Tradeviewの口座開設手順を画像付きで徹底解説!

Tradeview(トレードビュー)は2004年創業以来、一度も出金トラブルを起こしたことがない、信頼度の高い海外FX業者です。

海外FXのレビューサイトであるFPAでも、Tradeviewは星4つの「Good」を獲得して評価されています。

Tradeviewの口座開設は4〜10分程度要しますが、本人確認まで一気に完了できるので、総合的に見ると決して時間はかかりません。

Tradeviewの口座開設所要時間
  • 口座開設フォームの入力:4〜10分
  • 本人確認書類の送付:2分
  • 入金情報の登録:4分

本記事ではTradeviewの口座開設、そして口座開設後にやるべきことをご説明します。

またTradeviewの口座開設に関するQ&Aにお答えするので、円滑にTradeviewで口座開設・トレードをできるでしょう。

それでは早速Tradeviewの口座開設手順を見ていきましょう。

Tradeviewの口座開設手順


ここでは、Tradeviewの口座開設手順を画像とともに解説していきます。

口座開設フォームの入力

まずは下記リンクをクリックして、Tradeviewの口座開設フォームに進んでください。

 
無料で口座開設する
Tradeview公式サイト)

クリックすると以下の画面が表示されます。

右上の新規口座開設をクリックしましょう。

ここでTradeviewの口座開設フォームの入力内容を解説する前に、5種類あるTradeviewの口座タイプを確認しておきましょう。

利用したい口座タイプを決定しなければ、Tradeviewの口座開設フォームで取引プラットフォームを選択できないためです。

X Leverage口座 ILC口座 MT5口座 cTrader口座 Currenex口座
取引手数料 無料 1lot(往復)につき5USD 1lot(往復)につき5USD 1lot(往復)につき6USD 1lot(往復)につき6USD
初回入金額 100USD 1000USD 1000USD 1000USD 1000USD
必要証拠金 20USD〜 50USD 100USD 25USD 25USD
最大レバレッジ 500倍 200倍 100倍 200〜400倍 200〜400倍
最小>取引単位 0.01lot(1000通貨) 0.1lot(10000通貨) 0.1lot(10000通貨) 0.01lot(1000通貨) 0.1lot(10000通貨)
1lot単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨
注文方式 STP方式 ECN方式 ECN方式 ECN方式 STP方式
プラットフォーム MT4 MT4 MT5 cTrader Currenex
通貨ペア数 60 60 60 41 41
CFD銘柄数 48 48 48 対応なし 対応なし
貴金属銘柄数 3 3 3 2 2
仮想通貨銘柄数 5 5 5 5 5

