MT5とMT4の違いとは?インジケーターや更新頻度を元に徹底比較

人気FXツール「MT5」と「MT4」は何が違うのか?

人気FXツール「MT5」と「MT4」は何が違うのか?
「MT5」は、「MT4」の改良版として近年開発元の「MetaQuotes(メタクォーツ)社」が普及に力を入れている金融取引ツール。

しかし実際MT5はMT4と比べて機能的にどこが違うのか?また、トレードでMT5とMT4のどちらを使えばよいのか?など、まだ両者についてよくわからない方も多くいらっしゃいます。

そこで今回はMT5とMT4を比較し、その違いを明らかにするとともにMT5 とMT4それぞれが優れているポイントを選別してみました。

さらにMT5に乗り換えを検討されている方のために、MT5が使えるおすすめの海外FX会社を紹介していますので参考にしてください。

MT5とMT4の違いを検証

MT5とMT4の違いを検証

はじめに、MT5とMT4ではいったいどこが違うのか、両者を比較して異なる点を洗い出してみましょう。

そもそもMT5とMT4とは

MT5とMT4は、ともにロシアのMetaQuotes社が開発した電子取引用のプラットフォーム。

プラットフォームというのは金融取引を行うための環境を提供し、金融商品の価格やチャート、各種ニュースなどの閲覧やチャートの分析、取引のための売買、自動売買ソフトの稼働など、様々な機能が集約されたツールです。

2005年にリリースされたMT4は、標準装備された豊富なテクニカル分析ツールに加え、独自のインジケーターを自由に追加できるカスタマイズ性能や多彩な自動売買ソフト(EA)の稼働環境を備えていることなどから世界中のトレーダーに支持されてきました。

一方のMT5は、MT4の後継プラットフォームとして2010年にリリースされたもの。

MT5はMT4に比べて様々な面で機能の向上が図られていますが、MT4で使われていたテクニカルツールやEAとの互換性がないため、その普及があまり進んでいない状況にあります。

しかし最近になって開発が進み、項目によってはMT5のほうが使い勝手が良いと言われてきています。

MT5とMT4の比較

MT5とMT4を比較すると、下の表のようになります。
※スマホでご覧の方は横にスクロールできます。

比較項目 MT5 MT4
プログラム言語 MQL5 MQL4
動作スピード やや早い やや遅い
時間足の種類 21種類 9種類
標準インジケーター 96種類 73種類
カスタムインジケーター 少ない 非常に多い
EAの種類 少ない 非常に多い
ストラテジーテスター
ワンクリック注文
両建て
気配値・ナビゲーター わかりやすい わかりづらい
描画ツール 44種類 31種類
仮想通貨取引
アップデート頻度 非常に多い 少ない
対応ブローカー 海外ブローカー:7社
国内ブローカー:0社
海外ブローカー:ほぼ全て
国内ブローカー:5社

比較してみますと、違うがはっきりしますね。

基本的な動作やトレードに必要なものはMT5。一方EAを使った自動売買をするならMT4といったところでしょうか。

では次に具体的にMT5、MT4それぞれ優れている点を紹介していきましょう。

MT5が優れているポイント

MT5が優れているポイント

次に、MT5が優れていると判断されるポイントについてみていきましょう。

動作スピードが速い

MT5はMT4に比べると動作スピードが圧倒的に改善されています。

特に超短時間に売買を繰り返すスキャルピングなどではプラットフォームのレスポンスが非常に重要となりますが、その点MT5は、圧倒的にMT4より優れているでしょう。

なお、パソコンのメモリ消費量をみるとMT5の方が多く消費しますが、普通のパソコン(メモリ4G以上)であれば支障なく使えますのでご安心を。

MT5のメモリ消費量は原則1GBも使いません。

ただ複数のインジケーターを使用している場合などはメモリの消費は大幅に増えます。

例えばMACDは表示をする際にEMA(指数移動平均)を2つコピーし、その差を計算しています。

このように、インジケーターによっては多くのメモリを消費してしまうのもありますので、「チャートの最大バー」を減らしたりして消費メモリを抑えるのが効果的です。

時間足の種類が多い

MT5では、表示できる時間足の種類が増えています。

MT4では9種類であったのに対し、MT5では21種類も表示ができます。

MT4の時間足

1分・5分・15分・30分・1時間・4時間・日・週・月の9種類

 

