XMのゴールド取引を始め方から取引時間などのルールや注意点まで徹底解説

高い知名度のある「XM(XMTrading)」でゴールドの取引を考えている方もいるのではないでしょうか。XMのゴールド取引の魅力はなんといっても、888倍という高レバレッジで取引ができることです。

少ない資金でも手軽にゴールド取引を始めることができる上に、XMゴールドはFXと同じような手順で取引が可能です。

ただ、ゴールドはボラティリティーが高い銘柄なので注意点もあります。この記事ではXMゴールドの詳細から取引手順までXMでゴールドの取引を始めるための情報をまとめています。

まずは、XMゴールドの詳細情報を確認していきましょう。

XM(XMTrading)のゴールドの取引情報詳細

XMゴールドの取引情報詳細を解説していきます。ゴールド取引を行う上で最低限押さえておきたい情報をまとめています。

XMの口座タイプ別の一覧表をご覧ください。

XM口座タイプ別ゴールド取引情報
口座タイプ スタンダード口座 マイクロ口座 ZERO(ゼロ)口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
平均スプレッド 3.5pips 3.5pips 2.1pips
1ロット単位 100オンス 1オンス 100オンス
最小ロット 0.01ロット(1オンス) 0.01ロット(0.01オンス) 0.01ロット(1オンス)
最大ロット 50ロット
(5,000オンス)
50ロット
(50オンス)
50ロット
(5,000オンス)
取引時間(日本時間) 夏時間 = 07:05~05:55(土曜日は05:50クローズ)
冬時間 = 08:05~06:55 (土曜日は06:50クローズ)

一覧表の項目を1つずつ解説していきます。

ゴールドの取引時間

XMゴールドの取引時間は以下の通りです。

冬時間 夏時間
月~木曜日 08:05~翌06:55 07:05~翌05:55
金曜日 08:05~翌06:50 07:05~翌05:50
土日・祝日 クローズ クローズ

取引時間に関して3つの点に注意しましょう。

  • 冬時間と夏時間では取引時間がずれること
  • 金曜日から土曜日にかけての取引時間は5分早く終わること
  • 土日・祝日は市場がクローズしていること

取引時間は口座タイプを問わず同じ時間帯で取引が行えます。

ゴールドの最大レバレッジは888倍

XMゴールドの最大レバレッジはFXの通貨ペアと同様に888倍です。他のFX業者に比べても高いレバレッジで取引が行えます。

ゴールドは通貨ペアと比べてレート自体が高いので、レバレッジを使用しなければ必要証拠金が高額になってしまいます。

例えば、ゴールドのレートが1800ドル、ドル円が1ドル=110円のとき1ロット(100オンス)取引するためには19,800,000円必要です。しかし、XMのスタンダード口座でゴールドを取引を行うには約2万円の証拠金があれば取引できます。

国内FX業者で取引を行う場合には、最大レバレッジが20倍なので約100万円もの証拠金が必要になってきます。したがって、ゴールド取引においてXMの高いレバレッジはとても魅力的と言えるでしょう。

スプレッド

XMゴールドのスプレッドを他社と比較してみましょう。

業者名 スプレッド
XM 3.5pips
FBS 3.8pips
GemForex 3.8pips
TitanFX 2.23 pips
iFOREX 4.8pips
AXIORY 3.9pips

一番狭いスプレッドで取引できるのはTitanFXですが、その他の業者ではXMも含め比較的広いスプレッドで取引しなければなりません。

ただ、その分ボラティリティーが大きいのでスプレッド幅をまかなうほどの利益額が期待できます。リターンを期待する場合はリスクも大きくなる点に注意が必要です。

スワップポイント

XMゴールドのスワップポイントを他社と比較すると以下のようになります。

業者名 買いスワップ 売りスワップ
XM -3.15 -1.76
FBS -2.12 -1.35
GemForex -2.17 -1.04
TitanFX -4.69 -2.78
iFOREX オーバーナイト金利 オーバーナイト金利
-0.01723% -0.01620%
AXIORY -4.239 -3.28

すべての業者で売り買いともにマイナスのスワップポイントが発生します。長期保有を考えている場合は、スワップポイントもコストとして含めなければなりません。

ですので、もみ合っていて方向感がない時は様子見をしたほうがよいでしょう。

ロット

XMゴールドの取引単位はロットです。ゴールドの取引単位は「oz」(オンス)なので、1ロットが何オンスなのかを把握しておく必要があります。

スタンダード口座 マイクロ口座 ZERO(ゼロ)口座
1ロット単位 100オンス 1オンス 100オンス

スタンダード口座とZERO口座での1ロット単位は同じですが、マイクロ口座だけ1ロット単位が1オンスに設定されています。1ロット単位が異なれば取引量が同じでも取引額が異なるので注意してください。

