国内FX業者のレバレッジ10倍規制の消費者への影響は!?

25倍→10倍へ!国内FX業者のレバレッジ規制の影響

国内FX業者のレバレッジ規制の影響について
当コンテンツでは、国内FX業者のレバレッジ規制によるトレーダーへの影響について説明していきます。

2017年9月27日の日本経済新聞電子版に
「金融庁が国内FXのレバレッジ規制を25倍から10倍に下げることを検討している」
という内容の記事が掲載されました。

この規制には、国内FX業者のトレーダーにとってメリット、デメリットの両方が存在しています。
そこで、今回は国内FX業者のレバレッジ規制によるトレーダーへの影響について説明していきます。

国内FX業者のレバレッジが10倍になるメリット

レバレッジを10倍に規制するメリットについて

ここでは、まず国内FX業者のレバレッジを10倍に規制することによるトレーダーのメリットについて紹介していきます。

リスクが減る

そもそも、金融庁が国内FX業者のレバレッジの規制をするのはトレーダーの損失を防ぐということが目的です。

レバレッジ25倍で取引を行うのとレバレッジ10倍で取引をするのでは損失が出た場合の損失額の大きさは25倍の方が大きくなってしまうのは誰でもわかると思います。
また、国内FX業者の場合は海外FX業者の多くが提供しているゼロカットが規制されているため使えなく、口座残高がマイナスになってしまった場合はトレーダーが負担をしなくてはなりません。

そのため、東日本大震災の時のような急激な値動きがあった場合は借金を負う可能性も存在します。
このような事態を防ぐために金融庁はレバレッジの規制という形を取っているというわけです。

ただ、レバレッジは取引の際にトレーダー本人が自分で設定するものであり、規制されるということは取引の幅が狭まるということです。
そのため、基本的に国内FX業者のレバレッジが10倍に規制されることのメリットはあまりありません。

それでも金融庁が規制するということはあまりにも国内FXトレーダーが高いレバレッジでの取引によって大きな損失を出している人が多いということだと考えられます。

規制により発生するデメリット

レバレッジ規制のデメリットについて

きちんと資金管理をしており、リスク管理を行っているトレーダーにとっては金融庁にリスクを減らしてもらわなくても自分でできるという人が多くいると思います。
そのような方にとっては、今回の国内FX業者のレバレッジ規制にはデメリットしか存在しません。

そこで、ここからは国内FX業者のレバレッジ規制によるトレーダーのデメリットについて紹介していきます。

高い金額の取引が行えなくなる

レバレッジを規制されてしまうと当たり前ですが、高い金額の取引を行えなくなってしまいます。

現在、FXに使うことができるお金が10万円あるとします。
国内FXのレバレッジ規制が25倍であれば最大250万円分の取引を行うことができます。
しかし、国内FX業者のレバレッジが10倍になってしまうと100万円分の取引までしかできません。

このように最大レバレッジが下がってしまうとこれまでより少ない金額の取引しかすることができなくなってしまいます。

証拠金が多く必要になる

少額の取引しか自分はするつもりがないという人にとってもレバレッジ規制は影響してきます。

100万円分の取引を行いたい場合は
レバレッジが25倍まで使えれば、お金を4万円用意するだけで国内FXを行うことができます。
しかし、レバレッジが10倍まで規制されてしまうと、10万円を用意しなければなりません。

つまり、国内FXのレバレッジ規制が強くなってしまうと、証拠金をこれまでの2.5倍用意しなければならないということになります。

ロスカットされやすくなる

レバレッジ規制とロスカットは一見関係ないようにも感じます。
しかし、国内FX業者のレバレッジ規制が強まることによってロスカットもされやすくなってしまいます。

例えば、最大レバレッジ25倍、強制ロスカットが必要証拠金の30%で行われている国内FX業者があったとします。
この時レートが1ドル=100円、証拠金20万円、レバレッジ5倍で100ドル購入しました。
最大レバレッジ25倍で100万円分の取引をしていることになるので、必要証拠金は4万円と言うことになります。
そのため、4万円の30%である1万2000円に証拠金がなった段階でロスカットがされてしまいます。
つまり、レートが1ドル=81.8円になるまでトレードができるということです。
これは東日本大震災のような大きな出来事が起きない限りはロスカットはされないと考えていいでしょう。

