【XMの口座凍結まとめ】休眠口座になる原因・理由と解除方法

  • XMに口座開設したはずなのにログインできない
  • 久しぶりにXMでトレードしようと思ったら残高が減っている

このような状況に陥ってしまった方もいるのではないでしょうか。この記事では、そんな方のためにやるべきことをまとめています。

ログインできない、残高が減っているというような不具合が起こる原因はあなたの取引口座が「口座凍結」もしくは「休眠口座」に陥っている可能性があります。

早急に確認・対処する必要があります。まずは、あなたの口座が「口座凍結」「休眠口座」どちらの状態にあるのかを把握していきましょう。

XMの「口座凍結」と「休眠口座」の違い

口座凍結と休眠口座の違いを見ていきましょう。

休眠口座 口座凍結
ログイン できる できない
休眠・凍結の発生原因 90日間放置 残高がない状態で90日間放置
または規約違反
解除方法 取引の再開・入金 新規口座開設
XMポイント 消滅 消滅
ボーナスクレジット 消滅 消滅
口座維持手数料 毎月5ドル なし

XMの口座凍結と休眠口座の違いは、ログインできるかどうかで把握できます。もし、あなたの取引口座にログインできないのであれば、口座凍結の可能性があります。

また、口座凍結・休眠口座の発生条件は、どちらも90日間口座を放置することです。

口座残高がある間は休眠状態を維持しますが、口座残高がゼロになり90日間口座を放置すると口座凍結に移行します。

時系列で口座凍結・休眠口座に移行するタイミングを並べると以下のようになります。

  1. 口座を放置している状態(取引や入金がない)
  2. 90日経過
  3. 休眠口座に移行し、口座維持手数料が口座残高から毎月5ドル差し引かれる
  4. 残高がゼロになる
  5. 90日経過
  6. 口座凍結に移行

口座凍結・休眠口座どちらの場合でもXMPやボーナスが消滅してしまうので、こまめに少額取引を行った方がよいでしょう。

1か月に1回でも売り買いを行えば、ボーナスの消滅に加え、口座維持手数料の引き落としも避けることができます。

XMで口座凍結・休眠口座になる原因

XMで口座凍結・休眠口座になる原因は以下の通りです。

  • 90日間の口座放置
  • 口座凍結・休眠口座の違いは、口座残高の有無
  • 口座凍結は規約規範による場合もある

XMで口座凍結される主な規約違反は5つです。

XMの主な規約違反
  1. 虚偽情報による口座開設
  2. 複数口座間での両建て
  3. 裁定取引(アービトラージ)
  4. ボーナスの不正取得
  5. 窓開けを利用したハイレバレッジトレード

規約違反に該当すれば不利益を被るので、しっかりと目を通しておきましょう。

1.虚偽情報による口座開設

本人確認書類を偽造したり、他人の身分証明書を使用したりするなどして口座開設を行えば、虚偽情報による口座開設が明らかになった時点で口座凍結されてしまいます。

そもそもXMの口座は開設した本人しか利用できないので、名義を貸したり借りたりするような行為は認められていません。

口座開設をする時は本人の名義で本人の使用のみを目的とした口座開設を行いましょう。

2.複数口座間での両建て

複数口座間で両建てをすると、規約違反として口座凍結の対象となります。両建てとは、ある通貨の売りポジションと買ポジションを同時に持つことを指します。

両建てすることにより、売りポジションでの損失が買いポジションでの利益によって相殺されます。損失と利益が相殺されることで損益がゼロの状態で固定されます。

使い方によっては取引を有利に進めることができる取引手法です。したがって、XMでは両建てを同一口座内で行うこと自体は禁止していません。

しかし、複数口座間では両建てを禁止しています。なぜなら、ゼロカットの乱用が考えられるからです。

ゼロカットとは、口座資金以上の損失が出た場合に、口座資金以上の損失分をFX業者が補填してくれる仕組みのことです。

例えば、XMでドル円を取引しているときに、相場がレンジ状態にある時。

  • A口座で5千円の買いポジション
  • B口座で5千円の売りポジション

以上のポジションを保有していたとします。一般的にレンジを上下どちらかに抜けると価格が大きく動く傾向にあります。

仮にレンジを上抜けしたとしましょう。

  • A口座の5千円の買いポジションで大きく利益が発生
    その後も利益の拡大が見込める
  • B口座の5千円の売りポジションで大きな損失が発生
    しかし、口座資金以上の損失が出たとしてもゼロカットにより損失は補填される
    したがって、口座資金以上の損失は発生しない

つまり、ゼロカットのおかげで損失は5千円に限定されますが、利益はそれ以上の額が得られる可能性が高くなります。

このような事態を避けるためにもXMでは複数口座間の両建てを禁止しています。

3.裁定取引(アービトラージ)

XMでは裁定取引(アービトラージ)を禁止しています。裁定取引とは業者間の金利差・価格差を利用し割安銘柄を買い、割高銘柄を売り、価格差が収縮した時に反対売買を行うという取引手法です。