必要証拠金の計算

XMゴールドの必要証拠金を円建てで計算するには、現在のゴールドのレートの他にドル円のレートを使って計算することになります。

  • スタンダード口座とZERO口座の場合
    現在のゴールドのレート×現在のドル円レート×ロット数×100オンス÷最大レバレッジ
  • マイクロ口座の場合
    現在のゴールドのレート×現在のドル円レート×ロット数÷最大レバレッジ

具体的な数字を例にとり計算してみましょう。

  • ゴールドのレートが1,800ドル
  • ドル円110円
  • スタンダード口座で1ロット買

以上のような条件で取引をする場合
1,800ドル×110円×1ロット×100オンス÷888倍=22,297円の証拠金が必要になります。

この時に、ゴールドのレートが1ドル動いた場合の損益を計算してみましょう。

計算式は以下の通りです。

  • スタンダード口座とZERO口座の場合
    値幅×現在のドル円レート×ロット数×100オンス
  • マイクロ口座
    値幅×現在のドル円レート×ロット数

以上の計算式を具体的な数値にあてはめて計算してみましょう。

  • ゴールドのレートが1,800ドルから1,801ドルへ上昇
  • ドル円110円
  • スタンダード口座で1ロット買

このような条件の元トレードした場合の損益は、1ドル×110円×1ロット×100オンス=11,000円の利益となります。

XMでゴールドを取引するメリットとデメリット

XMゴールドを取引するメリットから見ていきましょう。

メリット

XMゴールドのメリットは以下の5つです。

  1. 最大レバレッジが888倍と高い
  2. 最低必要証拠金が低い
  3. 限月がない
  4. 両建てができる
  5. 10分以上ポジションを持っていればXMPが貯まる

1.最大レバレッジが888倍と高い

XMでゴールド取引をするメリットはレバレッジが888倍と高いことがあげられます。レバレッジが低いと必要証拠金額が大きくなり証拠金維持率も低下します。

レバレッジごとに必要証拠金を比べてみましょう。

レバレッジ ゴールドレート ドル円レート 取引額 取引量(オンス) 必要証拠金 口座残高 証拠金維持率
888 1,800 110 19,800,000 100 22,297 100,000 448%
100 1,800 110 19,800,000 100 198,000 100,000 51%

※ゴールドのレート1,800ドル、ドル円110円、口座残高100,000円、1ロット(100オンス)買った場合の数値

このように、XMゴールドは高いレバレッジを使用できるので、少額資金からでも取引が可能となります。

最低必要証拠金が低い

XMゴールドを取引する際に、さらに必要証拠金を低く抑えたい場合はマイクロ口座がおすすめです。

マイクロ口座では最低0.01ロット(0.01オンス)の取引ができるのでスタンダード口座と比較して1/100の証拠金で取引が行えます。

限月がない

XMゴールドには限月がありません。限月とは先物取引における期限が満了する月のことを指します。期限が満了するとポジションは強制的に決済されてしまいます。

しかし、XMゴールドには限月がないので、ポジションを長期間保有することができます。ただ、スワップポイントがマイナスの時には、支払うスワップポイントが大きくなってしまいます。

両建てができる

XMゴールドでは両建てすることが可能です。また、XMゴールドで同じロット数の両建てポジションを持つ場合には証拠金がゼロとなります。

両建てが認めらている業者でも、ポジションの片方あるいは両方の証拠金が必要となる場合があります。しかし、XMゴールドでは同じロット数の両建てであれば証拠金がゼロなので資金効率を高めるたり、値動きに対しての柔軟な対応がしやすくなります。

10分以上ポジションを持っていればXMPが貯まる

XMゴールドでは10分以上ポジションを保有することで、XMP(エックスエムポイント)がもらえます。

XMPとはXM独自のポイント還元システムのことで、取引ごとにもらうことができます。XMPを利用しながらトレードを行えば、利益の最大化を図ることもできます。

ただ、XMPをもらうためにはポジションを10分以上保有しなければなりません。したがって、保有時間の短いスキャルピングには向きません。

また、XMゴールドのスプレッドは通貨ペアと比較すると広く設定されているので、やはり超短期スキャルピングには向きません。

したがって、短期トレードを行う場合はデイトレードなどの比較的時間軸の長いトレードがおすすめです。

デメリット

続いてXMゴールドのデメリットを見ていきましょう。事前にデメリットを洗い出しておけば対策が可能となります。

スワップポイントがロング・ショート共にマイナス

XMゴールドのスワップポイントはロング・ショートともにマイナスとなっています。スワップポイントは保有日数に応じて増えていくポイントなので、スワップポイントがマイナスの場合は長く保有すればするほどマイナス額が大きくなってしまいます。