基本的には注文方式がECN方式の口座がおすすめになります。

口座を選んだらTradeviewの口座開設フォームに記入していきましょう。

取引プラットフォームと通貨

まずは、取引プラットフォームと通貨を選択します。

取引プラットフォームは10種類ありますが、ご希望の口座に応じたタイプをお選びください。

続いて、取引口座の通貨を選択します。

こちらも選択肢が豊富ですが、日本円ベースで生活されている方であれば「日本円」を選びましょう。

外貨建てにしてしまうと、為替手数料が発生してしまいます。

ご登録情報

続いて、「ご登録情報」を入力していきましょう。

氏名をローマ字で記載します。
例)Yamada Taro

ミドルネームがある方は、ミドルネームも入力しましょう。

続いて、出生地と生年月日を選択します。

生年月日は順序が日本の標準式と異なり、日付+月+年度となっているのでご注意ください。
例)2000年1月2日生まれ → 2/1/2000

パスポートに関する情報は必須ではありません。

入力したい方は、パスポート番号とパスポートの有効期限を記載します。

国籍は必須なので、該当する国籍をお選びください。

日本であれば「Japan」ですが、スクロールが少し長いので検索窓に「J」を入れると早いでしょう。

続いて、居住地の情報を記載します。

必須項目は、次の8点です。

  • 居住国
  • 市区町村
  • 住所
  • 郵便番号
  • 電話番号
  • Eメールアドレス
  • 性別
  • 未婚/既婚

すべてローマ字ならびに半角英数字で記入します。

電話番号は日本の国番号である「+81」を必ず付けましょう。

そして、電話番号の始めの「0」を省きます。

たとえば08012345678の電話番号であれば、+8180 1234 5678 となります。

なお携帯電話のメールアドレスは容量の大きなメッセージになると受信できません。

よって、パソコンで使えるメールアドレスを用意しておきましょう。

GmailやYahoo!メールなどの無料アドレスでも問題ありません。

米国市民権

米国市民権や永住権に関する質問に対して、該当する答えの欄にチェックを入れましょう。

職業や総資産・収入源

職業と年間所得・総資産について、該当する欄を選択します。

年間所得は、推定額で構いません。

該当する収入源を選択します。

また米国市民権や永住権に関して、Tradeviewから申告に関する追加書類を求められた時に応じる方はレ点を入れておきましょう。

そして、破産経験の有無を選択してください。

投資経験など

以下の項目の投資経験と取引量・取引頻度について、回答していきましょう。

  • 株式、債券
  • 為替、CFD、貴金属
  • 商品
  • 先物
  • バイナリーオプション
  • 投資信託

経験は、5種類から該当する選択肢をお選びください。

取引量も、5種類の選択肢から該当するものを選びます。

取引頻度も、同じように選択肢を選びましょう。

その他の情報では、下記の内容を記載します。

  • 年間投資予定額
  • 口座の目的
  • 口座管理の担当

年間投資予定額の選択は、最後の選択肢以外は米ドルなのでご注意ください。

選択肢の最後の「1億円以上」だけは日本円です。

「口座の目的」とは投資の目的を表しているので、4種類の選択肢から該当をお選びください。

口座管理の担当をする人を選択します。
紹介ブローカーや連絡をくれた担当者がいる場合は、任意で記入してください。

本人確認書類の提出

最後に、必要書類をアップロードしましょう。

有効な書類の種類は、以下の4種。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 身分証明書
  • マイナンバーカード

いずれも有効期限内でないと認められないので、ご注意ください。

次に、提出する身分証明書類を発行した国を選択します。

日本居住者であれば「Japan」です。

続いて、3ヶ月以内に発行された有効期限内の居住証明書を提出します。

「現住所確認書類」の欄をクリックすると、書類のアップロード画面に移動するので、該当ファイルを選びましょう。

居住証明書は下記のものが有効です。

  • 各種健康保険証
  • 公共料金の請求書、領収書
  • 電話料金の請求書、領収書
  • 使用している銀行の明細書
  • クレジットカードの利用明細書
  • 住民票
  • 納税証明書
  • 印鑑登録証明書

署名をして、Tradeviewの規約に同意の上、送信さればTradeviewの口座開設の手続き完了です!

