XMの取引時間まとめ!年末年始・クリスマス・祝日はどうなる?

XMの取引時間は月曜日の早朝から土曜日の早朝までです。ただ、夏時間(サマータイム)と冬時間(通常時間)で取引時間が以下のように異なります。

  • 夏時間 (サマータイム):月曜日AM6:05~土曜日AM5:50
  • 冬時間(通常時間):月曜日AM7:05~土曜日AM6:50

また、各国の祝日により市場が開いていないため取引できなかったり、銘柄によって取引時間に違いが生じたりするので注意が必要です。

この記事では全銘柄の取引時間はもちろんのこと、取引時間の特徴と稼ぎやすい時間帯など、XMの取引時間に関することを徹底的にまとめています。

取引時間についての疑問をお持ちの方は、是非この記事を参考にしてみてください。

XM(XMTrading)全銘柄の取引時間一覧

XMの全銘柄の取引時間を一覧とともに解説していきます。

通貨ペアの取引時間

XMの通貨ペアの取引時間は以下の通りです。

銘柄 取引時間(夏時間/日本時間) 取引時間(冬時間/日本時間)
全通貨ペア(RUBを除く) 月曜日06:05~土曜日05:50 月曜日07:05~土曜日06:50
RUBが絡む通貨ペア 月曜日15:05~土曜日23:55 月曜日16:05~土曜日00:55

基本的に土日を除いた平日であれば24時間通貨ペアの取引が行えます。通貨ペアとは、2国の通貨が組み合わさったもので通貨の強弱により価格が変動します。

通貨ペアを取引することはどちらかの通貨を買い、どちらかの通貨を売ることになります。例えば、「米ドル円」を買うのであれば、「米ドルを買って」「円を売る」ことを意味します。

このように通貨ペアは2国の通貨によって構成されています。通貨ペアの中でもRUB(ロシアルーブル)を含む通貨ペアを取引する場合は、上の表のように取引時間が異なるので注意が必要です。

株価指数の取引時間

XMの株価指数の取引時間は夏時間と冬時間で異なりますが、現物・先物では同様の取引時間で取引が行えます。株価指数の具体的な取引時間は以下の通りです。

銘柄 取引時間(夏時間/日本時間) 取引時間(冬時間/日本時間)
AUS200(オーストラリア) 月曜日~木曜日 7:55~翌5:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:55~翌6:55
金曜日 ~翌6:10
EU50(欧州) 月曜日~金曜日 15:05~翌4:55 月曜日~金曜日 16:05~翌5:55
FRA40(フランス) 月曜日~金曜日 15:05~翌4:55 月曜日~金曜日 16:05~翌5:55
GER30(ドイツ) 月~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日   ~翌4:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌5:10
HK50(香港ハンセン) 月曜日~金曜日 9:20~翌0:55 月曜日~金曜日 10:20~翌1:55
ITA40(イタリア) 月曜日~金曜日 16:05~翌0:35 月曜日~金曜日 17:05~翌1:35
JP225(日経225) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10
NETH25(AEX) 月曜日~金曜日 15:05~翌4:55 月曜日~金曜日 16:05~翌5:55
SPAIN35(マドリッド) 月曜日~金曜日 16:05~翌2:55 月曜日~金曜日 17:05~翌3:55
SWI20(スイス) 月曜日~金曜日 15:05~翌4:55 月曜日~金曜日 16:05~翌5:55
UK100(ロンドン) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10
US100(ナスダック) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10
US30(ダウ平均) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10
US500(S&P500) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10
USDX(米ドル) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10

銘柄によって取引時間がまちまちなので注意が必要です。

貴金属銘柄の取引時間

XMの貴金属銘柄の取引時間は以下の通りです。

銘柄 取引時間(夏時間/日本時間) 取引時間(冬時間/日本時間)
GOLD (金) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日  ~翌5:50
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:50
SILVER (銀) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日  ~翌5:50
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:50
PALL (パラジウム) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日  ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10
PLAT (白金) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10

