XLNTradeの評判まとめ!ロスカット水準0%で最大レバレッジ400倍が使える

ギャンブラーにおすすめのXLNTradeとは?

XLNTradeの評判について
今回は、海外FX業者の中で「XLNTrade(エクセレントレード)」に関する評判を中心に調べました。

XLNTradeは2018年に営業を開始した新しい会社で、そのサービス内容からギャンブラーにおすすめともいわれていますが、はたしてその評価や評判はどうなのでしょうか。

今回は、XLNTradeの会社情報やXLNTradeでトレードを行うメリットやデメリットなど評価・評判を紹介するとともに、XLNTradeはおすすめできる業者なのかについて検証してみました。

XLNTradeの基本スペックと会社情報

XLNTradeの基本スペックと会社情報について

まず、XLNTradeとはどのような会社なのか、その基本スペックや会社情報をみていきましょう。

XLNTradeは、2018年に営業を開始した海外FX業者でカリブ海のセントビンセント・グレナディーン諸島に本社があります。

XLNTradeを運営している会社は、Eqron Ltd(エクロン株式会社)という名称で、FSA(セントビンセント・グレナディーン)の金融ライセンスを保有しています。

FX以外にも株式やCFD(石油・天然ガス・金・銀・プラチナ・砂糖・コーヒー・米)、インデックス(日経225など)、仮想通貨など多彩な金融商品を扱っていると評判があります。

会社名 Eqron Ltd
本社所在地 セントビンセントおよびグレナディーン諸島
事業開始 2018年
金融ライセンス FSA(セントビンセント・グレナディーン金融庁)
取引プラットフォーム Profit、MT4
取引方式 NDD方式
通貨ペアの種類 47種類
取り扱い金融商品 FX通貨ペア47種類、株式68銘柄、CFDs16銘柄、
インデックス(日経225など)16銘柄、仮想通貨4銘柄

口座の種類 Profit口座 MT4口座
取引通貨 JPY、USD
通貨ペア 47通貨
取引手数料(往復) 無料
取引単位 1Lot=10万通貨
最小ロット数 0.01Lot(1,000通貨)
最低入金額 100ドル(約11,000円)
最大レバレッジ 400倍
ボーナス あり
対応PC Windows、Mac Windowsのみ
対応スマホ iOS、Android

 

トレード環境が優秀な6つのメリットと評判

トレード環境が優秀な6つのメリットと評判

ではさっそく、XLNTradeでトレードを行う際のメリットをみていきます。

今回はXLNTradeの魅力として6つご紹介していきますので是非チェックしてみてください。

「MT4」と「Profit」から選べるトレードツール

MT4」と「Profit」から選べるトレードツール

XLNTradeでは、取引ツールをProfitMT4の2種類から自分の好みにあった取引ツールを選ぶことができます。

MT4は「MetaQuote(メタクオーツ)社」が提供している世界的に有名な取引プラットフォームで、豊富なテクニカル指標が標準装備され非常に高機能であるにもかかわらず、それぞれのユーザーが使いやすいようにカスタマイズ性にも優れたツール。

一方のProfitは、XLNTradeが自社で開発したオリジナルの取引ツールで、その特徴はホームページで次のように記載されています。

・ダウンロード不要
・ワンクリックでトレーディング
・週6日(土曜日は休日)24時間体制のサポートをプラットフォームから直接ご提供
・リクオートなし
・瞬時の取引実行
・高度なチャートシステム
・1分毎のニュースストリームをプラットフォームに提供
・ビギナーおよびプロトレーダーのための特化した機能
・マーケットと保留中のオーダー
・複数のチャートオプション
・多彩なツールと分析手段