MT5の時間足

1分・2分・3分・4分・5分・6分・10分・12分・15分・20分・30分
1時間・2時間・3時間・4時間・6時間・8時間・12時間
日・週・月
の21種類


各種機能が充実している

MT5が勝っている点は、まだ他にもあります。

標準インジケーターの種類が増えた

初めから標準で装備されているインジケーターでは、MT4が73種類でしたがMT5は96種類と増えています。

比較項目 MT5 MT4
トレンド系 13 7
オシレーター系 15 13
ボリューム系 4 4
ビル・ウィリアムズ系 6 6
その他 58 43
合計 96種類 73種類

様々なインジケーターがデフォルトで装備されているので、より自分のスタイルに合ったトレードができると言えますね。

気配値表示・ナビゲーター表示が分かりやすくなった

下図は、MT5とMT4の気配値・ナビゲーター表示を並べたもの(左がMT5、右がMT4)ですが、一見それほど変わっていないようにみえます。

しかし、MT5の気配値表示には、「詳細」と「プライスボード」に切り替えるタブが新しく付きました。

▼MT5の気配値詳細


 

▼MT5のプライスボード

プライスボードでは、高値・安値・スプレッド・スワップなどの情報を直感的に読み取ることができるとともに、このボード自体がトレードパネルの機能を持っているため、ワンクリック売買も可能です。

また、ナビゲーター表示でも、MT4では縦長で枠に収まりきらなかったのですが、MT5ではスッキリとコンパクトにまとめることが可能となっています。

ちなみに下図は、左がMT5、右がMT4のナビゲーター表示をまとめたものです。

描画ツールの種類が増えた

各種ラインや矢印などの描画ツールでは、MT4が31種類でしたがMT5は44種類と増えています。

開発元が力を入れている

MT5は、開発元のメタクォーツ社がその普及に力を入れているため、アップデートが頻繁に行われています。

一方のMT4では、アップデートがあまり行われなくなっているようです。

項目 MT5 MT4
2017年 12回 1回
2018年 6回 0回
2019年 2回 0回
最終アップデート 2019年6月 2017年2月

さらに、メタクォーツ社の公式サイトでは、もはやMT4のダウンロードタブは存在しません。

metaquotes

現在MT4をダウンロードするには、MT4に対応しているFX業者のサイトからダウンロードするしかありません。

以上のことから、メタクォーツ社自体が、MT4の代わりにMT5の普及に力を入れていることがよくわかりますね。

MT4が優れているポイント

MT4が優れているポイン

今度は逆に、MT4が優れているポイントについてみていきましょう。

EAの数が多い

MT4で稼働するEAは、MQL4というプログラム言語を用いて作成します。

MQL4で作られたEAはMT5上では稼働させることができず、逆に MQL5で作成されたEAはMT4で使うことができません。

MT4には、MQL4で作られたMT4専用に使えるEAが種類・数ともに非常に多く公開され、有償・無償頒布されています。

また、MQL4の言語自体がそれ程難しくないため、多くのトレーダーが自前のEAを開発してきた経緯があります。

これまでMT4上でEAを使って売買を行ってきたトレーダーはプラットフォームをMT5に切り替えるとそれまで使ってきたEAがすべて使えなくなってしまうので、MT5に切り替えず従来のままMT4を使い続けているトレーダーの方が多くいるのが現状。