PALLやPLATは金曜日から翌土曜日にかけての取引時間が、GOLDやSILVERに比べて短いので注意してください。

エネルギー銘柄の取引時間

XMのエネルギー銘柄の取引時間は以下の通りです。

銘柄 取引時間(夏時間/日本時間) 取引時間(冬時間/日本時間)
BRENT (ブレント原油) 月曜日~木曜日 9:05~翌6:55
金曜日   ~翌5:10
月曜日~木曜日 10:05~翌7:55
金曜日   ~翌6:10
GSOIL (ロンドン軽油) 月曜日~木曜日 9:05~翌5:55
金曜日  ~翌5:10
月曜日~木曜日 10:05~翌7:55
金曜日   ~翌6:10
NGAS (天然ガス) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日  ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10
OIL (WTI原油) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日  ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10
OILMn (WTI原油ミニ) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日  ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日   ~翌6:10

ブレント原油とWTI原油は同じ原油であっても取引時間が異なるので注意しましょう。

コモディティ銘柄の取引時間

XMのコモディティー銘柄の取引時間は銘柄によって異なります。銘柄ごとの具体的な取引時間は以下の一覧表で確認できます。

銘柄 取引時間(夏時間/日本時間) 取引時間(冬時間/日本時間)
COCOA (ココア) 月曜日~金曜日 17:50~翌2:25 月曜日~金曜日 18:50~翌3:25
COFFE (コーヒー) 月曜日~金曜日 17:20~翌2:25 月曜日~金曜日 18:20~翌3:25
CORN (コーン) 月曜日~金曜日 9:05~21:40
22:35~翌3:10
月曜日~金曜日 10:05~22:40
23:35~翌4:10
COTTO (コットン) 月曜日~金曜日 10:05~翌3:15 月曜日~金曜日 11:05~翌4:15
HGCOP (銅) 月曜日~木曜日 7:05~翌5:55
金曜日 ~翌5:10
月曜日~木曜日 8:05~翌6:55
金曜日 ~翌6:10
SBEAN (大豆) 月曜日~金曜日 9:05~21:40
22:35~翌3:10
月曜日~金曜日 10:05~22:40
23:35~翌4:10
SUGAR (砂糖) 月曜日~金曜日 16:35~翌1:55 月曜日~金曜日 17:35~翌2:55
WHEAT (小麦) 月曜日~金曜日 9:05~21:40
22:35~翌3:10
月曜日~金曜日 10:05~22:40
23:35~翌4:10

銘柄によっては途中でメンテナンスを挟むため、取引できない時間帯があるので注意してください。

XMの祝日における取引時間【GW,年末年始,クリスマス】

XMの祝日における取引時間を見ていきましょう。クリスマスや年末年始は基本的に取引ができないことが多くなりますが、細かい時間帯についてはXMのサポートからお知らせのメールが届きます。

また、ゴールデンウイークは基本的に取引可能ですが、XMサポートは休業の場合もあります。2020年から2021年にかけての取引時間を参考に祝日の取引時間を見ていきましょう。

GW(ゴールデンウィーク)の取引時間

ゴールデンウィークは日本の祝日であるため、海外では通常通りの営業が行われています。したがって基本的には土日以外は通常通り取引が行えます。

しかし、XMのサポートは休業となる場合もあるため、サポートが必要な方は日程を押さえておく必要があります。

2021年のゴールデンウイーク時のサポート営業時間を下記の表でまとめています。

日付 メール対応 日本語ライブチャット
4/29(木) 通常営業 休業
4/30(金) 通常営業 通常営業
5/1(土) 休業 休業
5/2(日) 休業 休業
5/3(月) 通常営業 休業
5/4(火) 通常営業 休業
5/5(水) 通常営業 休業
5/6(木) 通常営業 通常営業

クリスマスの取引時間

クリスマスはXMで取引が行えません。2020年のクリスマス前後の具体的な取引時間は以下の通りです。

日付 取引時間
2020年12月24日(木) 翌1:50閉場
2020年12月25日(金) 休場
2020年12月26日(土) 休場
2020年12月27日(日) 休場
2020年12月28日(月) 通常時間

年末年始の取引時間

年末が平日の場合、通常の取引を行えますが閉場時間が早まります。年始は完全休場となりXMでも取引が行えません。

XMの2020年の年末から2021年の年始にかけてのXMの取引時間は以下の通りです。

日付 取引時間
2020年12月29日(火) 通常時間
2020年12月30日(水) 通常時間
2020年12月31日(木) 翌1:50閉場
2021年1月1日(金) 休場
2021年1月2日(土) 休場
2021年1月3日(日) 休場
2021年1月4日(月) 通常時間

お盆の取引時間

お盆は日本独自の行事であるため、ゴールデンウイークと同様に通常通りの取引が行えます。ただ、8/15を祝日としている国では市場が開いていないため、XMの一部銘柄も取引できなくなっています。