裁定取引は一定のルールを守ることでほぼ勝つことができる手法です。しかし、裁定取引をしていることが発覚した場合は、口座凍結だけでなく利益没収などの処置が下される可能性もあります。

4.ボーナスの不正取得

XMでは口座を利用する本人のみが口座開設をすることができます。そして、口座開設ボーナスはXMで初めて取引を行う本人に対して与えられるものです。つまり、口座開設ボーナスは1人1度しか受け取れません。

しかし、他人になりすましてボーナスを受け取ったり、偽造した書類で口座開設を行いボーナスを行ったりすれば、規約違反に該当し口座凍結の対象となります。

また、取引ごとにXMP(ロイヤリティープログラム)が付与されますが、不正な取引によりXMPを取得すれば規約違反位該当し口座凍結の対象となります。

5.窓開けを利用したハイレバレッジトレード

XMで取引を行うときは、窓開けを利用したハイレバレッジトレードに注意が必要です。窓開けとは、市場が休場の間に大きなイベントが発生し、イベントの影響で休場明けの価格が休場前の価格とは大きく離れて開始されるような状態のことを指します。

例えば、週末のイベントによって大きく価格が動くことを想定して金曜日の終値で大きなレバレッジをかけたポジションをとったとします。

すると、週明けの月曜日には価格が大きくどちらか一方に振れることになります。価格が大きく動けば大きな利益か大きな損失が発生することになります。

しかし、ゼロカットがあるため損失は限定される一方で、利益はさらに大きくなる可能性があります。

このような取引はゼロカットの乱用とみなされて口座凍結の対象となります。ただ、XMでは窓開けトレードの明確な基準がないので、明らかにゼロカット頼みのギャンブルトレードとみなされるようなトレードはしない方がよいでしょう。

XMの口座凍結・休眠口座を解除する方法

XMでの口座凍結・休眠口座を解除する方法を見ていきましょう。

口座凍結の解除方法

結論からいうと口座凍結の解除はできません。では、口座凍結になった場合どのように対処すればよいのでしょうか。

口座凍結後の対処法

口座凍結後の対処法は、新規で口座開設を行うことになります。というのも、XMで口座凍結されてしまうとログイン自体できないので、そもそも解除手続きが行えません。

したがって、新規口座開設をするしか対象法がありません。なお、新規口座開設をする際には同じメールアドレスを使用する必要があります。

別のメールアドレスを使用して新たに口座開設を行い、新規口座開設ボーナスを受け取ることは規約違反に該当し口座凍結の対象となります。

故意かどうかは関係なく規約違反と認識されてしまいます。もし口座凍結後の新規口座開設の際に新規口座開設ボーナスを受け取った場合は、迅速にXMのサポートへ連絡する必要があります。

休眠口座の解除方法

XMで休眠口座を解除方法は以下の2つです。

  • 追加入金
  • 取引をする

休眠口座になったとしてもログイン自体は可能なので、ログイン後追加入金をするか、取引を行えば休眠状態が解除されます。

ただ、解除前までに徴収されていた口座維持手数料は戻りません。また、ボーナスやXMPは全て消滅してしまいます。

90日間放置していただけで要らぬデメリットを被ってしまうので、小ロットでもよいので定期的に取引を行うよう心がけましょう。

口座凍結・休眠口座に関するよくある質問

口座凍結・休眠口座に関するよくある質問を見ていきましょう。

口座凍結・休眠口座となった場合にボーナスやXMPはどうなるの?

口座凍結・休眠口座どちらの場合も全てのボーナスとXMPは消滅します。また、ロイヤリティープログラムのランクもリセットされてしまいます。

口座凍結・休眠口座となった場合口座から出金はできるの?

口座凍結では出金できませんが、休眠口座は出金可能です。
口座凍結では以下のような経過をたどり凍結状態に至るため、口座凍結時点ではそもそも口座残高がゼロの状態なので出金はできません。

  1. 口座を放置している状態(取引や入金がない)
  2. 90日経過
  3. 休眠口座に移行し、口座維持手数料が口座残高から毎月5ドル差し引かれる
  4. 残高がゼロになる
  5. 90日経過
  6. 口座凍結に移行

ただし、規約違反により口座凍結された場合は、不正取引によって得た利益以外の出金はできる可能性があります。ですので、規約違反により口座凍結された場合は、XMのサポートに問い合わせてみましょう。

休眠口座では休眠状態を解除することで出金することができます。休眠口座を解除するには取引をするか追加入金をする必要があります。

スキャルピングは口座凍結の対象ですか?

XMでスキャルピングを行っても口座凍結の対象とはなりません。XMではスキャルピングを公式ホームページで認めています。したがって、規約違反に該当せず口座凍結の対象となりません。

稼ぎすぎたら口座凍結されますか?