したがって、長期保有する場合はコストとして認識しておく必要があります。コストを抑えるためにも、もみ合っている相場状況下ではポジションを取らずに様子見をしておく方がよいでしょう。

スプレッドは平均的

XMゴールドのスプレッドは平均的ではありますが、通貨ペアと比較すると広いスプレッドで取引することになってしまいます。

したがって、取引回数が多くなればなるほどスプレッドコストは大きくなり利益を圧迫してくるので、トレードする際は時間軸に注意が必要です。

おすすめの手法

XMゴールドを取引する際のおすすめの手法としてレンジブレイク手法を紹介していきます。シンプルな手法ですが、応用範囲が広くどのようなトレードスタイルでも実践可能な手法です。

レンジブレイク手法とはレンジを上下どちらかにブレイク(抜ける)したときにポジションをとる手法です。レンジブレイク手法を使用する際には2つの判断を行う必要があります。

  • ブレイクの判断タイミング
  • 現在の流れの判断

ブレイクの判断タイミング

ブレイクの判断タイミングとは、どの時点でレンジを抜けたと判断するのかの基準です。ブレイクの判断基準がなければ、だまし(レンジを抜けたのに再度レンジ内に戻してしまうような値動き)に合う確率が高くなってしまいます。

ですので、明確な判断基準が必要とされます。判断基準として最も簡単に使えるものが時間足の確定時間を基準とすることです。

例えば、1時間足でレンジブレイクを確認する場合、レンジを抜けた足が確定する時間までブレイクを維持できるのかを確認します。

1時間足が確定後レンジブレイクを確認できた場合にポジションを取るので、ある程度のだましを回避することができます。

現在の流れの判断

現在の流れがどちらにあるのかを押さえておくことは非常に重要です。なぜなら、現在の流れがある方向にレンジブレイクしやすいからです。

例えば、現在の流れが下落方向にあるときにレンジを作った場合、レンジの下限を抜けて行く可能性が高くなります。

したがって、現在の流れを押さえておくことで、どちらにブレイクしたときにポジションを取れば勝ちやすくなるのかがわかりやすくなります。

では、どうやって現在の流れを押さえるのかというと、自分がトレードするときに見ているチャートの1つか2つ上の時間軸を使用して判断します。例えば、自分のトレードするときに見る時間軸が15分足なら30分足か1時間足の流れを確認し、その流れにしたがってトレードをすることで勝てる可能性が高くなります。

実際の値動き

実際の値動きを参考にレンジブレイク手法を見ていきましょう。

上のチャート見る限り上下に動いていますが、どちらにトレードしていいのかわかりません。わからないときは上位の足を見ていきます。今回は1時間足を見てみましょう。

水色の垂直線が15分足で見ていたポイントです。1時間足では現在レンジなので15分足でも方向感が出てきません。

となると、1時間足で方向感が出るまで様子見をすることになります。上のチャートの場合であれば、安値をブレイク(抜けて)してからショートをするというシナリオが描けます。

実際にトレードできるポイントを見ていきましょう。もう少し過去に遡るとわかりやすいポイントがあります。

赤の垂直線のポイントでは流れが下にあり、水色の水平線で囲まれたレンジを作っています。したがって、エントリーポイントは1時間足で安値抜けを確認してからになります。

もちろん、レンジブレイクの判断を15分足で行ってもよいのですが、だましにあう可能性は高くなってしまいます。

1時間足でブレイクを判断する場合は1時間足を確定させて次の足からショートエントリーすることになります。ではこのポイントを15分足でも見てみましょう。

このポイントを15分足で見てみると大きな大陰線が発生しています。下落の流れが継続する可能性が高いと判断することもできます。

このようにシンプルな手法であっても今の流れを判断し、今の流れに沿ってトレードしていれば見当違いなトレードをすることは少なくなります。

では、なぜレンジブレイク手法がおすすめなのかを解説していきます。

XMゴールドにはレンジブレイク手法がマッチする理由

レンジブレイク手法をおすすめする理由は以下の2つです。

  • 方向感がが出ればポジションを持ちやすい
  • 方向感が出るまでは様子見できる

方向感が出ればポジションを保有しやすくなるので、保有時間を10分以上稼ぐことができます。次に、レンジ内では方向感が出にくいため、レンジ内でポジションを持つと保有期間が長くなってしまう可能性があります。

