最大レバレッジ400倍はおすすめ?証拠金やポジションについて徹底検証

安全にトレードをするうえで400倍は最適か

安全にトレードをするうえで400倍のレバレッジは最適か
海外FXには様々な魅力がありますが、中でも特に評判が高いのは、何といってもレバレッジの高さ。

非常に高いレバレッジをかけられる海外FXであれば、たとえ少ない元手しか手元になくても、一気に儲ける事が可能になってきます。

そこで今回は、海外FX業者の「400倍」というレバレッジにフォーカスし、

  1. 正しいレバレッジの考え方
  2. レバレッジ400倍と、レバレッジ25倍の国内FXとの違い
  3. レバレッジ400倍なら、実際にどれくらいのポジションを持てるか

といったポイントに絞って詳しく見ていきたいと思います。この機会にレバレッジを正しく理解し、FXに関する見識を深めていきましょう。

最大400倍のレバレッジとはどういうことか

最大400倍のレバレッジとはどういうことか

繰り返しになりますが、題にある400倍のレバレッジとは、多くの海外FX業者で用いられているレートです。

しかし急に400倍という数字だけ聞いても、それが国内FXのレートと比べてどのようなメリットに繋がるのかはイメージしづらいですよね。

そこでまずは、レバレッジについての簡単なおさらいと、海外FXのレバレッジ400倍はどのようなメリットがあるのかをわかりやすく解説していきます。

初心者あるある、レバレッジに関する勘違い

レバレッジについて調べていると、「レバレッジが大きくなると、損失リスクも拡大する危険性がある」というような言葉を目にしたことはありませんか?

はたして本当にそうなのか、実際に損益の比較をしてみましょう。

ここではレバレッジが違う2つの業者を想定します。1つは400倍の海外FX業者で、もう1つは25倍の国内FX業者です。

  • 海外FX業者(レバレッジ400倍)
  • 国内FX業者(レバレッジ25倍)

そして、以下の条件は同じとします。

トレードの条件
  1. 証拠金(入金額)はどちらも同じ10万円
  2. どちらも同じ10,000通貨で、ドル円の取引をする
  3. 結果、どちらも10pipsの負けになった

さて、まったく同じ条件で、どちらも10pips負けてしまいましたね。

この場合、400倍の海外FX業者の方が損失が大きくなるのでしょうか?

答えは、「どちらも同じ」です。

どちらも同じ1,000円の負けになります。それでは、「レバレッジが大きいと、損失が大きくなる危険がある」とは一体何だったのでしょうか?

実は、考える手がかりは「損益」ではないのです。

詳しくは、次項で解説しましょう。

レバレッジが違うと、何が変わるの?

レバレッジが違うと、何が変わるの?

前項で「損益は関係ない」という結論に至りましたが、その答えの鍵は、ずばり「証拠金の比率」にあります。

少し難しいお話になりますが、レバレッジが大きくなるとより少ない証拠金(元手)でポジションを持つことができるようになるのです。

そもそもポジションを持つための証拠金のことを「必要証拠金」といいます。

そして、「必要証拠金が小さくなる」と、「証拠金維持率」が高くなります。

この証拠金維持率とは、かんたんにいうと、「証拠金に対する必要証拠金の割合」のことです。

例えば1000万円の証拠金全体に対し、500万円が必要証拠金として必要な場合、証拠金維持率は50%といった具合となります。

証拠金維持率は、FXにおいては非常に重要です。なぜなら、証拠金維持率がおよそ50%程度以下に落ち込むと、ロスカット(FX業者によってポジションを強制決済されること)されてしまうからです。

証拠金維持率がおよそ50%程度以下に落ち込むと、ロスカット
参照:Axiory「マージンコールとロスカット

海外FXはロスカットが起こりにくい?強制ロスカット水準や計算方法を徹底検証計算が面倒な海外FXのロスカット水準とは 国内外問わずFX会社では、強制ロスカットのルールを定めています。 例えばXMであれば「...