また、ゴールデンウイークの時とは違い、サポートは通常通りの営業が行われています。

XMの取引時間に関する基本的な知識

XMの取引時間に関する基本的な知識について確認しておきましょう。

夏時間(サマータイム)により取引時間が変動する

XMでは夏時間(サマータイム)により取引時間が変動します。夏時間と冬時間は以下のように区切られています。

  • 夏時間:3月の最終日曜日午前1時~10月の最終日曜日午前1時
  • 冬時間:10月の最終日曜日午前1時~3月最終日日曜日午前1時

夏時間に切り替わることによって取引時間も1時間早まります。ただ、夏時間の切り替えは取引市場によって異なるため、各銘柄の取引時間は上記の夏時間・冬時間とは異なる場合があります。

取引をしている銘柄やこれから取引をする銘柄の日程は、XMの公式ホームページの「お知らせ」にて確認しておきましょう。

MT4上の表示時間と日本時間は異なる

MT4(MT5)上の表示時間と日本時間は異なります。MT4(MT5)の表示時間はXMのサーバー時間(キプロス時間)となっているため、以下のように時差が生じます。

  • 夏時間では日本時間との時差は6時間
  • 冬時間では日本時間との時差は7時間

例えば、夏時間が適用されているときに、MT4(MT5)の時間が2021年7月22日7:00だった場合は、日本時間では2021年7月22日13:00となります。

取引時間外では、取引に関するあらゆる機能が使えない

XMでは取引時間外に新規注文や決済注文が行えません。成行注文だけでなく、指値注文や逆指値注文などの注文も行うことができません。

取引時間外なので値動きの変動がなく利益確定や損切りもできず、ロスカットの執行も行われません。

このように、取引時間外にはあらゆる取引ができないため、休日などをまたいでポジションを保有する場合は注意が必要です。

特に大きなイベントを控えた週末の取引では、慎重に持ち越しの判断をしなければなりません。ポジションを保有したまま週をまたいだ場合、イベント結果を受けて週末の価格とは大きく離れた価格で取引が開始されることもあります。

ですので、週末から週明けにかけてポジションを持つ場合は、イベントの確認もしておきましょう。

各時間帯で起きる値動きの特徴

各時間帯で起きる値動きの特徴を見ていきましょう。為替市場では証券取引所などのように各市場ごとに定められた時間があるわけではありません。したがって、各市場の取引時間は大まかな目安として利用しましょう。

また、各市場ごとに値動きの特徴や、市場参加者の多寡により流動性も異なるので、各市場の大まかな特徴を理解しておくことも必要です。自分の経験やトレードスタイルとマッチするような市場を選んで取引を行いましょう。

各市場の大まかな時間帯は以下の通りです。

市場の取引時間が重なると、取引が活発化する

市場の取引時間が重なると、市場参加者が増えるため取引が活発に行われます。取引が活発化すれば、大きく価格が動く可能性も高まります。

ロンドン市場やニューヨーク市場では取引量が多くなるため、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯では最も活発に取引が行われます。

各時間帯ごとの値動きの特徴を見ていきましょう。

6~8時(オセアニア時間)に起きる値動きの特徴

6時から8時のオセアニア時間は週明け一番早く始まる市場です。ニュージーランドとオーストラリア市場が開いている時間帯で、基本的に市場参加者は少なく流動性の低い時間帯と言えます。

値動きの特徴として以下のような特徴があります。

  • スプレッドが開きやすい
  • 方向感は出にくく乱高下することがある

不規則な値動きである上にスプレッドも広いので、デイトレードやスキャルピングには向きません。

しかし、週末に大きなイベントがある場合は、大きく動く可能性があります。というのも、オセアニア時間はイベント結果を受けて一番最初に取引が行われる市場であるためです。

このようなタイミングであれば、大きな値動きを利用した短期トレードが行えます。とはいえ、基本的には他の時間帯でトレードしたほうがよいでしょう。

9~15時(東京時間)に起きる値動きの特徴

9時から15時は東京市場が開く時間帯で、香港・シンガポールなどの市場も続々と開いていきます。オセアニア通貨や日本円に関連した指標発表があるため、指標発表の結果を受けて大きく動くこともあります。