一方のMT5では、専用のEAの種類や数が次第に増えてきていますが、そもそもMQL5の難易度が高いこともあり、まだMT4の域には達していません。

カスタムインジケーターが豊富

カスタムインジケーターとはMT5やMT4に標準装備されているインジケーターではなく、MT5やMT4のユーザーが開発・改造したインジケーターをいいます。

インジケーターについてもEAの場合と同様に互換性がないため、MT4用のインジケーターをそのままMT5で使うことはできません。

MT4向けのカスタムインジケーターは、非常に多くの種類が公開され出回っています。

一方、MT5用のカスタムインジケーターは、次第にその種類や数が増えてきてはいますが、まだMT4には及んでいないのが実情です。

以上MT4が優れている点を見てきましたが、以下のようにまとめられるでしょう。

MT5とMT4のまとめ
  • 裁量トレード ⇒ MT5
  • EA(自動売買) ⇒ MT4

必ずしもMT5が良いというわけではないので、自分のトレードスタイルに応じて最適な取引ツールを利用することをおすすめします。

【2019年最新】MT5が使えるおすすめ海外FX会社とは

【2019年最新】MT5が使えるおすすめ海外FX会社とは

それでは取引プラットフォームをMT5に切り替えたい場合に、どのFX業者でトレードを行えばよいのでしょうか?

ここでは、2019年最新版のMT5が使えるおすすめの海外FX会社を紹介します。

XM

XM

まず1つ目におすすめなのが、言わずと知れた「XM(エックスエム)」です。

XMは2009年に営業を開始したキプロスに本社がある世界的な金融取引グループの海外FXブランドで、日本国内でも大変人気のある優良業者。

きめの細かい日本語サポートや888倍の最大レバレッジ、そして豪華なキャンペーンで多くのユーザーを抱えています。

※スマホでご覧の方は横にスクロールできます。

社所在地 キプロス
営業開始 2009年
通貨ペアの種類 55種類
口座の種類 3種類(マイクロ口座・スタンダード口座・Zero口座)
取引プラットフォーム MT5、MT4
最大レバレッジ マイクロ・スタンダード口座:888倍
Zero口座:500倍
平均スプレッド ドル円1.6pips、ユーロ円2.6pips、ユーロドル1.6pips
※マイクロ・スタンダード口座
最小取引単位 マイクロ口座:10通貨
スタンダード・Zero口座:1,000通貨
最低入金額 マイクロ・スタンダード口座:5ドル
Zero口座:100ドル
取扱金融商品 FX、コモディティ、株式指数、貴金属、エネルギー

 

XMのメリットは、なんといっても最大888倍という業界トップレベルのハイレバレッジで資金効率の良いトレードができる点です。

さらに最低入金額はマイクロ・スタンダード口座が5ドル(約550円)、Zero口座100ドル(約11,000円)と少額。

その上、最小取引単位もマイクロ口座10通貨、スタンダード・Zero口座1,000通貨と低いため、海外FX初心者でも安心して始めることができますね。

さらに、ゼロカットシステムを採用しているため、追証の心配なくトレードに専念できます。

逆にデメリットは、海外FX業者の中ではスプレッドがやや広い傾向にあることです。

MT5をダウンロードXMの詳細はこちら

 

HOTForex

HOTForex

HotForexは、世界190カ国以上で金融取引サービスを展開し、口座数が130万口座を超えるHFマーケットグループの海外FXブランドです。

※スマホでご覧の方は横にスクロールできます。

社所在地 セントビンセント・グラナディーン(カリブ海)
営業開始 2010年
通貨ペアの種類 49種類
口座の種類 3種類(マイクロ口座・プレミアム口座・ZERO口座)
取引プラットフォーム MT5、MT4
最大レバレッジ マイクロ口座:1000倍
プレミアム・ZERO口座:500倍
USD/JPY平均スプレッド マイクロ口座・プレミアム口座:1.7pips
ZERO口座:0.2pips
最小取引単位 1,000通貨
最低入金額 マイクロ口座:5ドル
プレミアム口座:100ドル
ZERO口座:200ドル
取扱金融商品 FX、株式、インデックス、金属・エネルギー、コモディティ、仮想通貨、債券