せっかく用意した資金を一瞬で失ってしまうのはもったいなさすぎますよね。

ですのでここでは、「証拠金維持率は高い方が安全」と覚えておきましょう。

さて、少々難しい話が続いてしまいましたね。次項は海外FXと国内FXを比較して、具体的なレバレッジに関するお話をしていきましょう。

国内FXの25倍と比較すると…

国内FXの25倍と比較すると…
レバレッジ400倍の海外FXと、レバレッジ25倍の国内FXでは、以下のような違いがあります。

①少ない証拠金でも、比較的大きなロット数で取引できる

少ない証拠金からFXを始められることは、海外FXの大きな魅力の1つです。

例えば、レバレッジ25倍の国内FXでは、証拠金10,000円の場合はフルレバレッジでも2,000通貨程度しか取引できません。

2,000通貨だと、1pipsの変動でおよそ10円の損益。

それに対してレバレッジ400倍の海外FXでは、上記ケースの5倍に当たる10,000通貨で取引したい場合でも3,000円程度の証拠金から始めることが可能です。

②同じ証拠金でも、持つことのできる最大ロット数が違う

レバレッジ25倍の国内FXでは、証拠金10,000円の場合はフルレバレッジでも2,000通貨程度の取引でしたね。

対してレバレッジ400倍の海外FXでは、同じ証拠金10,000円の場合フルレバレッジで30,000通貨以上の取引ができます。

同じ証拠金でも15倍程度の差があります。いかに海外FXの幅が広いか、一目瞭然ですね。

③同じロット数でも、ロスカットのなりにくさが違う

最後は、海外FXのほうがロスカットになりにくいことです。

ロスカットになるpipsを明確にするために、以下のような条件で400倍の海外FXと25倍の国内FXで検証してみます。

  • 証拠金は10,000円
  • 取引通貨量は2,000通貨
  • ロスカットレベルは50%
  • ドル円での取引

上記の条件ですと、以下の検証結果になりました。

検証結果
  • レバレッジ25倍の国内FXでは、ロスカットまで約300pips
  • レバレッジ400倍の海外FXでは、ロスカットまで約488pips

もちろん、ロスカットはされないように取引しないといけませんが、国内FXに比べて海外FXは、1.6倍ほどの耐久性があるといえるでしょう。

このように、様々な観点から見ても、海外FXには利用価値が多分に存在すると言えます。

それでは次項で、更にメリットを深堀りすると同時に、デメリットも併せて確認していきましょう。

レバレッジ400倍のメリットとデメリット

レバレッジ400倍のメリットとデメリット

レバレッジが大きい場合と小さい場合で、どんな違いがあるかがお分かりいただけたと思います。

ここで、レバレッジ400倍のメリットとデメリットをかんたんにおさらいしましょう。

  1. 少ない証拠金からでもFXを始められる
  2. 持つことのできる最大ロット数を大きくできる
  3. ロスカットになりにくくなる
  1. 大きなロットサイズだと損失が大きい

レバレッジ400倍について概要が理解できたところで、もう少し応用的な話を見ていきましょう。

実効レバレッジは、ロット数でコントロールできる

ここまでに何度か「レバレッジ400倍」という言葉が出てきましたが、実はこれは「口座レバレッジ」のことです。

「口座レバレッジ」とは、口座を開設する時に設定できる、最大レバレッジのことを意味します。

それに対し、「実効レバレッジ」という言葉も存在するのですが、これはポジションを持った時、そのポジションに実際にかかっているレバレッジのことです。

これは、必ずしも400倍ではありません。

例えば、大きな証拠金に対して小さいロット数で取引する場合、実効レバレッジはほんの数倍になります。

どのようなロット数で取引するかは、証拠金の範囲内であればトレーダーの自由です。

初心者のうちはロット数を落としたローレバレッジで、若葉マークのついたトレードをすることをおすすめします。

さてここまでは、最大400倍のレバレッジとはどういうことかについて、ご説明してきました。

次は、レバレッジ400倍だと実際どれくらいのポジションが持てるのかについて、人気海外FX業者のAXIORYを例に考えてみましょう。

どのくらいのポジションが持てるのか

どのくらいのポジションが持てるのか

では実際にAxioryで見ていきます。

トレードの諸条件は以下で検証をします。

トレードの条件
  1. 1ロット=10万通貨
  2. 1ドル=100円とする
  3. ドル円での取引とする
  4. 証拠金に対して証拠金維持率が100%となる取引通貨量を、最大ロット数とする

その結果、

証拠金(入金額) 最大ロット数 1pipsの損益
20,000円 0.8ロット(8万通貨) 800円
50,000円 2ロット(20万通貨) 2,000円
100,000円 4ロット(40万通貨) 4,000円
300,000円 12ロット(120万通貨) 12,000円