また、仲値の決まる9時55分に向けて取引が活発化する傾向もあります。
※仲値とは各金融機関が顧客との外国為替取引時に使用する基準となる為替レートのこと。

しかし、ニューヨーク時間やロンドン時間と比べると市場参加者がまだ少ないため、大きなトレンドは出にくい時間帯と言えるでしょう。

基本的に価格は穏やかに推移しているため、スキャルピングや利幅を狙わないデイトレードなどが向いているでしょう。

それに加えて、日足などで方向性が出ている時であれば、東京時間で形成されるレンジを利用したスイングトレードも可能です。

東京時間で形成されたレンジ内で方向性に沿ったポジションを持っていれば、その後にレンジブレイクしていくような強い動きに乗りやすくなります。

このように値動きが穏やかな時間帯であるとともに、流動性もある程度確保されているため初心者とってはトレードしやすい時間帯と言えるでしょう。

15~21時(欧州時間)に起きる値動きの特徴

15時から21時はヨーロッパ市場が開くとともに、市場参加者が増加して取引が活発化します。ロンドン市場は世界1位の取引量を誇る上に、欧州時間では欧州系通貨に関連した指標発表があるため欧州通貨の値動きが大きくなります。

値動きが大きくなることによって、東京市場で形成したレンジをブレイクしていくようなダイナミックな動きが起こることもあります。

値動きが大きくなるため、スキャルピングやデイトレードでもある程度の利幅が期待できます。ただ、欧州時間はだましとなる値動きも多いため初心者は注意する必要があります。

欧州時間で取引する場合は、リスク管理を徹底した上でトレードすることをおすすめします。

21時半~6時(ニューヨーク時間)に起きる値動きの特徴

21時半から6時はニューヨーク市場が開き、値動きが活発化する時間帯です。ロンドン市場とも重なる時間帯は最も値動きが活発化するため、一方向に価格が動きやすくトレンドの発生も期待することができます。

また、21時半から23時ごろまでに発表されるアメリカの経済指標の発表を受けて、短時間で急激に価格が動くこともあります。

さらに、23時(冬時間=24時)にはオプションカットに絡んだ動きが出る場合もあります。
※オプションカットとは通貨オプションの権利行使をする最終的な締め切り時間のこと。

そして、24時(冬時間=25時)にはロンドンフィキシング(金の仲値を決める時間)があるため、ロンドンフィキシングに伴う動きが発生します。ロンドンフィキシングに伴う動きは、為替市場にも影響を及ぼします。

ニューヨーク時間は比較的トレンドの発生が期待できる時間帯です。したがって、方向性さえとらえることができれば、値幅を狙ったデイトレードが可能です。

デイトレードをする場合は東京時間とは異なり値動きも大きくなるため、ある程度損切り幅を取らなければなりません。このようにトレードする時間帯ごとに、その時間帯に合ったトレードプランを考える必要もあります。

また、トレンドが発生すれば方向性の把握はしやすくなるので、方向性さえつかんでしまえば初心者でもトレードしやすい時間帯と言えるでしょう。

安全な時間帯&リスクの大きい時間帯

これまでの内容を踏まえた上で、取引するための安全な時間帯や取引するにはリスクの大きい時間帯の解説していきます。

【相場を予想しやすく安全】21時~

相場を予測しやすい21時以降は方向性を確認することで比較的安全な取引が行えるでしょう。なぜなら、取引において一番のリスクは方向性がわからないまま取引をすることだからです。

例えば、方向感のないレンジ相場で取引をする場合、相場状況をつかむのは難しく方向性を認識することは難しいでしょう。

方向性をつかめていない状況では、感覚頼りのトレードになりがちです。感覚便りのトレードを行えば値動きに翻弄されることが多くなってしまいます。

したがって、このような状態でトレードを行っても継続して勝つことは難しいでしょう。一方で方向性がつかみやすいトレンド相場では、「売り買い」どちらにポジションを持てば勝てる可能性が高くなるのかを判断することが比較的簡単に行えます。

したがって、21時以降のトレンドが出やすい時間帯を狙い、トレンドが発生した時にトレードすれば他の時間帯に比べて安全に取引が行えると言えるでしょう。

【リスクが大きく要注意】重要イベント発生前後

重要イベントの発生前後は、リスクが大きくなるので注意しなければなりません。重要イベントの発生前後は取引量が急増してスプレッドは広がり、スリッページも発生しやすくなります。

