという方にはこの手法はあまりおすすめできません。

 

取引を行うときに必要な4つの注意点

ここまでで、海外FX業者を使い「ハイレバレッジ×スキャルピング」という手法のメリットとデメリットを紹介してきました。

ここからは実際に海外FX業者を使ってこの手法を行う際に気を付けてほしい注意点について説明していきます。

 

機械的に取引をする

海外FX業者を使いハイレバレッジで行っていようと、スキャルピングという手法に変わりはありません。

トレードを行う時には損切り、利確の基準をしっかりと決めて、機械のようにその基準が来たら決済するということは忘れないようにしましょう。

「もしかしたら、損失がなくなるかも」
「もっと、利益を見込めそう」
というように取引を延長するということは基本的に行わないようにしましょう。

 

失敗しても落ち込まない、焦らない

FX取引で時には失敗が続いてしまうということもあります。

どんなに多く儲けているプロのトレーダーでも全く予測が当たらない日だってあります

確かに海外FX業者を使ってハイレバレッジで取引を行い、損失が大きくなってしまうと焦る気持ちもわかります。

 

しかし、焦っても何も解決はしません

うまくいかない時は思い切ってその日のトレードをやめて次の日にするなど自分なりの方法で気持ちをうまく切り替えられるようにしましょう。

 

口座残高を少なくしておく

海外FX業者でハイレバレッジ×スキャルピングの手法を行っている際に最も怖いのがリスクが高いということです。

そのため、対策として口座残高は極力少なく保つようにしましょう。

 

海外FX業者の残高が多い方がロスカットがされにくくなるのでいいようにも感じます。

しかし、突然の値動きの場合に一気に損失が出てしまうということを考えると口座残高を少額にしてしっかりと利益を確保することがおすすめです。

 

約定力の高い海外FX業者を選ぶ

スキャルピングという手法で大切になってくるのが約定力です。

スキャルピングでは数秒間の数pipsの値動きで利確や損切りを素早く行う必要があります。

その際に約定力が低いと決済ができなかったり、決済した金額からずれてしまうということが起きてしまい、損益が大きく変わってきてしまいます。

 

海外FX業者は国内FX業者に比べ約定力の高い業者が多いですが、その中でもなるべく約定力の高い海外FX業者を選ぶようにしましょう。

 

手法に関するまとめ!

海外FX業者の「高いレバレッジ」「ゼロカット」「約定力が高い」という特徴を利用した手法については理解していただけたでしょうか?

この海外FX業者の特徴を生かした手法というのが「ハイレバレッジ×スキャルピング」でした。

この手法のメリット、デメリット、注意点についてまとめておきます。

<メリット>

  • 一回の取引で得られる利益が大きくなる
  • 取引の回数を抑えられる
  • ゼロカットでリスクが抑えられる

 
<デメリット>

  • 一回の取引での損失が大きくなる
  • 精神的ストレスが大きくなる

 
<注意点>

  • 機械的に取引をする
  • 失敗しても落ち込まない、焦らない
  • 口座残高を少なくしておく
  • 約定力の高い海外FX業者を選ぶ

 
特に最後に紹介した注意点は守って言トレードを行うようにしましょう。

また、今回紹介した手法におすすめの海外FX業者についてはこちらで紹介しているのでぜひ見てみてください。
スキャルピングにおすすめの海外FX業者