署名はアルファベットで入力してください。

名前に誤りがある場合だけでなく、字が崩れている場合もTradeviewで口座開設ができません。

慣れていない方、ペンをお持ちでない方は思いの外苦戦するので、覚悟しておきましょう。

署名ができるのは一回だけではないのでご安心ください。

イニシャルだけの署名も可能なようなので、イニシャルだけの署名が無難かもしれません。

Tradeviewの規約を確認・同意したらチェックを入れて、送信しましょう。

Tradeview口座開設後から取引までの流れ


Tradeviewの口座開設が完了したら、取引ツールをインストールしましょう。

今回はMT4の場合を解説していきます。

まずはインストールから。

MT4をインストール

MT4のインストールは、約2分で完了します。

Tradeview取引プラットフォームのダウンロードページにアクセス

まずは、Tradeviewの取引ツールのダウンロードページにアクセスしてください。

またはTradeview口座開設後に送付されたメールに記載されたリンクも同じなので、ダウンロードページにアクセス可能です。

MT4をダウンロード

1番左側の「MetaTrader4」にカーソルを置きます。

下記の画像では、赤い□で囲った箇所です。

すると、次のようにダウンロードしたいバージョンが表示されます。

該当するバージョンを選んで、ダウンロードしてください。

Windowsをお使いの方は、デスクトップでTradeviewのMT4をお使いいただけます。

しかしMacユーザーは、デスクトップでTradeviewのMT4を使えません。

iOS版を選択するとiPadやiPhone、アンドロイド版を選択するとAndroidスマホやタブレット、TradeviewのMT4を利用することができます。

MT4をインストール

TradeviewのMT4のダウンロードが完了したら、「実行」をクリックしてください。

するとMT4のセットアップ画面が表示されるので、規約を確認して「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックすると、MT4のインストールが始まります。

MT4のインストール終了後は「完了」をクリックすれば、MT4のインストールが完了です!

MT4にログイン

MT4へのログインは、約3分で完了します。

インストール完了後は、MT4のアイコンをダブルクリックしてMT4を起動しましょう。

するとログイン画面が表示されます。

Tradeviewの口座開設が完了すると、Tradeviewよりログイン情報がメールにて送付されます。

メールに記載されているログイン情報を入力して、取引を始めましょう。

Tradeview口座開設まとめ


Tradeviewの口座開設は3〜10分ほどで完了しますが、有効化には少々時間がかかるようです。

多くのケースでは24時間以内で審査が完了しますが、時には丸1日以上時間がかかってしまう場合もあります。

時間がかかってしまうのは営業日の問題なので、土日に口座開設をした方は翌営業日まで待ちましょう。

Tradeviewの口座開設審査に無事通過したら、Tradeviewで取引を開始しましょう。

まずは入金!

基本的には、入金をしない限り、取引を開始できません。

Tradeviewには18の方法で入金ができますが、おすすめはbitwalletです。

bitwalletでは入金手数料が無料で、即日Tradeviewに入金が反映されます。

Tradeviewの入金に関して、詳しくは以下のページをご覧ください。

Tradeviewの入金方法まとめ!おすすめの方法や入金手順も解説 Tradeview(トレードビュー)は中上級者におすすめしたいハイクラスな海外FX会社。 入金方法は19種類もあります。こんな...

利益が出たら出金!

取引をして利益が出たら、出金をしましょう!

出金方法や手順に関しては以下のページで詳しく解説しています。

参考にしてみてください。

Tradeviewの出金方法を解説!おすすめの方法や出金手順&出金拒否についてもまとめ 海外FX業者Tradeview(トレードビュー)では、これまでに出金拒否や口座凍結の事例はありません。それでも実際に出金するとなると...

Tradeview口座開設のQ&A


最後に、Tradeviewの口座開設に関する2つのQ&Aにお答えします。

Tradeviewで口座開設をしたのに、ボーナスがもらえないのはなぜ?

Tradeviewには口座開設ボーナスがないので、口座開設をしてもボーナスはもらえません。

Tradeviewには入金ボーナスもありませんが、取引手数料や狭いスプレッドの維持に力を入れています。

そのためボーナスがなくても、十分にTradeviewはおすすめできるのです。

登録したメールアドレスを変更できますか?

登録したメールアドレスの変更は可能ですが、Tradeviewのサポートデスクへの連絡が必要です。

以下の情報を記載した変更依頼のメールを、Tradeviewサポートデスクまでお送りください。

  • 氏名
  • 取引口座番号
  • 現在使用しているメールアドレス
  • 変更後登録したいメールアドレス

その後は、Tradeviewのサポートデスク側での対応になります。

Tradeviewに関してより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

【Tradeviewの評判・口コミ】安全性とスペックを辛口評価 Tradeview(トレードビュー)は2004年に設立された海外FX会社です。 今回は、そんなTradeviewの...

【2021年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

海外FX口座比較.comのヘッダー画像

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2021年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~7位