しかし、レバレッジが10倍に規制されている場合だと、
必要証拠金は最大レバレッジ10倍で100万円分の取引をしているため10万円となります。
そのため、証拠金が10万円の30%である3万円になった段階でロスカットされてしまうということです。
つまり、レートが1ドル=90円になった瞬間強制的に決済されてしまうということです。

このように国内FX業者のレバレッジが規制されてしまうことによってロスカットの基準まで高くなってしまいます。

ただ、これに関しては国内FX業者がロスカットの基準を下げるということも考えられるので、まだわかりません。
このようなデメリットが発生する可能性がある程度に考えておくようにしましょう。

日本の金融庁の予定通りトレーダーは守られるのか?

レバレッジを規制での各種への影響について

金融庁が国内FX業者のレバレッジを規制する目的がトレーダーの損失を減らすということでした。
これは本当に国内FX業者のレバレッジを規制することによって叶えられるのでしょうか?

ここからは、国内FX業者のレバレッジが10倍になることによってトレーダーや国内FX業者さらには、海外FX業者にどのような影響が出るかを考えていきます。

トレーダーへの影響

まず、実際に国内FX業者を利用するトレーダーにどのような影響が出るかを考えていきます。
金融庁が国内FX業者のレバレッジを10倍に規制する目的はトレーダーのリスクを減らすことでした。
実際にハイレバレッジでの取引を行うことができなくなるため、全体の損失額が減少し、借金を負う人の数も減ることが予想されます。
ただ、国内FXのレバレッジを規制することによって利益額も減少してしまいます。

また、高いレバレッジでの取引をしたいトレーダーの中には国内FX業者からレバレッジの規制がない海外FX業者に移る人も出てきてしまうことも考えられます。
さらに、100円から始めることができる国内FX業者があるとはいえ、多くの業者では証拠金がこれまで以上に必要になってしまいます。
そのため、新しく国内FX業者を利用するという人も少なくなると考えられます。

これらのことから、レバレッジを規制することによって国内FX業者を利用するトレーダーはこれまでより少なくなると思われます。
また、国内FX業者利用者の損失額は減るものの利益額も全体的に減少するため、平均利益額などは基本的に変わらないのではと考えられます。

場合によっては、国内FX業者で稼いでいた人が海外FX業者に乗り換え、平均損益額は減少することも考えられます。

さらにトレーダー個人個人についても考えていきます。
トレーダーにとって、レバレッジは自分で管理するものであり、きちんと管理している人にとってはレバレッジ規制は何一ついいことがありません。
さらに、きちんとレバレッジの管理をしていない人でもレバレッジの規制により取引の幅が狭くなってしまうことに変わりはありません。
そのため、レバレッジの規制は個人で見ると便利になるというところは基本的にはなく、規制が厳しくなったにすぎません。

国内FX業者への影響

次に国内FX業者への影響について考えていきます。
今回の国内FX業者のレバレッジ規制は基本的に国内FX業者へのメリットはありません。
レバレッジが低くなってしまうと、全体の取引量が減ってしまい、さらにレバレッジの規制がない海外FX業者に移るトレーダーも出てくることが考えられます。
そうなってしまうと、一人当たりの取引量も利用者数も落ちてしまうため国内FX業者の売り上げは減少してしまいます。

金融庁はレバレッジについて国内FX業者などの金融先物取引業協会と話し合い確定すると公表していますが、ほとんどの国内FX業者はレバレッジ規制に反対すると思われます。
ただ、それはこれまでのレバレッジ規制の時も同じなので今回も国内FX業者の多くが反対したとしてもレバレッジ規制が行われる可能性が高いと思われます。

