TitanFXで出金!クレジットカードと銀行、どっち?

海外FX業者・TitanFXで出金しよう

TitanFXからの出金方法

TitanFXというと、海外FXと思えない狭いスプレッドが魅力。そのスプレッドを利用したスキャルピングで、大きな利益を得た人も多いのではないでしょうか?

今回は、その利益を出金する方法の紹介です。出金の方法や手順のほかに、注意点までしっかりと理解して、TitanFXでの利益を1円でも多く獲得しましょう!

お金を引き出す前に

まずは、TitanFXで実際に出金をする前に知っておいてほしい&やっておいたほうがよいことを紹介します。

 

TitanFXへの本人確認書類の提出が必要

TitanFXに限らず、FX会社はどこでもそうですが、出金をするためには本人確認をする必要があります。

特にTitanFXは口座開設時には書類提出が不要で、登録だけで取引スタートできるので忘れがちです。

初めての出金をする前に必ず本人確認の書類を提出
しましょう。


本人確認書類2点
(免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳など)
or
本人確認書類1点+現住所確認書類1点(公共料金利用明細、住民票など)

が必要です。

口座開設時には不要ですが、早めに提出しておけば後々楽でしょう。

出金には優先順位がある

後述しますが、2017年11月17日現在、TitanFXで使える出金方法は
①クレジット/デビットカード、②mybitwalet、③海外銀行送金
の3つとなっています。

TitanFXに限らず、FX業者ではマネーロンダリング防止の観点から、出金は入金と同じ方法で行うのが大前提となっています。
カードで入金したらカードで出金、
銀行送金で入金したら銀行送金で出金
といったふうです。

そして、カードで出金できるのはカードで入金した金額までなのです。
では、余剰分はどうするのでしょう?

そこで、優先順位が出てきます。
どこのFX業者でも、たいていは
クレジットカード>>eウォレット>>銀行送金
となっているので、クレジットカードの入金額を超えた分は、eウォレットでの出金となります。

もしeウォレットを持っていなかったり、eウォレットの入金額を超えた場合は、銀行送金での出金となります。

これはTitanFXだけの話ではないので、知識として覚えておくといいでしょう。

出金手数料がかかる

これはTitanFXのネックとなっている点ではありますが、おもな出金方法である海外銀行送金で1700円の手数料がかかります。
TitanFXへの手数料に加え、中継銀行や受取国内銀行での海外送金手数料など、合計で4000円前後手数料が引かれてしまいます。

受取銀行を手数料のかからないところにするなど手数料を減らす方法はありますが、TitanFXから銀行送金で出金する場合は、TitanFXへの1700円は少なくともかかる、ということを覚えておくとよいでしょう。

 

方法と手順の紹介

次に、TitanFXの出金方法とそれぞれの手順について詳しく説明をしていこうと思います。

TitanFXの出金方法は、以下の通りです。

出金方法 手数料 着金までの時間
(TitanFXの処理対応の時間)
クレジットカード/デビットカード
(VISA,VISAデビット,Master)
無料 Web明細への反映は1週間前後
(1~2営業日以内)
mybitwallet 無料(※)
即時
(1~2営業日以内)
海外銀行送金(nab銀行) 1700JPY 2~5営業日以内
(1~2営業日以内)

(※)TitanFXによる手数料徴収はないが、mybitwalletで手数料がかかる可能性あり
☆mybitwallet導入により、国内銀行送金による出金サービスは終了しました。
☆現在、TitanFXではビットコインによる入出金は行っていません。再開時期は未定です。

 

①クレジットカード/デビットカード

カードの登録さえしてしまえば、最も簡単な方法です。

ただし、そのカードで入金した額までしか出金できないので、利益分を出金することはできません

TitanFXのクライアントキャビネットにログインし、「入金・出金 資金移動」から「出金方法」でクレジット/デビットカードを選択します。
TitanFXからの出金方法セ選択ページ
カード情報や出金額を入力したら、「送信」を押します。

この後、TitanFXから出金処理が完了したという旨のメールが届けば手続き完了です。

 

②mybitwalletでの出金

mybitwalletは2017年10月18日に出金サービスが開始され、11月13日に入金も正式にサービスが始まった、新しい手段です。

e protectionsが経営するオンラインウォレットで、ネッテラーやスクリルと同様のスペックで楽々決済ができ、TitanFXに限らず海外FX業者のなかで導入する業者が増加しています。

カード決済同様、TitanFXのクライアントキャビネットにログインしてmybitwalletを選択したら、口座情報と金額を入力して送信。
TitanFXからメールが来れば手続き完了です。

mybitwallet側での手数料がかかる可能性はありますが、TitanFX以外の業者も導入し始めているので、これからさらに便利になっていくのではないでしょうか。

 

③海外銀行送金

金額を気にせず引き出せるので、最も使う人が多いのが、海外銀行送金ではないでしょうか。

前述通り、最低でも1700円、中継銀行や受取銀行での手数料も加えればさらに手数料が差し引かれるので、少額の出金には向いていません。
ただ、TitanFXのどの方法でもそれは一緒ですので、海外銀行送金が一番おすすめの方法ではあります。

クレジット、mybitwallet同様、TitanFXにログイン後、出金方法を選択します。

受取口座など、少し入力項目は多いですが一度の先に認証などは必要なく、その場で入力してすぐに出金ができます。
着金までもあまり時間がかからないので、引き出したお金をすぐ使いたい人には特におすすめです。

TitanFXのサイトにはNetellerやSkrillも書いてありますが、現在は使えませんのでご注意を。

 

TitanFXなら安心!出金拒否やトラブルなし

いかがでしたか?
TitanFXは、方法が少なく、しかも手数料がかかるなど、あまり出金に関してのメリットがないように見えます。

しかし、海外銀行送金で使う銀行が公開されているなど透明性が高く、処理対応が早く、サポートもしっかりしていますので安心して使うことができます。
もちろん、TitanFXでの出金拒否やトラブルの報告はありません

TitanFXで出金をする際に、この記事が参考になれば幸いです。