このような状況では思ったような価格で注文が約定しない場合も出てきます。また、取引量が急増することで値幅も大きくなるでしょう。

つまり、想定外のリスクが発生する可能性が高くなります。わざわざリスクの高いタイミングを狙わずとも他にいくらでもチャンスはあります。

ですので、定期的に開催される重要イベントの日程を押さえておき、リスクが高いと判断した場合は事前に取引をしないという判断を下すことも必要です。

重要イベントの中でも特に注目され、重要度も高いものはアメリカ発のイベントが多い傾向にあります。

アメリカの重要なイベントの説明と開催時期を下の表で確認しておきましょう。

イベント 説明 開催時期
米国雇用統計 アメリカの労働省労働統計局が毎月発表する雇用情勢を調査した経済指標で注目度が高い 毎月第1金曜日21:30(冬時間22:30)
FOMC FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略でアメリカの金融政策を決定する会合。会合後に発表される声明文と3週間後に公表される議事要旨(会合で話し合われた内容などの詳細)は、今後の金融政策の方向性を探るための材料となる。 FOMCは年に8回開催される
ISM製造業景況指数 ISM製造業景況指数とは全米供給管理協会(ISM)が公表。アメリカの製造業の景況感を示す指数で毎月算出される。300を超える製造業企業に対してアンケートを行い、アンケート結果から指数を算出。一般的に数値が50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退と判断される。 毎月第1営業日
消費者物価指数(CPI) 消費者物価指数とは、アメリカの労働省労働統計局によって毎月発表される指標。消費者が購入する物やサービスの価格変動を示す経済指標でインフレ状況の判断を行うときに重視される指標。 毎月15日前後

【狙い目】XMでもっとも稼ぎやすい時間帯

最後にXMで取引をする場合の、最も稼ぎやすい時間帯を見ていきましょう。

相場が活発な21時以降がおすすめ!

XMで取引するなら、相場が活発化する21時以降がおすすめです。というのも、流動性が高く値動きもあるので利幅を狙ったトレードがしやすいからです。

また、方向性も出やすい時間帯なので、トレード判断がしやすいというのもおすすめする理由の1つです。

ただ、毎回毎回方向性が出るわけではないので、わかりにくい値動きをすることもあります。ですから、毎回毎回無理やりトレードしようと考えるのではなく、わかりやすい時にだけトレードをすると決断することのほうが重要です。

特にトレードを初めて間もないころはトレードできるポイントばかりを探してしまい、本来ならトレードをしないようなポイントでも無理やりトレードをしてしまうようなことが起こります。

ですから、時間帯の傾向を押さえたうえでチャンスの取捨選択を行い、自分の判断しやすい状況が来るまでじっくりと待つという気構えでトレードを行ってください。

XM(XMTrading)の取引時間まとめ

以上、XM(XMTrading)の取引時間について見てきました。XMの取引時間は銘柄によって異なることもあるため、取引する銘柄の取引時間はきちんと把握しておきましょう。

また、夏時間が適用される「3月の最終日曜日午前1時~10月の最終日曜日午前1時」では取引時間が1時間早まります。

夏時間は取引市場によって適用時期が異なるので、銘柄ごとに夏時間の切り替えタイミングを押さえておかなければなりません。

詳しい日時はXMの公式ホームページで確認しておきましょう。

そして、取引時間帯によって値動きが異なるため、各時間帯ごとの値動きの特徴も押さえておきましょう。

時間帯ごとに注目される銘柄や市場参加者が変わっていくため、値動きも変化していきます。また、イベントによって価格が激しく動くこともあるので、重要なイベントの日程も把握しておきましょう。

特にアメリカ発のイベントは注目度・重要度がともに高いものが多いので、事前に確認しておくことをおすすめします。

この記事に書いてあることを参考にしてトレードプランを考えていただければ、幸いです。

【XMの評判・口コミ】勝てない?出金拒否?XMの真実教えますこの記事では海外FX業者「XM(XMTrading)」の評判が知りたいという人のために、実際に使っているトレーダーの口コミをまとめて紹介...

【2022年最新版】
海外FX業者おすすめランキング

【2022年最新版】海外FX業者おすすめランキング

結局どこの海外FX業者が良いの?
安心して使える海外FX業者はどこ?

このようなお悩みを持つあなたのために、「 おすすめの海外FX業者ランキング【2022年最新版】 」をご用意しました。

海外業者選びにおいて非常に重要な6つのポイントを基準に、初心者でも安心して利用できる本当におすすめの業者を紹介しています。

ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

総合ランキングを見る
海外FX業者1~15位