ポジション保有期間が長くなるとマイナススワップポイントの支払いが大きくなってしまいます。したがって、レンジブレイクを待つことでマイナススワップポイントを回避することができます。

以上のような理由からXMゴールドを取引するにはレンジブレイク手法がマッチすると考えられます。

ゴールドの取引手順

XMゴールドの取引手順を解説していきます。XMの取引手順は以下の通りです。

  1. 口座の開設
  2. MT4の導入
  3. MT4でのゴールド取引

1つずつ解説していきます。

1.口座の開設

XMゴールドを取引するには、XMに口座を開設する必要があります。XMでは3つの口座タイプが用意されていますが、どの口座タイプでもゴールド取引が可能です。

ただ、ZERO口座ではボーナスが対象外となっているので、ボーナスを利用したい場合はスタンダード口座やマイクロ口座を開設する必要があります。

XMでまだ口座をお持ちではなく今後開設を検討されている方は、以下の記事を参考にしてみてください。口座開設手順を詳しくご紹介しています。
XMの口座開設
XMの口座開設方法と口座有効化(本人確認)の手順を画像付きで解説 XMの口座開設方法、口座有効化方法を解説していきます。記入項目で何を書けば良いかわからない方や、必要な身分証明書を知りたい方はぜ...

2.MT4の導入

次にMT4の導入を行いましょう。まずはMT4のダウンロードを行います。

XMの公式ホームページの「プラットフォーム」をクリックします。

PC、スマートフォン、タブレットそれぞれのダウンロードリンクが記載さているので対応するデバイスをクリックします。(PCで進めていきます)

画面が移行したらダウンロードをクリックします。ダウンロードが完了したらインストールを行います。

「次へ」をクリックしインストールを開始します。

上のような画面がでればMT4の導入は完了です。

3.MT4でのゴールド取引

では、MT4でのゴールド取引方法を見ていきましょう。

ゴールドのチャートを表示させるには、ファイル→新規チャート→SpotMetals→GOLDをクリックします。

もし、ゴールドが表示されない場合は以下の手順を実行してください。

MT4メニュー上部の気配値表示ボタンをクリックして気配値一覧を表示させます。

気配値一覧を右クリックして「すべて表示」をクリックすると、XMで取引できる銘柄がすべて表示されます。

GOLDが表示されたらGOLDを右クリックして「チャート表示」をクリックすればゴールドチャートが表示されます。

MT4で取引をするためにはチャート左隅上部にある▼マークをクリックします。すると、レートパネルが開くので、買う場合には右側のレート「BUY」、売る場合には左側のレート「SELL」をクリックすることで売買注文が行えます。

ポジションを決済する場合はMT4メニュー上部のターミナルをクリックするとチャート下部にサブウインドウが表示されます。

サブウインドの「取引タブ」をクリックすると現在保有中のポジション一覧が表示されるので、ポジションの右側にある「×」ボタンをクリックするとポジションが決済されます。

スマホでの取引方法

スマホでXMゴールドを取引する方法を見ていきましょう。

チャート表示させるには「Quotes」をタップして銘柄一覧を表示させます。ゴールドが表示されていない場合は右上の「+」をタップします。

Add Symbol画面の「SpotMetals」をタップします。

「GOLD」の左にある「+」アイコンをクリックするとゴールドが一覧に追加されます。

ゴールドをタップするとメニューが表示されるので「Chart」をクリックするとゴールドのチャートが表示されます。また、取引を行いたい場合は「Trade」をクリックします。

買う場合には「Buy by Market」売る場合には「Sell by Market」をタップします。決済するには画面下部のMT4メニューの「Trade」をタップします。表示されたポジション一覧から決済したいポジションを長押しましょう。

メニューが表示されるので「close」をタップします。ティックチャートが表示されるので「close with~」をタップしましょう。すると成行でポジション決済が行われます。

よくある質問FAQ

最後にXMゴールドを取引する際の、「よくある質問FAQ」を見ていきます。多くの方が疑問に思ったことなので、目を通しておきましょう。

XMのゴールドのスプレッドは狭いの?

XMゴールドのスプレッドは他社と比べて狭くもなく広くもありません。したがって、他社と比較して有利に取引できるというわけではありません。

また、ゴールドのスプレッドは通貨ペアと比べると広く設定されているため、取引回数が多くなる超短期のスキャルピングとは相性が悪いと言えるでしょう。

ゴールドを取引する場合、おすすめの口座はどれですか?

