XMで出金するには?手数料やおすすめの方法紹介

XMの出金方法まとめ

XMからの出金方法
 
豪華なボーナスやレバレッジの大きさが魅力の海外FX業者・XM。

その快適な取引環境でサクサク取引をしたあとにすることといえば、そう、出金です。

それまでは画面上の出来事だったけど、いざ出金!となると不安に思う方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はXMでの出金の手順やおすすめの方法について紹介していきたいと思います。
これを読んで、XMでの出金に関しての不安や疑問を解消してください!

2019年6月20日更新

現在XMではSticpayによる出金が停止しています。

既に出金申請されている方は出金失敗として返却されているかと思いますのでご確認ください。

出金手段や手数料

ここからは、XMの出金方法の紹介をしていきます。
XMの出金手段の種類は・・・

  • 電信送金(銀行送金)
  • クレジットカード/デビットカード
  • ビットコイン
  • bitwallet
  • Sticpay

冒頭でも注意書きした通り、XMでは2019年6月半ばより「電信送金(海外銀行送金)」のみの1種類となっております。
その他「クレジットカード」「ビットコイン」「bitwallet」「Sticpay」への出金は、停止中です。

ともかく、出金額への制限もなく着金も早いXMの銀行送金。
ここからは、そんな銀行送金の特徴から始まり、手順や注意点についても解説していこうと思います。

まずは特徴からご覧ください。

海外銀行送金の特徴

海外銀行送金
最低出金額 手数料 反映時間
1万円※1 2万円以上無料※2 2~5営業日

※1…出金額が2万円以下の場合、約3,000円の手数料が発生します
※2…銀行によって別途リフティングチャージ・受け取り手数料で2,000~4,000円程度かかります

「入金額まで」というように出金額の制限がなく、リクエスト後24時間以内にXM側の処理が終わり、2~5営業日以内に着金する、とスピードも安定的。

ただし、後ほど説明しますが、XMでは海外銀行送金で使える国内銀行が限られています。これはXM側の問題ではなく、日本の銀行に圧力がかかっているからだと考えられます。

また2万円未満の少額出金の場合、XM負担の手数料として約3,000円ほど払わなければなりません。

ただ現在は利益分の出金に関して銀行送金でしか出金できませんので、できれば出金額を大きくしてから出金したいですね。

XMから引き出してみよう

では実際に、XMで出金をするときの手順について説明していきましょう。
まずはXMの会員ページへログイン後、「資金の出金」から出金ページをご覧ください。


XMのログインページ

出金方法一覧から、出金方法を選択します。


XMからの出金方法選択ページ

受取人のフルネームや銀行住所など、これらはローマ字で記入しなければなりません。

記入例
  • 受取人の下のお名前:タロウ
  • 受取人の姓:ヤマダ
  • フルネーム:TAROU YAMADA
  • 受取人の住所:23-1, Nishimarunochi, Tsu Shi, Mie Ken, 514-0035, Japan
  • 銀行名:三井住友銀行
  • SWIFTコード:SMBCJPJT
  • 銀行所在地:6-4-20, Tenjimbashi, Osaka Shi Kita Ku, Osaka Fu, 530-0041, Japan
  • 支店名:Tenroku Branch
  • 支店コード:130

郵便番号から一瞬でローマ字変換してくれる便利ツール



仲介銀行は当てはまる方のみ記入してください。
経由していなければ記入しなくても大丈夫です。

出金額は小数点第二位まで指定が可能で、最後にチェック欄にチェックを入れ「リクエスト」をクリックすれば完了します。

記入例
  • 出金額(JPY):50000

リクエストから24時間以内に、XMから出金処理完了のメールが届きます。
このメール以前に、XMの口座から依頼分の金額が差し引かれていますが、メールが届いて出金手続き完了です。

あとは着金を待つだけ。

【注意点5つ】引き出す際のルールとは?

XMから出金する際に覚えておいてほしい注意点を、5つにまとめました。

  • ① 入金した方法でしか出金できない
  • ② XMで使えない銀行がある
  • ③ ポジションを持ったまま出金できる
  • ④ ボーナスは消失する
  • ⑤ メールを受け取って出金手続き完了

順を追って解説しましょう。

① 入金した方法でしか出金できない

これはXMに限らずどこの海外FX業者にもあてはまりますが、マネーロンダリング防止の観点から、入金した方法で出金するのが大前提です。

つまり、原則クレジットカードで入金したらクレジットカードで出金となります。

ただ前述の通り6月現在、XMはbitwalletとビットコイン、そしてSticpayとクレジットカードの出金を停止しています。

入金はできますが、利益分の出金に関しては現在銀行送金のみとなっていますので注意しましょう。

② XMで使えない銀行がある

出金方法が銀行送金のみに絞られましたが、XM側から使えないと発表されている国内銀行があります。

  • みずほ銀行(ネット支店のみ)
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行

これらの銀行はXMからの入金受け入れを拒否しているので、利用できません。
また、SWIFTコードを持っていない銀行は、XMに限らず海外FXの銀行送金では使えません。

 自分の銀行のSWIFTコードを確認する

もし海外FXのために新しく口座開設するモチベーションがあれば、ソニー銀行や住信SBIネット銀行などがおすすめです。
もちろん、三井住友銀行や三菱東京UFJをはじめとするメガバンクでも、地方銀行でも問題ありません。

ポジションを持ったまま出金できる

XMでは、FX業者では珍しくポジションを持ったまま出金ができます。
ただし、資金保持のため出金した後の証拠金維持率が150%以上であることが条件です。

証拠金維持率さえ守ればいつでも出金ができて便利なシステムですが、リスクが大きいので管理人は保有ポジションを全て決済した後に出金することをおすすめします。

ボーナスは消失する

ロイヤルティプログラムなど、独特で豪華なボーナスが魅力のXM。

しかし、ボーナスが残った状態で出金をすると、ボーナスが消えてしまうのです。
出金をする際には、ボーナスクレジットの残高を確認して、十分な利益が出せたかどうかを考えてからにしましょう。

※XM独自のロイヤルティプログラムによるXMPは、未交換分は消失しません

メールを受け取って出金手続き完了

XMに出金申請をすると、すぐに残高から出金額が差し引かれます。
しかし、その時点ではまだ送金されているわけではなく、自動で残高から差し引かれただけです。

実際は出金リクエストのあとにXMからメールを受け取って手続きが完了したことになります。
基本的にXM側の処理は24時間以内に出金が完了しますが、金曜日など週末にリクエストをすると、土日を挟んで翌営業日から2~5営業日以内の着金なので、少し時間がかかります。

まとめ

掲示板などでたまに「XMに出金拒否された!」と騒いでいる人もいますが、XMで不正な出金拒否がされた報告はありません。

出金に関してトラブルが起きる原因としては、

・証拠金維持率が150%を下回る

・リクエストした金額がクレカやビットコインでの入金額を上回る

・出金先の銀行がXMからの送金を受け入れていない
などが考えられます。

というか、たぶんこのあたりを理解していない人がリクエストをキャンセルされて慌てるのでしょう。

出金したいときに、できない!とならないように、ちゃんとXMの出金方法を理解しておくことが大切ですね。
方法や手順を理解して、XMで稼いだお金をしっかりと引き出しましょう!

XMのレバレッジ888倍で色々計算してみた!1万円だと何ロット?ややこしいXMの最大レバレッジ888倍を徹底計算 XMの大きな特徴でもある最大888倍のハイレバレッジ。 888倍というハイ...