FXの最大レバレッジは何倍?気になる国内、海外の事情を徹底公開!

FXの最大レバレッジは何倍なのか

FXの最大レバレッジは何倍なのか

FXをやっていれば、皆さん必ず気にかけているであろう「レバレッジ」という概念。

言葉の意味はわかっていても、実際に数多有るFX業者それぞれが、レバレッジを最大何倍に設定しているのかまでは知らないという方も少なくないのではないでしょうか。

「国内FXはレバレッジに制限があった気がするけど、厳密なルールは知らない」
「海外FXは業者ごとにレートが違いすぎて、最大何倍なのかよくわかっていない」

このような声を最近は特に聞くようになりましたが、さながら昔の私を見ているかのようです。

そこで今回は、知っているようで意外と知らないFXの世界における「レバレッジ」について、国内外に分けてそれぞれ詳しくお伝えしていきます。

この記事を参考に、是非ご自身にあったFX業者を検討してみてください。

それでは早速、国内FX業者のレバレッジ事情から覗いていきましょう!

国内業者の場合

国内業者の場合

本項では、題の通り国内FX業者のレバレッジについてお伝えしていきます。まずは、最大レバレッジのルールから見ていきましょう。

最大レバレッジは原則25倍

国内のDMMFXやGMOクリック証券、SBIFXトレードも最大レバレッジは25倍

国内FX業者は、金融庁の取り決めにより、個人でFXを行う場合は最大レバレッジが25倍までというルールが適用されています。

そのため各FX業者は、どんなにレバレッジを高くさせようと思っても、25倍までしか設定する事ができない現状です。

後ほどお伝えする海外FXでは4桁倍までのレバレッジを最大で提供している業者もあるだけに、少々物足りないと感じる投資家の方もいるかもしれません。

しかし、そんな状況を知ってか知らずか、実は更にレバレッジ規制を強める動きもあったのですが、それは次項で説明します。

10倍規制は見送りに

前述した通り、金融庁は更なる厳しい規制をかけるか否か、具体的にはレバレッジを「10倍」まで下げる検討を続けてきていました。

というのも、実は25倍というレバレッジは国際的に見て高く、安全性の面から鑑みても下げるべきだという声が噴出してきていたからです。

結論から言えば、結局従来の25倍が最大レバレッジのまま変動はなかったのですが、未だ日本の規制事情は注目を浴びています。

ただ、次項でお伝えする海外FX業者の最大レバレッジは、この25倍をはるかに上回る数値を叩き出している事で有名です。詳しく見ていきましょう。

海外業者の場合

海外業者の場合

さてここからは、海外業者の事情について見ていきましょう。まずは、世界最大規模のレバレッジを誇る業者についてご紹介します。

最大なんと3000倍の業者も

最大レバレッジがなんと3000倍の業者も

2019年現在、世界で最大のレバレッジを誇ると言われているのが、ロシアに本社を構えるFX業者「FBS」です。

この業者はタイトルにもある通り、驚異の最大3000倍レバレッジを売りにしていて、10年近く第一線で活躍を続けるブローカーとして名を馳せています。

1000倍でも十二分すぎるほどのレバレッジなのに、最大3000倍は正直桁違いですね。

そんなFBSの詳細については、以下にリンクを張りますので、更に詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

公式サイトはこちらFBSの詳細はこちら
 

おすすめは1000倍のGemforex

おすすめはレバレッジ1000倍のGemforex

さて、先ほどレバレッジは最大1000倍で十二分だと言いましたが、そんな中でも特にお勧めしたい業者こそが「Gemforex」です。

この業者は最大レバレッジ1000倍という圧倒的な数字に加え、充実した日本語対応やサポートが売りのブローカーとして知られています。

直近では信用の証ともいえる正式なライセンスを取得するなど、安全性の面からも十分に担保され、かつほどよい金額感でトレードが可能です。

さらに、今なら期間限定の新規口座開設キャンペーンも行っているので、もし海外FXの業者で利用を悩んでいる方は是非Gemforexを検討してみてください。

公式サイトはこちらGEMの詳細はこちら
 

888倍のXMも非常に優秀

888倍のXMも非常に優秀

前述のGemforexに負けず劣らず人気を誇っているのが、最大レバレッジ888倍の「XM」です。

特徴的な最大レバレッジで有名なXMですが、人気の秘訣は何といってもその利用者の数および規模感。

2019年現在では、海外FXでは圧倒的となる累計100万口座を突破し、この事からも多くのトレーダーがXMを愛用している事が伺えます。

また、取引可能な通貨ペアが多い事も人気の理由の1つで、先ほどご紹介したGemforexが35種なのに対し、XMは55種類もの通貨ペアを誇っているのです。

こうした多様なバリエーションを豊かに保持している事で、結果として総ユーザー数も増え、海外FX業者の中ではずば抜けた人気を獲得するようになったというわけですね。

公式サイトはこちらXMの詳細はこちら

 