Profitはブラウザからログインして直接利用できるブラウザ型のトレードツールとなっており、ネットが使用できる環境とパソコンかスマホがあればトレードが可能です。

ちなみにMT4は多くの機能を備えていますが、慣れていない方には少し難しいイメージがあります。

その点Profitは、国内のFX会社が独自のプラットフォームを提供しているのと同じく、初めての顧客でも使いやすいように設計されています。

ただし、ProfitとMT4は互換性がないため、MT4で表示させているテクニカル指標などを引き継ぐことはできません。

ProfitとMT4両口座のスペックはほとんど同じで、ボーナスの内容に違いがある程度ですが、ボーナスを比べるとProfit口座のほうが手厚いといえます。

最終的には、自分の好みで決めるしかありませんが、ProfitはMT4に劣らず高機能で使いやすいとの評判があります。

したがって、MT4にこだわらなければ、ボーナスに手厚いProfit口座を作るのがよいかもしれませんね。

レバレッジは最大400倍で追証なし

レバレッジは最大400倍で追証なし

XLNTradeの最大レバレッジは、Profit、MT4の両口座ともに400倍。

500倍を超えるレバレッジを採用している業者もいる海外FXで、400倍のレバレッジはトップクラスの倍率ではありません。

しかし、ネットの評判をみても、国内FXに比べればトレード資金を膨らますには十分な倍率といわれています。

また、XLNTradeは「ゼロカットシステム」を採用しています。

「ゼロカットシステム」は、口座残高がマイナスになってもそのマイナス分は会社側が負担してくれるサービス。したがって、このゼロカットシステムでは、借金や追証を負う危険がないため、安心してトレードに専念できると評判です。

証拠金維持率0%という圧倒的なロスカット水準

証拠金維持率0%という圧倒的なロスカット水準

XLNTradeの評判を高めているのは、証拠金維持率が0%というロスカット水準です。

すなわち、XLNTradeでは、顧客の有効証拠金がゼロになるとロスカットを執行します。

つまりは口座内の資金がゼロになるまでロスカットがされないということ。

例えば、トレードでエントリーしたものの思惑が外れて相場が逆行してしまう場合がありますね。

そのようなケースでは、ポジションが含み損を抱えてしまい口座の有効証拠金が食われて減ってしまいます。

しかしこのような場合でも、XLNTradeでは含み損が有効証拠金をすべて食い尽くして残高がゼロになるまでロスカットがされないため、逆転を狙ってしぶとく粘ることができます。

実際のトレードでも、ロスカットラインの直前で相場が反転して逆転勝ちを収めることもあります。他社であればロスカットされていたが、XLNTradeでトレードしていたために助かったということも起こり得ます。

ただし、ポジションが含み損を抱えても損切りせずに持ち続けるというやり方は、FXの定石からは外れています。相場がうまく反転するのを待つことも、一種のギャンブル的な性格が強いといえます。

このことから、入金ボーナスを活用して最大レバレッジでエントリーし、悪くすれば口座資金がすべてなくなるが、うまくいけば一獲千金が狙えるという面白さやスリルを味わうことができると評判なのです。

初回入金額の125%!豪華なボーナスキャンペーン

初回入金額の125%!豪華なボーナスキャンペーン

XLNTradeでは豪華なボーナスキャンペーンが実施されており、評判となっています。

2019年6月現在はProfit口座の「ウェルカムボーナス125%」とMT4口座の「100%プロモーション」の2つが実施されています。

詳細 Profit口座 MT4口座
キャンペーン ウェルカム125% 100%ボーナス
倍率 入金額の125% 入金額の100%
ボーナス上限 最大200万円 最大200万円
出金条件 利益分の出金可※ 利益分の出金可※

※ボーナス分のみの出金は不可

それぞれ見ていきましょう。

Profit口座の「ウェルカムボーナス125%」

Profit口座のウェルカムボーナス125%は、最大で200万円まで入金ボーナスが貰えるキャンペーンです。

ただし、125%の入金ボーナスが貰えるのは10万円まで。

それ以降の入金に関しては40%のボーナスが加算されていく仕組みになっています。

全額125%ではないので、そこは注意したいですね。

XLNTradeのProfit口座では、上記のウェルカムボーナスに加えて「損失補填サービス」も用意されています。

これは、以下の条件を満たしている場合にのみ最初の取引から5回目までで発生した損失分をボーナスで補填しますよというもの。

・2万円以上入金する
・EAを使っていない
・実行レバレッジが20倍以下
・4,000通貨以上、1万通貨未満のポジションサイズ
・開設から1か月以内
・エントリーから48時間~72時間以内