おすすめする口座は、ゴールドやFXの取引経験に応じてスタンダード口座とマイクロ口座に分かれます。

他社でゴールドの取引経験がある、もしくはFXの経験がある中上級者であれば、スタンダード口座がおすすめです。

ある程度の経験者であればリスク管理ができると考えられるので、ボラティリティーの高いゴールドでも問題なくトレードを行えます。

しかし、ゴールドの取引経験が全くない方やFXの初心者であれば、まずはマイクロ口座を選択したほうがよいでしょう。

なぜなら、ゴールドのボラティリティーは高いのでリスク管理をしっかりと行う必要があるからです。リスクの低いマイクロ口座で実際のゴールドの値動きを体験してみることでリスクの管理がよりしやすくなります。

ゴールドの最大レバレッジは何倍?

XMゴールドの最大レバレッジは以下の通りです。

  • スタンダード口座・マイクロ口座では888倍
  • ZERO口座では500倍

また、レバレッジは証拠金維持率などの数値に影響を及ぼします。以下の表をご覧ください。

レバレッジ ゴールドレート ドル円レート 取引額 取引量(オンス) 必要証拠金 口座残高 証拠金維持率
888 1,800 110 19,800,000 100 22,297 100,000 448%
500 1,800 110 19,800,000 100 39,600 100,000 253%

最大レバレッジが制限されれることによって同じ取引量で取引したとしても、必要証拠金が高くなり証拠金維持率は低下します。

証拠金維持率が低下するとロスカットまでの許容値幅が狭くなるので、ロスカットされやすくなってしまいます。

ゴールドの証拠金の計算方法は?

XMゴールドを取引するために必要な証拠金を円建てで計算するためには、以下の計算式を用います。

  • スタンダード口座とZERO口座
    現在のゴールドのレート×現在のドル円レート×ロット数×100オンス÷最大レバレッジ
  • マイクロ口座
    現在のゴールドのレート×現在のドル円レート×ロット数÷最大レバレッジ

ゴールドが1ドル動いた場合の損益は以下の計算式を用います。

  • スタンダード口座とZERO口座
    値幅×現在のドル円レート×ロット数×100オンス
  • マイクロ口座
    値幅×現在のドル円レート×ロット数

ゴールドのチャートはどうやって表示させる?

XMゴールドを取引する際にチャートを表示させるには以下の手順で行います。

MT4上部メニューからファイル→新規チャート→SpotMetals→GOLDをクリックすればゴールドのチャートが表示されます。

スマホでゴールドのチャート表示させるには「Quotes」をタップして銘柄一覧を表示させます。ゴールドをタップして表示されたメニューから「Chart」をタップすることでゴールドのチャートを表示することができます。

ゴールドの取引時間はいつ?

XMゴールドの取引時間は以下の通りです。

冬時間 夏時間
月~木曜日 08:05~翌06:55 07:05~翌05:55
金曜日 08:05~翌06:50 07:05~翌05:50
土日・祝日 クローズ クローズ

夏時間と冬時間で取引時間が1時間ずれるので注意してください。

ゴールドの取引単位は?

ゴールドの取引単位は「オンス」ですが、XMゴールドではロットで表示されています。以下の表のように口座によって1ロットあたりの数値が異なります。

スタンダード口座 マイクロ口座 ZERO(ゼロ)口座
1ロット単位 100オンス 1オンス 100オンス

ゴールドの通貨シンボルはどれ?

XMゴールドの通貨シンボルは以下のようになっています。

スタンダード マイクロ XM Zero
シンボル GOLD GOLDmicro GOLD.

スタンダード口座では銘柄名のみ、マイクロ口座では末尾にmicro、ZERO口座では銘柄名の最後に「.」(ピリオド)のように表記されています。

XM(XMTrading)のゴールド取引まとめ

XMゴールドの解説を行ってきました。XMゴールドは3つの口座で取引が行えます。それぞれの口座は独自の特徴を備え、幅広い層のニーズに対応することができます。

また、XMでは取引プラットフォームとしてMT4が採用されているので、FX取引と同じ感覚で取引することが可能です。

しかし、ゴールドは通貨ペアと比較してボラティリティーが高い銘柄なので注意も必要です。リスクを認識しリスクを抑えるための対策を施せば、ゴールド取引はあなたにとっての強い味方となるでしょう。

XM自体の詳細は以下のページで詳しく解説しています。

【XMの評判・口コミ】勝てない?出金拒否?XMの真実教えますこの記事では海外FX業者「XM(XMTrading)」の評判が知りたいという人のために、実際に使っているトレーダーの口コミをまとめて紹介...

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位