さて、海外FX業者の中でも特におすすめの3社をご紹介したところで、続いては最大レバレッジをFXで最大限有効活用するためのポイントをお伝えしていきます。

最大レバレッジを活かすには

最大レバレッジを活かすには

FXで最大レバレッジを利用する際、真っ先に気になるのはやはり損益の話でしょう。

そこで次項ではまず、国内FX業者の最大レバレッジである25倍と、海外FX業者のレバレッジの1000倍(Gemforexを参考)を比較してみたいと思います。

25倍と1000倍を損益表で比較

前述の通り、国内と海外のFX業者の最大レバレッジを利用した際の損益差について、表を使って比較していきたいと思います。まず諸条件は以下の通りです。

・通貨ペア:米ドル円

・レート:1ドル100円

・取引数量:100万通貨

・必要証拠金:400万円(25倍), 10万円(1000倍)

で、実際の表はこちら。

レート変動値 損益額
1pips 1万円
5pips 5万円
10pips 10万円
50pips 50万円
100pips(1円) 100万円

上記表を見ればわかる通り、原則として最大レバレッジの倍率に関わらず、「必要証拠金」以外の数字は変動してきません。

当然の事ながら、低レバレッジで運用しようと思えばそれだけの元手(証拠金)が必要になりますし、逆に高レバレッジで運用するなら少ない金額で済みます。

これは逆にレバレッジが高ければ高いほど、元手が少ない状態でも一攫千金のチャンスが広がるという見方もできますが、一瞬で大金を失うリスクにも直結しかねません。

また、上記表の条件で言えば、たった1pips動いただけでも1万円を失うのですから、それだけ慎重にトレードする必要が出てきます。

損得計算を十分に行った上で、自分にとって最適なレバレッジでトレードする事をおすすめします。

さて、本項では損得表を基に国内外の最大レバレッジを比較してきましたが、結局のところ、海外FXと国内FXではどちらを利用するのがお得なのでしょうか?

最後にその答えをお伝えしていきます。

結局お得なのは…

これまで海外FXと国内FXの最大レバレッジを中心に、それぞれの利点や欠点をくまなくみてきましたが、結局のところどちらを利用した方がお得なのでしょうか?

結論、最終的にはもちろん個人の肌感に依存しますが、もし環境的に利用可能であれば海外FXの利用をおすすめします。

これまで繰り返し述べてきた通り、やはり海外FXは、4桁にも達する最大レバレッジが使えるというのが何よりもの魅力。

トレードをする上で皆一番に思う事といえば、やはり「儲けたい」という事ですよね。

実質的に海外FX1000倍を利用すれば、理論上は国内FXの最大レバレッジ25倍を利用するのと比べて、400倍のトレードをする事ができるわけです。

これは圧倒的な時短や、非常に合理的な選択を行う事にも繋がります

たしかに低レバレッジのものと比べて、海外FXの最大レバレッジは一定以上のリスキーさを内包している点は否めませんが、それでも海外FXを全く利用しない理由には繋がりにくいでしょう。

自分との相性等も勘案すべきかとは思いますが、FXで国内外どちらを利用しようか迷っている方がいたら、是非海外FXにチャレンジしてみる事をおすすめします。

それでは最後に、本記事のまとめを見ていきましょう。

まとめ

今回の記事では、海外・国内FX業者における最大レバレッジについて詳しく見てきました。

海外では最大3000倍までのものが存在し、国内FXでは25倍がそもそもの最大値として決められているなど、事情が全く異なるというのが今の現状です。

そんな中で海外FXと国内FX、それぞれを比較し、おすすめの利用先をお伝えしてきました。

何かとリスクばかりが注目されがちな海外FXですが、本記事で記載した基礎情報に目に通し、正しい知識で堅実なトレードを実施していただければと思います。

いずれを利用するにも、まずは行動から。当サイトではこの記事以外にも、海外FXを中心とした様々な情報を網羅的に掲載しています。

本記事を読んで海外FXに興味が出た人、まずは口座開設をしてみたい人等は、是非とも他の記事も併せて読んでみてくださいね。

海外FXと国内FXの違いとは?気になる詳細ポイントを徹底比較!全く違う海外FXと国内FX 皆さんは、海外FXと国内FXの違いを聞かれて、ぱっと答える事はできますか? 「国内FXは経験...