※5ポジション損失補填を希望する場合、「入金前」にカスタマーサポートにメールする必要があるので注意です。
カスタマーサービス: customer.service@xlntrade.com

始めの5回分の損失が補填されるのは使い心地を試すうえでも非常に効果的なので、是非利用したいですね。

MT4口座の「100%プロモーション」

こちらは最初の入金額10万円までを対象に入金額の100%がボーナスでもらえるキャンペーンです。

Profit口座と同様に、10万円以降の入金については40%が適応され、ボーナス上限は200万円までとなっています。

MT4口座でも十分豪華なボーナスを受け取ることができるので、是非利用したいですね。

主要通貨ペアのスプレッドは並み~やや広い?

XLNTradeのスプレッドについて

XLNTradeにおける主な通貨ペアのスプレッドは、次のとおりです。

通貨ペア Profit口座 MT4口座
USD/JPY 2pips
EUR/USD 2pips
EUR/JPY 2pips
GBP/USD 3pips
GBP/JPY 3pips
AUD/JPY 4pips

XLNTradeのスプレッドは固定式ですが、定期的にスプレッド幅を調整しているため時期によってその狭さが変わります。

ただ、固定スプレッドの割には主要通貨ペアにおけるスプレッドが総じて海外FX業者の中でやや広いかなといった評判です。

ちなみにXLNTradeではスキャルピングが禁止されています。しかし、スキャルピングと判定されない長さの時間(120秒超)でポジション持てば、比較的短期の売買も可能です(エントリーから決済までを2分超にする)。

FX通貨ペアからCFDまで豊富な金融商品

XLNTradeの通貨ペアと金融商品について

XLNTradeでは、FX通貨ペア47種類のほか、

・海外株式68銘柄
・CFD(石油・天然ガス・金・銀など)16銘柄
・インデックス(日経225など)16銘柄
・仮想通貨4銘柄

など豊富な金融商品を取り扱っています。

取扱金融商品が豊富であることは、良い評判となっています。

注意すべき4つのデメリット

注意すべき4つのデメリット

次に、XLNTradeでトレードを行う際に注意すべきデメリットについてみていきます。

運営実績の短さと信頼性

XLNTradeの信頼性について

XLNTradeは、2018年に営業を始めたばかりの新しい会社。

したがって日本国内での実績はまだ少なく、会社に対する評価も確立されていません。

金融ライセンスは、FSA(セントビンセント・グレナディーン)のライセンスを保有していますがFSAのライセンスはどちらかといえば規制が緩い部類に属するため、全幅の信頼を置くことは難しそうです。

安全性の面では顧客資金は会社の資金とは分別管理されていますが、具体的にどこの金融機関に預けてあるかは不明。

また、日本在住者に対しては信託銀行による信託保全措置が講じられていません。

このため、万が一経営破綻を起こした場合に顧客の資金が100%守られるかについては、不透明といわざるを得ないでしょう。

このように、会社の運営実績の短さと信頼性の面を勘案すると、安心・安全と太鼓判を押すことは、現段階では難しそうです。

ネット上の評判でも、安定性・信頼性については疑問符が付けられています。

スキャルピング禁止

XLNTradeのスキャルピングが禁止について

XLNTradeではスキャルピングが禁止されており、その旨は規約と条件にも記載されています。

XLNTradeではスキャルピングが禁止

この場合のスキャルピングは、エントリーから決済までの時間が120秒以内のトレードとされていますので、この規約に逆らってスキャルピングを行ってしまうと、該当の取引が取り消され利益が没収されてしまう可能性があります。

ちなみにネットの評判では、XLNTradeは以下のようにNDD方式を公言しているが実態はDD方式を採用しているのではないかとの意見があります。

実態はDD方式を採用しているのではないか

顧客とインターバンク市場の間に一切介入を行わないNDD業者の場合は、スプレッド収入のみが利益となるため、多くの回数取引を行うスキャルピングは歓迎するのが一般的です。

しかし顧客の注文をインターバンクに流すか、流さずに自分のところで飲んでしまうかを自分たちで決めているDD業者の場合は超短時間のスキャルピングに対応するのが難しいため、スキャルピングを敬遠する傾向にあります。

