【XMの口座タイプ】おすすめタイプとタイプ別の違い&変更・確認方法もまとめ

海外FX業者の中でも高い人気を誇る「XM(XMTrading)」。

そんなXMには以下の3つの口座タイプが用意されています。

XMの3つの口座タイプ
  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ZERO(ゼロ)口座

この記事ではそれぞれの口座タイプの違いから注意点まで詳しく解説しています。

まずは、3つの口座タイプの違いを見ていきましょう。

XM(XMTrading)3つの口座タイプの違いとは?

XMの3つの口座タイプの違いを一覧表で見ていきましょう。

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
スプレッド
(ドル円平均)
2.0pips 2.0pips 0.1pips
レバレッジ 1倍から888倍
($100~$20,000)

1倍から200倍
($20,001~$100,000)

1倍から100倍
($100,001以上)

1倍から888倍
($100~20,000)

1倍から200倍
($20,001~$100,000)

1倍から100倍
($100,001以上)

1倍から500倍
($100~$20,000)

1倍から200倍
($20,001~$100,000)

1倍から100倍
($100,001以上)

1lot単位 1,000通貨 100,000通貨 100,000通貨
最大取引量(1注文あたり) 100Lot
(100,000通貨)
50Lot
(5,000,000通貨)
50Lot
(5,000,000通貨)
最小取引単位 MT4:0.01Lot
10通貨
MT5:0.1Lot
(100通貨)
0.01Lot
(1,000通貨)
0.01Lot
(1,000通貨)
最大保有可能ポジション 200ポジション 200ポジション 200ポジション
最低入金額 5ドル 5ドル 100ドル
取引手数料 なし なし 1Lot片道5ドル
(往復10ドル)
FX通貨ペア 57通貨ペア 57通貨ペア 56通貨ペア
CFD取引ペア 42銘柄 42銘柄 なし
貴金属取引ペア 4銘柄 4銘柄 4銘柄
口座開設
ボーナス
3000円 3000円 3000円
入金ボーナス 100%
+
20%入金ボーナス
100%
+
20%入金ボーナス
なし
キャッシュバック XMPロイヤリティプログラム XMPロイヤリティプログラム なし
ゼロカット あり あり あり

口座タイプの違いを1つずつ見ていきましょう。

スプレッドはZERO口座が狭い

XMの口座タイプにより設定スプレッドが違います。マイクロ口座とスタンダード口座ではスプレッドが広く設定されていますが、ZERO口座ではスプレッドが狭く設定されています。

スプレッドは、売値と買値の差額のことで取引するたびにかかっているコストです。1回あたりのコストとしては小さなものですが、複数回トレードをすることによって積み上がり利益を圧迫してしまいます。

特に短期トレーダーは取引回数が多くなりがちなので、口座選びの際は注視すべきポイントです。

レバレッジはマイクロ/スタンダード口座が高い

XMでは口座タイプによって設定されているレバレッジが異なります。マイクロ口座とスタンダード口座では最大888倍ですが、ZERO口座では最大レバレッジが500倍と低く設定されています。

レバレッジとは少ない資金で大きな金額の取引を可能にしてくれる仕組みのことで、上手に使えば利益の最大化をはかることができます。

ただ、レバレッジを最大まで使用して取引を行うと、いたずらにリスクを大きくしてしまいかねないので注意が必要です。

また、3口座ともに資金量が増えることによってレバレッジ制限が課されます。高いレバレッジで取引したい場合は複数口座を使って1つの口座への入金額を減らしましょう。

最大取引量と最小取引量の違い

XMの口座タイプにより設定されている取引量が異なります。マイクロ口座では1Lot単位がスタンダード口座やZERO口座の1/100に設定されているため、最小取引量と最大取引量が小さくなっています。