通常の取引をしている限り稼ぎすぎたからといった理由で、口座凍結されることはまずありません。

稼ぎすぎによる口座凍結が発生する原因として、利益を得るために不正取引を行った場合があげられます。

特にゼロカットの乱用をともなうようなトレードには注意が必要です。特殊なトレードをする場合は、しっかりと規約違反に該当するかどうかを検討してから行うようにしましょう。

口座凍結後に確定申告用の年間取引報告書を取得できますか?

口座凍結されてしまうとログイン自体ができないため、自分で年間取引報告書を入手することはできません。したがって、サポートに問い合わせる必要があります。

口座凍結後新規口座開設したらボーナスはもらえる?

口座凍結後に新規口座開設した場合にもらえるボーナスは以下の2種類のみです。

  • 以前の口座から引き継がれた限度額までの入金ボーナス
  • ランクがリセットされたXMP
    ※新規口座開設ボーナスはもらえません

口座凍結されているかどうかはどうやって確認するの?

口座凍結されている場合はXMの公式ホームページからログインしようとすると、「ログインできません」「現在凍結されている」などのメッセージが表示されます。

また、MT4にログインしようとすると画面右下の通信状態が「回線不通」「無効な口座」と表示され通信ができない状態になっています。

XMでは同一口座内の両建てでも口座凍結されますか?

同一口座内での両建てであれば問題ありません。しかし、両建てする対象銘柄が売り買いともにマイナスのスワップポイントがつく場合、日々マイナススワップポイントが積み上がっていってしまうので注意が必要です。

XMでEAを使用して取引すると口座凍結されますか?

XMではEAの使用を禁止していません。公式ホームページでもEAの使用を認める記載がされています。

しかし、他の海外FX業者ではEAを禁止している業者も存在するので、EAを使用する際は事前に確認を行いましょう。

口座凍結になったXMの取引口座を復活させたい

口座凍結になったXMの取引口座を以前の状態のまま復活させることはできません。新規口座開設で口座を開くことになります。

また、新規口座開設する際は以前のメールアドレスを使用する必要があります。以前の口座から引き継がれるもの、またはリセットされるものは以下の通りです。

  • 新規口座開設ボーナスは以前の口座でもらっているため、新規口座開設ボーナスは発生しない
  • ロイヤリティープログラムのランクはリセットされる
  • 入金ボーナスはリセットされない

このように引き継がれるのはデメリットとなるものばかりです。ですので、口座凍結にならないようにこまめな取引を行うなどの対策をしておきましょう。

休眠口座になったけど現在の口座で取引したい

休眠状態の口座であれば、再度取引することは可能です。休眠状態ではログイン自体はできるので、追加の入金か取引を行えば休眠状態は解除されます。

ただ、他の口座からの資金移動だけでは休眠状態は解除されません。

口座凍結状態にあるけど、どの口座凍結理由にも該当しない

どの口座凍結理由にも該当しない場合はXMのサポートに問い合わせてみましょう。サポートデスク(support@xmtrading.com)またはライブチャットから連絡を行い、XM側に状況確認をしてもらい、指示を仰ぎましょう。

XMの口座にボーナスだけが残っている状態であれば口座凍結にはならない?

口座が凍結・休眠状態に移行した時点でボーナスはすべて消滅してしまいます。したがって、ボーナスの有無は口座凍結に移行する原因とはなりません。

ただ、口座資金が残っているうちは90日間口座を放置しておいたとしても、休眠状態に移行するだけです。口座が休眠状態にある時は口座維持手数料が引き落とされながら休眠状態が維持されます。

口座凍結・休眠状態が解消されたら入金ボーナスの枠はリセットされる?

入金ボーナスがリセットされる事例もあるようです。入金ボーナスがリセットされるタイミングとして、XMで独自のキャンペーンが開催される時期などに入金ボーナスリセットの案内が届くことがあります。

ただし、XMの担当部署が独自で判断を行うため基準は明確にされていません。

XM(XMTrading)口座凍結・休眠口座まとめ

XMの口座凍結・休眠口座について解説してきました。口座凍結・休眠口座に移行する主な原因は90日以上口座を放置することです。

取引口座が凍結・休眠状態に移行すると口座維持手数料が引かれたり、ボーナスが消滅たり、といったデメリットを被ってしまいます。

このような事態に陥らないためにも、少量の長期ポジションを保有しておくのも1つの手です。ポジションを持っていれば、口座凍結・休眠口座には移行しません。

ただ、両建てする際には注意が必要です。複数口座で両建てを行うと規約違反となり口座凍結の対象となってしまいます。

この記事を参考にしながら口座凍結・休眠口座に移行する原因を理解して、デメリットを避けながら賢くトレードを行ってください。

XMについて詳しくは以下のページをご覧ください。

【XMの評判・口コミ】勝てない?出金拒否?XMの真実教えますこの記事では海外FX業者「XM(XMTrading)」の評判が知りたいという人のために、実際に使っているトレーダーの口コミをまとめて紹介...

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位