 

次におすすめなのが「HOTForex(ホットフォレックス)」です。

HOTForexは日本国内ではまだ知名度が高くはありませんが、「HFマーケットグループ」のFXブランドとしてヨーロッパを中心に業界トップクラスの信頼性を得ています。

そんなHOTForexのメリットは、豪華なボーナスキャンペーンや様々な取引スタイルに対応した口座タイプ、最狭水準のスプレッド、1000倍の最大レバレッジなどでしょう。

またゼロカットシステムを採用しており、追証の危険がないことも安心材料。

一方デメリットとしては、円口座に対応していない、入金手段があまり多くない、完全信託保全が講じられていないなどがあげられます。

公式サイトはこちら詳細はこちら

 

FBS

FBS

最後は2009年に営業を開始した海外FX業者「FBS(エフビーエス)」です。

日本国内向けのサービスを開始したのが2016年と最近のため国内ではまだあまり広く知られていませんが、海外では優良なブローカーとして定評があります。

※スマホでご覧の方は横にスクロールできます。

社所在地 ベリーズ
営業開始 2009年
通貨ペアの種類 35種類
口座の種類 6種類
(Trade100Bonus口座、セント口座、
マイクロ口座、スタンダード口座、
ゼロスプレッド口座、ECN口座)
取引プラットフォーム FBSTrader、MT5、MT4
最大レバレッジ Trade100Bonus口座:100倍、
セント口座:1000倍、
マイクロ・スタンダード・ゼロスプレッド口座:3000倍、
ECN口座:500倍
USD/JPY平均スプレッド Trade100Bonus・スタンダード口座:1.3pips、
セント・マイクロ口座:3.0pips、
ゼロスプレッド口座:0pips、
ECN口座:0.6pips
最小取引単位 1,000通貨(ECN口座のみ1万通貨)
最低入金額 Trade100Bonus口座:0、セント口座:1ドル、
マイクロ口座:5ドル、スタンダード口座:100ドル、
ゼロスプレッド口座:500ドル、ECN口座:1,000ドル
取扱金融商品 FX、貴金属、CFD、株式、仮想通貨

 

FBSのメリットは何といっても、最大3,000倍のハイレバレッジが使えることでしょう。

そしてまた口座開設時の100ドルボーナスや100%入金ボーナスなどの特典が充実していること、追証なしのゼロカットシステムを採用していることなどでしょう。

一方のデメリットとしては、口座通貨がドルとユーロのみで円口座に対応していない、公式ホームページの日本語がわかり難い、などの点をあげることができます。

MT5をダウンロード詳細はこちら

 

まとめ

MT5とMT4についてのまとめ

MT5とMT4の違いを中心にみてきました。

MT5は、従来のMT4を進化させたプラットフォームとして、以下の点が改良されています。

MT5のメリット
  1. 動作スピードが速い
  2. 表示できる時間足の種類が多い
  3. 標準装備されているインジケーターの種類が多い
  4. 気配値・ナビゲーター表示がわかりやすい
  5. 描画ツールの種類が多い
  6. アップデートの頻度が高く開発元が力を入れている

 
しかし、一方のMT4には、次のように依然として支持される理由があります。

MT4のメリット
  1. EAの種類が多い
  2. カスタムインジケーターの種類が多い

MT4で使ってきたEAやカスタムインジケーターはそのままの形ではMT5に移行させることができず、またMT5で新しいEAやインジケーターを開発しようとするとMQL5言語をマスターする必要があります。

このようにMT5が広く普及していくためには、乗り越えなければならない壁が存在します。

しかしこれまで紹介してきたように、電子取引プラットフォームとして見てみますと総合的な性能は明らかにMT5が勝っています。

今後も開発が進むと思いますので、今のうちからMT5を使って慣れておくといいでしょう。

>>TOPに戻る