マイクロ口座では10通貨(円換算で約1,000円)からトレードができるので、練習などで気軽に利用できる口座となっています。

取引できる銘柄の違い

XMでFXの通貨ペアを取引する場合、3つの口座タイプで銘柄数の違いはほとんどありません。しかし、ZERO口座ではCFD銘柄の取り扱いがないため、CFD銘柄の取引がしたい方はマイクロ口座かスタンダード口座を選択しなければなりません。

CFD取引にはCFD現物取引とCFD先物取引があり、先物取引は通常のFX取引とは異なります。先物取引では限月があり期限になると強制決済されてしまうなどの違いがあるので注意してください。

最低入金額・ボーナスの違い

XMの口座タイプにより適用されるボーナスが異なります。マイクロ口座とスタンダード口座はすべてのボーナスが対となっていますが、ZERO口座では「3,000円の未入金ボーナス」のみが対象です。

また、最低入金額がZERO口座では高めに設定されているので、少額で海外FX業者を体験してみたいというような方にもやはり、最低入金額が低く設定されているマイクロ口座やスタンダード口座を選択することになります。

おすすめの口座タイプはどれ?選び方を解説

XMの3つの口座タイプの解説をしてきましたが、どれを選べばよいのかピンとこなかった方のために状況や条件別でおすすめ口座の選び方を紹介していきます。

迷ったらこれ!スタンダード口座

どの口座がいいのか迷っているならスタンダード口座がおすすめです。入金ボーナスがあるので、取引を有利に進めることが可能です。

さらに最大888倍のレバレッジが使用できるので、資金が少なくても大きな金額でトレードができます。

1取引あたりの最大取引量が50Lotに制限されていますが、1Lot単位が100,000通貨なので、5,000,000通貨まで取引が可能です。

ドル円が1ドル=100円の時に5億円までの取引ができることになるので、ある程度の資金量であれば資金の多寡、トレードスタイルなどを問わず利用できる口座となっています。

FX初心者・少額取引ならマイクロ口座

FX初心者や少額取引で練習をしたい方ならマイクロ口座で決まりです。マイクロ口座は1Lot単位が1,000通貨に設定されているため、スタンダード口座やZERO口座に比べて小さなポジションで取引することができます。

マイクロ口座の最小取引単位は10通貨なので、ドル円が1ドル=100円の時なら1,000円(100円×10通貨)で取引することが可能です。

さらに、スタンダード口座と同様に最大888倍のレバレッジを利用できるので、10通貨でドル円を買うときの必要証拠金は約1円(1,000円÷888倍)です。※最低入金額は5ドル(500円相当)

ですので、FX初心者や少額取引でトレード練習がしたい方にとっては、とてもおすすめできる口座となっています。

スキャルピングをするならZERO口座

スキャルピングメインの方であれば、ZERO口座を選択しましょう。ZERO口座ではスタンダード口座やマイクロ口座と比較して、スプレッドが非常に狭く設定されています。

スプレッドは取引回数が多ければ多いほど積み上がっていくコストです。スキャルピングのような利益幅の小さなトレードを繰り返し行うスタイルでは、トレード回数が多くなりスプレッドが利益を圧迫してしまいます。

ですから、スキャルピングメインの方であれば、スプレッドが狭く設定されているZERO口座がおすすめです。

ただ、ZERO口座は入金ボーナスと取引ボーナスを受け取れないので、スタンダード口座でボーナスをもらいながらある程度資金を大きくしてからの利用でも遅くありません。

口座タイプに関する注意点

口座タイプに関する注意点を解説していきます。注意を怠ると想定外の不利益を被ることもあるのでしっかり目を通しておきましょう。主な注意点は以下の5点です。

  1. ZERO口座はボーナス対象外
  2. ZERO口座に資金移動をするとボーナスが消滅する
  3. 口座タイプによって銘柄のシンボル名が異なる
  4. ZERO口座ではCFDの取引ができない
  5. 口座によって最大レバレッジが違う