このような検証結果になり、結果的にやはりレバレッジ400倍だと、証拠金に対して非常に大きなロット数を持てることがわかりますね。

次は、同じくAXIORYを例に、証拠金とロスカットのパターンについて確認しましょう。

証拠金維持率とロスカットの計算

証拠金維持率とロスカットの計算

海外FXでは、業者によって違いますが、証拠金維持率100%〜20%でロスカット(FX業者側で、強制的にポジションを決済されること)となる場合が多いです。

今回は、Axioryのロスカットレベル20%を例に、証拠金ごとにロット数を想定し、ロスカットまでどれくらいのpipsがあるかを考えます。

ロット数は、

  • 安全圏内のレバレッジ(証拠金維持率500%程度)
  • ハイレバレッジ(証拠金維持率300%程度
  • 最大ロット数

の3種類を考えます。条件は下記通りです。

トレードの条件
  1. 1ロット=10万通貨
  2. 1ドル=100円とする
  3. ドル円での取引とする
  4. 証拠金維持率20%以下でロスカット

※スマホでご覧の方は横にスクロールできます。

証拠金(入金額) ロット数 ロスカットまでのpips
20,000円 0.16ロット(1.6万通貨) 120pips
20,000円 0.26ロット(2.6万通貨) 72pips
20,000円 0.8ロット(8万通貨) 20pips
50,000円 0.4ロット(4万通貨) 120pips
50,000円 0.65ロット(6.5万通貨) 72pips
50,000円 2ロット(20万通貨) 20pips
100,000円 0.8ロット(8万通貨) 120pips
100,000円 0.65ロット(6.5万通貨) 72pips
100,000円 4ロット(40万通貨) 20pips
300,000円 2.4ロット(24万通貨) 120pips
300,000円 3.9ロット(39万通貨) 72pips
300,000円 12ロット(120万通貨) 20pips

入金額ごとのロット数と、ロット数ごとにどれくらいのマイナスでロスカットになるかが、お分かりいただけたと思います。

もちろん、最大ロット数を超えて取引することはできませんが、最小ロット数は上の表よりも小さくできます。

AXIORYでは、0.01ロット(1,000通貨)から取引することができるので、少額からでも安心してFXを始められるのがウリです。

では、実際のケース検証を終えたところで、最後にレバレッジ400倍でおすすめの海外FX業者を一挙ご紹介していきたいと思います。

最大レバレッジ400倍のおすすめ海外FX口座はここ!

最大レバレッジ400倍のおすすめ海外FX口座はここ!

今回は最大レバレッジ400倍の口座が開けるおすすめの海外FX業者を、3社ほどご紹介します。

Axiory

Axiory

Axioryは、ベリーズ諸島にて金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

最大400倍のレバレッジはもちろん、ドル円のスプレッドが最小0.4pipsからなど、レッドの狭さにも定評があります。

海外FXではおなじみの、ゼロカットやNDD保証など、取引の安全性や透明性でも非常に優秀な海外FXです。

初心者の方が400倍の海外FX口座を開くのであれば、真っ先におすすめしたい業者の1つでしょう。

公式サイトはこちら詳細ページはこちら
 

iForex

iForex

iFOREXグループは、1996年創業、英領バージン諸島や、ハンガリー国立銀行のライセンスを取得している、歴史の長いFX業社です。

100%初回入金ボーナスなどのキャンペーンにも力を入れているほか、ドル円のスプレッドが最小0.9pipsからなど、取引しやすい環境を整えているのが特徴的。

実績と信用面で業者を選びたいのであれば、iForexの利用から考えてみるのも良いですね。

iForexの特徴は?老舗海外FXでハイレバトレード!20年以上の実績!海外FX業者・iForex 現在、様々な海外FX業者が日本人トレーダーに向けて営業を行っています。 ざっと...

XLNTrade

XLNTrade

XLNTradeは、2018年に日本向けのサービスを開始した、新興ブローカーです。

125%のウェルカムボーナスなどのキャンペーンを展開しています。

ゼロカットもあり、万一の際には安心ですが、比較的新しい業者のため、ある程度経験を積んだトレーダーに最適かもしれません。

XLNTradeの評判まとめ!ロスカット水準0%で最大レバレッジ400倍が使えるギャンブラーにおすすめのXLNTradeとは? 今回は、海外FX業者の中で「XLNTrade(エクセレントレード)」に関する評判を...

 
以上、3社はいずれもおすすめですが、当然それぞれ特徴があります。ご自身にあった業者選びをしてみてください。

では、最後に本記事のまとめを見ていきましょう。

まとめ

レバレッジ400倍の魅力やデメリットについてのまとめ

今回は最大レバレッジ400倍の魅力やデメリット、400倍のレバレッジを提供している海外FX業者の紹介をしてきました。

特に初心者の方は、ハイレバレッジを見聞きすると固定観念で「危険!」と判断しがちですが、今回お伝えしてきた正しい知識を持っていれば安心安全です。

逆にそのメリットを最大限活かせば、冒頭で述べた通り、海外FXで一攫千金も夢ではありません

「国内FXではなかなか儲からない」
「手っ取り早く資金を増やしたい」

こういった考えをお持ちの方は、是非今回ご紹介した知識を活かしつつ、400倍トレードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

なお、当サイトでは本記事以外にも、海外FXにまつわる様々な記事を掲載しています。

FXトレーダーとして役立つ情報が多数存在しますので、気になる方は是非そちらもチェックしてみてください!

>>海外FXの役立つ情報はこちらから!