もし、国内FX業者にメリットがあるとすればレバレッジ規制後に
「最大レバレッジが下がり、FXが安全になりました!」
などと謳い、これまでFXを危ないものだと思っていた人たちが始める可能性があるということぐらいだと思います。
ただ、それも基本的にレバレッジについて詳しく知らない初心者でなので長く国内FX業者で取引を続けてくれる人はごくわずかであると思います。

このように、レバレッジ規制は国内FX業者にはほとんどメリットはないと考えられます。

海外FX業者への影響

国内FX業者のレバレッジ規制は金融庁の規制を受けない海外FX業者にも影響を及ぼします。
トレーダーにとって、レバレッジ規制のメリットは感じられないということを上で説明しました。
そのため、国内FX業者でのトレードに不満を持ち始める人も出てくると思われます。

そうすると、国内FX業者から金融庁の規制に従う必要のない海外FX業者に流れる人が出てくることが考えられます。
そのため、今回のレバレッジ規制で最もメリットがあるのはもしかすると海外FX業者であるかもしれません。

レバレッジの規制に意味はあるのか?

現在、大きく分けると3つの規制が国内FX業者には存在します。
それは

  • 最大レバレッジ25倍に規制
  • 信託保全の義務
  • ゼロカットの禁止

の3つです。

このうち、①と②はトレーダーを守るための規制です。
①については何度も説明しましたが、高いレバレッジでの取引は損失が多くなってしまい、借金を負うリスクも出てくるため、①が行われています。
②の信託保全とはトレーダーの資金を別で管理しておき、国内FX業者が破産した場合でもトレーダーの資金を守る仕組みです。

また、③は国内FX業者を守るための規制です。
海外FX業者では急激な値動きなどにより、口座残高がマイナスになった場合は業者が全て負担してくれるゼロカットと言う仕組みが存在します。
しかし、これは東日本大震災など大きな出来事があった場合、業者にかなりの負担になってしまいます。
ゼロカットにより、破産した海外FX業者も存在するぐらいです。
そこで、日本では法律で会社が個人の負担を肩代わりすることが禁じられており、国内FX業者はゼロカットができなくなっています。

今回、レバレッジの規制がさらに強くなり、トレーダーの損失を減らそうと考えられています。
しかし、これにより国内FX業者の売り上げも減少することが考えられます。
これでは国内FX業者を守れていません。

管理人としては、トレーダーも国内FX業者も守るためにはゼロカットができるようにすることが最もいいと考えています。
ゼロカットが行えるようになると、トレーダーは借金を負うことはなくなります。
さらに、国内FX業者としてもトレーダーの借金を肩代わりすることにはなってしまいますが、トレーダーにとって利益が増えるので利用者の増加も見込めます。

むしろ、ゼロカットができるようになると国内FX業者にとってはメリットになるということも考えられます。
管理人としては、トレーダーにも国内FX業者にもメリットがあるのはゼロカットをできるようにすることだと考えています。

まとめ

国内FX業者のレバレッジ規制での影響についてのまとめ

国内FX業者のレバレッジ規制でのメリット、デメリットなどについては理解していただけたでしょうか?

全体的にトレーダーの損失額は減ることは考えられるもののトレーダーにとっても国内FX業者にとってもレバレッジの規制はメリットがほとんどないということでした。
また、今回の記事にも少し出てきましたがFX業者には大きく分けると海外FX業者と国内FX業者の二つがあります。

国内FX業者には様々な規制がありますが、

  • 信頼性が高い
  • スプレッドが狭い

などのメリットがあります。

一方で海外FX業者は日本の法律による規制がない分

  • ハイレバレッジの取引ができる
  • ゼロカットを使うことができる

などのメリットがあります。

FXを行う場合はきちんと国内FX業者、海外FX業者の両方のメリット、デメリットを比較したうえで業者を選択するようにしましょう。