1つずつ見ていきましょう。

1.ZERO口座はボーナス対象外

ZERO口座は「3,000円の未入金ボーナス」以外のボーナスは対象外となっています。ZERO口座では狭いスプレッドで利用者還元を行っているため、積極的なボーナスの提供を行っていません。

したがって、資金量の少ない方はスタンダード口座やマイクロ口座と比べると資金効率が悪くなる点に注意が必要です。

2.ZERO口座に資金移動をするとボーナスが消滅する

ZERO口座に資金移動をすると、スタンダード口座やマイクロ口座でもらったボーナスが消滅してしまいます。

ZERO口座はボーナス対象外の口座であるため、未入金ボーナス以外のボーナスが利用できません。したがって、スタンダード口座やマイクロ口座から資金移動する際に保有していたボーナスは消滅してします。資金移動する際は十分に注意してください。

ボーナスについては以下でも詳しく解説しています。

XMの全ボーナス一気見!入金&口座開設キャンペーンやボーナスリセットも解説 3,000円の口座開設ボーナス開催中! 口座開設するだけで3,000円ゲットのチャンス! 期間:常時開催 最大...

3.口座タイプによって銘柄のシンボル名が異なる

口座タイプによってMT4やMT5に表示されるシンボル名が以下のように異なります。

  • マイクロ口座:USDJPYmicro
    マイクロ口座では通貨ペア名の後に「micro」という表記がある
  • スタンダード口座:USDJPY
    スタンダード口座では通貨ペア名のみの表記
  • ZERO口座:USDJPY.
    ZERO口座では通貨ペア名の後に「.(ピリオド)」が表記されている

ややこしい表記もありますが、それぞれの口座で取引できない銘柄はグレーになっており選択できません。

4.ZERO口座ではCFDの取引ができない

ZERO口座ではCFDの取引ができません。XMではFXの通貨ペアのみならずCFD現物取引・CFD先物取引も取り扱っています。

しかし、ZERO口座ではCFDの取引ができないので、CFD取引を行いたい場合はマイクロ口座やスタンダード口座を開設する必要があります。

CFDで先物取引を行う場合は現物取引とルールが異なるので、最低限のルールを押さえてから取引に挑みましょう。

5.口座によって最大レバレッジが違う点に注意

口座によって最大レバレッジが異なるので、異なる口座で取引する際は注意してください。例えば、スタンダード口座やマイクロ口座からZERO口座へ資金移動した場合は、888倍の最大レバレッジが500倍まで制限されてしまいます。

口座残高10,000円を資金移動した場合を例にとって見てみましょう。

最大レバレッジ 現在価格 取引額 取引量(通貨) 必要証拠金 口座残高 証拠金維持率
888 100 10,000,000 100,000 11,261 10,000 89%
500 100 10,000,000 100,000 20,000 10,000 50%

口座残高が10,000円と同じでもZERO口座では最大レバレッジが500倍になるので、必要証拠金が高くなります。そのため証拠金維持率は低下します。

レバレッジが異なる場合は、証拠金維持率や必要証拠金にも影響を及ぼすため注意が必要です。

最大レバレッジの制限は証拠金維持率の低下を招き、ロスカットまでの許容幅を狭くしてしまいます。

以上のような認識が不足していると、思わぬタイミングでロスカットされるなんてことにもなりかねません。

XMの口座タイプに関するよくある質問

XMの口座タイプに関するよくある質問について見ていきます。多くの方が疑問を持ったポイントですので、目を通しておきましょう。

XMの口座タイプは変更できる?

XMでは口座タイプの変更はできません。しかし、追加口座が作成できるので追加口座として異なるタイプの口座の利用が可能です。

追加口座の作成には追加の書類提出なども必要なく簡単に作成可能なので、ご自分の都合に合わせて上手に活用してください。

自分の口座タイプはどこで確認できる?