このことから、XLNTradeはDD業者ではないかとの評判が多くみられます。

DD方式(ディーリングディスク)とは、顧客とインターバンクの間にディーラー(仲介)を挟む注文方式。
DD方式(ディーリングディスク)

NDD方式(ノーディーリングディスク)は反対に仲介を挟まず、顧客の注文がそのままインターバンクへ流れる方式です。
NDD方式(ノーディーリングディスク)

MT4口座の開設にはメールのやり取りが必要

XLNTradeの口座開設について

最近の海外FX会社で口座開設用の必要書類を提出する際は、サイト内の書類アップロード用フォームを使うのが一般的です。

XLNTradeではMT4口座を開設する場合に限り、本人確認書類をメールで提出する必要があります。

提出先メールアドレス:customer.service@xlntrade.com

尚、Profit口座とMT4口座の開設に必要な提出書類は以下の3点になります。

XLNTradeでの必要本人確認書類
  1. 写真付き本人確認書
  2. ⇒パスポート、運転免許証、IDカードのいずれか1点

  3. 住所確認書
  4. ⇒過去6か月以内の公共料金明細、税金の領収書など

  5. クレジットカード申告書、両面の写真

XLNTradeでは、クレジットカード詐欺を防止するために署名付きの申告書を別途送る必要があります。クレジットカード申告書はこちらでもダウンロード可能です

いちいち印刷して署名をし、再度スキャンなどで送らなければならないので、非常に煩わしいと評判になっています。

ちなみにクレジットカードでの入金を希望の方を例に口座開設手順と順番をまとめますと、

①公式サイトで口座開設
②クレジットカード申告書、両面の写真をメールで提出
③入金
④本人確認書類と住所確認書類を提出
⑤トレード開始

となります。Profit口座では④がマイページから可能なので、Profit口座のほうが手間が少なく済むかもしれませんね。

口座維持費として約1万円かかる場合がある

XLNTradeの口座維持費について

XLNTradeでは、口座保有者が3ケ月続けて取引を行わない場合には100ドル(約11,000円)の口座維持費が発生し、口座残高から引かれてしまいます。

公式ホームページの規約と条件にもその旨が記載されています。

口座維持費として約1万円かかる場合がある

この場合の取引活動がないという意味は、

・入出金がない
・新規注文がない
・保有中のポジションがない

の全てを満たす場合です。

ネット上の評価では、XMの取引がない場合の口座維持費5ドルと比較して、XLNTradeの口座維持費は非常に高いと評判です。

評判まとめ

XLNTradeの評判についてのまとめ

XLNTradeのメリット・良い評判をまとめると、以下のようになります。

XLNTradeのメリット
  • MT4とProfitの2種類の取引ツールが選べる
  • レバレッジが最大400倍で、追証がない
  • ロスカット水準が証拠金維持率0%
  • ボーナスキャンペーンが豪華
  • 取り扱い金融商品が多彩

一方、デメリット・良くない評判をまとめると、次のようになります。

XLNTradeのデメリット
  • 運営実績があまりなく、信頼性が確立されていない
  • スキャルピングが禁止
  • MT4口座の開設でメールのやり取りが必要
  • 1万円の口座維持費がかかる

以上、XLNTradeの様々な評価・評判を勘案すると、まだ会社としての信頼性が十分に確立されていないため、現時点では安全で堅実なトレードを行いたい方にはあまり向いていないといえるでしょう。

またデメリットを考えますと現状もっと使いやすい、且つ安全な海外FX会社はいくつもあるので、あえてそこでXLNTradeをおすすめはできません。

ただ、ボーナスと最大レバレジ400倍でゼロカット、そしてロスカットレベル0%を考慮しますと、ややギャンブルのようなトレードには向いていますので、ちょっと試してみたいという方は損失補填もあるProfit口座で試してみるのも良いですね。

口座開設するならどこ?海外FXおすすめ業者ランキング おすすめの海外FX業者をランキング形式で一挙大紹介【2020年最新版】 「最大レバレッジ」、「スプレッドの狭さ」、「キャン...

>>TOPへ戻る