自分の口座タイプを確認するためには、XMの公式ホームページからログインする必要があります。手順は以下の通りです。

  1. 会員ログインをクリック
  2. トップページに「マイアカウントの概要」という項目の左側にある三角マークをクリック
  3. 口座の詳細が表示される
  4. 詳細の「口座種別」欄にて口座タイプを確認

XMのどの口座タイプがおすすめ?

おすすめはほとんどの方にマッチするスタンダード口座です。スタンダード口座はトレードスタイルや資金量の異なるトレーダーの幅広いニーズにお答えできる口座になっています。

スタンダード口座はXMで用意されている全ボーナスの対象となっているので、ボーナスを活用して資金効率を高めながらトレードが行えます。

スキャルピングをするならどの口座タイプ?

スキャルピングをするならZERO口座がおすすめです。なぜなら、スプレッドが極めて狭く設定されているからです。

スキャルピングでは取引回数が多くなるため、スプレッドがコストとして積み上がってしまいます。ZERO口座ではスプレッドが極めて狭く設定されているため、スプレッドコストを低く抑えることができます。

ただ、資金量が少ないうちはスタンダード口座でのスキャルピングがおすすめです。というのも、スタンダード口座ではボーナスを活用して資金効率を高めながらトレードができるからです。

スタンダード口座のスプレッドは広く設定されていますが、「XMロイヤリティープログラム」を利用することで実質スプレッドを低く抑えることができます。

「XMロイヤリティープログラム」では取引ごとに「XMP(エックスエムポイント)」が付与され、XMPを考慮すれば実質的なスプレッドはある程度狭くすることが可能です。

XMPを利用するためにはポジションの保有時間に注意しなければなりません。XMPの付与条件としてポジションを10分以上保有していなければならず、数秒単位のスキャルピングではXMPは付与されません。

ですので、XMのスタンダード口座でスキャルピングを行う際は比較的時間軸の長いスキャルピングトレードを行うこととなります。

XMは複数口座を開設できる?

XMでは複数口座を開設することができます。1人につき8口座まで開設可能なので、XMの異なる口座タイプの体験が簡単に行えます。

また、複数口座を利用しトレードスタイルごとにポジション管理を行えば、ポジション操作時のミスを防ぐことが可能です。

さらに、複数口座で通貨ペアごとに管理することもできるので、間違って決済してしまうなどのミスが防止できます。

このように、複数口座を使ってすこしでもミスを防止することができれば、損益にもよい影響を及ぼしてくれることでしょう。

XM(XMTrading)口座タイプまとめ

XMの口座タイプについて解説してきました。XMで用意されている口座は以下の3種類です。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ZERO口座

それぞれの口座には特徴があり、合う人合わない人がいます。マイクロ口座は少額取引にうってつけの口座であり、初心者やトレードの練習をやりたい方にピッタリな口座です。

取引金額を小さく抑えることができるので、低いリスクでトレードが可能です。ただ、取引量上限も100Lot(100,000通貨)と低いので、ある程度資金が増えてきたらスタンダード口座に移行したほうがよいでしょう。

次にスタンダード口座は幅広いニーズにお答えできる口座なので、迷ったらスタンダード口座を選択しておけば問題ありません。

ボーナスを使って資金効率を高めることができるので、資金の少ないうちはボーナスを有効活用しながら有利に取引を進めることができます。

ただ、スプレッドが広く設定されているので、スキャルピングをする場合には注意する必要があります。

ZERO口座はスプレッドが極めて狭く設定されているため、スキャルピングトレーダーにおすすめの口座です。

しかし、ボーナス利用ができないため資金量の大きいスキャルピングトレーダーにマッチする口座です。

XMの口座の特徴を知った上で、ご自分に合った口座を選択しましょう。口座選びの際に当記事を参考にしていただければ幸いです。

XMについては以下で詳しく解説しています。

【XMの評判・口コミ】勝てない?出金拒否?XMの真実教えますこの記事では海外FX業者「XM(XMTrading)」の評判が知りたいという人のために、実際に使っているトレーダーの口コミをまとめて紹介...

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位